ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 沈黙タイプと沈黙してはダメなタイプ(六白金星)
六白金星は沈黙していいタイプ。

慎重で真面目でいい人だけど、恋愛に翳りが出ると、どう扱っていいかわからない、もっとも難しいタイプ。六白金星は土の中に眠る金。七赤金星のように表に出てキラキラ輝いているわけではない。金の硬質を持ちながら土の中でずっと自分の出番を待っている努力型のタイプ。性格は閉鎖的で自分の殻に閉じこもるクセがある。目標に向かってコツコツ努力するタイプで、これだという目標が見つかれば、それなりのことが成し遂げる力を持っている。向いている仕事はエンジニア、IT系のSE、化学・技術系の研究者や科学者。土の中に眠る金は、外勤的な仕事よりも内勤的な仕事に向いている。エジソンのようにひとたび発明に没頭すれば何カ月も研究室から出てこない、ノーベル賞を受賞するのに50年もかかった、というような目標に対してとても頑固で長きに渡ってやり続ける性質を持っている。また六白金星は孤独に強く、無人島でも独りで暮らせるタイプ、好きなことがあれば、人と関わらなくても生きていける。また六白金星は実利優先タイプ。愛よりお金などの有益なものを求める。この性格からして、恋愛や結婚には向かないと思われるかもしれないが、いざ結婚すれば家族を大切にする。六白金星は八白土星と同じように最も浮気の少ないタイプ。愛する人を裏切るのが嫌いで、また裏切られるのも嫌う。結婚とは血縁関係で結ばれるもの、六白金星はその血縁を大事にする。

「六白金星は沈黙していい」というのは、この閉鎖的な性格にある。土の中に眠る金は自分の殻に閉じこもると鉄のシャッターと呼ばれているくらいとても頑固。発明に没頭しているエジソンのように何カ月も外に出てこない。これが彼の性格、だから彼が自らのシャッターを上げて出て来るまで待つしかない。

鉄のシャッターで心が閉鎖している彼には前向きな行動は通じない。五黄土星のようなアラレチャン戦法も通じない。また怒りと苦しみによる白黒勝負も通じない。鉄のシャッターの中にいる彼は、外の世界を忘れ、独り空想の世界にいるからだ。その世界にいる彼は、人間界の前向きな思想や積極的な思想を全否定している。この世界にいる彼は人間ではなくもはや機械である。彼が人間に戻るには自分の殻から脱出したときである。

彼を殻から脱出させる方法があるとすれば、包み込むような愛の優しさ。エジソンの母のように。小学校の勉強についていけないエジソンは教師からダメだしされたが、母は「この子は天才」と信じて疑わなかった。このくらいの器のある大きな愛が必要。彼は気難しい閉鎖的な性格を持っているが、心の奥底では味方を求めている。一番の味方は自分を信じて疑わない女性。心から自分を支持し、応援してくれる女性が彼の理想である。


関連記事


ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まさにその通り。。

先生が仰られる六白金星をそのまま絵に描いたような人でした。ただ少し違うのは孤独を長く耐えられるほどの強さは持ち合わせていませんでした。そのため私は彼の全てにおいて味方であり、同志であり、いつでも帰れる巣のような存在でありたいと思っていました。しかし彼の難しい性格もあり、どこか完全に信じ切れていなかった自分が原因でお別れすることとなりました。そして彼は完全にシャッターを降ろしました。冷たく、重い鋼の扉。なぜ一瞬でも彼の表面だけを見て判断してしまったのか、自責する毎日。お別れの際、ここまで人を愛せることを教えてくれてありがとうとお礼を伝え終わりました。
別れて2ヶ月。沈黙の末、重い鋼のシャッターをどのように開ければいいのか。。いまだ答はでません。難しい相手です。

勉強になります

もう少し早く東横先生と出会っていたら上手く恋愛出来てたと思います(´・_・`)

恋愛難しくて困ります。他の事は1人で何でもできるのですが、恋愛だけは人対人なので思い通りにはいかないですね。
六白金星のものでした。

No title

九星を知らなくても男性には数種類のパターンがある気がするのですが、
先生はよくひとつひとつのパタンをそれぞれここまで詳細に描き出すなと
感心しております。やはりこんなことが出来るのは先生をおいて
他にいないだろうなと思ってしまいます。脳科学者が机上の理論で男性一般の脳を少々説明できたとしてもここまで詳細には分析できないと思います。時々落ち込んで元気がなくなると
過去の記事も読み返してみるのですが、恋愛もそうですが、そのほかの事においても先生の人生における鋭い洞察力で書かれた記事を読むと元気がでてきます。


なんとー思いっきり応援し続けていました。週一くらいで。以前の記事より沈黙は無効とあったので、それからの数年でサンプルもだいぶ増えてどう変わったのか、変わらないのかと、この記事を待ちに待っていました。沈黙はしていいタイプなんですね。でも味方であることを示し続けた方がいいのですよね。
前回10日程度の音信不通の際は、呼びかけて出てきました。今回は1ヶ月半すぎました。呼びかけてますがこの先どうすべきか。悩みます。

まさに絵にかいたような六白金星の彼。

突然の音信不通。
それから半年…情に訴えるようなメールを数回送りましたが、ことごとく無視。

それが彼の返事 気持ちなんだと諦めて 想い続けながらも 連絡せずに半年が過ぎた頃 また突然に彼から連絡がきました。

鉄の扉を少し開けて 外の世界に出てきたのでしょうね。

連絡が再開して9ヶ月、 決してネガティブな言葉は言わず、会ったときは笑顔で、応援し手助けし、彼のペース乱さずにいたら、扉 大きく開きました。
信頼できる相手と認めてくれたようです。

真っ直ぐ ちゃんと向き合ってくれる日がくるなんて。
面倒な人間関係の中。
私は 味方だって 思ってくれてるのが嬉しい。
ずっと 大切な友達でいたい。
ただ彼が元気で笑って生きれたら それだけで幸せだと思う自分がいます。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

もっとも難しいタイプ

なんですね。
そんな感じがしました。
音信不通も鋼のシャッターを下ろされたような気がしましたもん。
どうすりゃ反応あるのか分からない、
策なんてないのではないかと。
ただ浮気の心配はないのか。まあちょっと女好きな面はありましたが、
確かに結婚すればその心配はないような気はしました。

今は、好きな人もいないし、客観的には見れていると思います。
恋愛にも体力入りますね。
今度は、無理のない相手と程良い距離感の良い恋愛がしたいなあ…
音信不通なんてまるで悩まないような…笑
自分も大人にならなければなりませんね。
依存心も捨てなきゃ。支えあえるパートナーになりたい。

No title

本当に難しいというか面倒な彼です笑
いつまで引き込もってんだ!って感じです。
四年付き合って、しばしば音信不通になりますが、そんな時はこちらから一切連絡せず、待ってます。
最長4ヶ月!仕事で悩んでいたのは知ってたけど長すぎ!
でも時間はかかっても必ず連絡してきてくれます。
先生がおっしゃる様に、「待っててくれてありがとう」的な感じで。むしろ愛が深まってる笑

先生のコラムを読んで勉強した私には、怖いものなどありません。
沈黙していい六白さんは、むしろ何もしなくていいから楽かも知れませんね

彼が六白金星です。
先生のおっしゃる通りの性格です笑

彼とは以前一度別れており、1年間の沈黙期間を経て復縁しました。
彼自身、自分の殻にこもるタイプで
自分から殻を抜け出そうと思わない限り周りがなにを言っても動じないですね笑
別れている期間も復縁は考えてないのかなと思うような態度ばかりで何度も何度も諦めたくなりました。
というかちらほら諦めてました。

それでもある日突然もう一回付き合ってほしいと言われた時は本当にびっくりで
もう一度付き合おうか友達のままでいようかすごく悩みましたが彼の強引な押しの結果、笑
また付き合うことになり、それから1年半ほど経ったいまでもとても幸せです。

結局彼が復縁しようと思った理由は、自分のことを本当に好きでいてくれるのは○○しかいない!
と、なんだかんだ自分の味方でいてくれる人が欲しかったんだろうなと、またしても先生のおっしゃる通りの理由でした。

彼との復縁を諦めかけたとき、辛くなったとき、沖川先生のブログに何度も助けられました。どうすれば良いか、男の人はどう思っているのか先生のブログを最初の記事からほとんど全部読みました。笑
復縁した今でも毎日読んでいます。
毎日大変だと思いますが、ブログの更新楽しみにしています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

みなさんのコメントも、とても励みになります。
1ヶ月半本当にきつかったけど、なんだまだ1ヶ月半かい、鉄のシャッターがそんな簡単に開くわけがない、とコメント読んでて思えました。ありがとうございます。

No title

正月から付き合い始めた彼氏さんと最後に会ってから三か月
「仕事と片付で忙しいから(会うのとか電話とか)待って!」とのメール後
音沙汰なくて二か月半が過ぎました
月イチで軽めのラインを送ると、当日中に既読にはなるものの返事はなし

最初の半月位は、なんで!?何が悪かった!?と自問自答して泣いてましたが
このブログ&先生の著書を読んで自爆しなかった結果・・・
割とどうでも良くなってきました(笑)今は一人を謳歌しています

もし鉄のシャッターが開いた時は、迎え入れてあげようかなーと思ってます

私が六白金星ですが、女性でも当てはまっていますね。

鉄の扉、まさしくそうです。交際相手に慣れるまで1年以上かかりました。
夫が私の唯一ファンで居続けてくれて、それが重く感じる時期もありました。
結婚して一年が経ち、最初の数ヶ月も辛かったですが、今はやっと安住の地として落ち着いてきました。
自分の忍耐も評価したいけど…
夫が一定した好意を自分に向けてくれたから今があるんだと思いました。
他の人とは上手くやっていける自信ないです。

ありがとうございます

皆さんのコメントに励まされています。
先生のおっしゃる通りの彼、更に面倒な病気を抱えつつ多忙で、もう9カ月会っていません。
その間音信不通〜沈黙〜戻ってくる、を繰り返し3回目(苦笑)今回は少々激しくて自爆寸前ですが、もう少し3度目の正直を待ってみようかなと思いました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する