ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 男運が悪いと感じたら、自分の運を上げること
善因善果、悪因悪果という因果の法則がある。
善いことをすれば善い結果となり、悪いことをすれば悪い結果となる。
当たり前のことだが、人は欲望に負けて当たり前のことができない。欲望そのものが正しいと思いこんでしまうのが人のサガ。どんな良い人でもサガに負けたら運の悪い人になってしまう。

私は真面目に生きてきました、悪いことは何もしていません。という人でも男運の悪い人がいる。正しく真面目に生きてきたつもりなのに、なぜ悪い男に引っ掛かってしまうのか?本人は何が原因か?解らずに悩んでいる。何かの祟りか…先祖が悪いことをしたのか…神仏や霊魂などの超自然的存在が自分に災いを与えていると考えてしまう。先祖の祟り?霊の災い?私は霊能者ではないので、よく分からないが、それに頼っても、そこに逃げても何も解決しないと思う。解決するのはなぜそうなったかという、己を律した分析力だ。


私が運の悪い人を分析するとこうなる。

原因のすべてが悪因悪果。いくら良い人でも、欲望という因果には勝てない。単純に言えば、「好きになる人を間違っている」それに過ぎない。今まで悪いことを何もして来なかった女性でも不倫をすることがある。いい旦那さんに恵まれ、子供たちも健やかに育っているのに、欲望という因果に負けて、いけない恋の不倫をしている。好きという気持ちが、悪因悪果を生んでいる。これが不幸になる筋書き。好きという悪魔の妙薬は、良い人を悪い人に変えてしまう。だが人は悪いことをしていることに抵抗がある、だから悩む。「奥さん、あなたは悪いことは似合わないよ、早く不倫を辞めなさい」と言うしかない。

善因善果、悪因悪果。善いことをすれば善い結果となり、悪いことをすれば悪い結果となる。この分析はすべてに当てはまる。霊能に頼らなくても答えは明白だ。祟りや霊の災いにするのではなく、すべてが己の内側にあると認識することでる。

男運が悪いと感じたら、自分の運を上げること。
運を上げるためには、善因善果の行動をとること。
そうすれば、好きになる人を間違えない。
人生とは不思議なもので、良い人にも必ず試練を与える。
その代表例が、悪い人を好きになるという試練。
あなたはそれにどう立ち向かうかだ。
悪いことをする免疫ができていない分、良い人は騙されやすい。
悪魔の囁きに負けて、悪い人を好きになる。
ロマンという甘い蜜を期待している女性は、トキメキとい内なる恋心を常に嘱望している。その油断した心に悪魔は入り込む。悪魔が恋する相手、好きな相手となり、良い人が悪い人に変貌していく。免疫ができていないのだ。毒は毒を持って制する免疫ができていない以上、この恋は波乱万丈へと向かっていく。もはや途中下車はできない。

勇気を持って途中下車しよう。
好きに負けるか。
それとも自分を律するか。
そこに人生の分かれ道がある。
あなたが運を上げたかったら、自分を律して途中下車することである。

そして、これを経験としよう。
悪魔との付き合いはよい経験となった。
これで悪魔とは卒業だ。
私には免疫ができた。
悪魔退治の免疫ができた。
これで人生はよい方向へ切り拓いていける。


関連記事


ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。

コメント

No title

いつも先生のブログを楽しみにしています。
言葉、言葉に説得力がありますよね!
私が歩いている道を先生は上から見下ろしているようです。
まるで、わかっていたかのように。
不思議と、ピンとくるものがあるのです。

自分を律する 胸に刺さりました!

私は途中下車しました!
グレーな男に2年悩みました。
ちょっと時間かかったけど、これで勉強できた事は沢山あります。
沖川先生のブログにも出会い、男ってこうゆうもの だと知りました。

途中下車した先には、前向きな気持ちとこれから出会う未来で期待がいっぱいです!

心が少し軽くなりました

今の自分にピッタリ合うアドバイスを頂いたように思います。
つい最近連絡もくれない、関わってくれない彼氏を見切りました。正しい決断であったことに疑いはないのですが、やはり虚しくて寂しくて心が折れかけていました。
これをいい経験とし、好きになる人を間違えない(というかもうプロポーズされるまで好きにならない位が丁度いいですね)ようにしたいと思いました。
このブログで背中を押して頂いたような気になりました。いつも前向きになれるメッセージをありがとうございます。

不倫してる当人たちは、不倫と思ってないんですよね。

日本の婚姻制度も限界なのでは。
一人の人しか愛してはいけないという…

確か今の婚姻制度って、平均寿命が30〜40歳くらいの時代に作られた制度ですよね?違ったかしら。

しかし…トキメキはいいけれど…悪魔になってはいけませんね〜〜

旦那さんはATMとか言って、不倫してる人も、自分では割り切れてるのかもしれないけど、ココロ壊れちゃってると思う。

かつての私もそうだった。
ココロもカラダもバラバラになって。ひどい言葉を旦那さんに浴びせたり。

本人も周りも辛いです。

そういうのは間違った方向だと気づくことですね。

私はいろんなもの手放して手放して、

それでも、カレがいた…笑

でも、楽になった。今はいい関係。

旦那さんも大事な家族だと感謝している。

婚姻制度に反するから、罪悪感に苦しめられたりするのでは?

婚姻制度を変えるタイミングなのではないでしょうか。






管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

好きという気持ち

何かのニュースで、ストーカー事件で捕まった加害男性が言ってました。
「好きという気持ちに負けてしまった」
ゾッと…しました。
相手から連絡がないことを、別れたことを悩む必要はないですね。単に、自分に興味がない、なくなったのだから。
自分に興味も愛情も持たない人。
真実はいつも残酷ですが、受け入れるとラクですね(笑)

No title

いやあ。わかりやすい内容ですね。本当にそうだと思いました。自分を律して生きていきたいですね(*^▽^*)

つい最近、半年前からわたしを好きだとline電話がすごくくる人がいて、でも少し依存ぽいところがありましたが一瞬押されてつきあったけど、すぐ友達にもどりそれからは、連絡くるけど、会えない彼だったんですね。

会う約束した翌日、電話あり、好きな人(人妻)ができて告白したけどフラれた。○○(わたし)ちゃんのことは本気じゃない、と言われました。
は?てかんじで、でなに?ととにかくわたしは好きでもないのにフラれるかんじは嫌だったので、怒りましたが。もう二度と連絡ないですね、たぶん。

わたしもあんまり彼を大事にしてなかったから、仕方ないですけど。
本気じゃない、と口にだしそれでもいいかと匂わす自信ないせこい男と、仲良くしてたんかと思うと、がっくりしました。
運あげなきゃ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

私が下した 決断は間違ってない と自信を与えてくれるような記事でした。

信じてたのに、忍耐力を付けて黙って応援してきたのに
自爆せず。

もういいや、自分がもったいない 自分を大切にします。

新しい出会いもありました。
次に活かします!

いつも ありがとうございます。

ところが

平然と夫や周りに嘘をついてバレない不倫妻が、ダブル不倫の相手と再婚したくて離婚。

性格の不一致、子供を欲しがらなかった夫との価値観の違い等々…を理由に。決して自分の不貞が理由だとは知られず。

しかし不倫相手の男が中々離婚してくれず、その間に着々と別の独身男との関係もスタート。その内、男の離婚を待てず、不倫男を捨て、保険で確保しておいた独身男と再婚。

こうして、常に二股をし続ける女が得をしている。間近で見ていると恐ろしい。

周りをどれだけ利用し、不幸にしても、自分だけは損をしないように立ち回る女が賢いのか。
元夫、元不倫相手の男、捕まった独身男がバカなのか。
なにが因果応報なのか。

悪い男に引っかかった。相手は妻帯者。子供もいる。常套句にまんまと捕まった。
理由は簡単。寂しかったから。
誰にも相手をされない日々を過ごしていたから。
寂しさは本当に毒である。善悪の区別がつかない。普段だったら既婚者の時点でアウトオブ眼中。
捨てらる日まで彼の愛を信じてた。男は行動で示す。私から逃げて私を捨てた。これが全て。彼の真実。彼の気持ち。
なんて虚しい愛だったのか。
本当に無駄な時間だった。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する