ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 条件とタイミングを持っている人を好きになる
1、条件。
2、タイミング。
3、好き。

あなたの恋する気持ちを、今後はこのように変換しよう。「条件とタイミングを持っている人を好きになる」と。今まで誰も教えてくれなかった流れ。こんな簡単な流れは他にないのに、いつのまにか人は好きになることばかりを先行させてしまった。人類が誕生して以来、何十万年と続いた本能の流れである好きという感情。この感情を後回しにして、流れを変えることだ。好きという感情は契約してから、結婚してからでも遅くない。最終結論が出るまでは、絶対に本気で好きにならないことだ。

「条件とタイミングを持っている人を好きになる」なぜそんな記事を書いたかというと。あまりにも多いからだ。好きを先行させて、最終的に最悪な事態になっている人があまりにも多い。可哀そうなくらい…ホントに…多い…嫌になるほど…。こんなはずじゃなかった…このままでは日本も終わりだ…というくらい多い。あまりの多さにびっくりするくらいである。

好きな人と最終的に幸せになる。何十万年と続いた本能の流れが、今は崩壊しつつある。その原因の多くは男たちの裏切りによるもの。最初はあれだけ好き好きと言っておきながら、半年後には好きでなくなったと言って裏切っている。他の言い回しは、疲れた一人になりたいと言って裏切っている。女性たちは相変わらず本能のままだが、男たちは逃げるメカニズムになっている。恋の賞味期限もうんと短くなり、飽きたらポイ捨てるゲームのような裏切るメカニズムが形成しつつある。これは裏切りより進化かもしれない。男たちは、脳に進化を与え、恋愛をゲームのように遊び、責任を取れないと嘆いている。また、よく泣く男の子が増えた。好きになる責任を取るより、責任取れない別れを嘆いて泣く。別れが辛いから…昔の女の子のようにわんわんと泣く男の子が増えた。甘い言葉で好きと言って女を落とし、飽きたら捨てる、あるいは重くなったら責任を取れないと逃げる、そして恋の終わりを感動したかのように(わんわん)とよく泣く。泣いた男の子は二度と戻って来ない。男のプライドが邪魔し、恥ずかしくて戻れないからだ。進化の裏切り脳細胞。この裏切り脳細胞の餌食にならないよう、女性たちも防衛する手段を整え、男の裏切りを防御することである。

裏切られないためには、
1、条件。
2、タイミング。
3、好き。
この流れを厳守すべきだ。

「条件とタイミングを持っている人を好きになる」
この意味は何か?
具体的には何を指しているのか?
皆さんで考えてみて下さい。

好きは、女性が得意とするバージョンなので省きます。
条件とは何か?
タイミングとは何か?
この二つを具体的に考えて下さい。
皆さんのコメントお待ちしています。


関連記事


ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。

コメント

今日の、記事とは少しずれますが

最近、前向きに行動していたら 素敵だなと思う人に出会いました。
まだ始まったばかりかので これから条件やタイミングを見極める勉強をしようと思っています。

昨日、3年前に別れた人から3年振りに突然連絡がありました。
俺より幸せにしてくれる人がいる、もう連絡も辞めようと言ったきた人から。
その後に付き合った人も、
仕事が忙しいという理由で放置や会えない状況が続きグレーにされました。

振り回され、グレーにされ、自分にも原因があるんだとしっかり考え直して少し恋愛を休みました。
前向きに動きだし、少しずつワクワクした未来が見えるようになったきた矢先に。

先生の過去の記事にもあるように
忘れた頃に帰ってくる 男女のタイムラグ
復縁したかったら新しい彼をつくる 等、
思い当たるところが多過ぎてビックリです。

あんなに引きずって、悔しくて泣いた失恋だったのに
女性は上書き保存……振り返っても居ません。
自分でも不思議です。(笑)

新しい人は
人として誠実でちゃんと向き合ってくれるか
肝心なところで逃げないか 人間性をしっかり見ていきたいと思います。
そして自分も、価値のある女性になるよう努力します。

婚活

30代後半、今年結婚したいと思っていて婚活中です(^^)

もう何年も先生のブログを見ていて
初めてコメントします。

条件は自分が譲れないというよりは
借金がないとか世間一般として
常識がある人でしょうか。

タイミングについては今すぐ結婚するという
行動に移せる人でしょうか。
男性は付き合うときは結婚を考えているとか
言葉では何でも言えると思うので。

次回も楽しみにしています。

今の男性陣は、そんな感じなのですか…

今は下り坂なのでしょうか。
一緒に下り坂降りるのはどうでしょうか笑

私も、長年、恋愛に苦しんできたものとしては、
自分をコントロールすることが一番ラクということが答えでございます。

沖川先生の1に条件、2にタイミング、3に好き、は
とても良い提案だと思います。

女性も進化して、もっと知的になりましょ。
恥的、じゃないですよ笑

条件は、やっぱり結婚は日常なので、生活力。
タイミングは、決断時、お互いが無理をしていないこと。
好きは、その人との未来が見えて、その未来に魅力を感じて、飛び込みたいという気持ちがあるか。感情的ではなく、自分のことを第三者的に見れるか。

みやこ的にはこんな感じ。




No title

定職があり、誠実で借金のない人。親や親戚も経済的に困窮してないこと。
結婚はタイミングですが、婚活してる男性以外は、出会ってすぐに結婚!とかっていくら好きでも決断できないですよ。それを求めるには酷な気がします。またはそれでも決断してもらえる価値ある女性でないと。それもひっくるめての「巡り合わせとご縁」ですね。

条件は、仕事に対して真面目で前向きに取り組んでいるかどうか、教養のある人、借金しない人の他、
計画性のある人、問題解決能力のある人、親離れ子離れできているかどうか(物理的・精神的・経済的に自立できているか)などですかね。

結婚は家同士の付き合いも絡んでくるので、相手方がいつまでも親離れ子離れできていない人達では結構キツイものがあります...

また計画性や問題解決能力のない人にはイライラしてしまうので、これらは譲れないです。

タイミングは今すぐ(1年以内とか?)に結婚できる人が個人的にはいいです。
出産などを考慮するとあまりずるずる引き延ばしたくないので。

No title

恋愛して、プロセスを重んじながら関係を築いていけば、自然に次の段階に移るのが良い恋愛なのかなと思っているので。。。
今回の記事を読んで、「あれ?私は結婚がしたいのかな?」と疑問を抱いてしまいました。
結婚に至る以前に、自分の相手だと思った人と、次の関係に進めないかも。深められないかも。…と言う事の方が悲しい気がするので、条件に合わないって…うーん、難しいですね。
結局自分の相手とはめぐり合わなかったって言うなら独身でもいいと思うんです。そんな無理しなくても。
「結婚がしたいんです。」「一人じゃ暮らせません。」と相談されれば、こういう結論になるのかも知れませんね。
お金とか仕事とかって、結婚相手以前の人間としての問題だと思いますから、そういうのってクリア出来て当然じゃないかなっても思います。ここで問題にされてるのって、何とか人として暮らせるための生き方なんでしょうか。
次回の記事楽しみにしてます。

条件と聞くと

先日伺って薬物・DV・モラハラ・浮気の彼
の話をして沖川先生に「やり直しー!」と言われた者です。

私は以前結婚相談所を手伝っていたことがあり、「年収700万円以上の男以外絶対にいや」と普通に言う30後半の女性を見てきているので、相手を条件で見るという言葉に抵抗がありました。

が、私のように”好きかも!”というノリだけで付き合うと後々相手のボロが出る・・・。(こっちとしては早く本性出して欲しいです。何年も付き合ってポンコツなところ見せられても困る;)
今は、安心できる人=空白の時間が出来ると相手を疑ってハラハラしなくていい人を何より求めています。あと音信不通しない人^^;

条件とは仕事をして家族に責任を持つ、二人で一緒にやっていく意識が同じ方向を向いていることなのかなと思います。
ちゃんと働いてても給料入ったら全部お小遣い、足りなくなったら親に貰う男もいるので。

条件とタイミング

条件は、仕事が順調。
稼ぐ手立てが確立している。
身の回りに問題がない。

タイミングは、年齢的なものかな。
仕事が軌道に乗ってきた。
周りが結婚し始めた。

私は「あなたを幸せには出来ません」と、二人の結婚を前提にお付き合いしていた男性に言われました。私が悪いのか、相手が悪いのか・・。未だによくわかりません。

これは結婚願望がなくても、この順番で男性を選んだ方がいいでしょうか?

求めるものは結婚という形よりも、好きな人とずっと心地よい関係で一緒に生きていきたいと思っています。

確かに、好きが先にくるとのめり込んでしまうので自分をコントロールする事は大切でしょうね。
好きが最後となると、なかなか付き合うまでにいたらないのですが(笑)

条件は、最低限人間として男としてマトモであるというところでしょうか。
タイミングはその相手の仕事が安定しているのか、余裕があるのか、ですかね。

ゲゲゲの女房になりたい。

うちの田舎にいる戦争を生き抜いてきたような爺ちゃん婆ちゃんたちは、誰かが結婚すると見合いか?恋愛か?と聞くあたり、昔は条件タイミングが当たり前だったんだなぁーと思います。去年お亡くなりになった水木しげる先生もお見合い5日後に結婚式を挙げる超ハイパースピード婚でしたが、奥様と二人三脚で最後まで寄り添う最高のパートナー同士であったので、極端な話、好きはあとでもついてくるのかなと思ってしまいます。笑
音信不通で自己中だけど仕事は出来る夫、そんな夫の出世を支える妻、時代錯誤かわかりませんが、私はそうなりたいです。

男女の需要と供給

早く結婚して、子育てしたい30手前の女子です。
けれど、相応しい男性像が湧いてきません…。
未知ながら考えてみました。

条件は人として成熟していることだと思います。
具体的に言えば、楽しみを知っていてそれでかつ、
辛さも乗り越えて来た人。
つまり、少しの困難も今までの経験を糧に乗り越えられ、
ユーモアも忘れない人。
そして、金銭的に余裕があり安定した生活を送れていること。

タイミングは、まさにそういう人に何かを与えられるものを自分が持っているときに出会うことでしょうか。

独身時代は、まずは職を知った上で好きになってました。いい企業に勤めてたり手に職を持ってる人はまずは興味を持つ対象でした。その後はときめきがあり相性が良ければ付き合いたい対象でした。いくら条件がよくてもときめきがなければ結婚しても楽しくないし何の為に生きてるのだろうとむなしく感じると思います。

条件→仕事が安定してる。
誠実である。

タイミング→夢をすでに叶えている。
転勤の予定がないなどの 生活環境が安定している。

No title

お見合い結婚にする。
昔はそちらの方が主流で、うまくいってる方も多いですし。
お見合いは、
1、条件 でお互い選び、
2、タイミング も結婚を望む時期にやるわけで、
3、好き を結婚後に協力関係の中で、信頼や絆ができていき、育てるのかなぁと思いました。

多すぎ?求めすぎ?

条件は
・正社員、年収は最低限ある
・親に金銭的に依存してない
・相手の立場に立って状況を考え理解し、自分の状況・利益と比較して交渉したり譲歩することができる。利害調整能力。
・同棲や恋愛関係ではなくなぜ結婚なのか?
結婚することでしかできないこと、得られないことってなんだろう?
自分なりの考えでいいから結婚する目的が明確であること


余談
わたしの彼はわたしに対して思いやりがあるのかないのかよくわかりません。

仕事で疲れてるから仕方がないのか?
それとも仕事を理由に都合よく扱っているのか?
ネガティヴとポジティブが錯綜します。
楽観的すぎて痛い目にあったことは結構あるし
悲観的すぎて自爆したこともたくさんあります。
結局中立的な見方を求めてこちらのサイトに辿り着いた。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する