ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 人は自分の心のスケール以上の人生をつくらない
小さい心は小さいことしか考えないし、小さいことしかできない。「これ以上は無理だ」「いくら頑張ってもどうにもならない」こういう言葉が出るたびに、心の気球は空気を抜くようにどんどんしぼんで小さくなっていく。小さいことしか考えられない心はストレスに弱く、ほんのわずかなストレスでもすぐに体調がおかしくなる。狭いところに閉じ込めておくと、心はそれに順応して小さくなる。中村天風「勝ちグセのセオリー」より。

日常生活の中で心の狭い人間はたくさんいる。かつて私もそうだった。家と会社の往復、趣味も持たず、友達との交流もなく、休みの日は家でゴロゴロ。サラリーマンのオタク生活が何年も続いたことがある。その頃の心は狭い、そして小さい。何かやろうにもやる気が起きない。旅行に行っても、つまらないと感じ、体力と金の無駄と感じ、行かなければよかったと後悔するばかり。狭くて小さい心の生活が何年も続くとスケールの小さな人間になってしまう。人は自分の心のスケール以上の人生をつくらない。ホントその通りだと思う。心が狭く小さいと人生も狭く小さくなる。

スケールの小さな人間は、ネガティブな心を持ちやすい。毎日が不安で毎日が不満でたまらない。笑顔が消えイライラが募るばかり。そんな人生を送っていると、幸せは掴めなくなる。


お客さんの中にも心の小さな人がたくさんいる。
「好きな人がなかなかできない」「どんな行動を取ればいい人が見つかるの?」「私いつ結婚できるの?」「今後の人生はどうなるの?」将来に不安を抱えながら、何もできない心の小さな人はたくさんいる。

悩んでいるときは、心のスケールを大きくすることだ。

心のスケールを大きくする方法は、とにかく経験を積むことだ。家ばかりに居ていないで外に出ること。外に出てたくさんの人と会い見聞を広げること。休みの日は家でダラダラ寝ていないで美術館でも行くこと。毎日の通勤ルートを変えて、たまには違うルートで通勤すること。行動こそ学問。視野を広げるのが学問。行動学を手に入れれば心のスケールは徐々に大きくなる。なぜ大きくなるのか、そこには積極性が生まれるからだ。心を積極的にしてこそ、心のスケールは大きくなる。

関連記事


ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する