ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 私のブログの書き方
その日の思いつきでブログを書いている。
日々の出来事、思いつき。
今日はこういうことがあった。
今日はこんな考えが頭をよぎった。
お客様との対話の中で、お客様は何を訴えているのか、それを創作料理のように、自分なりの方法で記事にしたためている。だから私のブログは実況生中継。

過去でも未来でもない、たった今起きている男と女の生中継。
まるで私のことを書いている、私に言い聞かせるように。
皆さんにそう言われるのが私のブログ「恋愛日記」

なぜ恋愛日記というタイトルにしたのか?
それは簡単、毎日恋愛の相談ばかりしている、それを日記にする、当然タイトルは恋愛日記となる。男なのに恋愛日記?はぁーと思われるかもしれないが、そんなことはどうでもいい。タイトルはシンプルで解りやすいのがいい。男だ女だ関係ない。ときどきブログの作者は女性だと勘違いされるが、私はれっきとした男である。また男だから書ける記事もある。これが皆さんの心に響いているのではないだろうか。

私は机上の空論ではない。
私は現場の論者だ。

現場、つまり行動と体験によって、私の学問は出来ている。
行動学こそ最高の学問。それを実践している。

私の学びの師匠はお客様。
何万人も師匠がいる。
5万を超える師匠が私に様々な学問を提供してくれる。
5万を超える師匠が私に様々な問題の解決を迫って来る。
難儀な同じような悩み。ひとつひとつが宇宙を解明するような複雑な問題ばかり。
同じような悩み…それを何万回と重複して繰り返している。
潜在意識は重複作業によって蓄積される。
だから私の潜在意識は宝の宝庫。
どんな悩みでも、ドラえもんのポケットのように、解決アイデアが出て来る。

私の答えは出ている。
こういうタイプの男は何千人と観てきた。
続ければ不幸になる。だからやめた方がいい。

答えは出ているが、
頑固なお客さんは、私の答えに従わない。
アハハハ。難義さを予感するため息交じりの汗。。。。
じゃ、しかたがない。
何千人と失敗した中で新しい歴史を作るか、それにチャレンジするしかない。

人間とは自分勝手だ。
人を愛するとは、自分勝手な人間を作るようなもの。
こちらの忠告を無視して、勝手に苦しむ恋愛を選択する。
それも人生の選択、体験だ。
楽な方を選ぶより厳しい方を選べか。
それも面白いかもしれない。

私は忠告する。
彼は辞めなさいと。
でも、あなたは私の忠告を無視して彼にのめり込む。
まあいいか。
あなたがそれを望むなら、難義だけど、私の全知恵を提供しよう。
科学で解明されていない、人の心の解明に向けて努力するしかない。
今まで何万人にもチャレンジしてきて、誰一人合格しなかった、どの国家資格より難しい試験にあなたはチャレンジすることになる。
合格できるかな、
成否は、あなたの信念次第。


関連記事


ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

いよっ、沖川節っ(((o(*゚▽゚*)o)))!!
昨日は、こんな相談があったんだなぁ、とか、昨日の相談者に向けてのフォローのブログかなぁ、とか、思いながら、読んだりしてます。そして、それがピッタリ当てはまる人もいますよね。
話は変わりますが、私は、『日日是好日』という言葉が大好きなんです。楽しい日も辛い日も、晴れの日も雨の日も、その1日がかけがえのない日であるということ、こんな感じの意味だったかと思いますが、この言葉が、私にスイッチを入れてくれました。そして、先生の毎日のブログも、私の心をを少しずつ変えていってます。(^^)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

恋愛日記の作者が女性だとは、まったく心をよぎったことはありません。
ああ、やはり男の心理は男の視点、感性で書かれたものの方が的確で
信頼できるなとホント目からうろこって感じでした。

続ければ不幸になる恋。 相談者本人も、先生の忠告も理解していると思うし
相談に来られる前からご自分でも気が付かれているけれど、
やはり彼じゃなくちゃダメ、彼を失うくらいなら不幸になった方がいいと思ってしまうのでしょうね。私もそういうタイプ、あきらめの悪いタイプで、微塵の希望にもすがりつきたと思ってしまうザ、女脳でしたので。  

あきらめる答えを

言って欲しいがために、沖川先生に
鑑定して貰いに1度行きました。

沖川先生の答え…
実は母にも言われていた答えでした。
でも私は納得出来なかったのです。
結果、母と同じようなことを
言われた。が、
私は初めて納得出来ました。
身内では素直に聞けなかったのです。
沖川先生という恋愛鑑定のスペシャリストの
答えが欲しかった。
同時に身内より他人の答えが欲しかった。
その他人は私が尊敬している人では
ないと駄目だった。納得出来なかったのです。
埼玉まで、行って良かったです。
私は沖川先生のアドバイス通り
いわばあきらめましたが…
あきらめようと言って欲しかったのかも
しれない。
しがみついて、可愛くない女を
誰が好いてくれるのか?
一旦退いて体勢を立て直す、
仕切り直しがしたかった、
が、自分の力だけでは退けなくなっていた。
心がいうことを聞かないというか。
鶴のひと声…ではないけど
欲しかっただけなのかな?
駄目だということは頭の片隅には
あったが、
直視したくなかったので。

そんな風に当時を振り返ってみました。

No title

私は復縁を願ってる者です。
だからブログ村の復縁をよく読んでいます。
そこで1位の方が「復縁のアドバイザーがどんな人物かが大事。いかにもモテない感じの人物に相談してもダメ。自分に恋愛経験がないならそれは机上の空論に過ぎないから」と書いてあり、だから今日、沖川先生のブログに「机上の空論」と出て来たから「あれ?」と思ってしまいました。
確かに自分自身に恋愛経験がなければ人にアドバイスも出来ないだろうとも思います。
でもどんなにモテる人間でも経験はたかが知れているでしょう。自分の経験に基づくアドバイスなんて結局はその人の主観でしかないですよね。
沖川先生はお客様でいろーんなケースを見て来ているから、もしかして机上の空論かもしれないけど、ケースは沢山知っている。
何より文章が結構好きです。
何だろう、読み物として読みたくなります。

復縁したくて頑張っているけど、実は何も動けない私。
彼の方から変な連絡くれるけど、なかなか合致して復縁という形にはならない。

だから先生の「なにもしない」が強力な武器になる。とか書いてある文章好きです。
あと「果報は寝て待て」とか。
「寝る前にやるだけのことはやったという気持ちで波動を送るのが秘訣」ってあったけど、このやるだけの事はやったっていうのがどんな事だろう?って思います。
今度、日記に書いてもらえたら嬉しいです。

先生、こんにちは!

先生に鑑定していただいてから3年ほど経ちました。
別れてしまった彼との復縁を願って長い間過ごしていましたが、

先月になって、好きな人ができました。

片想いですが、なんだか久しぶりに穏やかな恋愛感情を持つことができています。
人を好きになるって、本当は楽しいものなんだなぁと。

彼に誘われて、今度の休日にごはんに行くことになりました。
何着ていこうかな~何話そうかな、とわくわくしていたのですが…

もしかしたらですが、彼には彼女がいるかもしれません…(;_;)いないと他の人から聞いていたのですが、何となくそれらしい気がして。

今度会ったときに聞いてみます!

前途多難ですが、冷静に対処できるようがんばります。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する