私のところでは不倫の相談が急増している。
不倫の記事、正直あまり書きたくないが、リアルタイムを述べる恋愛日記は、男と女に今何が起きているのか?この仕事をやっている以上、その現実を述べなければいけない。

過去の記事で不倫の相談はあまりしたくないと何度か述べたこともあるが、私の意に反して不倫の相談は急増している。既婚者の女性がくれば必ずと言っていいほど不倫の相談が多い。30代以上の女性の半分は不倫の相談で来ていると言っても過言でもない。なぜ私のところに来るのか?男と女の恋心、とくに男性の心理をここまでこと細かく記事にしているブログはそうそうないからだ。来る日も来る日も毎日の現場で、リアルに男と女の話をこれでもかと聞かされている。聞いたことを記事に書く、その繰り返しを10年以上続けている。そうすれば否が応でも男と女の現実が如実に見えた記事が配信できる。目から鱗の記事もあれば、グレーだったものが確信に迫る記事もある。私のブログを見て、男の気持ちは沖川先生に聞くのが一番、そう思って皆さん鑑定に訪れる。


不倫の話は嫌がらないで聞く。そこには何の嫌悪感もない。不倫の愛も人生の一部だと思っているからだ。私の役目は間違った人生を歩まないこと。損する人生を歩まないこと。家族に迷惑をかけないこと。他人を巻き込まないこと。ここを重視して相談に乗っている。

人を好きになる気持ち。愛そのものは間違っていないと思う。愛は純粋だ。でも不倫の愛は、愛の順番とけじめのつけ方が間違っているといっていい。

けじめとは、うまくいっていない当事者にまずは努力すること。努力もせずに他の愛に身をゆだねるのはよくない。マンネリ化した夫婦。トキメキがなくなった夫婦。女として扱ってくれない夫。男として愛してくれない妻。浮気をした夫。借金を作った夫。毎晩飲みに行って遊んでいる夫。働かない夫、稼ぎがない夫、男として甲斐性のない夫。家事をしない妻。女としてだらしない妻。浪費の多い妻。ヒステリックで神経質で家の中をネガティブの感情でひっかきまわす妻。喧嘩が多くなった夫婦。信頼も尊敬も失せ、愛情のかけらも無くなった夫婦はたくさんいる。そんな夫婦でも努力をすること。けじめとは、うまくいっていない当事者にまずは努力すること。結婚とは責任である、男にも女にも責任がある。責任を回避して不倫に逃げるのはよくない。

不倫をしている女性はよくこういうことを言う。「彼は生甲斐だと」女性は好きな人ができると生甲斐が生まれる。やる気も出て、生きる希望も出て来る。彼がいるから、こんな夫とも我慢してやっていけるという。

うむ…。
順番が間違っている。


確かにこんな夫なら、何も罪悪感を持たなくていいだろう。
女として見てくれない、男として見られない夫に罪悪感を持つ必要はないかもしれない。だが、子供対してはどう責任を取るつもり。あなたの生甲斐で子供の人生を台無しにしてはいけないよ。

私の役目は間違った人生を歩まないこと。損する人生を歩まないこと。家族に迷惑をかけないこと。他人を巻き込まないこと。

不倫が順調にいくわけない。
生甲斐もやがて泥沼化してくる。
けじめのついていない恋は、やがて苦しい恋愛物語へと発展する。
私のところへ来ているお客さんは、不倫でもドロドロした相談が多い。なぜこんな相談が多いのか?それは順番が間違っているからだ。


不倫が破綻する原因。
次回それを述べたいと思います。



関連記事


ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。

コメント

不倫する人は

不安があるからするらしいです。
自分のために生きたい人がするみたい。
それほどまでに現代社会は生き辛く
不安に苛まれている人が多いのだなと。

自分のため…子どもがいる人は
子どもより自分のことしか考えてないんです
よね。
自分の気持ちや快楽優先ですもん。
子どもですよね。

私の友人で母親が不倫して出て行った
人がいまして…
その当時高校生、まさかそんな悩みが
ある子とは思わず。
その子は母親を絶対に許す気はないと。
結婚式にも呼びませんでした。
それほどまでに子どもの心に打撃を
与えるのです。
私でも許せないかもしれない。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

この時代に日本で生まれて、この婚姻制度にのっとっているから、不倫だなんだと騒ぐけれども、

私は家族も大事だし、彼も大事。
不倫とか言われるけど、当事者は不倫なんて思ってなかったりします笑

家族は彼以上であり、
彼も家族以上でもある。

比べるとかしてきたけど、
同じ気がする。

そりゃ最初の頃は、心も身体もバラバラになり、
心はぐちゃぐちゃ。家族にも彼にも迷惑かけた。

それはやはり、この時代に生まれて日本に住んでるからには、不倫は罪悪感にさい悩まされた。

私はこの罪悪感と戦った。
感謝する心もなくして。

幸いにも、彼はそんな私をみて「方向が間違っている」と言った。

今あるものに感謝なくして、自分だけ幸せになるなんてあり得ない。

何年もかかって気づいた。


家族にも彼にも愛があるのは、宇宙規模からみたら

いけないことなんかじゃない、と思うのであります。



不倫だけはしないって。

うちの家は父親の不倫で離婚に至り、家庭崩壊。


本当に母親が苦労して育ててくれたので。

不倫するやつは糞。ほんまにクソやな。
何かしら理由つけて正論ゆうてるけど。

と思って幼少の頃から育ちました。

ので、大人になって尚
不倫だけは死んでもしやんって決めてます。

人の家庭壊して、不幸の上で成り立つ
幸せはないと思います。

父の不倫相手やった女の人に合う機会があったけどやっぱり

幸せにはなってなくて
老けこんでて、


恨みはもう本当にないけど(母親が本当に強くてハッピーな人だったから)
すごく哀れに感じるところがありました。

不倫は不倫。
他人の家族を犠牲にしてまで
貫くほどの恋愛やったんかって

泣いてる母親を思い出すと、
綺麗事言ってる人に嫌悪感をいだきます。

いろいろ貫いて清算してから言えよ。って

家族に迷惑を掛けない
他人を巻き込まない

先ずはこの二点を守ろうと思います!

まだ結婚して二年未満、育児も始まって以前と生活は変化して夫婦関係も明らかに変わったので不安で仕方無かったですが
ブログを読むと勇気と知恵を貰えるし自分の原点に戻れます。
どこに気持ちの軸を持っていけば自身が安定するのかまだまだ模索中ですが
今回のテーマにヒントや答えが見つかったので沖川先生に感謝です。
がんばります。

No title

当事者にしかわからない気持ちはあると思います。
それを部外者が正論振りかざして叩くのはどうかな。周りを巻き込んで迷惑かけるのは論外ですが、ひっそり紡ぐ気持ちは理解できないこともない。
必要以上に非難するのはモテない僻みでは?とすら思います。
でも大好きな人と結婚してお互い大事にするのが理想だとはもちろんわかっています。

結婚しても、不倫、仮面夫婦など…

独身女性からしたら、結婚に希望など持てません

結婚しない選択肢をした女性の特集をして欲しいです!

結婚する事が、本当に幸せな事なんですか?

難しいです。

不倫、難しいです。
たまたま好きになったタイミングが悪かった、たまたま好きになった人に家族があった…という事は不倫の始まりに、ほぼ当てはまる事なのではないかと思います。そう思うとその恋心を全否定するまででもないのかと…。むしろその恋心で相手の幸せを願うことをすれば、誰かを傷つけてしまう行動は自然となくなると思います。もちろん、辛いし我慢しなければいけない。でも彼の事が好きだから耐えれる。彼の人生を応援できる。
自分が満たされることばかり考えている人は、結局不倫という名で恋愛しているつもりだけど、そもそも恋愛にすらなっていないのではないでしょうか?

法律なんて、宇宙規模ではちっぽけ。
それを言い出したらみんなそうです。
宇宙規模で見たら、どんな恋愛もちっぽけです。
たった一人の人間が誰を好きで嫌いでもこの世界にとってはどうでもいいことです。
でも、そのどうでもいいことを大切な人のためにこだわって、散々迷って取捨選択していくのが人ではないですか?

不倫が法律で禁じられているからダメとは思わないです。
されたら嫌だから、しちゃいけないと私は思います。
自分はしても良くて相手はしてはいけない、または、しても良い不倫としてはいけない不倫がある、そういうの、私は理解できません。
私は、親が不倫していました。
そして不倫の末に、結ばれました。
私も不倫をして、何人もと、何年もの間して、最近やっと、清算できました。
宇宙規模で見たら問題無いとは思いません。
宇宙規模で見ないです。
すぐ隣にいる人が悲しんでいるのに、宇宙規模では見ないです。
悪くないと胸を張って言えるなら、責任を取れると言うなら、言えばいいと思います。
でも、誰も許してはくれません。
法律も、宇宙も、味方をしてはくれません。
人を殺してはいけないというのは、法律で決まっています。
決まっていなければ、殺しますか?
殺してもいいと思いますか?
それが人間の宇宙規模で見た自由ですか?
不倫は虐待のように、子どもに影響を与えます。
私のような、単なる連鎖とは限りません。
反対に極端な潔癖になることも多いでしょうし、恋愛とは関係のないところまで影響が出ることも少なくないと思います。
それは自由でしょうか?
考えることは自由です。
でも実行するときは、誰をどれだけ傷つけてもいいや、私は自由だからどんな悪事も働く権利がある、とまで思えないなら、やめたほうがいいと思います、私はですけど。




愛しているなら、離婚をして、結婚をしなさいと思うのは間違いですか?
自分らのしているのは恋愛で、人を好きになるのが悪いことじゃないというなら、手続きすれば良くないですか?
先に契約しているのを破棄して、新しく契約し直せばと言っているだけです。
ごちゃごちゃ言い訳して手続きをしなかったり、違約金(慰謝料などにあたる)を払うのを渋ったりなんでするんですか?
やってることおかしいですよね?
好き好き大好きとかじゃないですよね婚姻って。
それは契約なんで、不履行は駄目でしょう。
法律なんかで縛られたくないというなら、その法律の一つである結婚をまずやめなさいよ。
都合よく法律に守られたり、法律なんかと馬鹿にするのをやめなさいよ。
本文の趣旨とずれて申し訳ありませんが、不倫は純愛とか不倫叩きはモテないひがみとか余りにも見てられなかったです。
だからまず離婚して、それからしたら良いじゃない!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

りんさんのコメントに共感しました。
それは多分女性が独身で既婚者を好きになった場合ですね。
女性が既婚者で相手を好きになる場合、私も経験しましたが夫への不満不安先行きの見えない生活などから、自分を認めて欲しい助けて欲しいとすがってしまう気持ちが少なからずあると思います。
私の場合ですが、依存。自立してない弱さ。甘え。これに尽きます。

結末は相手が私の思惑に恐怖を抱いて逃げる。逆に甘い時間を過ごす度に、刹那的でかりそめの虚無感で私から離れる。一時のつまみ食いのような関係が本物にはならないことを学びました。

なかには夫にも家族にも何も不満はなく、自身も家庭の役割はちゃんと果たし、それとは分けて不倫関係を割り切って続けられる人もいるので、そういった場合にはあてはまりませんが。

既婚者であって他の男性を求めるより、破綻している夫と向き合い何度もぶつかり離婚の選択をして、犠牲にしてしまった子供だけは何をおいても第1に大切にしてしっかり育てあげようと覚悟した時に、憑き物が落ちたみたいに他の男性への執着心もとれていました。

既婚者で別の男性と深い関係になるパターンはいくつも人の数だけあると思うので、良し悪しは他人が言えることではありませんが、案外自分の欲求は不倫相手にあるのではなく、自分自身の中に答えがあるような気がします。

まるで酒癖の悪いオヤジのように、他人のコメントに勝手に絡んでキレている信者の方を見かける。そんな方ほど、どれだけ綺麗事や前向きなコメントを書き込んでみても、実際にはだらしなく独りよがりな不倫をしていたり…

コメント読んで思ったこと。

不倫で傷ついた人たちの気持ちを考えれば、

自分の気持ちを堂々と言ってはいけないのだと思いました。

ただ、当事者も罪悪感とか、好きな人といる喜びを抑えて苦しくて苦しくて、沖川先生のところに行くわけで。

欲のまま生きてるわけではないと思いますよ。

でも、子どもや傷つく人がいるなら

それを見捨ててはいけないですね。


既婚者子持ちの不倫は

綺麗事吐かないで欲しい。
子どもを第一に考えられない、
欲に負けた人間。
その事実は変わらない。

独身者が子どもがいない既婚者と不倫する場合は
好きにしろとしか言いようがない。

それで地獄に墜ちようが、
不幸になろうが、
カルマの法則で自分に返ってきて
その人の愚かな学びなのだろうから。

子どもがいる人で不倫者は
自分のことしか考えていない
馬鹿者という事実は変わらない。

もっともな言い訳や
好きになることは悪いことではないとか
言わないで欲しい。

子どもにだけは辛い思いをさせてはいけない。

馬鹿夫を選んだのも自分の責任、
覚悟が足りない人の愚かな行為=不倫
この図式は変わらない。

自分がされて嫌なことは
子どもにしてはいけない。
と思う。

罪悪感との戦い。

体の関係がないまま3年。
それでも罪悪感です。
彼は家族から良い父親で夫で居てほしいと思うと、私は諦めるのがよいと理解しています。
それでも惹かれ続けてしまう。
時間を無駄にしているのもわかっています。

不倫に始まり、人殺しにまで話は広がるとは…

許さない!という感情が痛いほど伝わってきます。

よほど傷ついたのだとお察しします。

ご自身も何年も不倫したのなら、自分自身も許していないのではないですか?

せめて、ご自身は許してあげてください。
お辛いと思います。


とんとん拍子、の回から感銘を受けて、それからずっと拝読しております。
今までとはガラッと違うテーマに、どきっとしました。

私は、主人のことが大好きです。結婚すら前から、今も、同じくらい愛してます。
でも私は、憧れてる人がいます。
その人とは、時々電話をしたり、お茶をしたりします。
その人は、私が人生のどん底にいるときに知り合って、親身に話を聞いてくれました。それから、私のことを心配したり、応援したりしてくれてます。
私はこの気持ちが、憧れだけではないとわかってます。
その人も、気づいてます。でも、口に出しません…
お茶と、電話…でも、やましい気持ちは日に日に増えて、いつかその人も私も、お互いの家族を道連れに、不幸の道へとまっしぐらになるんじゃないかと、内心、ものすごく怖いです。

でも、この気持ちは…なんでなのか、わからないです。
なんで私は、主人のことが大好きなのに、その人のことも、大好きになってしまったのだろう。
嘘じゃなくて、主人のこと本当に大好きで、なんの不満も無くて、主人も私を愛してくれてるのに、なんで?
この記事を見て、どきっとして、それから苦しいです。

私は絶対しない。絶対に。
こんなに、沖川先生に不倫で相談するひとが多いなんて驚きです。
人それぞれだとは思うけれど……善い行いではないはず。

別の人生

既婚同士のパートナーと3年付き合っています。
相当な葛藤の末、今は穏やかに彼に寄り添いなくてはならない存在です。
彼にとってもそうだと思います。
家庭を大切にする私と全く別の瞬間を生きる一人の女
を上手く使い分ける事が出来るようになって、楽に
なりました。男にのめり込んで、すがり付く恋愛は
家族に対して失礼だと思います。
不倫は本当に向き不向きがあるので、地獄を見る覚悟がなければ止めるべきです。


綺麗ごと…

不倫は絶対しない。

私もそうでした。絶対に、って。

嫌悪感すら持ってました。

20年前の私に会ったら、怒られるんだろな。失望かな。

謝るのかな。

離婚する覚悟があればこんなに苦しんだりしない。

覚悟がないから、離婚はしないで自分自身を変えて環境を良くしていくしかない。

綺麗ごとではないけれど…

不倫は、ひとつの経験として、深く深く自分と向き合えた出来事でした。

主婦の恋愛は、多いと思います。
願望を含めたら、10人中8人はいるのではないかと。

それでいいじゃない。
たまに食事したり、映画みたり、ステディな関係の何がいけないのかな。

男の人だって、飲み行ったりお姉ちゃんのいるお店にいって楽しんだりするでしょ?

ボーイフレンドと楽しんで、いいじゃない。

生き甲斐、とまでなると重いけど、主婦だって自分を解放したいですよ。


平気で不倫をしています という人が 家族とは区別して
二通りに分けて上手くやっているのは良い
という言い訳もありますが、端から見ると不倫は不倫
九星で片付けるのは よくないとは思いますが
男性の浮気や遊び人に多く当てはまる生まれの方のように
もちろん女性にも当てはまりますよね?

結局、女も男も関係なく 気が多いひとは多いし、
しない人はしないし。
不倫も浮気も自分本位な考えで行動しているので誰が何を言っても治らない病だと感じました。

No title

不倫については 生きてきた中で ちゃんと教わらなかった気がします。だから 彼女のいる人を好きになって 遠いのに会いに行ったりしちゃってました。いけないことだとは 知らなかった。知らないうちに好きになったり 会いたくなったりしますよね。恋愛のルールは 家庭でも学校でも教わらなかったから まずは 結婚とは。とか 恋愛とは。とか ちゃんと勉強する機会がほしかったな。誰かが 相手を用意してくれて いつか結婚できると思ってたけど 違った。自分で探さないとみつからないし 好きになった相手が必ず こちらを向いてくれるわけでもない。彼女がいるひとなのか 奥さんがいる人なのか わからないこともある。なんか 曖昧な世界ですよね。しっかりしたプランをもってのぞまないといけないですが何となく生きてるから。後から 知らなかった。教わってない。って思っちゃう。一人一人が強くないとね。俺には彼女がいるから ダメだよ。とか 奥さんがいるから 人としては仲良くできるけど。とか きちんと伝えてほしい。女性の方もね。まずは 幸せか。そうでないなら旦那さんと話し合うとか 先のことを考えるとか。大事なことですね。何を求めて一緒になるのか。も最初に お互いわかりあえているといいですね。




申し訳ありません、言葉が過ぎました。

傷ついたのは私ではありません、私は傷つけた側の人間でしかありません。
許されるべきではありません。私は私の成した業を一生背負います。

しかしそれを人様に押し付けたのは間違いでした。
それを教えてくださるコメントに対し感謝致します。
ありがとうございました。
度々お目汚し申し訳ございませんでした。

自分自身は全く潔白ですが、主人の浮気、不倫に2年ほど悩んでいます。
ぜひ先生の次回記事もお待ちしています!
お互いに努力しなさい、とのお言葉、心に刻みます。
夫婦お互いに少しづつ歩み寄れてきた気がしています。

正直

人生でモテなかったことはないです。

うちの母は、よそで自分が子供と暮らすより高級なマンションで女と住んでいた事が発覚してすぐ


女からの電話。
で乗り込み修羅場。


幼い子供二人を胸にかかえて
(母もきっと不安で不安で仕方なかったはず)

一瞬で謝り叫ぶ父を無視し、離婚届を叩きつけ
不倫相手の女に「そんなに欲しかったらあげるわ。そんな男くれてやる」と言いスパン!!!と


叩き切り、即離婚。

本当にかっこよくていつも前を向いて
陰で泣きながらでも自分の意思を貫いた
母の背中をずっと見てきたから
私も絶対に女は強くあるべき!

って生きてこれたからだと思っています。


不倫相手には正直
若かったからとはいえ

家庭を壊した子供二人分と、

母親の強さ
すべてが呪いのようにまだ、
のしかかってるように思います。


そしてそんな母はそんな事までした
父の事も許し私達とも会わせてくれていたし
父も未だに母をひきづっている。


私だって大人ですから、
既婚者から言い寄られた事も
もちろんたくさんありますが、「何言ってるんですか〜子供泣きますよ♡」で
一括。

ふざけんなと言いたい。女の愛なめんなよ。


結婚の責任がのしかからない女に
甘い言葉吐けるのも

素敵な所だけ見せれるのも
帰る家があるからやろうが。と言いたい。


本当に好きなら家族にも
妻にも子供にも、
その相手の女性にも誠意を持って責任をとるはず。


好きにどうしてもなってしまった。

で、進めるにしては
不倫にはリスクが重すぎるように思います。



幸せになってる人、見たことないですもの。


私の意見は子供からの目線なので
意見が偏っていると思います。



子供は本当にいろんな意味で親の背をみて育ちます。

この経験がなかったら不倫…もしかしたら
してしまっていたかもしれない。

よかったこの経験があって、と今は思っています。

不倫ってどこから不倫?
身体の関係から?それをしたら、女の人は全部まるごと相手を受け入れちゃうから…
でも、電話や食事くらい…

今は老人ホームでもお盛んというではありませんか。
リハビリ拒んで、俺はもう死ぬだけだ!と言ってた人が新しく入居してきた女性に恋をして、リハビリ頑張っちゃちゃって歩けるようになり、お二人は仲良く老人ホームを出て2人で暮らしたという。

ときめくのは、パワーですよ。

誰かを傷つけたり、となるとか、
好きな気持ちに否定的になったりとか、
それは間違っている方向なのかな、とは思う。

良いも悪いもない

不倫は良いことか悪いことか?
その前に…
沖川先生が彼との関係、放置、浮気、嫉妬、復縁ついて悩む女性に何とか結婚までたどり着くようアドバイスをされていますよね?
その女性が結婚されて不倫で相談に訪れたら、沖川先生のご苦労は何だったのでしょうね?
先生の元に駆け込む女性は皆真剣です。先生もそれは分かっていらっしゃるので真剣にアドバイスをされますよね。
人は心変わりをするものですが、恋多き女性は手に入ったら飽きてしまうのでしょうか?
あんなに真剣に愛してた彼を裏切る行為をするのでしょうか?
毎日の家事、育児、仕事。
親戚関係、ご近所付き合い、ママ友付き合い。
ストレスは沢山ありますよね。発散したい気持ちはよくわかります。
でも全て自分が選択したもの。
愛なく結婚された方もいるのでしょうが、結婚てそんな簡単なものではないはずです。
子供がいれば一生母親です。
一時の感情に任せて結婚をし子供を産み不倫をするなど無責任です。
このブログを拠り所にしてる多くの方は皆真剣です。
独身の方、大好きな彼と結婚することだけが目的になっていませんか?
既婚者の方、独身の方に希望を無くすようなことはやめませんか?
責任ある大人の女性を目指しましょうよ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

すごいタイミングでこの記事読みました。

私既婚者、彼独身。
彼との関係も10年目。

悩みに悩んで、子どもを見捨てることはできないのは当たり前のことだったから、

同居離婚にすることに決めたんです。

周りには、離婚して一緒に住むの?意味わかんない。
中途半端。
一緒に住めるなら離婚しないほうがいいじゃん、と。

そりゃそうですよね。

でも、そんなこんなで結局離婚届を書きあがったとこなんです。

罪悪感持ちながら、不倫してる方に一言。

罪悪感は身体を病気にします。罪悪感あるなら、その欲を捨てることをオススメします。

健康で家族暮らせること、感謝ですよ。






No title

これでは男が結婚したがらなくなるのも無理はないね。恋愛だけですませたほうがいい。

おはようございます。
沖川先生のブログ、いつも拝見しています。

私の場合は、どちらの経験もあります。
私の夫は他に女性を作り、1才の子供と、妊娠中で臨月の私を捨てて出て行きました。
苦しみの中、もがきながら3年は夫が許せませんでした。

ただそんな私を救ったのは、既婚者の知り合いの男性でした。
私の仕事を応援し、いつもそばにいてくれていつしか夫を許していました。
そうは言っても、相手の方は既婚者です。
ご家族があり、お子さんがおり、それが彼のアイデンティティーで、そういう部分を含めて愛していました。
仮に彼が奥さまへの不満をもらしたとしても、私はその奥さんという立場であった経験もあります。
3年近くプラトニックの関係を続けました。
一度だけ結ばれましたが、空しいきもちだけが残り苦しいだけでした。
その男性への想いは純粋でしたが、自分の立場をわきまえ別れを決意しました。


元夫を許す為に、彼は現れたのだと思います。
人を好きになる気持ちに、皆さんも嘘はないと思います。
今でも彼を思っていますが、それ以上に彼の人生が豊かに輝くことを願っています。

私には夢がありそれが生き甲斐です。
その夢を応援してくれる本物のパートナーと、いつか必ず出会うと信じています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する