ホーム > 恋愛 > ストレスを抱えた女性
仕事や人間関係で大きな悩みを抱えた女性は、恋人である彼氏にくどいほどのストレスをぶつける。

毎日嫌になるほどの愚痴をこぼされた彼氏は、彼女のことを煙たがり避けようとする。話を最後まで聞いてくれない彼氏に「なぜ私の話を聞いてくれないの!あなたは私の恋人でしょ、恋人なら私の話を最後まで聞くのが彼氏の役目ではないの!」と噛みつく。男脳は疲れたら体を休ますことで疲れがとれると考え、女脳は疲れたら好きな人と話すことで疲れがとれると考える。この両者の違いが、やがて大きな喧嘩となり別れ話に発展することがあります。

その危機を避けるためには、彼にあまり多くのストレスをぶつけないことです。できれば、あなた自身のストレスはあなた自身で解決することです。恋愛期間中は、自身のストレスは彼をあてにしない。彼も彼女のストレスに対してなにもしない。ストレスの多い社会で二人の関係にはストレスがない。この関係こそが、将来結ばれる二人となります。


関連記事


ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。

コメント

No title

分かる!
私は疲れたら黙りたいし、眠りたいし、話したくないのです。
いや少しは話したいが、自分の鬱憤を晴らしたらもうスッキリタイプ。
30分から長くても1時間話せばそれでいい。

が、友人は、何かある度に話したいし、
進展あれば話したいし、
話の時間も私よりも長い。2時間以上ざら。
しかも定期的に話したいし、
毎日だって大丈夫らしい。
酷い時は毎日電話が来たので。
毎日のストレスも話したい勢い。

彼氏じゃなくても辛いのに、
同性ではない、話をただ聞くのが辛い男性が
ザ女性脳の彼女の話を付き合えるのか⁇⁈
無理ですよ。

女性の私だって僻遠してるのだから。

No title

お陰様で最近では、一瞬打撃を受けることがあっても
長く引きずらず、ストレスをため込まないような脳が出来上がってきました。
しかし油断すると何気ない小さなことでも身近な人にを愚痴をこぼしてしまうことも
あるので、この点は注意しようと思います。誰かと話をする時も
お互いが楽しくなれるような、明るく前向きな話題がいいですね。

No title

わかります!!
私も以前は自分のことを何でも彼に知ってもらうことがコミュニケーションだと
思っていましたが沖川先生のブログに出会い、勘違いであることを学びました。
今は彼にグチや不満などのネガティブな感情は出さないようにして、リラックスした雰囲気を作るように心がけています。すると自然と彼ともぶつかることも減りました。
女性同士での会話も友達だからといって、職場や個人的な不満を延々と話されることも
イヤだと思うようになり、発する人とのお付き合いは最低限にとどめ
自分も発しないように心がけるようにしています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する