ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 恋愛以外の生甲斐
恋愛は生甲斐というけど、恋愛だけが生甲斐だとは思わない。生きている限り、生甲斐は他にたくさんある。恋愛は生甲斐というより、どっちかというと盲目。青春とは苦しいもの、それと同じように「恋愛とは苦しいもの。」恋愛とは、青春時代と同じような苦しい道を歩んでいるだけ。先の見えない未経験者が将来に不安を覚えて悶え苦しんでいるだけ。苦しみを捨てることも、苦しみを開放することもできず、ただただ叶わない相手に悶々と苦しんでいるだけ。そこにはわびしさも切なさもあり、一途の喜びもあり期待もある。恋とはまさしく青春そのものの盲目の道。

恋愛を生甲斐にするためには?
簡単なこと。
それは相手を信じること。
相手を疑えば生甲斐にならない。
相手が信頼できない人であれば、付き合う相手を変えればいい。
信頼関係という基本を忘れるから生甲斐にならないのである。

愛とは苦しみではない。愛とは助け合いである。そして使命である。
助け合いを忘れて、使命を忘れて、たった一個の愛に暴走するから苦しむのである。
視野を広げよう。君にはまだまだやることがたくさんある。恋愛以外の生甲斐を見つけたとき、君の視野が広がる。

恋愛以外の楽しみは生活の中にたくさんある。
生活を維持するための仕事、この仕事を深く愛そう。仕事とは恋愛の100倍楽しいもの。愛は裏切るが仕事は裏切らない。努力した分だけ仕事は報われる。報われないのは、恋愛にうつつを抜かして努力を忘れているからだ。朝から晩まで相手のことを考え、仕事が手につかないようでは、君の人生は終わりだ。なぜ終わりか、生きる使命を忘れているから。

恋愛とはうまくいかないから面白い。
逆にそう考えればいい。
うまくいったらつまらない。
うまくいかないから面白い。
願望とは手に入らないから追い続けるのであって、手に入ったら追いかけない。だから恋愛という不可思議な願望は手に入らない方がいい。手に入れない方がいいと決めれば、もうその時間に長く居る必要はなくなる。「いつか手に入ればいいや」という軽い考えのもとで一日が過ごせる。そして、あまった時間を仕事に頑張ればいい。「恋愛とは人生の一部」それを早く心がけた方が、人生は成功する。


関連記事


ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。

コメント

No title

なるほどです。簡単明確。 恋愛を生きがいにするには相手を信じること。
疑えば生きがいにならない。信頼できない人であればやめてしまえばいい。
これにつきますね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

仕事を愛していたので 結婚が遅くなりました。仕事があるから 恋愛がうまくいかなくても 頑張れたと思う。泣きながらも 前に進めたな。仕事を理解して落ち着いたから結婚を考えるために相手をみつけて結婚しました。両立が心配でしたが 協力しあってお互いに 助け合って やれる。と 思えてきました。協力してくれない人なら やれないですよね。お互い帰ってくると 疲れた~(>_<)と 言っていますが一人の方が楽かと思ってたけど二人だと疲れが癒されるんですね。頑張れそうな気がします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する