ホーム > 恋愛 > 運の悪い男に対する私の考え方
私は女脳の愛で男に臨まない。
男に臨むのは、男脳にぴったり合った論理で臨む。

この論理は、単なる論理ではない。
ありとあやゆり成功法則を取り入れた論理である。
偉人たちが成し遂げた、ビジネスの成功法則を駆使した論理。
ビジネスを成功する過程の精神的な哲学を取り入れて、私は男と勝負をする。

男を落とすにはビジネス書をたくさん読むこと。私は何度も恋愛日記にそのことを書いてあるが、それを実践している女性はほとんどいない。だから失敗続きの恋愛が巷にあふれているのである。

どんなビジネス書を読めばいいの?
おそらくあなたはわからないだろう。
でも、安心しなさい。
恋愛日記を読めば、その片鱗が書かれている。
このブログを読めば、あなたはビジネスで成功する精神を手に入れることができる。ビジネスで成功する法則は、男の愛にも十分に使える。あなたの頭の中にたまった私の教え、そろそろ開花するときがきた。

運の悪い男に対して、
私ならこうする。

1、まず同情はしない。(運の悪い男に同調しない)
2、相手がネガティブなら、自分はポジティブに接する。
3、相手に依存も期待もしない。
4、自分が見本を見せる。(運を良くする方法を)
5、最後にいつ別れてもいい覚悟で付き合う。

愛より深い論理。男と女が愛するのはひとつの物語に過ぎないが、ビジネスの物語は男と女の愛の物語のレベルではない。それこそ、その何億倍も深い。女の愛より深い論理。あなたが、ほんの少し、その論理をマスターすることで、男を手玉に取ることができる。理屈がわかれば、男なんてチョロイものだ。

さて次回から、1、まず同情はしない。(運の悪い男に同調しない)
から始めよう。レッスン1だ。


関連記事


ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

先生はいつも真剣に徹底的に女子の事を考えてくださって、本当に感謝しています。これからもよろしくお願いします‼︎

おもしろいです!
恋愛テクニックだけではもったいないですね\(^o^)/
私の武器である『笑顔と行動力』にプラス成功理論で、ビジネスでも一人勝ち間違いなしですね!
女性相手の仕事なので、きめ細やかな心配りと愛情で、お一人お一人と向き合うことが大切です。が、やはり限界も感じています。
今は企業との連携で成功する時代。トップの男性が落ちればビジネスとして成功したも同然。
沖川先生のブログには、使えるエッセンスがふんだんにちりばめられています!
勇気が湧いてきます♪

No title

沖川先生のブログは女性が気付かない見過ごしがちな
男性目線での的確な内容で本当に助けられています。
自分が守られているようで嬉しいです。

先生のブログに出会い、
自爆しないこと
自分磨きをすること
ポジティブ感情を持つこと
疑うのではなく、信じること
夢や目標をもつこと
など、教えて頂きました。

おかげさまで今は彼との関係も落ち着いており
夢を持つことができ、少しづつ行動しています。
ありがとうございます。
これからもブログ楽しみにしています。

初めまして

初めてコメントを投稿させて頂きます。
パートナーとの問題に悩み、ネットサーフィンの末に先生のブログに辿り着きました。
色々拝見した中でも、やはり心に響くのは、経験に裏打ちされ努力を積み重ねられた方々の文章だなぁと感じました。
先生の文章は、最初の頃は読んでいてかなり気持ちが痛くなっていたのですが、なぜか離れられず、私がパートナーとの問題に悩み出したのを機に、ブログを一番初めから何度も読み返し、先生お勧めの、50の名著初めヒル博士の本など様々な本を読み返しているうちに、やはり実践しなくては意味が無いとしみじみ思い、やっと重い腰を上げだしました。動き始めれば、漠然としていた目標が自分の中で確かなものに形作られていき、さらにやる気も起こり、小さな問題よりも自分を素晴らしくしようと、以前よりも行動に移せるようになって来た気がします。
現状をしっかり把握し、そこに囚われすぎず目標を見失わずに、私にとっての真実を求めながら幸せを選択し続けます。
先生の仰る通り、ネガティブになってる暇なんてなくなりました。ポジティブでなければ、自分を休ませる事も出来ませんよね。
先生のブログに出会えて本当に良かったです!
ありがとうございます!!

No title

5.いつ別れてもいい覚悟て付き合う、
やっぱ、これですよ。
て、事は、スイッチが入らないってことですから。
だから、ダメだったら、ハイ、次!って、行けるんですよ。
すぐ、次にいくことは、いけないことだと思ってましたが、いいんだって、やっと、わかりました。

今の自分にぴったりな内容

先生いつもありがとうございます。
私、同情してました。でもこれでいいのかな、って思ってたんです。
だから、このブログ参考になりました。
実践を頑張ってみますね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する