ホーム > 日記 > 何かに関心を持つ
日曜の朝、ふと…物思いにふける。
なんという思いだろう?それはわからない。ただ、なんとなく物思いにふける。
今日も仕事があって、堕落しているわけではないが、何かを自分は探している。
何かを。

その何かが見つからない。
自分は何をやりたいのだろう?
今現在それがわからない。

258 (640x427)

今現在、自分は何をしていいのかわからない。
そういうときは、自分に言い聞かせる。
「これはチャンスだと」
わからないものを見つけるチャンスだと、言い聞かせる。

よし、何かに関心を持とう。
関心の度合いを多くして、関心の持てるもの、浴するものを多くしよう。
欲張っていろいろなものに関心を持ち視野を広げよう。
そうすれば自分が何をやりたいか見つかる。

やりたいことが見つかったら、それに集中して、関心度を高めていけばいいのだ。
関心が高くなればなるほど、目的は早く達成する。
その状態にいることで、人は生き甲斐を持てるようになる。
生き甲斐のある人生は、健康で豊かで幸福な人生が保証される。

自分は何をやりたいかわからない人。
今後どうしていいかわからない人。
今はわからなくていい。
わからなくていいから、何かに関心を持ちなさい。
何でもいい、どんな小さなことでもいい、何かに関心を持ちなさい。
関心の量を多くして、これが好きだというものを見つけなさい。
好きになれば、関心度は高くなる。
日に日に高くなる。
そうすれば、自分のやりたいことが見つかる。



関連記事


ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

チャンス

沖川先生こんにちは。そしてありがとうございます。
こちらの記事を読み、胸がスッとしました。
今まさに何をすれば良いか分からずにいたので涙が出そうです。
これはチャンス。前向きに一歩ずつ進みたいと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する