ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 女性が恋愛でなく仕事に命をかけたら、能力では男性より女性の方が上となる
人生は一回のみ二回はない。人生は一生、二生はない。それに人はなかなか気づかない。頭では分かっているが、現実問題として分かっていない人が多い。無駄な遠回り、かけなくていい手数をかけて、迂回(うかい)して、余計なまわり道して人生を歩んでいる人が多い。

余計なまわり道。かけなくいていい手数。無駄な遠回り。この代表例が恋愛である。タイムリミットを持つ女性には時間の制限がある。なのにこの問題(恋愛)に関しては、無駄とも言える多大な時間をかけている。男性から見れば、なんという時間の無駄。この時間を有効に使えば、もっと人生は良くなるのに、もったいないと思う。1円も利益を生まない恋愛に時間をかけるくらいなら仕事に専念した方がよい。この方が間違いなく利益になる。恋愛に時間をかけるより仕事に時間をかけた方が、人生は豊かになり、価値のある人生が送れる。恋愛する時間がもったいない、女性たちよ恋する時間を減らしたら?この時間は無駄だから。男どもは女性の恋する時間を無駄と称している。

確かに、女性が恋にかける時間を仕事に回したら凄いことになる。おそらく男性の上を行き、男どもを脅かす存在となるだろう。たぶん男性たちは勝てない、女性が恋する時間を全部仕事に回したら勝てない。男と女の性格判断をすると、遊び人の不真面目な要素が多い男性に対して、遊び人の不真面目な要素が少ない女性の方がトータルでは上。女性は真面目なのだ、恋も仕事も。真面目な女性がひとつのことに尽くす能力は男性の比ではない。男性は怠け者だが、女性は怠けず尽くす。女性たちが恋に命をかけず仕事に命をかけたら、男性の仕事はなくなる。あったとしても女性の下で働くことになる。腕力や体力では男性が上でも、真面目な持ち前の粘り強さでは女性の方が上。無理をせずコツコツ仕事をこなし、人の気持ちを素早く察知する人間観察能力の優れたアンテナは男性にはあまりない。女性には持ち前の粘り強さと人の気持ちを察するアンテナが基本的に備わっているので、有効な人間関係が築ける。女性の欠点である嫉妬さえなくなれば、仕事の天下は女性のものとなる。女性が恋愛でなく仕事に命をかけたら、能力では男性より女性の方が上となるだろう。

良かったね男性たちよ。女性が恋に時間をかけてくれて。だからあなたたちは安泰でいられる。オレは男だ!と亭主関白でいばっていられる。これもみな女性たちが恋に命をかけてくれるから。無駄な遠回りに恋愛がある。恋愛は無駄な遠回り?果たしてそうかな?私はそうは思わない。これこそ生甲斐、これこそもうひとつの仕事だ。人生には二つの仕事がある。ひとつは仕事、ひとつは家庭。どちらも完成させて一人前。「独身は成功しない」これを目指すべきである。


関連記事


ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。

コメント

遠回り

沖川さんおはようございます😃
私は恋愛で壁にぶち当たって、ここで書かれている遠回りをしている人間です。でも壁にぶち当たったからこそ、「今まで色々理由をつけて後回しにして見て見ぬふりをしてきたことと向き合わなくちゃ」とやっとやっと行動に移せるようになれました。ちょっと気がつくのが遅かった気もするし少し不安もあるけど。恋愛と仕事 両方の目標ができました。
過去の記事に「あなたが諦めない限り、次のチャンスは用意されているものです。とくに中途半端で終った場合は、必ず次のチャンスはきます。」とありました。この言葉が励みになります。彼の矢じるしが本当にいつか私に向くのか、私も頑固だから、半信半疑ではありますが。明るく笑顔で頑張ります。正しく信じる者は救われます きっと。
遠回りに見えたけど必要だったと思える時がくると思います。

人間ってオモシロイですね!
バランスが大事と思っていても、なかなか思うようにいかないのが人間。
でも自分が選び、自分で決めた人生には納得ができる。

沖川先生がおっしゃる通り、人生は一度だけ。
恋愛一筋!仕事一筋!でもいいじゃないですか。
他人から見たらムダと思われるかもしれないですが、自分にとってムダな時間や経験などないと思います。
紆余曲折をしてその人の個性や能力が磨かれるからです。
そしてコレだ!と思うものに出会ったら、迷わず全力を注ぐ。

『男は女を助け、女は男を助ける。』
それぞれの能力を競うのではなく、それぞれの能力を活かし、お互いが自立し認め合うことではないでしょうか。

女に生まれて良かった〜

輪廻転生といったりいますがやっぱりまずは今生ですよね
今を精一杯生きる!これにつきますね。
私は女に、生まれてほんとに良かったです。次生まれ変わってもやっぱり女に生まれたいな
思いっきり恋ができる。おしゃれもたのしめる。綺麗なお洋服やキラキラなアクセサリー身につけてお出かけもウキウキするし。お掃除したりお花を飾ったり花柄やレースの可愛い雑貨やピンクのファブリック買ってきてお部屋の模様替えも楽しすぎる〜。気の合う友達ときゃっきゃ大笑いしながらのおしゃべりもスカッとするし〜。
やっぱり女で良かったなー
私にとって仕事 は3番目くらいですけど、確かに色々なこと楽しめる集中力や情熱を仕事だけに向けたならーー
すっごく仕事出来る人になれるだろーなぁ。
でもでも私は女で良いわ〜〜。やっぱり恋が1番の女がいい!
これまでは白黒はっきりしたいほうだったし結果をすぐ求めてしまうタイプだったけど先生のブログと本のおかげでしょうか、今回の恋愛はまわり道というかじっくりゆっくり長期戦で臨んでます。彼の今の気持ちもはっきりとはわからないんだけど私はいつもポジティブになっていればそれだけで良いの〜。そうしていれば彼とともに歩むあかるい未来にコロコロ〜っとなっていくよねー。なんてね 〜根拠は何にもないですけどね〜《もともと脳天気な性なもので》
今日も涙うるうるする記事ありがとうございました。

ムダって色々あると思うけど ムダではないと思う。恋愛の遠回りとか 幸せな結婚をしたのに離婚したとか。他にも 例えば趣味を持つことでも 見方を変えればムダってことになる。生活に全然役に立たないことかもしれないし お金も費やしてしまう... でもムダあってこその人生だと思う。辛い恋愛でも後々成長出来てるかもしれないし 趣味でお金を使っても 友達が増えるかもしれない。勿論 仕事あってのムダだけど ムダは人生の彩り!...って思います。

私の友人は、彼に愛されるためには『とにかく胃袋を掴め!』と、料理の腕を磨いているうちに、プロ並みの腕前となり、ついには自分でお店を出した人がいます。
彼女は、恋愛をしたことで自分の才能に目覚めたという最高のパターンです!

恋愛中に、起こってもいない出来事を不安に思ったり、先を心配しすぎて何もできずにいるのは、時間の無駄遣いかもしれません。
それなら彼女のように、行動を起こし彼のハートも胃袋もゲット、新たな自分の才能に目覚めてラッキー、さらには持ち前の前向きさでお店も繁盛。
まさに恋愛も天職も手に入れた、最高に幸せな勝ち人生だと思います。

No title

大丈夫です。私のように繁殖能力のなくなった50過ぎのおばさんになれば、
一円の利益も産まない恋愛にうつつを抜かすなど自然としなくなります。
せいぜい茶飲み友達か演歌歌手の追っかけなどの疑似恋愛です。仕事は
データをとったわけではないですが、女性向、男性向きの仕事があるような気がします。
さかなクンみたいなお宅系研究者、コレクター系は男性の方が圧倒的に多い気がするし、
経営能力や商品開発などは女性の方が能力を発揮しているような気がします。
先生のような実験結果ではない、女脳、女性心理の徹底した追及、解析も男性ならではの
気がします。

今まで恋愛の相談とか友達にしても、何かしっくりくる意見が無かったんですが先生と話してはっきり分かった事、
あぁ私は恋愛を一番に考えて無かったんだって事。
これまでの人生は自分を高める為に誇りを持って仕事をしてたけど、周りが結婚の話しをする中でそろそろ適齢期過ぎてるから急がないとダメなんだろうなぁと頭では思ってましたがなかなか踏み込めず…。周りがそんなムードだからとりあえず同調して結婚相手探さなきゃって感じになってたけど気持ちはイヤイヤまだやり残した事がある。といつも矛盾を抱えて結婚↔︎仕事で葛藤してました。
結局30超えても結婚しなかったけどそれはそれで良かったかなぁと今は思います。
強がりとかじゃなくて人生始めての挫折を味わって気づきました。最近まで仕事で悔しい思いもいっぱいして馬鹿にされたりしたけど挫折を経験しなければ人の痛みなんて理解出来なかったと思うから。前のイケイケのまま誰かと結婚してもきっとうまくいかなかったと思ったので、これは神様からちょっと、なりふり考えなさいって意味での挫折かなぁって思いました。。知らない間に足元すくわれないように周りをよく見て、上に突き進む事だけを考えるんじゃなく周りとも協調性を持てとかを知らせる為に。
でも仕事を頑張ってきて良かったなぁと思う事。最後はちょっと不完全燃焼で強制終了だったけど、おかげで誰とも違う私の「個性」が出来上がったって事です。誰にも真似出来ない「私らしさ」ができたので人生の第1章はこれだけは自慢出来るとこが出来て良かったなぁと思います笑。
第2章はパートナーと共に…を目標に。。。やっぱり人間は一人では立てない時もある!辛い時、楽しい時を支え合えって一人前!人生一回きり!!今から徐々に挽回して新しい人生切り開きまーす。ありがとうございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する