ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > はっきりしない男性に対して、沖川流白黒決着の方法②
女が本能で勝負すると男は逃げる。
では、どうすればいいの?
1つは、男の成長を待つことです。
そして、
もう1つは、勝負に出ることです。

前者の男の成長を待つこと。
あなたに時間があれば、是非そうしてください。男は女性たちが思っているほど成長しません。愛に対する成長は遅いのです。愛に対する精神年齢はあなたより10年遅れていると思った方が正解です。また、男は社会で鍛えられて成長するもので、恋愛(女)に鍛えられて成長するものではありません。社会で鍛えられて女を守る責任能力がついて、はじめて女を愛することができるのです。女の望みが叶うのは、3年後、5年後、10年後の先の話となります。あなたに時間があれば、彼の成長を見守ることです。

あなたには時間がない。
時間があったとしても、先の保証がない。
ならば、
次の思考を発動するべきです。

次の思考は、後者の勝負に出る思考です。
女が本能で勝負すると男は逃げる。
勝負に出るときは、逃がさないことです。
女が本能で勝負すると男は逃げる、それを逃がさないことです。

なぜ逃げられてしまうのか?
それはあなたが中途半端だからです。
そして、あなたに覚悟と勇気がないからです。
愛を失うことばかりを恐がっていては勝負になりません。
女はいつもそう、愛を失うのを恐がる。
だから、
いつも、
失敗するのです。
これじゃ勝負になりません。

沖川流の白黒決着は、
「失う覚悟を持って勝負に出る」これです。
「失う覚悟を持って勝負に出る」から、功を制することができるのです。
そして、もうひとつ。
「聞きわけ良く見極めること」です。
男は35億人いる。彼がダメでも、代わりの男は無限にいる。

「失う覚悟を持って勝負に出る」「聞きわけ良く見極めること」この二つを持って勝負に出れば、あなたは絶対に勝てます。勝ち負けというより、あなたは納得することができるでしょう。女性の悩みは納得できないことにあります。納得さえすれば、女性は前に進めるのです。一番の悩みである「納得」をあなたは手に入れるべきです。


「失う覚悟を持って勝負に出る」
その勝負に勝つためには、
事前準備が必要です。
勝負に勝つシナリオをどう作成するかです。
じっくり考えて、勝負に勝つシナリオを作成することです。

もし、私でよければシナリオ作りをお手伝い致します。
男の論理に沿った勝つシナリオを一緒に作成していきましょう。
最後にあなたが納得できる方法を一緒に考えていきましょう。



関連記事


ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

納得ですね!

確かに…!
納得さえすれば、振られようが
まえに進めますね、女性は。

逃げてはっきりしないから
納得さえ出来ないんですね。

男性は嫌になったらはっきり断って欲しい。
君のここが嫌だからもう付き合えないとかって。

まあ、女は烈火の如く怒るとか、
面倒なことになるとか、
悪者になりたくないんでしょうが、
グレーにするのが一番面倒なことになるのにね。

まあ女性がもっと良くなったら
成長したらまた付き合っても良いとか
顔は好みだったりするから
男性側にもいろいろあるんでしょうけど。

心の余裕がないのに付き合って、
女が本気になったら
かなり面倒な彼女になって
手に負えなくなったパターンも
あるとは思いますが。
それは私のパターンですが^^;

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

千田さん、何度も変更すみません。
それでは、6/20(火)19時~20時でいかがですか?

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はじめまして

いつも、ブログ読ませていただいております

沖川先生のブログをはじめて見た時、好きな人がいるわけでもなく
恋をしたいわけでもないのに、なぜか無性に沖川先生の本が読みたくなり
購入し、読みました

男性の考え方が沢山書いており、長年理解できていなかった、
父を少しは理解するきっかけになりました
読んでいて、「そうだったのか!」を3度ほど体験しました

好きな人に限らず、世の中に半分もいる男性という人間を理解し、
よりよい関係をつくるためにも、
こうして沖川先生のように女を大切にする心をもって、
男性の考え方を教えてくれる方はとてもありがたいです

今、好きな人がいます
白黒つける勝負に出るときは、沖川先生に相談したいです

いつも本当にありがとうございます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する