ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 愛の青田買い。マルチ的な考え。肌感覚の愛より、理にかなった愛を勉強すること
青田買いとは、
デジタル大辞泉の解説
あおた‐がい〔あをたがひ〕【青田買い】
1 稲の収穫前に、その田の収穫量を見越して先買いすること。
2 企業が人材確保のため、卒業予定の学生の採用を早くから内定すること。卒業前の学生を実る前の稲に、能力を収穫量にたとえた語。


女性の愛の青田買いとは、
若くて青い男性の能力と才能を見極め、一人前の男になる前に将来の結婚相手として内定すること。これが沖川流の解説。

女性には母性愛があり、若くて青い男性を育てるのが本能に従った生体リズムとなる。母性愛は母心。子を生み育てる女性にしかわからない感情。人類の愛の中で最強の愛。母性愛は命懸けで守る愛。本来なら生まれて来る我が子に捧げる愛だが、最近の女性は赤の他人である男性にその愛を捧げている。

母性愛を中心とする女性の愛は、自分の好みと直感で相手のことを好きになる。条件や数字や理屈でなく、肌感覚の直感、生理的に受付けるか受付けないかの五感、(目・耳・舌・鼻・皮膚を通して生じる五つの感覚)視覚・聴覚・味覚・嗅覚きゆうかく・触覚。人間の感覚の総称する五感で愛を感じる。

また五感以外の第六感でも愛を感じている。
第六感(だいろっかん)とは、基本的に、五感以外のもので五感を超える ものを指しており、理屈では説明しがたい、鋭くものごとの本質をつかむ心の働きのことをいう。

五感と第六感で感じている女性の愛。これは言葉では説明できない。

女性の好きは言葉で説明できないが、「ただこの愛だけではダメだ」とはっきり言える。女性の愛は五感と第六感の直感によるものかもしれないが、それだけでは男性をコントロールすることはできない。なぜならこれは表面上の愛にしか過ぎないからだ。男性には理屈では説明しがたいものは通用しない。男性には理屈で説明できるものしか通用しない。肌感覚の愛より、理にかなった愛を勉強するべきである。

理にかなった愛とは、条件や数字や理屈が伴う愛。

肌感覚の愛はサゲマンの愛。(君と付き合うのは疲れる、一人になりたい)
理にかなった愛はアゲマンの愛。(君との付き合いは希望が持てる、もっと君に逢いたい)
を目指すべきである。

女性は愛の青田買いができる。
今からアゲマンを目指すべきである。



関連記事


ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

アゲマン

光源氏の逆バージョンですね!
これは女性側の資質が問われますね!
女性自身に向上心や前向きな未来を確信する、ブレない軸があるかどうか。
他人に依存せず、自分で自分を幸せにできるかどうか。
そして、仮に愛し育てた彼が自分の元を巣立っても、それを祝福して送り出せる覚悟があるかどうか。
アゲマンは、優しさだけではない、しなやかな強さが必要ですね!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

先生。

半年前に彼との復縁を叶えたくて
恋愛日記にたどりついた20代OLです。
先生の記事いっぱいbookmarkしてます。
特に2007年代のものが多いです。

心を積極的に
あきらめよう、そうすればうまくいく
思考は現実化する
新規開拓で運をあげるってやってるうちにですね、
スプーン曲げができるようになりました(笑)

わかる気がします

非常に分かります。
好きという気持ちは後回し、まずはどんな男性なのか、ちゃんと稼げるのか、人間性は、家族は、周囲からはどう思われている、つるんでいるのはちゃんとした人たちかなどの条件。
私は自分も仕事を辞めたくないので、その理解があることが大前提になります。
不思議なもので、こちらが冷静にかつ気取らず舞い上がることなく居ると、男性は自ら連絡をし会う段取りをしますね(笑)。
メールも自分からはしない、誘いもしないですが、その普段通りに変わらない。
でもそういう役割は男性にさせた方が、お互いに気持ちが良いのだと改めて思います。
好きにならない、なり過ぎない。
恋愛は結婚した後からで良い…
本当に正しいかも!です。

まるで子育て(笑)。

男の子がいる二児の母です。
まるで男の子供を育てる感覚ですね。
男の子の発想や考え方は、母親の私とは違います。
女の私の感覚で男の子を厳しく叱り飛ばすと、物凄く反抗したり物に当たったりします。
彼が、私の思い通りに動かない時や、言うことを聞かない時にそうなります。
私の枠の中に彼をはめ込もうとする発想から、そうなるのです。
そうではなく、彼の発想を一緒に面白がったり、思い通りに彼が動かなくても、「へぇ、◯◯君は面白いこと考えたね、すごいなぁ~」とおだてて一緒になってやってみる。
彼の発想や考えを自由に解放することを手伝ってあげる。
そして、何よりも常に私が笑顔でいること。
年齢を重ねても男は永遠に子供です。
男にとって母親の愛は絶大ですが、その愛の向かう方向は対面型ではないということ。
自分が向かう先を共に行く並行型なのかなと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する