ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 精神的な支えになって男を助けたい
女性の真心は、まさしくそう。
精神的な支えになって、
男を助けて育てたい。

弱っている男を助けたい。弱っている男に同情して、「この人、私がいないとダメになる、だから私がそばにいてあげる」という女性特有の特別な気持ち…これが女性の真心。母性愛からくる使命感とでもいうのか、とにかく女性の愛は、男性には計り知れない深さがある。

世間から見れば、ダメ男を好きになる女。
果たして、男性にそれができるだろうか?
うむ、男社会ではあり得ない。
ダメ女を好きになる男が果たしてどのくらいいるのだろうか?いたとしてもごく少数だと思う。少数の中でもこの女性が美人であればという条件付きで。見た目の良い女は多少のバカは許せるということで付き合うことはできる。男は美人に弱い。だが、このラブは一生ものではない。このラブはある一定期間のラブ。ことわざのように美人も三日付き合えば飽きるみたいな期間限定。最初は見た目が良くても次第に飽きてきて、最後に残るのは中味となる。男は最初に美から入り最後に中味で選ぶ。ダメ男みたいなダメ女は、いずれ捨てられることになる。そういう傾向が多いので、だから私は、女は中味が大切だよと訴える。愛することばかりに夢中にならないで、自分磨きをちゃんとしなさいと。美プラス中味があって、男はその女を一生ものとする。このルールは過去も現在も変わらない。

男性の美意識に比べて女性の美意識は違う。
女性が好きになっているダメ男は、イケメンばかりではない。女性も美から入る人が多いが、男性の美意識とは違う。どちらかというと「顔はタイプではない」ダメ男と付き合っている女性の方が多い。これは男性にはあり得ない。「顔がタイプでない」ダメ女と男性が付き合うわけない。たとえ、心の交流があって、すごくあたたかくて、すごく癒されたとしてもタイプでない女と付き合うのはちょっと無理…不可能。不可能をやってのける女性は偉いと思う。この愛の幅は男性には真似できない。

女性の真心は深い愛、とても男性には真似できない。
ダメな男、弱っている男を、精神的に支えたい。
これは評価したい。
この愛があるから、世界はバランスが取れている。
男社会の愛に任せたら人類は滅亡する。
全員がテロリストになって、人類が滅びてしまう。
ダメ人間、弱っている人間を助ける無慈悲の愛があってこそ人類は救われている。その中心になっているのが女性の愛。これをもっと大切にしよう。



関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

二人の距離

支えたいのに、軽い鬱状態の彼。
近づく事も重荷みたいです。

支えたいのにな。
手を差し伸べたいのにな。
待つしかないのかな。

遠距離で激務な彼氏と付き合ってます。彼氏は自分から連絡してこない連絡無精な性格で、仕事の愚痴も弱音もあまり言いません。それでも返信はしっかりくれる人だったのに、最近返信が遅いのです。彼氏の性格上、なにか心境の変化があったように感じます。なので放置して見守る事にしました。遠距離での放置は勇気いりますね。それに放置という選択が合っているのか、少し自信がありません。でも私が彼氏の精神的な支えになっていたのなら、仕事が落ち着いたら連絡をくれると信じて待っています。放置期間中は沖川先生のブログを隅から隅まで読破して、中身のいい女目指します!

No title

周りからは、見た目はいいから男子にモテるからいいやんって言われます。正直。
でも半年経てば、必ず飽きられます。
中身がないとはどういうことでしょうか。先生。
ここ最近、恋愛は全くしていません。そろそろ好きな人がほしいです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ゆうこさんへ

外見がいい方ほど、中身を充実させる事が大切だと思います。
豪華なパッケージに包まれたプレゼントの箱を開けたら、中は空っぽだった時のような気持ち…。
ちょっと切なくなります。
恋愛をお休み中に、たくさん本を読んだり、人から学んだり、何かに熱中したりしてみたらいかがでしょうか。
プレゼントの箱を開けても、まだ箱がある。
なかなか本当の姿にたどり着けない奥深さに、男性は追いかけて来るものです。
素敵な恋愛ができるといいですね!

男を精神的に支える!って今までと真逆で本当に難しい事でした。

仕事で大変な時にその時に欲しそうなモノを差し入れしたり、彼が「仕事が大変なんだよね。」と言えば「あなたなら絶対に出来るって信じているわ」と励まして見守る。
仕事がひと段落し成功した時に「仕事が成功したのは、ひめのお陰!ひめの支えがあったから!!」と言ってくれた彼に「あなたなら絶対に出来るって信じていたわ」と返す。
たまに甘えてみたり、素っ気なくしてみたり・・・その時の気分で猫系女子になる。
それを繰り返していたら、交際していないのに彼から「結婚して欲しいから一年待ってて欲しい」とプロポーズされました!!
彼が迎えに来てくれるまで自分磨きをして待っています。
恋愛日記のお陰で恋愛偏差値が上がりました。先生、いつもありがとうございます。
これからもステキな記事を楽しみにしています。
お身体ご自愛下さい。

No title

コメントをいただいた方へ。
どうもありがとうございました。
男性に尽くしてしまい、疲れていました。
お休みの期間に自分を見つめ直します^_^

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する