ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 思考を変えるには、惰性で生きることをやめること
私は、惰性で生きることを「時間ドロボー」といっています。
時間を無駄にしている。
つまり時間ドロボー。

時間ドロボーの罠にかかったら、そこからなかなか抜け出せない。抜け出せない理由は、「怠惰で楽」だからです。人間はいつでも怠け者になれる。怠け者は不幸になると言われているが、実際、怠け者は不幸になっている。一度、「不幸=怠け者」のループにひっかかるとそこからなかなか抜け出せない。次から次へと不幸が訪れ、次から次へと運も悪くなる。本人はこのループから抜け出そうと一生懸命頑張るが、なにせ怠け者の習性、怠け者の習慣が頑張ることを拒み、また泥沼の世界へ落ちる。一度ハマったループはあり地獄のように、もがけばもがくほど、奈落の底に引きずりこまれていく。神経、血管がプツンプツンと切れて、このまではやばい、このままでは生きていけない、必死でこの世界から抜け出そうとしても、必ずといっていいほど邪魔が入る。この邪魔が時間ドロボー。

時間ドロボーはうまくいっていない自分以外の他人と自身の妄想。
あなたが時間を有効に使おうと思っても、彼氏が、親が、親戚が、友達が、会社の同僚や上司が、取引先の顧客が、わけのわからないネット営業が、情報過多の無尽蔵の邪魔ものがあなたの時間をドロボーしてくる。あなたはいい人なので、この時間ドロボーの相手をする。この時間ドロボーのお陰で、あなたは疲れてしまい、本来の目的を見失ってしまう。そして、ただ漠然と自分の妄想の世界に入る。うまくいっていない彼氏のことを朝から晩まで考え、うまくいっていない家族や友達のことを考え、うまくいっていない仕事、うまくいっていない人生、ネガティブにネガティブに考え、終いにその考えが嫌になり、現実離れした妄想を抱くようになる。あるきは乙女になって王子様と結婚したり、あるときは大金持ちになってセレブの生活を夢みる。現実離れした妄想が、あなたの貴重な時間をどんどんドロボーしていく。

この時間ドロボーの中にいては、あなたは成功しません。
つまり、いつも不幸な状態にいるということです。

人は一人で生きていけません。人間関係も重要です。
一人で生きていけない、人間関係も重要、かといって、時間泥棒の罠にかかったら不幸になります。時間ドロボーの罠にかかるのは惰性で生きているからです。時間をコントロールするのはあなた自身です。惰性で生きていくことをやめ、目的を持って生きていけば、時間はあなたに味方してくれます。

関連記事


ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。

コメント

時間ドロボー深いですね

先週の水曜日に彼とのことで鑑定していただいたものです。

先生に言われたこと全てが心の中で私が考えていたことばかりで、先生に言われたことで整理ができて向き合うことができました。

おかげで彼に対して自分のけじめとして、思っていたことを素直に伝えて、お別れの言葉を伝えることができました。明日で1週間ですが、相変わらずたぶん未読無視( ̄▽ ̄)ですが、決着をつけたことで穏やかな気持ちです。

今までは取り乱していたと思うのですが、先生のブログをほぼ毎日読んでいたおかげで、冷静でいられたのかなって。本当にありがとうございます!

この数カ月があったおかげで今の私がいて、少しは成長したと思います。でも、どこかでこの数カ月何してたんだろうと思っていたので、先生の時間ドロボーに、あ!と思いました。笑

確かに彼は時間ドロボーでした( ̄▽ ̄)
ま、先生のブログにあえたきっかけということで許すことにします!笑

これからどんな人と会うのかわかりませんが、一緒に時間を歩める人と想いあいたいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する