ホーム > 日記 > お金は興味より懸念、お金は人生の保険
ある本で、99歳のユダヤの大富豪が言った言葉「お金は興味より懸念」懸念の意味は、「気にかかって不安に思うこと」「 安全性に懸念を抱く」「先行きを懸念する」ということらしい。そして、お金は「人生の保険」とも言っている。なるほど、だからこの人は99歳になった今でも現役で働いているのか。お金を稼ぐことは保険だから、保険という安心を手に入れるために働く。たとえ、一生遊んで暮らせる貯金があっても、銀行口座が目減りするような暮らしはしたくない。

お金は興味より懸念。
そしてお金は人生の保険。
考えさせられる内容だ。

もし、一生遊んで暮らせるお金があったら、仕事はさっさと引退して遊んで暮らしたい、と思うのが一般的な人の考えだと思う。社会に出て40年以上働いて定年退職を迎えたら、「ご苦労様、仕事はもういいよ」となりたい。自分もそう思うし、ほとんどの人がそう思っているのではないだろうか。毎日が日曜日、毎日が自由で好きなことをやって暮らすことができれば、人生は最高だ。お金と健康さえあれば、後半の人生は豊かな暮らしになる。そんな暮らしをしたくて、みな一生懸命働いているのではないだろうか。

ところがその老人は言う。
この考えはとても愚かだと。
収入がなくなれば、人はお金に興味を持ちお金に支配されるようになる。お金に支配されるようになれば、毎月減る銀行口座に不安を覚え、詐欺まがいの不動産投資や株式投資にひっかかり、大損害を被るか、全財産を失う危険性がある。こうして財産を失った人は世の中にたくさんいる。お金に興味を持ってはいけない、お金は人生の保険だ。保険はいざというときに使うもので、生活のために使うものではない。日常の生活は働いて得る収入でまかなうべきだ。だから私は99歳になった今でも働いている。

お金は興味より懸念か。
そしてお金は人生の保険。
うむ…。
困ったものだ。
この本を読んで。
そろそろ引退を考えていたのに、困ったものだ。
老後はのんびり暮らそうと思っていたのに。
もっとも愚かなことは、銀行口座が目減りする暮らし。
うむ、考えさせられる。
考えさせられるが、いい本だ。
さすが、99歳の人生の大先輩だ。

この本を読んで、銀行口座が減る暮らしは避けたいと思うようになった。
そのために体が元気なうちは働こうと思う。

関連記事


ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。

コメント

No title

退職金をもらって悠々自適な生活。誰もが思い描く夢だと思います。一昔前、平均寿命が今よりも短く、60歳がおじいさんおばあさんの時代だったら多少生活レベルが落ちても貯金を取り崩しながら好きなことをして暮らすのもよかったかもしれません。しかし今の時代の60歳は気力も、身体能力も隠居生活をするにはもったいないくらい元気です。一番悪いのは暇になることだと思います。
暇を持て余し収入が減るとろくなことを思いつかない。結果お金に支配されだす。
その他女性の場合は「人の生活が気になってしかたなくなる」。カーテンの隙間から隣の家の様子をのぞき込み、あることない事いいふらすおばさん。やたら人の生活を妬んだりひがんだり、暇なおばさんが3人集まれば人の悪口。誰かに行き会えば息子、娘、孫の自慢。自分の身の周りの話しを一人でしゃべりまくる。自分も暇だと人も暇だと思うようで、まさに時間ドロボー、老害。男性の場合は趣味も持たず、地域活動をするゆとりもなかった仕事人間だった人ほど、時間を持て余す。家に引きこもり、暇なのと仕事を失い生きる張り合いを無くしたことがストレスとなり、退職後3年以内に亡くなる人がけっこう多い。特に学校の先生。やはり仕事はあったほうがいいです。自分がやったことに対しての結果としての報酬はどんなゲームよりも楽しいし、生きがいです。そして貯金を取り崩す生活は不安だし(懸念)、生活のレベルを落としお金に支配されるのはみじめです。


ほんとに保険ですねぇ。
いつ、何が起こるかわからないですし。激務だった人が退職してボーッとして、認知症発症とかもありますし、病気になるかもしれない。暇を持て余してもろくなことがないです。
仕事に行っていた時間を悠々自適に暮らす。
結構な苦痛だと高齢の方は皆言います。
自分がいつ、どうなるかは誰にもわからないのでひたすら預金ですね。家族に迷惑かけたくない。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する