ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 疑うより信じる、否定するより肯定する
他人はどうあれ、自分の家族は信じよう。
他人はどうあれ、自分の恋人は信じよう。
他人はどうあれ、自分の友人は信じよう。
他人はどうあれ、自分の仲間は信じよう。
他社はどうあれ、自分の会社は信じよう。
他国はどうあれ、自分の国は信じよう。
身内びいきだが、歴史と情のある身内こそ信じるべきである。
疑うより信じる。これがあなたの身の回りの人に対する礼儀である。

他人はどうあれ、自分の家族は肯定しよう。
他人はどうあれ、自分の恋人は肯定しよう。
他人はどうあれ、自分の友人は肯定しよう。
他人はどうあれ、自分の仲間は肯定しよう。
他社はどうあれ、自分の会社は肯定しよう。
他国はどうあれ、自分の国は肯定しよう。
否定するより肯定する。これがあなたの身の回りの人に対する礼儀である。

そして自分自身について、
疑うより信じる、否定するより肯定する生き方を覚えよう。
自分のことを疑ってはダメ。
自分のことを否定してはダメ。
そんな生き方だ。

皆さんのお話を聞いていると、
他人と自分を疑っている、
他人を否定して自分も否定している、
そんなお話が多い。
とってもネガティブ。
ネガティブでは幸せになれない。

幸せになりたかったら、
勇気を出して、反対の生き方をすること。
疑うより信じる、否定するより肯定する生き方を。


関連記事


ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。

コメント

沖川先生おはようございます。音信不通にされて1週間経ちました。信じることの大切さをこのブログで教えられました。音信不通は辛いけど、彼氏は仕事でもっと辛い思いしてるかもしれないと思います。信じて待ちますよ。

ありがとうございます!

どうしてもお礼を申し上げたくて、書かせていただきます。
今までずっと悩んできました。彼を信じ切れず、不安になり、いつも自爆と隣り合わせ。でも先生のブログを隅から隅まで拝読して、心が今までになく自由になりました。こんな晴れやかな気持ちは初めてです。心理学や数多の恋愛マニュアルに頼ってきましたが、こんなことは初めてです。本当にありがとうございました!

No title

人間関係のトラブルをたくさん抱えている私にとっては心に突き刺る内容です。
しかし改めて文字に書かれたものを目にすると、そうでなくてはいけない。
周りの人たちを、自分を肯定し信じてみようかという気持ちになります。
大切な人達を失う前に。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

先日はありがとうございました!

先日鑑定に伺わせていただいた者です。
先生にアドバイスをもらえてすごく前向きになれています。
今からがスタートとおっしゃっていただけて自分を信じようと思いました。同時に周りにも日々感謝しながら生きていこうと思います。書籍も何冊か購入したのでブログと並行して日々勉強して幸せ掴みたいと思います!
また伺わせていただきますね。

I´m OK!You're OK!

「I´m OK」「You're OK」
という言葉を聞いた事があります。
自分は素晴らしいと受け入れる。
相手も素晴らしいと受け入れる。

私の職場には
「I´m OK」「You're not OK」
の方がおります。
「自分が正しい」と主張し、「あなたが間違っている」というメッセージを伝えています。
自分の周りには、自分に賛同する「イエスマン」だけを囲い裸の王様です。
きっとこの「I´m OK」には自信のなさなど、どこかに間違いがあるのでしょう。

私も昔は自分に自信が持てませんでした。
子供達が私を成長させ、ようやく自分自身を取り戻し、健康であることや家族に恵まれたことに感謝が出来るようになりました。
それまでは不安で不安で仕方なく、虚勢を張り強いふりをし、とても自分を肯定出来る余裕などありませんでした。。
もちろん、相手を認め受け入れる余裕などあるはずもなく、いつも「誰かのせい」にしてとんがっていた気がします。

沖川先生のブログと出会って本当に良かった!
欲を言えば、もっと早くに出会いたかった!
でもいつも自分へのメッセージだと心に刻んで、その日一日を大切に過ごしています。

彼に対し疑心暗鬼になっており、そんな中とても心に染みる言葉でした。

お陰さまで、どれだけネガティブになっているんだ私!!と、我に返る事が出来ました。

先生の言葉にいつも救われています。ありがとうございます。

No title




沖川先生、こんにちは、

彼の仕事が忙しく、私は自分磨きに専念しましたが
やりすぎたのか?
1週間ほど放置していたら、彼がすねてしまいました。
私の頑張り性が出過ぎてしまったのかもしれません。。

彼ばかりにならないよう、
自分磨きをして他のことに気を向けるようにしていました。
でもわかっていたんです。
青い鳥は、外側ではなく、すでに私の心の中にいることを。
本当は彼が一番なのに。

彼が重荷に感じないように、どう私の気持ちを伝えたらいいのでしょう?
素直に言うのが一番なのかな?

強いふりしちゃうんですよね。

本当はすごく繊細なのに~。

うーん、私のテーマです。けなげな方がうらやましいです。

昨日3ヶ月連絡を取っていなかった彼にLINEしましたが、やはりダメでした。送って数時間後にブロックされました。これが彼の答えなんですね。

最後に会ったのは私の誕生日の温泉旅行でした。その前から彼の仕事が忙しくなっていました。旅行初日、彼は有給を取ってくれてましたが急遽仕事になり、予定より遅れての出発。
ごめんな〜!と申し訳なさそうにしていた彼の姿が、今でも目に浮かびます。
この旅行を機にもっと仲良くなれたら・・と思いましたが、毎週のように海外出張に行く彼を気遣い、こちらからの連絡は控えていました。
今月は彼の誕生月なのと、私も自分のことで色々区切りがついたので昨日LINEをしました。
わかってはいましたがやはり辛いです。部屋には彼の荷物が置いたままです。ショートメールで荷物を処分することと、お別れの言葉を伝えました。

自爆しちゃったのかもしれませんが悔いは無いです。縁がなかったんでしょうね。
3ヶ月ずっと仕事が忙しいだけだろうと信じていました。信じるってなんなんでしょうね??もうわかりません。
長くなり申し訳ありません。

冷静さ

信じることは、見たくない現実から目をそらして盲目になることではないですよね。
最近つくづく思うのは、男性は好きになってはいけない。結婚式が終わってから好きになるという先生のブログから学んだことです。これを守ると男性からものすごく大事にされ、早く結婚に、となっていきますね。好きという感情は魔物。そうならないよう、自分をコントロールしていくと、状況はどんどん良くなり本当に驚いてますが、何故なのかはまだわかりません。
常に男性が追いかける、ちゃんと追いかけさせてあげる関係がもしかしたら一番幸せな関係なのかもしれません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する