ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 最悪の事態を受け入れる
D・カーネギーの「道は開ける」にこういうくだりがある。
1、「起こりうる最悪の事態とは何か」と自問すること。
2、やむえない場合には、最悪の事態を受け入れる覚悟をすること。
3、それから落ち着いて最悪状態を好転させるよう努力すること。
D・カーネギー「道は開ける」引用。(くだりとは解りやすく説明すること)

1、起こりうる最悪の事態を想定する。
音信不通の最悪の事態は、恋人と別れること。
2、最悪の事態を受け入れる覚悟をすること。
恋人を失う覚悟を持つこと。
3、最悪状態を好転させるよう努力すること。
失うことを恐れなければ、人は前向きに解決に向かって努力することができる。

簡単なくだりだが、詳しくは著書をお読みください。読めばこのくだりの意味がもっと深く理解できます。

私の持論。
音信不通の相手に対して、
音信不通にされると確かに気分が悪い。
気分は悪いが、そこに長く居てはいけない。
長くいると、気分を悪くしたまま悩んでしまう。
するとどうなるか?
悪いのは相手なのに、自分が悪者となってしまう。
自分を悪者にしてしまう悩みはよくない。

これからは悩まないこと。
失いたくない、別れたくないと悩むからいけない。
悔しい、納得いかないと悩むからいけない。
なんで?なんで?私が何か悪いことしたの?と悩むからいけない。
悪いのは音信不通にしている相手、あなたは悪くない。
私は悪くないと筋を通すこと。
筋を通せば、悩みは終わりにすることができる。
そろそろ終わりにしようか、病気になるくらいの音信不通の悩みを。

終わりの仕方は、
「起こりうる最悪の事態とは何か」と自問すること。
最悪の事態は、彼との別れ。その覚悟ができれば事態は好転する。

別れる覚悟ができれば、
すっきりと悩みは消えさる。
別れる覚悟ができれば、
泥沼から脱出できる。
別れる覚悟ができれば、
冷静に客観的に正しい判断ができるようになる。
別れる覚悟ができれば、
暗い過去から明るい未来に向かうことができる。

本物の愛に「恐怖などない」
恐怖を払拭するのは、最悪の事態を受け入れること。
最悪の事態を受け入れる覚悟ができた日を、「あなたの記念日という」
最悪の事態を受け入れる覚悟ができてこそ人間は成長できる。

関連記事


ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。

コメント

今日の文章、自分を後押ししてくれました。ありがとうございます。失恋を受け入れてもなお、自分に原因があったのではないか?気づかぬうちに彼を責めてたのではないか?と、自問自答をしてました。悪いのは音信不通にした彼です。私は彼女として、明るく穏やかに過ごしてきたつもりです。筋を通します。明るく穏やかに、気にせず楽しく、過ごしていきたいと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

起こりうる最悪の事態で今思い浮かぶことは、やはり自然災害、相続争いで
住む場所、仕事、財産を全て失う事です。しかしもしそうなった場合は、
そこから這い上がればいいだけのことですね。人は元々何も持っていないものだし、死ぬときは何も持っていけないのですから。今日一日一日を楽しく生きることにします。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

音信不通もそうですが、恋愛以外も全然ダメで‥病み気味です(>_<)
早速今日の昼休み「道は開ける」の文庫本ゲットしました(笑)
少しずつ読んでみようと思います。

いつも勉強させていただいております。年齢を重ね人生のタイムリミットが近付いているなぁと折り返しの年齢になった時思いまして思い切って趣味の一環で音楽のお勉強をさせてもらおうと動き始めました!仕事は今は最悪ですがそれすらも楽しみながら頑張りたいとおもいます。これからも毎日楽しみにしております!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

記念日

今日は私の独立記念日です。
先生、今日の記事内容とは違ってしまいますが、コメントさせてください。
好きな人に、本当の気持ちを今日聞きました。
答えはやはり、「恋愛感情はない」でした。
体の関係についても、私だからしたかった訳じゃないとはっきり聞くことが出来ました。
恋愛感情はない、の「恋愛感情」ってなんでしょうか。
私は一緒に居て落ち着くし、ホッとする。そんな相手が良い。
もう仕事の事しか話すことは出来ないし、もちろんプライベートでは会わない。もうたった今から、お礼のラインすら送りません。
でも、納得しましたよ、先生。
ちゃんと聞けたから、ちゃんと話せたから。
私は納得して、前に進めます。
俺が悪かった、と彼は言っていたけど、悪かったと言われるほど、私は弱くないし、ちゃんと意志があってしたことだから、悪かったなんて思われたくないです。
泣いてます。今、泣いてます。でも納得しました。
一歩ずつ、いえ、半歩ずつですが、前に進みます。
先生は、お会いした事もなくて、私の中ではある意味芸能人みたいな存在の先生です。
でも、本当に、本当に先生に出会えて私は幸せものです。
ありがとうございました。

No title

最悪の事態を受け入れる。。。
まさに今の私です。

信じていていた彼から突然の別れ。
理由は気持ちが変わったから。
4年間の付き合い、別れの前日まで普通に電話していたのですが。

聞こえてきた噂は、他の女性との間に子供ができたとの事。

青天の霹靂とはこういう事をいうのかと、この年になってから知ってしまった。
何も手がつかず、食事も喉が通らない1週間を過ごしました。

いくら泣いても事実は変わらない。

先生のブログ読みながら少しづつ前を見て歩いて行きます。
本物の愛を探して行きます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する