ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 早く解放してあげたら
女性の愛はくどい。
別れようとする男性を「解放してやれ」と思うことが時々ある。
もういいじゃないか、早く解放してあげたらという例はたくさんある。
彼もあなたもよく頑張った。
最後は中途半端だったけど、別れは別れ、別れに理由など無い。
二人には縁がなかっただけ。
数々の想い出があったとしても、ここは潔く別れを認めよう。
想い出をポケットにしまいこんであなたの経験にしよう。
そうすればあなたの器が広がる。
その別れをきっかけにして、人間として大きく成長できる。
さあ!認めよう別れを。潔く。

女性は、なぜ?別れようとする彼を解放してあげられないのでしょう?
愛は女性の命だから?愛を失ったら生きていけないから?
それで解放できないのでしょうか。
それは迷惑、男性にとってそれは大変迷惑な話。

女性ばかりでない、男性の中にもしつこい男がいる。
彼女に別れを切り出され、別れるのは嫌だ、別れるのは納得がいかないといって、彼女を付け回し、ストーカーになる男。
これも迷惑、しつこい男性の愛は恐怖さえ感じる。

私は思う。
別れを「かっこよくしたら」と。
そもそも別れるということは、本物でない証拠。
本物の愛は別れることはない。
別れる愛は偽物でしかない。
別れを思い立った時からその愛は本物でなくなった。
だから、「あきらめよう…そうすればうまくいく。」

別れても、縁があれば戻って来る。
そのときは本物として。


関連記事


ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。

コメント

松井かずよさんが まさに そうですよね。どうしても相手を悪くしたいしか見えない。くどい…そんな事しでも 自分がみじめなのがわからないのかなぁ(笑)だから男は余計に 逃げるんだよ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

本当の愛ではなかった。
まさに私もそう思います。

先生の本を何度も読み返して勉強していたので、私は最後、彼にちゃんと感謝の気持ちと尊敬の気持ちを込めて終わりにしました。

まだまだ心がチクチクしますが、いつかこれで本当に良かったと思える日がくると信じています。

沖川さん、こんにちは。
すごく納得な記事ですね。
悲しいですが確かにと思えました。
今は過去は過去と切り替えて前に向いてる最中です♪
良い感じの男性が出来ました(^^)
今は特に悩みがないですが、沖川さんに世間話でもしたくて鑑定予約を入れるか迷ってます。笑
しかし川越が遠いです(/ _ ; )

本物では無かった。だから、すんなり別れてあげました。
しかし、それくらいの気持ちだったんだとショックで悲しいです。新しい彼氏できたけど、全然忘れられないよ。

別れて彼を解放するのも愛情…そうですよね。
今の関係を改めて考えさせられる内容でした。

上手くいっていない相手に対し、自ら営業をかけて魅力を感じてもらえるよう働きかける方法、別れて彼を解放する方法、追うのを辞めて次へ進む方法、
どんな方法であれ、気持ちが前向きであればどんな方法でも最終的に幸せは掴めると思いました。

縁があればまた会えるし、
今の状況は、自分を成長させる為に与えられたチャンスなんだと思って磨き、日々の生活を充実したものにする。そんな心構えで毎日を過ごしていたら、現実が変わっていくような気がします。

自分も解放

すごく分かります!
過去の経緯から、あー若かったなあ。あんな醜態見せたくなかったなあ。と。
本物には不安もなければ音信不通もない。これからをどうしていく?といった前向きかつ現実的な話題しかないことを、身を持って体験中だからより身に沁みます。
何より、自分が解放されると思います。

なんか最近の記事、計算し尽くされてる(笑)!?

正直、先週は抜け殻状態、今週はモヤモヤしながら仕事してました。

うん‥別れに理由はない、か。確かに縁がなかったな。
さようなら、偽物。

前に進むぞ!がんばるぞ!!

No title

別れの痛みに耐える覚悟のない者は恋愛する資格無しです。
うまくいかないのは本物でなかった証拠。
でも大丈夫。もう恋はこりごりと思っていても、生きている限りまた素敵な人に出会えます。
その時思います。あんな男と別れていてよかったと。

男心は、わからない~~

音信不通の彼、もう私に気持ちがないのだな、だったら「早く解放してあげようかな」という思いもありました。

でも、「白黒つける場合は、後悔しないこと」という先生からのアドバイス。「今はまだ後悔しそう、もう少し保留しておこう」と思いました。

そんな折、彼から連絡が。「去る者は追わず、来る者は拒まず」そんなことは私にはできないと思っていた私ですが、やはり彼からの会いたいとメールはうれしくて、私も「来る者は拒まず」の人になってしまいました。

彼のメールは以前と少し違って、ちょっと神妙。こちらの様子を伺っているようでもあり。私から返信があるか不安でもあったみたい。会えば、自分の音信不通は棚に上げて、「なぜキラはずっとメールをくれなかったんだ?」と聞いてきた。

「(会えたらいいなって)最後にメールしたのは私よ。返事くれないんだもん」って答えたら、「何だ、そういうことなのね」だって!そういうことよ。私からの初の音信不通は、ちょっと不安だったみたい。

でも、自分が音信不通にしている意識が全然ないんですよね。こちらが苦しんでいるなんて思いもよらないみたい。

で、とっても仲良く、楽しい時間をすごし、「来月は出会って〇周年のお祝いをしよう」なんて話になったんだけど、これはいったい何なんだろう。苦しむだけ損。あ~~、いつまでたっても男心がわからない。

七赤金星

上記の彼は、七赤金星です、先生。さもありなん!?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する