ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 困難を克服するために
今の私にはそれほどの困難はない。
しかし、若い頃は困難だらけだった。
今の若い人が困難にあえいでいるように、私も同じ立場にいた。

困難とは何か?
一言で言うと、考え過ぎによる精神的破壊状態。
若いときは、自分の考えと違う不愉快なことが起きるものだ。恋愛にしろ、仕事にしろ、家庭生活にしろ、人間関係にしろ、不愉快なことばかりが起きるものだ。このブログで話題の彼氏との確執。やれ音信不通になった。やれ彼の気持ちがわからなくなった。やれ彼の愛情が薄くなったと、疑心暗鬼が集うストレスのオンパレード。年齢を重ねれば、そんなのどうってことないのに、若いときはこのどうでもいい小さなことばかりが気になって夜も眠れない。考え過ぎだ。それで精神が崩壊する。これが困難の始まり。困難は勝手に自分で作ったものである。

考え過ぎはいけないの?
考えることは良いことだとだ。だから考えて考えてたっぷり苦しまなさい。人は苦難を乗り越えて成長するものだから、考えることはとても良いことだ。だが、考え過ぎて心が折れないようにしよう。精神を破壊するまで考えてはいけない。精神が崩壊する寸前でその考えをやめること。開き直ることも大切だ。考えて考えて結論が出ない場合は開き直ること。どんなに大切なものでも開き直って諦めること。諦めることは決して悪いことではない。今は実力がなくて手に入らなかっただけ。いずれ実力がつけば手に入るようになる。今は分不相応、実力がつけば分相応になる。考えて悩んでいる最中は脳を鍛えていると思えばいい。君は今考えて考えて苦しみながら成長している。

困難の克服は、そんな生易しいものではない。
つまり、そう簡単に克服できない。
苦しんで苦しんで、自分なりの解決策に辿り着く哲学がないと困難は克服できない。苦しんで苦しんで解決策を見つけた人が困難を克服できている。私もそうだったし、あなたもきっとそうだ。困難の克服方法は人それぞれ。一概にこの方法がいいよ、とはいえない。だが、誰にも通じる有効な方法がある。それは困難を楽しむことだ。困難を愉快だと思うことだ。たっぷり苦しんだあとは笑っちゃえ。よくもまあ次から次へと困難が襲いかかって来るものだと笑っちゃえ。ネガティブなマイナス思考で困難を受け止めるより、笑いながら受け止めたほうがまだまし。その方が解決策は見えてくる。なぜ見えてくるか、余計なマイナス思考がないからだ。マイナス思考は困難の克服を邪魔する。マイナスな思考が、一日の考えの大半を占め、いったい?いつになったら解決思考に転換できるの?解決思考に転換できないまま一日が過ぎてしまう。マイナス思考の堂々巡り、これをやっていたらいつまで経っても解決はできないよ。



関連記事


ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

若いうちはどうしてもあれこれと、夜も眠れなくなるほど考え込んでしまいますね。
私も二日間くらい食事、水分も喉を通らないほど考え込むと簡単に5キロくらい痩せられました。若いうちは潔癖、繊細。まだ未来も末広がりだし、進学、就職、結婚、恋愛など
人生を決定する大きな選択もあるので、どうしてもあれこれと考えて慎重にならざるおえません。時には精神を崩壊するほど。しかし、50歳を過ぎ、60歳を過ぎ、70歳をすぎれば、
どういうふうに転んでも、未来は知れてます。5年、10年、20年の辛抱です。
そう思えば自然に開き直れます。将来の不安がない人はほとんどいないと思います。
老人でも若者でも、お金があっても無くても、家族がいてもいなくても・・・。わたしも考えれば切がないです。俗にいう、「老後の不安」ってやつです。ただ、それを年がら年中考えると、
今を充実して生きれなくなるので、今の事しか考えないようにしています。
もしかして考えるのが面倒くさくなる、脳の老化なのかもしれませんが。



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する