ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > プロポーズ作戦、個人鑑定(感動編6)
女の感動。
女は、好きな人と結婚したい。
それは至極当然のこと。是非、好きな人と結婚してください。

でも、好きな人は基本を持っていない…どうしょう…。
条件はあとからついてくるものです。最初はときめく恋心、あとから条件。
好き+条件=成就。
この公式が完成しないと結婚はできません。

ばかばかしいほど簡単な公式ですが、恋する女性はそれができていません。公式を完成させるには、「好きを後回しにする、相手を見極めるまでは恋に落ちない」この鉄則をしっかり守れば、公式は完成します。今の時代は相手を愛する能力より相手を見極める能力を高める方が大事なのです。恋愛は得意だけど結婚は下手という若者が大変増えました。友達感覚で付き合い、友達感覚で別れる。女性が本気になれば、重い女だと切り捨てる。別れ方はグレー、はっきりしない。グレーゾーンにいる男は、突然音信不通にして、突然連絡網をブロックする、何の説明もなしに。友達感覚で恋愛はするけど、ちょっとでも嫌なことがあるとすぐにでも恋愛を遮断する。少年少女の甘い恋愛は得意だが、大人の苦みのある結婚は苦手、責任は取りたくないから。


グレーゾーンにいる男に散々振回された女性たち。私はその数、何万人と知っています。
そして、グレーゾーンの男にあれだけ苦しめられても、皆さんその男が好きだといいます。あれだけ精神的に痛みつけられても、尚且つまだ、彼のことが「好きだ」といいます。第三者から見ればあきれかえるほど困った女です。「女はやはり好きな人と」これが女脳の基本なのでしょう。恋する女は、もはや正常ではありません、異常です、狂っています、中毒患者です。

恋の中毒患者のいいわけ。
結婚は好きな人としたい。今付き合っている彼としたい。
でも、彼はその条件を持っていない。
また、条件があったとしても、彼にその気(結婚する意志)がない。
こんな好きなのに…私は報われない。

私のところでは、こんな相談ばかりです。
私は、これが女だ、またはこれが女脳だと、よく理解しています。だから、協力体制で相談に乗れるのです。

女の感動物語は好きな人と。
この物語は想像を絶する物語ばかりです。
うまくいっていない恋愛ほど、逆に私にとっては楽しい物語です。当事者は大変だけど、この手のものは何万とこなしている私からみれば楽しいのです。楽しいというより修行と言っていいでしょう。この世界に入った以上修行を積まなければなりません。想像を絶する物語を完成させるために。

女は感動する生き物です。
好きな人に感動する生き物です。
うまくいっていない好きな人。
条件を持っていない結婚する意志を持っていない好きな人に、悩みながら苦しみながら感動する生き物です。

ならば、とことんやりなさい。
感動を求めて。
私も協力しましょう。



関連記事


ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。

コメント

昨日はありがとうございます

昨日は会社を休んで基本のない彼とのこと、伺わせもらってとても心強かったです。
解決策をありがとうございます。

でも想像を絶する世界だなんて、ちょっと本日のブログを読んだ瞬間はビビりました…
奇跡に近いことなのかと…
が、感動を求めてるのは確かなのでとことんやってみます。
とことんやりなさい、に涙ぴゅーって出ちゃいました(笑)

ほんとですね

今日初めてこのブログに辿り着きました。
納得できる記事ばかりですし、文章も整然とされてて心に響きます。ありがとうございます。

私はまさにこういうたくさん先生が見てこられたらオンナのひとりです。
終わってよかったんだと思うけど、
失う覚悟で真摯にもう一度戦いたい気もあります。慌てずしばらくこの記事を噛みしめて考えてようと思います

私は恋愛ワールドにどっぷりハマるより、自己実現の為に努力したいと考える方です。
「何がなんでも好きな人との結婚!」がゴールの恋は、想像を絶する世界なんだろうな…と思います。
そこがゴールの恋は、その後はどうなるんだろう?
ディズニー映画のように「末永く幸せに暮らしました♪」だろうか?
結婚をすることで、どんな自分を実現したいのか、どんな夢を叶えたいのか。
結婚は手段であって目的ではないのでは…、と考えている私。

私はまだ20代の人生について何も知らない若造ですが、
他の方もおっしゃっていますが、やはり「好きな人と結婚」を人生のテーマのように掲げられてる女性は多いのでしょうか。

もちろん、好きな人と人生を歩むに越した事はありませんし 私も超遠距離に好きな人がいるので気持ちは分かりますが 結局結婚した後も 幸せになるかどうかは自分次第だと思います。
自分で自分を幸せにしてあげなければいけないと思います。
勝手な解釈かもしれませんが、若くして結婚してらっしゃる方の中には" 早く幸せになりたくて"結婚されてる方が多いのかなと感じます。
どこかで結婚したら幸せな人生が待っていると期待して。
私は、もっと自分だけの1人の人生を楽しめばいいのにと思います、若いうちしか挑戦できない事とか 家庭に入ったらなかなか出来ないことって沢山あると思うんです。

少し日記の話題からズレてしまいましたが、好きな人一辺倒になって苦しむより もっと自分のやりたいことに磨きをかけていけば女性特有の重さは無くなり、自分に合った相手も引き寄せるものなんじゃないかと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する