ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > プロポーズ作戦、個人鑑定(感動編7)
女性の愛情。
女性の愛情は凄まじい。
今までは男性の愛の方が深いと思っていたが、この仕事をするようになってからは男性の愛はちっぽけなものと感じるようになった。とにかく女性の愛は凄まじい。そして奥が深い。この愛は男性には真似できない。

男性の愛は概ね基本を守るもの。そして合理的。だから、基本を持っていない人は切り捨てる。外資系企業のように能力のない人間は即刻クビにする。そこに情けはない。男性の愛は出来上がった人間を重宝する。育成教育で能力のない人間を育てるより即戦力を求め、その能力に見合った成果と数字を求める。この流れ、まるでビジネスだ。そう男性の愛は競争社会のビジネスの流れで作られている。純愛は青春時代に置いてきた。社会人になれば、仕事で鍛えられて愛の価値観も変わってくる。純愛を忘れてきた男たち。青春時代の純愛は最初の1ページだけ。好きな女性に出会い、最初の(1ページ)
3ヶ月間だけ青春を取り戻す。我が青春を謳歌するように一生懸命好きな女性を口説く。そして最初の1ページ(3ヶ月)が過ぎれば、即戦力の合理化を求める。この流れによって多くの女性たちが被害にあってきた。これが男性の愛だから、ある意味致し方ないかもしれない。

それに対して女性の愛は、こんな子供じみたちっぽけな愛ではない。一言でいうと、女性の愛は奥深い。男性の浅い愛に比べて女性の愛は奥が深い。男性はこの奥深い愛をなんて呼んでいるか?どの男性もみな「面倒臭い」と言っている。「女の愛は面倒臭い」これが男たちの世界共通語である。浅はかな人は深いものを面倒臭いという。低レベルの人はハイレベルの人を面倒臭いという。つまり負け惜しみで言っているのである。出来の悪い子が複雑な問題を「ああ、面倒くせ~」といって問題を放棄して逃げるように、自ら自分のことを頭が悪く能力のないことを認めているのに過ぎない。だから、ハイレベルの女性よ、低レベルの男性の愛に翻弄されないように。翻弄されるから女性の価値が低くなるのである。男性の頭の中は単純、嫌なものは「面倒くせー」と言えばそれで済むと思っている。とくに女性の愛は「面倒くせー」といってみな男たちは逃げている。男はそれでいいさ。なにもかも「面倒くせー」で済ませば生きられると思っている。実際そうやって生きてきたから、何ら問題はない。問題はないが、成長はない。いつかその面倒くせ~を打破しないと成長は見込めない。それは男たちも分っている。だから女と付き合うのである。面倒くせ~を打破したくて。だが、男のプライドが許さない。面倒くせー女に低姿勢で臨むなんて男のプライドが許さない。ああ~男の方が面倒くせー。この低レベルの愛をなんとかしないと、男の成長は見込めない。
男の低レベルの愛をなんとかすのが女の役目。
だから、女の愛は奥深い。
男の育成教育にはぴったりだ。


男の性格は変わらない。
今まで私は女の力では男の性格は変えることができないと思ってきた。
でも、その考えは浅はかだった。

女の力で出来るはずだ、男の性格を変えることを。
なぜなら男は女のお腹から生まれたから。
主は女の方にある。

愛の主である女性たちよ。
さあさあ、面倒クセ~男の性格を変えよう。
ハイレベルのあなたの愛の力で。

関連記事


ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。

コメント

きっと人と人が真剣にぶつかり合おうとするとき、「面倒くせ~」が発生するのですね。
そこから逃げ続けるのも一つの道です。
でも本気でぶつかり合ったからこそ、得られるものもある。
いつか必ず「面倒くさい」ことに向き合わなくてはならないときが、誰しもあるのだと思います。

こんばんは

女が主・・・なんて、救いのあるお言葉をありがとうございます
権力の主は男、愛の主は女、といったところでしょうか

女は好きな人と一緒になること以外選択肢を持てないですね
本当に痛感しています
今ダメ男っ気のある男を愛しております
こんな男と一緒にいるべきではない、と感じてもむしろしがみついてしまう有様です
根底に計り知れない寂しさがあり、心が自立していないのが原因なのはわかっていますが、なかなかどうすることもできません
それを置いておいても、愛おしいと感じる人と一緒にならないと本望じゃない、だとか
そんな心に嘘をついて愛おしいと感じない人と一緒になっても仕方ない、だとか
やはり思ってしまいますね
女脳で、異常笑
まさしくです

女は恋愛しない方が健康的な幸せを得られて、
恋愛を選ぶというのは不健康な幸せを選んだということに似ているのかもしれません

ちょっと、暗い内容になってしまいましたが
愛の主になれるよう努力したいです
とっても前向きな気持ちで、次の記事待っております
私のような女は、愛の主を目指す以外道はありませんので・・

異常さに気づかずに来たところ、先生の、記事に救われております
ありがとうございます


今、彼がちょうど「面倒くせー」中です(笑)
連絡しても、スルーしたり、今ちょっと忙しくて…と。
お付き合いを初めて1年半、ちゃんと向き合わないとって思うんですけどね。。。
ほんと、苦手なんだろうな(^^;

No title

昔昔重くしつこい女をやっていた頃に思いました。10人の男性と同時進行でお付き合いし、
10人それぞれみな違う個性があって楽しいなーって思うことが出来たらどんなに楽だろうかと。残念ですがそのような脳を持った女性は無に近いと思います。男性であれば社会的に非難されなければ、ほとんどの男性が可能であると思うのですが。それほど男脳と女脳は
質が違うので、女の深い愛が通じるわけもありません。
どんなに精神的に痛めつけられても「結婚は好きな男性と」 、好き+条件=成就の
条件の方は眼中なし。男性から見れば狂っているように見えても彼女たちは正常です。
女性の好きは、優秀な子孫を残すために相手の人格よりも、自分が持っていない遺伝子を持った男性、自分の欠点を補ってくれるような遺伝子を持った男性を本能的に選んでいると聞いたことがあります。だから条件が抜け落ちても好きを妥協できないのかもしれません。
個人的には条件を持っていない男を好きになったとしても、
あきらめがつくまでとことんやればいいと思います。運良く(悪くか?)結婚までこぎつけ、
子供が出来、数年で破綻したとしても、優秀な子孫を残すための結婚だったと思えばよし。
母子家庭でも優秀な子どもが育っているような気がします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する