ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 選択はなるべく正しいものを選ぶこと
将来に不安があるのは、とてもいいことだ。
人生は常に不安。不安があるから人間は生きていける。不安がなかったら人間は生きていけない。不安のない人生は安心しきった生きる屍となる。不安があるからこそ人間は前向きになれる、不安があるからこそ人間は努力することができる、不安があるからこそ人間はチャレンジすることができる。だから、将来に不安があるのは、とてもいいことだ。

不安は前向きに行動して努力することで退治できる。
前向きに行動して努力するためには、不安の原因となった選択を正しいものにしなくてはいけない。どんな理由にしろ、なるべく正しい選択をすることだ。

たとえば、恋愛において相手と付き合うか別れるかの選択。復縁するか復縁をあきらめるかの選択。相手のひどい裏切りに許せるか許せないかの選択。恋愛における不安や迷いはたくさんある。恋愛とは選択の連続だろう。

仕事において、今の仕事を辞めるか続けるかの選択。事業の方向性で、こちらでいくかあちらでいくかの選択。仕事は人生の修羅場であり人生の道場である、この世界の選択は無数にある。

人生において、どの場面でも選択は余儀なくされる。どの場面でも選択は余儀なくされるから、ついつい不安になる。人は不安になって始めて真剣に物事を考えるようになる。つまり不安は人生の岐路に立たされていることを意味する。岐路とは「運命の分かれ道」を指し、その後の人生を少なからず左右するような選択に迫られている状況を意味する。今のやり方に真剣になるか、違うジャンルに挑戦するか、どちらを選ぶか?真剣に物事を考える時期にきている。

この不安の時期はどの人にもある。
今のあなたがきっとそうだろう。
将来に不安のある人はたくさんいる。
逆に不安のない人なんていないんじゃないかな。
人口に比例するくらい不安はある。
世界の人々がそれぞれの不安を抱きながら生きている。
それが人間の生きている証である。
みんな不安を抱えている。
だから、あなたも不安に押しつぶされないように。
押しつぶされないためにはこう考えること。
不安は、生きるための友達だ。
不安は、あなたの未来を導く羅針盤だ。
不安は、不安があるから物事を真剣に考えられるようにできている。
不安は自分を良くするためのスターター。つまり良くするためのスイッチ。あなたはそのスイッチをONにし、前向きに行動すれば良い。そうすることで不安はなくなる。

だが、その前に正しい選択がある。
今のことを続けるか、新しいことにチャレンジするか、あなたはどちらもできる。どちらもできるが、選択はなるべく正しいものを選ぶようにしよう。恋愛においては相手の気持ちを考慮しながら。仕事においては職場の上司・部下・仲間・得先の顧客のことを考慮しながら、家族関係においては両親や兄弟・姉妹を考慮しながら、自分勝手の自己中の判断ではなく、選択は相手の身になって、なるべく正しく選択することだ。



関連記事


ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する