ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 入り口の目標は1年で達成できる

人は好きなことをやって生きていない。ほとんどが好きでないことを嫌々やっている。勉強でも仕事でも家事でもその他でも・・・。やらなければいけないから、これは義務だからといって、嫌々やっている人たちがどれだけ多いことか。

多くの人が自分の望んだ仕事に就いているわけではない。たとえやりたがった仕事、希望の職種に就いたとしても、組織に入れば自由を奪われる。やりたかった仕事でも3年間は実力が発揮できない。組織と上からの圧力で萎縮した生活を余儀なくされる。商売人でも会社員でもそれは同じで「石の上にも3年」とはここからきている。つまり3年間は勉強、3年間は忍耐である。3年以内の離職率が3割を超えていると言われている。せっかく大学を卒業して厳しい就職戦線を勝ち抜いて就職したのに3年以内に3割が辞めている。石の上の3年が我慢できなければ負け犬、負け犬になれば正規から非正規に転げ落ちる。転げ落ちれば自信を喪失し、底辺で生きていくしかないと考えるようになる。そうなると希望がなくなる。

仕事が好きになるのは3年後。私はそう思っている。「目標は1年、好きになるのは3年」この数値は私の経験からきている。皆さんに当てはまるかどうかわからないが、まあ私の独り言だと思って聞いてほしい。私は思う。小さな目標は1年で達成できる。小さな目標とは、大学の受験や就職活動や結婚などが小さな目標。これは入り口の目標で、どなたも本気になれば達成できる。なかなか結婚できないという人には申し訳ないが、しっかりと目標を定めて行動すれば出来る。入り口の目標はやれば出来る、そう信じることが大切で、疑うから出来ない。なぜ疑うと出来ないか?目標そのものを否定しているからだ。目標は素直に肯定して、本気でやる気を出せなければ達成できない。目標は肯定することで達成できる。その知恵をあなたが持つこと。これからの時代は「否定する感情より肯定する感情」この知識を蓄えることです。

入り口の目標は1年で達成できる。
入り口の目標が達成しても、そこで終りではない。
問題は3年間どう過ごすかだ。「石の上にも3年」3年間の勉強と忍耐の経験を経て、はじめてこのことが好きになる。この好きを「本気の好き」と呼ぶ。本気の好きになれば、5年・10年・20年・30年・50年と続き、その世界のプロになれる。専業主婦のプロでも、会社員のプロでも、会社経営のプロでも、自営業のプロでも、スポーツ選手のプロでも、学問のプロでも、政治家のプロでも、どんなプロにでもなれる。

その前に入り口の目標を達成することです。石の上の3年は、その後考えましょう。

あなたが結婚したいのなら、1年で達成しよう。「入り口の目標は1年で達成出来る」それを信じて行動しよう。

あなたが自分の望んでいる仕事に就きたいのなら、1年で達成しよう。「入り口の目標は1年で達成出来る」それを信じて行動しよう。


関連記事


ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。

コメント

一年で結婚の目標達成、彼氏がいなくてもできるのですか?!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する