ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 努力してはいけない??いけないのではなくもっと努力するべきだと思う
最近の風潮は努力を忌み嫌っている。頑張ることはいけないこと、苦労することはいけないこと、もっと楽にリラックスして生きていこうとなっている。汗をかいた努力はあくせくしているだとか、必死の努力は焦っているとか、努力を時代遅れのないがしろにしている傾向がある。引き寄せの法則でも、マーフィーの法則でも、最新の自己啓発書にも、そういうことが書いている。深読みすれば、そこに書いている真意にたどり着くかもしれないが、安易に読めば、努力を放棄したくなる内容がたくさんある。

努力。
できればしたくない。
苦労することは誰しも嫌だから。
安定した生活と安定した幸せがあれば、努力などしたくない。
毎日、楽しく愉快に過ごしたい。
それは私も賛成。

でも、その生活は長く続かない。
安定した幸福な生活はやがてつまらなくなる。
つまらなくなったら、人間は変化を求める。
そして、変化が「努力」となる。
みんなが嫌がっている努力が変化をするための原動力となる。
努力を避けたら変化は起きない。
努力もしないで適当に楽に変化を求めても、何も変わらない。ただこのままのつまらない生活が続くだけだ。

本人は楽な方法で変化を求めているが、願いとは裏腹に何も起きない。引き寄せの法則は嘘だった、マーフィーの法則は嘘だったとなる。前向きに明るいことを考えれば実現する。富と健康と幸福なことだけ考えれば実現する。思考をネガティブからポジティブに変えれば、あなたの夢は何でも実現する。

思考は確かにそうだ。悪いことを考えるより良いことを考えた方が良い。だが思考だけに頼っていると単なる妄想になる。良い思考を考えたのなら、それに伴った行動が必要となる。その行動こそが、実は努力となる。「頭は良いことを考え、体を動かせ」心身一体の努力がないと夢は実現しない。妄想や想像だけで夢を実現した人はいない。心身一体の努力があってこそ夢は実現している。


関連記事


ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。

コメント

努力

努力と聞くと頑張ります!の根性論みたいですが、計画し具体的に行動し、それを継続させる事だと思います。
一番大変で努力を要するのは、その行動を継続すること。

No title

書店で何気なくめくってみた本に、「頑張らなくてもいい」「努力しなくてもいい」
「好きなことをしていればお金が入ってくる」「積極的な生き方はストレスで早死にする」という類の項目を最近目にします。努力という意識なく好きなことをしていれば成功する人もいるかもしれませんがそういう人は、生まれながらにしての才能と強運を持った人類のほんの数パーセントに人だとおもいます。凡人はやはり心身一体の努力なくしては崩壊してしまいます。
努力を継続するならばネガティブ思考よりはポジティブ思考だと思うのですが、
ときどき「もう無理だろうか。まいった。」って思ってしまうこともあります。
そんな時には恋愛日記で知った天風語録を思い出しています。
ただ努力してもどうしてもダメだ、人間の力など及ばないととつくずく感じるものがあります。
自然の猛威と不治の病。それと、逃げる男心や女心でしょうか。

先生の記事はなんとなく感じてることをズバッといい当ててくれます
わたしも転職して2年目めちゃめちゃ忙しくて辛すぎて涙流しながら仕事してるときあります、、、
上司からは行動はよくできてるから心がついていけるように、と言われます。
鍛錬だなあと、心身一体になったときはどんなに仕事しても不思議と疲れない。
職場の好きな人は、わたしはアピールしてるけど全然振り向いてはくれません、悲しくて仕事のストレスと相まってめげそうになるけど、先生の過去の記事読み返して「あきらめよう、忘れよう」と決めました。
それもかなり努力がいります、生活や自分磨きのモチベーション維持も平行してるし。
ホント日々ですね。がんばります

忘れたくない大事なこと

先生のこの記事は、最近の風潮に対して忘れがちな基本を思い出させてくれるものでした。思考の方向性だけに気をつけて気分だけハッピーになれば良いというわけでは無く、実際の努力や行動が行なくては意味が無いと。考えてみれば当たり前なのですが、なぜか努力することをださいとする風潮がありモヤモヤするなあと思っていたところでした。先生のこの記事を読んで、基本を思い出すことが出来、深く納得&背筋を伸ばした次第です。自分にとって今必要で大事なことに思えたので、改めてコメントしてブックマークしました。また心が迷ったときはこの記事を見に来ます!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する