ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 1年で結婚する方法(5つの条件)
結婚相手を選ぶ5つの条件。
詳しく説明したいと思います。

1, 相手が今すぐ結婚する意志があること
2, 相手の仕事が安定していること
3, 相手が健康であること(心身共に)
4, 相手の性格が良いこと
5, 最後に私が好きになること。

この条件(1~5)の順番は、優先順位です。
優先順位を守り、優先順位に従って相手を選んでください。
女性は最後の私が好きになることを1番に持っていこうとしますが、これは危険です。好きは、いちばん最後でいいのです。1~4まで揃っている人を好きなるよう心がけてください。1年で結婚するためには、なんてたって1番がいちばん重要なのです。最初はこれを中心に男性を見るべきです。まず1番を見る、1番を合格させる、1番だけで男の人を見る、それを貫いてください。そして、1番を持っていない男性は排除する、連絡も取らないし会うこともしない、これを徹底することです。

では、1番の
相手が今すぐ結婚する意志があること。
これを解説していきましょう。
どうやって、相手が今すぐ結婚する意志があることが確認できるのですか?
それは、簡単には確認できません。
でも、3~4ヶ月様子を見れば確認することができます。
相手に今すぐ結婚する意志があるかないかを、確認することができます。
この3~4ヶ月をリサーチ期間といいます。
リサーチ期間中は絶対に好きにならないこと、絶対に本交際にならないこと、これを心がけてください。友達として上手に付き合っていくことです。本交際になる前の友達期間を大事にしてください。そして、この期間で相手をよくリサーチすることです。これが重要なのです。このやり方を絶対に忘れないでください。女性の多くは恋愛に対してせっかちです。リサーチが終了するまで恋心を先行させてはいけません。早く告白して!という白黒型の焦る心では、とても1年で結婚することはできません。耐えるのです。あなたの恋心に。リサーチ期間中は、恋心を先行させてはいけません。あなたは、次は恋愛ではないのです。次は結婚と決めたはずです。だから、恋する気持ちに耐えてください。そして、相手をよくリサーチしてください。

男の注意点。
1,熱烈なアプローチには注意してください。
熱くなった男は信用してはいけません。
男は冷静になったときに信用できるのです。
最初は彼のアプローチが凄かった。
押されて恋に落ちたけど、私が好きになった途端、彼がいなくなった。
こんな例は私のところでも2万人以上います。
あなたは、その魔のトラップに引っかかってはいけません。
本気で結婚を考えている男性は、そういうことをしません。冷静にしっかりとちゃんとアプローチしてくるはずです。熱烈にアプローチする男は偽物。そう決めていいです。適当にあしらい、熱が冷めるまで無視すること。いなくなってももったいないと思わないことです。


2,男の言葉に注意。
女性は言葉に弱い。男の言葉に注意しましょう。
熱烈なアプローチの続きですが、気に入った女性に対して、男は言葉のサービスが多い。でもそれは最初だけで最後まで続かない。最初は「君のことが好きだ」という言葉を連発し、女性が夢見る結婚の話もする。「君は運命の人だ」とか、「君みたいな女性がいたなんて信じられない、やっと僕は君に巡り会えたんだね」とか、「君を一生離さないよ、僕と結婚しよう」などと言ったりします。相手の女性のことをよくわからず、出会ってすぐその言葉を発している男は要注意です。それは単にSEXが目的なだけです。それにひっかかってはいけません。

男性の結婚する意志は、
熱くなった男ではありません。
甘い言葉を発している男ではありません。
その時期が過ぎ、冷静に真面目になったとき、結婚する意志が本気であるのか、ないのか、確認できるのです。その期間が3~4ヶ月ということです。

1の、相手が今すぐ結婚する意志があること。
さあ!あなたはそれを見極めることです。
これにあなたの全てがかかっています。
1番を最優先事項として、男性を選んでください。
3~4ヶ月リサーチして、
相手はどうやら結婚する意志がない。
とわかったら、
明日から連絡しないこと、会わないことです。
たとえ気持ちがあっても、それを実行してください。
その実行が、あなたの1年で結婚する夢を叶えることができるのです。
そして、
リサーチ期間中は、複数の男性を見ることにしましょう。
リサーチとは、つまりオーでションです。
進学、就職活動と何ら変わりありません。
婚活ではなく、あなたは永久就職先を探している就職活動をしているのです。
これがあなたの仕事です。
結婚は女の仕事です。
その仕事を達成してください。


関連記事

コメント

心に沁みます。

一年で結婚をする方法を実行するにあたって、まず大前提として自分の中に結婚に対する考えや、価値観をしっかり持っているかは重要だと思います。
ただ年齢的に結婚しないと世間体が悪いから、とか結婚そのものをしてみたい…では、沖川先生のおっしゃる最初だけハイテンションのグレー男に引っ掛かります。
また自分に準備ができておらず、納得できず不安が残る結婚は、その不安が払拭されることはなく逆に増幅していき破綻します(私がそれでした)。
その経験から、結婚相手は人生を共に歩む信頼できるパートナーと決めています。
お互いを認め合い、人として尊敬できること、そして信頼ができお互いに成長できること。
間口は広くしてあり出逢いは多い方ですが、それに満たなければ友達止まり。または、そこからの紹介を期待して連絡は途切れないようにしておく、など冷静にチェックしています。
結婚は恋愛のゴールではありません。
自分の人生をどう歩んでいきたいのか、その方向性が自分の中に明確にあった上で沖川先生のおっしゃる条件と擦り合わせて選考する事が大切だと思います。

具体的ですごく冷静になれる良い記事でした
自身の身を以て何人か、何度かの失敗を経験して、頭だけでなく心からこの記事に賛同、納得できる自分になれました(笑)
これは女性の人生におけるミッションですね
感情や男性に流されて、ふわふわ夢見心地だったり、めそめそ悲観的になってたらダメですね

友達期間はなく。

出会って5日でお付き合いをして、ただいま4カ月です。
結婚を前提でお付き合いしていますが、付き合う時もそうでないと付き合わないと伝え、お付き合いしています。
向こうから結婚の意志があるかをはじめに聞かれたので、結婚の意志は彼にはあるのだと思いますので、真剣に付き合っています。
先生の記事で、不安になって時に必ず見返す「男は言葉より行動」
この部分を見ています今も。好きになりすぎない、自分からは連絡しない、会う約束も彼から。
これを意識していますが、今も全て彼からです。まだじっくり観察しています、言葉だけじゃないかどうかを。
昨日は、保険の見直しに行ったと報告があった彼に、「結婚したら受取人になってね、手厚くしてます。」と言われました(笑)
彼が嬉しくなるような事、仕事が頑張れるように味方でいること、笑顔でいること、感謝を伝えることを毎日心がけていると、自分が言わなくても、彼が結婚に向けて自然とがんばってくれていると感じます。

来年にはいい報告ができるように頑張ります。

先生に何度も相談をして、ようやく結婚までたどり着きました。
今の私の目標は、彼の好きな味を覚えること。
彼が安心して帰ってこれる家を作ること。
最初から頑張りすぎずにゆっくりと夫婦になること。

だけど、まだまだ不安で一杯です。
結婚したからといってあぐらをかかず、
数年は猫かぶり・女優のつもりで夢を見させます。

結婚したあとの夫婦関係の記事も、先生に余裕があればいつか書いてほしいです。

努力を続けます。

結婚は簡単

申し訳ないけど、そう思います。
人生は長い。短いけど、長い。
先生も『所詮、おとこ』です(*^^*)
女性の皆さんは、周りの女性の話し沢山聞いて下さいね!
経験談こそ、女の幸せの道しるべ。

すごく勉強になります

検索ワードで、この記事にたどり着き、今の私にぴったりだと思い、他の記事も読ませて頂いています。

自分がしっかり目標を持って挑まないとだめなんだと思いました。

5ヵ条の中で、結婚する意志があるのかどうかを、4ヵ月くらいでリサーチとは、具体的にどんな感じでリサーチすればいいのでしょうか?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する