ホーム > 日記 > その日の気分
どうも私は日曜日になるとだらけててしまう。
子供の頃から日曜日は休みだった。
いい大人になった今もその習慣が今も続いている、日曜日は仕事をしてはいけないという習わしが。
だから、日曜日は込み入った記事を書く気がしない。戦場の平日と違い日曜日は平和にノンビリしたい。

気を張らず平和にいこう。
いろいろな出来事や、解決していない悩みはいろいろある。
ほとんどがどうでもいい悩みだけど、生きている本人からすれば重くのしかかるものばかり。
せめて週に1度くらいは、平和に暮らしていこう。悩んでばかりでは幸せになれないよ。

幸せとはなにか?
私は気分だと思う。
仕事のない日曜の朝の気分のようなもの。
非日常の気分が一番幸せ。
でも、幸せは長く続かない。
幸せは一瞬で終わり、またいつもの長い戦いが始まる。

長い戦いを乗り切るには長い戦いの中に喜びを見つけなければならない。
戦いの中に喜びを見つける?
私はこう考えた。
苦労を喜びとしよう。
忍耐を喜びとしよう。
悲観を喜びとしよう。
挫折を喜びとしよう。
人間が持っている艱難辛苦、すべてを喜びとしよう。
そう考えれば、長い戦いが喜びにあふれる。
これが生きている証拠だと。

不幸は、
苦労が嫌だ。
忍耐が嫌だ。
悲観が嫌だ。
挫折が嫌だ。
人間が持っている艱難辛苦がぜんぶ嫌だという。

可愛そうな人。
だから、そこには喜びがないのです。
そして幸せにもなれない。

一番後悔する人間は、リスクを負わなかった人。
嫌なことを逃げてばかりで何もしなかった人です。
やろうと思っても、遠巻きに見て何もやらなかった人です。

やってみなはれ。
やってみれば難しいことは何もない。
やらないから難しくなる。
やらないから、かえって自分を混乱に陥れる。
やらない人は選択が多すぎる。
選択とはまたの名を苦痛という。
やっている人は選択が一つなので苦痛がない。
ただ前向きに一つのことをひたむきに努力している。
苦痛の選択から逃れて一つのことに集中している。
だから、そこに喜びがある。

苦労という喜び。忍耐という喜び。悲観という喜び。挫折という喜び。やっている最中がすべての艱難辛苦が喜びとなる。なぜそうなるのか?リスクを負って目的に向かっているからだ。

ああ~。
また込み入った記事を書いてしまった。
せっかくの日曜日なのに。




関連記事

コメント

おはようございます。

一番後悔する人間は、リスクを負わなかった人。

心に響きました。まさに今の私の課題です。
私の場合は仕事に関してなんですが、飛び込んでみようと思ってもいざとなると足が動かない。怖い。失敗したらどうしよう。

自らリスクを負う人がそばにいるのでその人の行動をいつも見て学んでいるつもりなのですが、なかなか自分で動けない。
しかもいつも何かしらの問題事はその人の方にいくんです。
たとえば、電話一本のことにしても、私が取った時は上司からの業務連絡、次に続けてその人が取った時はお客様からのご意見という内容。
こういうことが多々あるんです。
私はいつも回避してる。悪い意味で。
だから余計に自信がつかない、不安。
なのに、いざとなると緊張してうまく動けない。
頑張って動いてみてもあれで良かったのかとまた不安。
悪循環ですね(^_^;)

ここからなかなか抜け出せません。

先日、鑑定していただきました。
ありがとうござます。
まだまだ、婚活がうまくいかず、ピンと来ませんが
前向きに頑張ります。

体当たりの人生です。
何でも自分でやってみないと納得できない性分。
人から怪我するからやめた方がいいと言われると、ますます挑戦してみたくなる。
アレコレ考えるのが面倒なのです笑。
怪我して「あっ、これはやっぱり危ないのね」と納得します。
自分の経験から対策を練る。
そのお陰で、多少の事では弱音を吐きません。
これが私が選んだ人生。
けっこう男前だと思います。

不思議です!
私も過去の自分の日記を見直して、昔の自分は辛い、大変な時期を過ごしていたなぁと思っていたところです。
でも辛い、嫌だという気持ちだけではなくて、どうすればよかったのか、自分のほんとに大事な気持ちはなんだったのかを、日記から常に考えているように見受けられました。

おかげでその時の自分にはなかったものを(目に見えるものではなく気持ちや考え方)今は手に入れていると思うし、だからこそ昔一度手放したものにもう一度頑張ってみようと思っているところです。
辛い時期こそ、うまくいかなくても謙虚に前向きに対処しようとする姿勢が大事なんだと、今は実感としてわかります。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

先日は鑑定いただき、ありがとうございました。

迷いがある時が一番辛い。
ここ数年、休憩と称してリスクの少ない生活を送ってきたため、実は悩むべき事ではないことが必要以上にクローズアップされ臆病になり、勝手に自分の行動に制限をかけていました。
結果、休憩どころか迷いと不安が増える一方でした。

今となっては、そんな時間が勿体ない時間だった気もするし、それも必要な時間だった気もするし...ですが。

ただこのままでは、生きている気がしない。
やってみないと気がすまない、大変だったけど楽しかった!と思っていた頃の自分を取り戻すべく、早速行動開始です!
数年前の物凄く苦しかった時を耐えられたんだから、これからもチャレンジ出来るはず。
海外から帰国して5年、ようやく本当の意味で日本での生活がスタートできそうです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する