ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 1年で結婚する方法(相手が健康であること(心身共に))
うまくいっていない恋愛に不健康な恋があります。
不健康とは、
病気や怪我などの肉体的な不健康と、心の病などの精神的な不健康。
情があって長く付き合っている相手なら仕方がないが、これから1年以内に結婚相手を探そうとしている人は選ばない方がいい。不健康な人との恋愛は波乱が多く、1年以内に結婚することはとても不可能だからです。選ぶなら心身ともに健康な人を選んでください。その方が無難です。


私のところでは肉体的な不健康より精神的な不健康の相談が多い。相手が心の病を抱え、恋愛がうまくいっていないという相談が毎日のようにあります。心の病もピンからキリまであり、どの程度ならOKと私には言えません、私は医者ではないから。ただ言えるのは、あなた自身の学識と常識で判断するのが一番良いと思います。あなた自身にも、今まで生きてきた経験があり、十分な学識と見識が備わっているはずです。冷静になれば、ものの見方を客観的に判断できるはずです。好きになる前に冷静な目で相手を見極めるようにしてください。病を抱えた人には申し訳ないが、病を抱えた人の犠牲者になってはいけません。自分を守る、自助能力を発揮して相手を見るようにしてください。家族や身内ならともかく、まだ他人である相手に同情は禁物です。結婚して身内になれるかなれないかは、相手の健康に大きく左右されます。健康な人との生活は保障され、不健康な人との生活は保障されません。そこをよく考えることです。

ここでも、好きになることは後回し。
「好き」はいちばん最後に持っていくことです。
女性は好きになれば、後戻りできません。
不健康な人を好きになって、どれだけの地獄を味わったか?
この苦しみは想像に絶します。
好きになる前に判断を下す。
これを心がけるようにしてください。
相手選びは、
心身共に健康である人を選ぶ。
これが1年で結婚する条件の3です。


関連記事


ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。

コメント

はい!先生が言ってるのは好きな人と結婚する方法ではなく、一年以内に結婚する方法です!
私も自分で当時似たことを考え成功しました‼

その通り

既婚者です。
今の旦那さんと結婚する前、お付き合いしていた彼はいつもどこかの不調をアピールする人でした。体も心も。
いつしか、聞いてもまたか。と思うように。
体さらに心の弱い男性は絶対嫌です。自分の心もコントロール出来ないのに妻を守ることなど出来ないので。
健康な人と結婚して痛感しています。
旦那さんは心も浮き沈み無く、体も丈夫。だから、妻子を守ってくれる。女に心配をさせる人はダメです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

私は今30歳でもうすぐ31になります。30歳の誕生日に長年付き合っていた彼と急に別れることになりました。30を越えて今から出会って結婚できるのか不安です。前の彼と出会った時、私は20代。今は30越え。条件の悪くなった私が、前の彼よりいい人と結婚できる自信はありません。30を超えても相手を好きになり、結婚相手として選ばれ幸せな結婚ができるのでょうか。

まいさんへ
私は33で結婚しましたよ!厳しい言い方をしますが、マイナスな考えが良くない方向に行ってしまいますよ。誰かに大丈夫と言われたら安心するのですか?誰かに駄目と言われたらやめるのですか?年齢だけしか自分に魅力がないのですか?そんな子供みたいな考えは捨てて、自分の魅力で、若い人には負けないものはないのですか?

結婚

まいさん、確かに30歳は女の子から女性になる分岐点ですよね。若い自分しか知らないし、若い自分しか価値がないと思いがちな年です。
ただし、人生はもっともっと長く、若い時代はすぐに終わります。30代後半から中年以降の方が人生は長いのです。若いあなたではなく、あなた自身に恋し、大事にしたい、そう思ってくれる男性と出会えるよう、焦りを捨てて今に感謝して生きてくださいね。
私は47歳で2歳年上の方と今月結婚しました。31歳の方も紹介されたそうですが、私を選んでくれました。理由は、いろいろなこと、価値観、食事の好み、社会的地位が似ていて話が合うなどもあり、全てにウマがあったこと、それと見た目も好みだけど、私の性格に本当に癒されるといつも言ってくれます。
いつかのブログにありました。
男性は明日のために生きている。君に会うと癒され、明日もがんばれる。君と居ると希望が持てる。男性はそんな女性を求めています。
自分から去って行ったオトコなど、振り向いてはダメですよ。
笑顔で、毎日過ごして欲しいです。

こんばんは。
恋愛日記、いつも読ませて頂き、いろいろと勉強させて頂いております。

先日、知人の紹介で、東京(私37歳)と京都(お相手の男性42歳)で、お見合いをしました。
3か月程、メール交換を続け、悪い感じではなかったものの、
相手の方の仕事も忙しく、連絡も2~3日に一度という、最初からのスローペース、
気持ちが見えず、不安になり、
知人に、私の事をどう思うか聞いてもらいました。
帰ってきた答えは、
「僕の仕事が今とても忙しく、自分の事にまであまり手が回らない状況ですが、お友だちとして、今後もお付き合い頂けたら、嬉しい」
というものでした。
お友だち…お友だち………と、とてもショックを受けて、お相手の方と少し距離を置いた方が良いのかしら、と取りましたが、
あちらからは、相変わらずのスローペースですが、
普通に連絡も来るし、避ける雰囲気も感じられず、
「???」
と思って、よくよく観察してみたところ、
恐らく、「あなたが気になります」と口に出して言えない、彼なりの精一杯の表現が、「お友だちとして…」だった事に気が付きました(^-^;
「友だちとして」と聞くと、だいたいはマイナスなイメージに捉えてしまいますが、こうやって表現する事もあるんだなぁと…。
「わかりづらいわー!」
と、ツッコミを入れたくなりましたが、
お互いいい年齢まで独身で来てしまいましたし、
右へ左へ、ぶつかりながらいくのも、
まあ悪くないかな(^-^;と、思えるようになりました。

お互いの忙しさと、遠距離のお見合いという事もあり、私からのアクションで、
再来週、4か月ぶりに、
ようやく2回目のデートです。
かなり奥手な男性とみていますが、少しでも進展があることを、願うばかりです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する