ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 話はずれて、中年以降の男性の愛について語ります
男性の純愛は青春期・青年期のものです。
中年以降の愛は純愛ではありません。純愛はわずかに残っていますが、青春期・青年期と比べるとわずかなものです。
その点、女性はいつまで経っても乙女です。40代でも50代でも60代でも70代でも80代でも乙女の純愛です。男性とはまったく違う生き物です。

大人になった男性の愛、それは「責任」です。
純愛より責任を重んじる、これが大人の男の愛です。
責任とは生活を安定させるためのものです。
そのために男性は朝から晩まで働くのです。
会社が命、仕事が愛だと言わんばかりに働くのはそのためです。
そうなると男性は、彼女や奥さんを構いません、放ったらかしにします。女性に構っている時間を全部仕事の時間に充てたいのです。また仕事だけが人生ではない、より良い仕事をするためには休養も必要。家に帰ったらゴロンとテレビを見て、ゲームにいそしんだり、趣味を楽しんだり、友達と飲みに行ったり、明日の仕事のコンディションを整うために休むようにします。男性の休養は、すべて明日の仕事のためにあるのです。

そうなると女性には不満足。
男性の愛は生活する責任の愛。
女性の愛は乙女。だから、彼の態度が気にくわない。
なんで私のことは構ってくれないの?
なんで放置するの?
とイライラが募ります。
女性の怒りは、自分のことを大切にしてくれない。自分のことを愛してくれない。思いやりがないことから起因します。そして感情的になって男性責めます。この女性の感情は、男性にとってとても迷惑なこと。男女の違いは、両者一生わかり合えないでしょう。

中年以降の男性の愛は、
お金と時間です。
お金をどれだけ使ったか、
時間をどれだけ使ったか、
そこに愛があります。
それは口先だけの愛ではありません。
実利に伴った本物の愛です。
男は黙ってお金と愛を提供する。
昔にあったコマーシャル。「男は黙ってサッポロビール」みたいなものです。古すぎてごめんなさい。つまり美味しいものは黙っていただく。本当に愛している女性には黙ってお金と時間を提供する。これが男の愛です。言葉を重要視する女性にはそれが物足りなく、理解できないかもしれませんが、男とはそういうものです。本物の男の愛は、黙ってお金と時間を提供しているのです。


旦那が浮気した。旦那の財布を見たら、怪しい領収書が出てきた。フランス料理、2名様、3万円。それを見た奥さんが怒り狂って離婚だと言い出します。私とは3万円のフランス料理なんかに行ったことがないのに、よその女と行きやがった、許せないと。奥さんの怒り心頭の気持ちもわかります。わかりますが、私は冷静になって次の質問をします。

旦那さんは、
どちらにお金と時間を使いましたか?
浮気相手ですか?それとも奥さんですか?
冷静になればわかることです。

お金。
旦那さんは1年間で奥さんや子供たちを含む家族のために500万円お金を出しました。浮気相手には多く見積もって5万円です。つまり旦那さんは奥さんのために浮気相手の100倍お金を出したことになります。ということは浮気相手の100倍奥さんを愛していることになります。

時間。
旦那さんは、浮気相手とは月に一回3時間デートしたとします。それ以外は毎日家に帰っています。家に居る時間と浮気相手といる時間を比較してください。そこでも100倍旦那さんは奥さんと過ごしている時間の方が多いのです。

男の愛はお金と時間です。
はい、どちらが多いですか?
多い方に男の愛があるのです。
そこのことをよく考えて、離婚するかどうか考えてください。
男の愛はお金と時間です。多く提供したところに愛があります。
もし離婚となったら、奥さんはお金と時間を自分で提供しなくてはなりません。40代で離婚する場合、私は「1億円損しますよ。あなたは今から1億円稼げますか?」と質問します。するとほとんどの奥さんは、首を横に振って、それは無理という態度を示します。離婚ではなく、どうやって旦那さんの浮気をやめさせるか?そこに焦点を絞った方がいい。後はそういった話し合い、鑑定となります。お金とは愛。時間とは愛。それをどうやって死守するかです。


関連記事

コメント

うーん

その考え方は浮気されている側からすると到底承服しかねますが。

まるで私

この男心、私(笑)
浮気はしませんが。
仕事の安定が幸せの基盤。家族の平和。情緒の安定。
子供に一番、お金を注ぎ込む。
人生において、一番大切だもの。

旦那の浮気で離婚しました。
旦那が一時的な感情にほだされ「離婚してほしい」と言ってきました。
未熟だった私は、二人の子供を抱えシングルマザーになりました。
結婚しても、ずっと頭の片隅には「この人とはいつか別れるだろう、自立できるような仕事をしたい」と考えていました。
子供はまだ小さかったのですが、浮気もそのきっかけに過ぎなかったようにも思えます。
ただやはり経済的な面で言えば、女手ひとつで子供を養う事は苦労の連続です。
その覚悟が自分にあればよいのですが、一時的な感情で離婚を決めるのは女性にとっては不利です。
沖川先生に浮気をやめさせる方法をご指南いただくか、長期的な離婚プランを練るか、だと思います。

No title

仕事をするということは、女性でも男性でもものすごく大変なことで、
全神経を注ぎ込まなければならないことなので、私の場合は夫に
家族サービスなど求めないし、女として見てくれることも望みません。
休日はゴロゴロしていようと、DVD見ていようと構いません。
離婚に関しては、結婚前から自立している女性たちはみな離婚して楽になった、
お金も貯まるようになったなどと言っています。
ただ自立していない女性は・・・・ものすごくえげつない考えですが、
夫に不満があるならば、夫はATMだと思えばいいのです。有り余る時間を活かして
仕事に専念するとか、趣味の世界に生きるとか、少し前ならば韓流スター、今ならば
イケメン演歌歌手の追っかけでもして満たされない心を埋めればいいと思います。
一番いけないのは暇なこと。 暇だから夫の行動や態度が気になるのだと思います。



浮気をしないで頑張っている既婚男性もいますよね。
3万あるなら、子どものため家族のために
使って欲しいと思う。
浮気ししない女性ならば本当にそう思う。
自分だけ頑張ってバカみたいじゃないですか。
浮気は甲斐性といいますが
殆どの男性は浮気を出来るまでの
甲斐性はないでしょうけど。
沖川先生の記事でここだけは承服出来ない記事なんですよね。
男の気持ちになると納得はするのですが、
浮気はしないと決めている女側の私には
承服は出来ないのです。

夫の不倫で別居が3年続き、結果離婚しました。

別居期間中、夫は給料はすべて家に入れていました。
そこから私がお小遣いを2万渡していましたが、ほぼ不倫相手に養ってもらっている状態でした。

でも、3年経ったとき戻ってこようとしたんです。
この記事の通り、男の本当の愛情の示し方がお金だという事が理解出来ます。

でも、私はそんな夫に不信感いっぱいでした。
もう気持ちはさらさら無くて、逆に夫のその相手に対する思いやりの無さがすべて人として信用出来ない材料になってしまい、結果戻ってくる事を拒否してしまい、離婚になりました。

今、元夫はその不倫相手とは別れ、持病の腰が悪くなり手術しましたが思わしくなくて、休職中だと聞いています。

多分元の鞘に戻ったとしても、私は苦労することになったと思います。

男の浮気とは1時の浮かれた感情なのかもしれませんが、どのみち女は自立心を持つことだと思います。
続けるにしても、離婚を選ぶにしても。

ただ、男の愛情がどちらにあるかという事であれば、やはり、お金と時間を費やした方なのかな、と思います。

私は離婚して娘が大学受験生です。

私が離婚できたのは経済的に自立が出来ていたからです。
慰謝料や養育費は一切受け取らず離婚しました。

男性は仕事=自身の存在意義
と考えている気がします。


毎日必死で仕事をこなしてその収入に対して女性よりはるかに執着していると思います。

私も必死で働いて得た収入を愛情の無い人に1円も使いたくありません。
子供にも毎日甘いセリフを言うヒマもありません。

付き合いがあれば帰りも遅くなりますし、休日は仕事のお付き合いで飲み会やゴルフにも行きます。

全ては自分がこれから生きていく、娘をしっかり大学まで行かせる為です。

パートナーが疲れていて連絡が無ければ寂しい時もありますが、男性同様私も同じだけ働いているので疲れている時は放っておいてくれた方が有り難い時もあります。

女性が思っているより男性は男性同士理由をつけて群れたがりますしね。


どこまで自分の彼や旦那さんを理解できるかで方向を見るべきかと思います。
意外とモテませんよ。

No title

中年以降の恋愛・・・。40代後半の私、おっしゃる通り夢見る夢子さんのです。
子供が2人、バツイチでいるにもかかわらず・・。

もし次回だれかと縁があったら、この記事の内容を思い出します。
心に響く言葉をいつもありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する