ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > いま付き合っている彼氏が結婚する意志がないなら・・・あきらめること
あきらめること。
あきらめ方は、「あきらめよう・・・そうすればうまくいく」を実践すること。なかなか出来ないかもしれないが、あなたの人生の名にかけてあきらめればいい。

結婚を望んでいる女性が、結婚を望んでいない男性の愛の犠牲になってはならない。愛は生き甲斐だといっても、結婚の見込みのない愛ほど苦しい愛はない。その苦しい愛をそれ以上続けないこと。

君が苦しんでいる姿を彼も望んでいない。彼が望んでいるのは、君には僕よりふさわしい人がいる、その人と結婚して早く幸せになって欲しいと望んでいる。「他人に委託する愛」は世界中の男性が持っている。責任が取れない男はみんなそういう言葉を発する。35億人の2割、つまり7億人以上の男性がその言葉を発している。君は他の人と幸せになってくれと。そして7億人以上の女性が彼にその言葉を言われ、ひどく落ち込む。とても卑怯な言葉だ・・・許せない・・・と。

私があなたに尽くした時間はなんだったの?私の愛はなんだったの?そんな言葉を聞きたくて私はあなたを愛したわけではない。こんなに卑怯でこんなに残酷な言葉を発するなんて・・・あなたは人間ではない。

ところが彼も人間。この言葉は世界中の男性が使っている。7億人以上、いやもっと多いのかもしれない。15億人くらいいるのかもしれない。これだけいれば、これが男の真実。結婚する意志のない男は、委託の愛へと変化する。彼女が次の幸せが見つけるまでの愛。つまり純愛を装った、都合のいい女、セフレとして。

そんな委託の愛にあなたはいつまでいるのですか?都合のいい、委託の愛に、これ以上長く居る必要はありません。自分の人生をかけて、委託の愛をあきらめてください。あきらめよう・・・そうすればうまくいきます。

男性はすぐに愛をあきらめ委託の愛に転換することができますが、女性は男性ほどすぐに愛をあきらめることはできません。ただ、女性も目標を持てばあきらめることができます。それが手相による次の愛です。次の相手はあなたの手に書いてあります。いまの彼より未来の彼の方がいい。これが見えれば、女性はいまの愛を手放すことができます。苦しかった委託の愛を手放して、未来の素晴らしい愛に突き進む。この準備を私とやりましょう。

関連記事

コメント

No title

まったくの正論です。結婚する気のない男と身体の関係を続けるのは
時間の無駄。自分を痛めつけるだけです。
「新婚さんいらっしゃい」という番組で、男性の話を聞いていると、一目ぼれ、
運命的な出会いは女性だけのものではなく、若くても熟年でも男性の方にも
あるようです。本当に彼女を大切に思い、他の男には捕られたくない、自分のものにしたいと思うならば、一年以内に結婚します。もしも学業や仕事の都合で今すぐに結婚出来なくても、
数年後の「約束」をします。身体の関係があるのに、結婚する気のない男。
あきらめ、葬り去るのが一番。直後は苦しいですが、時が経ち冷静になれば、たいした男じゃなかった、くだらない男にひっかかたのだなーと笑えます。

その通りです!

先日、いい年をしてウェディングドレスを着て、結婚式を挙げました。
チャペルで、父の腕から旦那さんの方に進む時、旦那さんが、緊張した面持ちで父の目を見て、深々とお辞儀をした時、本当に結婚したんだと急に実感が湧きました。
このブログは本当に真実です。
結婚する気がない彼は、結婚しません。
結婚する気がある彼は、どんなことをしても、相手の父に気に入られよう、必死です。
若い頃はわからなかった。
魅力がないから嫌だ、自然な出会いじゃないから嫌だ。

結婚する意思がある男性は、こちらが何もしなくてもどんどん話を進め、愛を現実のものへ変えていきます。
恋愛や結婚で悩んでいる方は、このブログは絶対に真実なので、辛いけど、必ず守って欲しい。
必ず、明るい未来があり、あなたを取りにくる男性が現れます。

追伸

上記に追伸

結婚は、してみてわかりました。
毎朝5時半に起き、朝食、お弁当を作る、洗濯を干してから自分も会社に出る。
タイムセールを狙って食材ゲット。
気づくと床にホコリ…汗

独身より何倍も面倒くさく、大変です。
自分の時間なんて無くなります。
だけど、独り身に戻りたいと思わない。
それが結婚かなと思います。

:1カ月前に彼に別れ話をされました。
バツイチ子持ちの方で、私に将来子供が欲しいという考えがあることを知ったら、子供はもう欲しくないから別れて欲しいと言われました。私には時間がないから、他の人と幸せに成って欲しいと言われました。

その後、彼から取り敢えずまた付き合って欲しいと言われましたが、色々と大きな問題が有りすぎて、好きだけでは元に戻れなくて悩んでます。

振り返ると…

こちらのブログを読むようになって、いちいち思い当たることがありました。

もう、かれこれ20年も前のこと。
長く付き合ってる人がいましたが、全く結婚の話も進まず、ある時、このままじゃ、いけない!と強く思ったことがありました。

付き合いも長かったし、好きだったけど
私、今、1番したいの、何?…と自問して、その答えは結婚。

結婚したいから、好きでもない人と結婚するの?
と言われそうですが、
そうではなく、結婚向きの人を好きになり、結婚しようと決めたのです。

その頃、一人暮らしをしてましたが、引き払い、実家に戻り、彼とも別れて、仕事に精を出し。

さすがにしばらくは探す気にならなかったけど、徐々にいろんな人と出会い、付き合ったのが今の夫です。

別れる時は泣いたけど、反面、このひと、ずるい、と思う気持ちもあったから、振り返ることはなかったです。

夫は今まで付き合ってたタイプとは違うタイプの人。
ただ、とても大切にしてくれ、結婚の話もとんとん拍子。

その時、ああ、結婚と恋愛って別なんだと実感しました。
結婚する人とは、なんだかんだでも結婚する。
そうならないのは、自分が悪いばかりではなく、タイミングや、彼や、いろんなことなんだと実感しました。

ちなみに、最初、夫に付き合って欲しいと言われた時、正直、あまりタイプではなかったので笑
私、次、付き合う人とは結婚したいと思ってるから、考えない人とは付き合わないの。あとで、結婚なんだけど、って話すの、嫌だから、先に言うね、とキッパリ。

それで、付き合う事になったので、お見合いみたいなものかもしれませんね笑

好いた人と結婚する、好かれた人と結婚する、まだ、どちらが正解かわかりません。
でも、あれから、20年、守られてます、彼に。

娘にも、自分が好きな人と結婚したければ自立して、あてにしないこと、そうでなければ、受け取ることで幸せになる事だってあるからね、と話しています。

だから、女の人は自分の幸せがなんなのか、向き合えればきっとうまくいくと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する