ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 運を上げる(心を積極的にする)
心と体を痛める自己犠牲の鍛錬を積むためには、心を積極的にしなくてはいけない。心が消極的だと自己防衛に走る。健康のために運動が良いとわかっていても、運動が苦手、かったるい、しんどい、疲れる、やりたくないという消極的な気持ちが支配すれば、運動はできない。そのうち健康被害がもっと深刻な問題となる。それは全てに当てはまる、仕事でも勉強でも家事でも、人間が生きていく営み全てに当てはまる。

好きな人に気持ちを伝えるためには、心を積極的にしなくてはいけない。恥をかきたくない、嫌われたくない、振られたくないという消極的な気持ちがあれば、自分の思いを伝えることができない。そうなればあなたの恋愛は後悔のるつぼ化する。消極的な後悔の積み重ねが、いつまで経っても結婚できない自分を作る。


自己防衛の消極的。自分を守ることは良いことだが、あまりにも自分を甘えかすとダメ人間になる。もっとバカになろう。恥をかいてもいいではないか。嫌われても振られてもいいではないか。筋肉痛で体の節節が痛くなってもいいではないか、息切れしてしんどい思いをしてもいいではないか、後悔するより失敗した方がいい。この気持ちで心を積極的にすれば、最終的には全てうまくいく。心を積極的にするということは、そういうことだ。成功するために恥をかこう、痛い思いをしよう、これが基本原則。大いに恥をかきなさい、大いに痛い思いをしなさい、それによってあなたの勇気は100倍になり、自信も100倍になる。そうなれば、やりたいこと、欲しいものが、何でも手に入る。

運を上げるためには、心を積極的にすること。
これだけ覚えれば、あなたの運はめざましく向上する。



関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

向き不向き、好き嫌いなどもありますので一概には言えませんが、
運動、肉体労働などで身体を動かしていると、爽快感で心も軽やかになります。
こちらにまったく興味のない男。手に入れるにはやはり行動を起こさなくてはですね。
告白は深刻に思いつめる前の方がいいです。まあなんて素敵な人なんだろうと
舞い上がっているうちに、思わせぶりな一言ってやればかなり効果はあります。
少なくともこちらを意識して気にかけてくれるようになり、
かなりの確率で男は手に入ります。まったく脈無しで無視されることもありますが、それでも軽傷ですよ。何事もダメ元。ダメで当たり前、手に入ればラッキー。行動を起こさないのが一番悪い。プライドも恥も捨て去り、体育会系ののりで行くのが一番いいです。恋愛でも仕事でも。

復縁目指して、積極的に連絡した方がいいのか、悩んでしまいます。

心を積極的に挑戦することに意味がある。
飛び込んでみて、実力の足りなさ、自分の高慢さ、いかに自分が思い上がっていたかを思い知ることもある。
悔しい思いも、情けない思いも、不甲斐ない思いもたくさん味わった。
飛び込まなかったら、私は一生気がつくことはなかっただろう。
周りに対して感謝する心を持てずにいただろう。
挑戦することは、自分という壁への挑戦。
それを乗り越える苦しさも辛さも知っている人なら、
挑戦しようとしている人を心から応援することができる。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する