ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 至高体験(ピーク・エクスペリエンス)
マズローの欲求5段階説
1, 生理的欲求
2, 安全欲求
3, 社会的欲求
4, 承認の欲求
5, 自己実現の欲求
マズローの欲求5段階説は有名ですが、マズローを知っている方であっても、至高体験について理解している人は少数に過ぎません。しかし、至高体験こそ、マズローによる最大の発見だと私は捉えています。欲求階層説と自己実現に比べればほとんど知られていないものの、至高体験とはマズローの考えの根幹となる重要な概念です。簡単に言ってしまえば、「心の底から生きていて良かった!」と感じる瞬間のことです。この至高体験があるからこそ、人生を生きる意味があります。一般的な人々でも、生活を送っていく中で、実際には至高体験しているのです。ただし、至高体験している事実には、必ずしも自分では気づいていません。マズロー自身も至高体験を簡単に感じられる方法を研究していましたが、その最中に亡くなってしまいました。したがって、マズロー研究会では、一般的な人々にも至高体験を頻繁に感じられる方法の開発を研究課題の一つにしています。
以下マズローの至高体験 Kindle版 渡辺博文 (著) の引用より。

私はこの本を読んだことがありませんが、至高体験を私なりにまとめるとこうなります。

至高体験とは、魂を揺さぶる体験のことをいう。
どんな体験かというと、
積極的になる訓練を真剣に取り組んできた人間が、あるとき目覚める体験のことをいう。それはひとつの悟りみたいなもの。大きな挫折、大きな失敗、大きな悲しみと苦痛、このままでは生きていけないという艱難辛苦を味わった人間が、このままではダメだ!これを打破するには積極的に生きるしかないと決めて、真剣に積極的になる訓練を積んだ結果、あるとき悟りを得るように目覚める体験が至高体験である。その体験は、ネガティブからポジティブに変わる瞬間である。不運から幸運に変わる瞬間である。過去を許し未来を受け入れる瞬間である。この体験を得た者は、「心の底から生きていて良かった!」と感じる瞬間である。


具体的にどんな体験か?というと、
私の体験を述べたいと思います。

大きな挫折の後、私は心を積極的にする訓練を毎日毎日繰り返していました。半年ほど経って、私はあるとき目覚めたのです。

目覚めた瞬間を具体的に説明すると、
日常の風景が変わりました。

普段見慣れていた、日常の風景が信じられないほど鮮やかに輝いているのが見えました。草木は青々と輝き、降り注ぐ太陽は大地にエネルギーを与えている。どこの田舎にもあるような寂れた町並みが美しい構造物に見え、駅に向かう通勤通学の人々が活動的に見えた。なにもかもキラキラと躍動している。この世のすべては一つとして無意なものはないと感じるようになった。

これが私の至高体験。
日常の風景が変わった。
何もかもキラキラと躍動している。
この世のすべては一つとして無意なものはない。


ネガティブからポジティブに変わる瞬間。
不運から幸運に変わる瞬間。
過去から未来に変わる瞬間。


至高体験、あなたも体験してみませんか。
誰でも体験できます。心が積極的になれば。


関連記事

コメント

はじめまして
彼から別れを告げられて2ヶ月…苦しくて悩んでいたとににこちらのブログに出会い、とても勉強になりました。彼は最後、まだ好きだと、これで終わりじゃないと言ってくれたのに(本心ではなく優しさだと思いますが)、焦って自爆しにいくところでした。わたしも別れて視野が広がったので、別れを告げてくれた勇気にありがとうと言いたくて、2ヶ月ぶりに会う約束をしたのですが、会ってよいものかまだ迷っています…こちらから会いに行くのは放置にはなっていないし彼のペースを乱すのではと…答えが全然出ませんが、とにかくポジティブに頑張りたいと思います

No title

確かに今こうして生きていることに感謝することができ、
あたりまえの毎日が愛おしく思えるようになると
日常の風景が変わりますね。でも私の場合は、至高体験などという立派なものではなく、
いつあの世に行ってもおかしくない年齢になったからかなーと思っています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する