ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > ともに海外在住の遠距離です
彼:1971年9月2日:フリーランスのグラフィックデザイナー、他に自分でもビジネスを立ち上げたが全く軌道に乗っていないようです
私:1972年12月27日 教育機関研究員
彼とは10年以上前から共通の友達も何人かいる顔見知り程度の友人だったのですが、1年半ほど前に、仕事で私の住んでいるところに彼が来たときに数年ぶりに再会しました。私も彼も日本国外に住んでおり、飛行機で5時間ほどかかります。最初の数か月は彼はマメに連絡もくれ、会いにもきてくれ、日本でも一緒に温泉にいくなどして本当に好かれてるなあと思いました。体の関係は一緒に寝ても、彼は私の意見を尊重し最後まではいっていません。が、もともとかなり仕事が忙しく、フリーランスのためそのうち仕事に戻ってしまい、ほぼ会えてません。一度どういうことなのか聞いたら「君はちょっと自分とは違うなと思うんだよね。でも、俺は白黒つけようって言ってるわけじゃないんだ。でも君が白黒つけないなら切ったほうが良いと思う」と言われました。「君と将来どうこうなろうと思ってはいない」とも言われました。でも、彼はなんだかんだいって、私が連絡ほしいといえば連絡をしてくるし、プレゼントも送られてきたことがありました。こうなったら沈黙してやると思ったら、自分の仕事を手伝ってほしいと言われ(彼の仕事はネットでできることがあるので)、結局前より連絡を取ることになったり。。。そういった中で、彼が仕事も結婚にたいしても自信がなくて、毎日崖っぷちに立ってるようだとか、ほんとにしんどいんだよ、とか弱音を吐いてくることもありました。(彼は10年ほど前に10か月だけ結婚してました。それ以降は彼女はほぼいなかったみたいです。本当に仕事中毒で浮気とか他の女に行く心配が全くないのがすごくいい点なのですが)現在は私の方が本当に白黒つけたくなって、沈黙して3週間目です。アドバイスいただきたいです、よろしくお願いします


沖川の答え。
私の方が白黒つけたくなった。
彼「君が白黒つけないなら切ったほうが良いと思う。」
白黒は女性の命題ですね。
このケースの場合は、白黒決着は女性の方からつけるべきだと思います。彼はいつも私がブログで書いてある通りの典型的なグレー人間です。グレー人間は白黒決着を望みません。白黒決着は別れに値するから、別れたくはないのです。別れたくない?では責任を取ってくれるの?というと、責任は取りません。責任は取らず、自らの都合で適当な曖昧な関係を築きたいだけです。この状態は女性側から見れば、釣った魚には餌を与えない飼い殺し状態。男性側から見れば、責任を取らないで済む、自分のペースが守られる楽な関係となります。仕事を中心とする男性は、いつもこのペースを守ります。仕事が中心で恋愛を中心としないペースです。こういうタイプの男性は、恋愛は利益を生まない、利益を生むのは仕事のみという考えが強く、利益を生まない恋愛は骨休み程度でいいと考えます。仕事だけの人生は虚しくて寂しいから、ほんのちょっとだけロマン(恋愛)を取り入れたい、だが恋愛を中心としない、そんな考えです。

ある意味、男性の基本がここにあります。
「男は仕事が安定しないと恋愛はうまくいかない」という基本です。これも私がいつもブログに書いてある通りです。男は仕事が安定しないと恋はできません。(男は仕事が命)これが男脳の仕組みだからです。ですから、女性側が男性を選ぶ場合、仕事の安定している男性のみを選んでください。これも女性の基本です。基本を間違えるから、苦しい恋愛となるのです。彼を見てみますと、彼はフリーランスのグラフィックデザイナー、他に自分でもビジネスを立ち上げたが全く軌道に乗っていない。仕事も結婚にも自信がなくて、毎日崖っぷちに立って、しんどい。この文章の下りを読めば、彼の仕事が不安定でうまくいっていないことがわかります。仕事が不安定な男性は女性の恋愛対象者ではありません。もし?彼の仕事がうまくいっていれば、話は違ってきます。仕事が安定している男性は責任を取れる恋愛ができるからです。おさらいは、「仕事が不安定=恋愛はできない」「仕事が安定=恋愛はできる」これが男性の基本です。

彼だって仕事は成功したいはずです。自分は何のためにこの世に生まれ来たのか?それを追求するタイプだからです。だから日本でなくて異国の地で頑張っているのでしょう。彼の頭の中には不安もあるが、負けたくないと根性があります。彼は46歳の二黒土星。この星は、不安を糧にして哲学的に根気よく仕事をするタイプだからです。また彼は成功しないと結婚は考えません。成功とは仕事の安定です。彼はいつ、仕事が成功し安定するのでしょう?さあ?それはわかりません。それは彼の能力次第です。

これから先は男性の能力次第。
しかし、それがいつになるかわかりません。

女性たちに言いたいのは、いつになるかわからない相手を待たないことです。
女性にはタイムリミットがありますから。
だから、女性は白黒急ぐのです。

白黒決着をつける見極め方の判断は、
男性の初動の愛より、最終的に責任取るか取らないかの判断で見極めることです。
最初の男の気持ち。言葉や行動をあてにしてはなりません。初動の愛に騙されないことです。
男はやはり最終的に責任を取るか取らないかです。
彼の結論は責任を取らないとなりました。
ならば白黒決着です。
引導を渡す。(別れる最終的な宣告)」は、女性側からしてください。


この記事に関するコメントは投稿者本人のみとさせていただきます。
他の人はコメントできません。ご了承ください。


関連記事

コメント

仕事の安定とは

沖川先生
仕事の安定とはどの部分ででしょうか。
人それぞれ安定ととる尺度は違うと思いますが、多忙であっても充実感や達成感を得られていれば安定というのでしょうか。
問題や課題が山積みで自分に降りかかる粉を振り払いながら仕事をしているのは安定ではないですよね。
自分を犠牲にしながら働いている、という人は一生安定営業を得られないような気がします。

忙しくて余裕がなくなると音信不通になると言いますが、それでもたまにポロっと仕事の愚痴を言うタイプの人はどういう人なんでしょう。疲れてそう、忙しそう、何とか励ましてあげたいけど、そういう時は素っ気ない返事やスルーになるから忘れよう、放っておこうと思っている時に限って、不意に連絡が来たりします。そしてまた気持ちが戻され惑わされ。安定してきたから連絡してきたのかと思えばそうでもなかった。ということが多いので、何を持って安定と判断したらいいのかわからないです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する