ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 彼の心のシャッターが閉まったままです。(S子)
彼=1956.2.7 62歳 飲食店経営 バツ1
私=1967.5.12 50歳 医療関係 バツ1
皆さんの お父さんやお母さんと同じような年齢です。勇気だして 初めてコメントします。
彼とは30年前に知り合い、当時彼には奥さんと娘さんがいて 私は独身。不倫の関係で 5年間お付き合いしてました。とても彼には大切にしてもらいました。でも、やっぱり不倫は辛くて…。彼は家族を大切に考えてましたし、私には、いつか結婚もしたい子供も欲しい。という思いがあり、二人で何度も話しあい、お互いを大切に考えて お別れしました。その後 私には新たな出会いがあり結婚をして、二人の娘にも恵まれ幸せだったのですが、結婚14年で離婚。シングルマザーとして必死に娘たちを育ててきました。離婚して5年たった頃、彼と偶然にも再会。お互いに離婚していてシングル同士。 また 付き合いが始まりました。また彼と巡り会い そばにいられる喜び、縁を感じてました。ところが、復縁して2年ほどたった ある日突然 会えなくなりました。数ヶ月後、彼が重い口を開いてくれて「仕事でトラブルがあって 多額のリスクを背負ってしまった。S子には言いたくなかった。落ち着いたら また連絡するから、それまでそっとして欲しい」と言われました。それから 彼の反応がなくなり TELも出てくれません。メールも一切返事がありません。彼の心のシャッターが閉まったままです。きっと彼は、必死に戦ってるんだと思うので 彼を信じて見守る。そう決めてから3年以上たってしまいました。去年、共通の友人から 彼が女性のアパートで食事を作って貰っている事、その女性をセ○レと言ってる事、お店も経営不振で、お金にも困ってる様子だと教えてくれました。私は別れたつもりはなかったので、女性の事は 凄くショックでした。でも 私はやっぱり彼を最後まで信じたいです。もしも…彼の心のシャッターを開ける方法があるなら教えて下さい。

沖川の答え。
心のシャッターが閉まった頑固な彼。私も彼と同じ年代なので、彼の気持ちは概ねわかります。この年代で、「運の悪い人、運の良い人」と分けると、彼は残念ながら運の悪い人となります。飲食店経営で頑張ってきたが、多額のリスク(おそらく負債である借金)を抱えてしまった。こうなると男は奈落の底に落ちます。奈落の底に落ちた男は、このコメントに書いてある通りのことをします。つまり、待っている女性を裏切る行為です。彼の運が良く、飲食店の経営が順調なら、彼はそういうことをしません。S子さんを最後まで大切にしたと思います。

彼のSさんに対する気持ちはおそらく純愛だったと思います。大切な人。想い出深い人。心から愛した人。彼の人生で、一番心に残る純愛の女性がS子さんだったと思います。男は心から愛した人には本当のことを言いません。心から愛した人には自分の惨めな姿は見せたくないからです。この歳になっても、男はいつでもかっこつけたい生き物なのです。だから、惨めな姿は見せたくない、これが彼の生年月日からくるプライドです。彼は62歳の八白土星。2月7日、早生まれなので、前年の九紫火星が混じった八白土星です。生年月日を見た瞬間、「こうなるか」と私も思ったほどです。この年齢とこの星回りは、とても難しく、落差の大きい人生が待っていて、恋愛も荒れ模様となります。

彼の頑固さは並大抵ではありません。つまり、女性の愛情ではどうすることもできないということです。女性は気持ちや愛情で、「彼の心のシャッターを開ける方法があるなら教えて下さい」悲痛の叫び声を発しますが、こればかりは無理です。運が悪く惨めな状態の彼の心のシャッターを開けることはできません。女性の話し合いや言葉を中心とする愛情ではどうすることもできないのです。

彼の心のシャッターはいつ開くの?
さあ?それは彼次第です。彼の運が向上してくれば心のシャッターは開くでしょう。彼も私も同じですが、男の定義を述べます。「男は仕事が命」この一言で、私くらいの年齢の人はピンと(一瞬で物事を理解できる)が、おそらく女性には永遠に理解できないでしょう。

彼の心のシャッターを、もしS子さんが開くとしたら。「男は仕事が命」ということを理解することです。理解すれば、彼の運の悪さから来る裏切り行為は意に介さなくなります。運の下がった男の嘘や悪さを詮索しても良いことは何もありません。そこは見て見ぬふりをすることです。詮索すればS子さん自身が傷つくだけです。もし、S子自身がこの男をやめようと思ったら、いっぱい悪い証拠を集めてください。そうすれば30年以上の相手に三行半を下すことができます。「男は仕事が命」彼は仕事に打ち克って運が向上すると信じるならば、彼を信じて待つことです。


彼とS子さんは不倫から始まりました。この流れは因果応報が働きます。それが30年経って、今起きているのでしょう、二人の恋愛の運の悪さが。

勝負はここからです。
私ならそう信じます。S子さんもそう信じているでしょう。勝負はここからだということを。ならば信念を持つことです。彼はこのままでは終わらない。彼は絶対にこの状況から立ち直る力があると、信じる信念を持つことです。S子さんは彼にとって純愛の人。運の悪い状況を脱しないと彼はS子さんに心を開きません。このままじゃみっともないからです。だから、今彼は惨めな生活をしているのです。彼は運の良い表街道を歩いているのではありません。運の悪い裏街道を歩いているのです。運の悪い裏街道から表街道に這い上がるのは彼の力によってのみです。S子さんは、それを信じることです、彼の力を。因果応報が絡んだ青春期の恋愛の結末は、信じる力によってのみ、因果応報は消え失せ、心の扉は開かれます。これが勝負の志です。

私なら、もし私のことをここまで信じる女性がいるのならば。私は運の悪さから立ち直ります。そして、その女性を一生大事にします。彼も私と同じ年代。彼にもその気持ちが絶対にあるからです。



この記事に関するコメントは投稿者本人のみとさせていただきます。
他の人はコメントできません。ご了承ください。

関連記事

コメント

先生 ありがとうございます。朝から 涙があふれてとまりません。先生の おっしゃる通り 私は彼を ずっと信じて来ました。彼の苦しい思いも 私なりに理解し何があっても信じたい気持ちが強かったのです。ただ 色々と耳に入る彼の女性の話に心が傷ついてしまい自信をなくしていました。「男は仕事が命」今日は 心が救われた思いです。本当に ありがとうございました。

同じ年代

このご相談を見て私も納得させられました。
私の彼もS子さんと同じ年代です。彼も飲食店経営のバツ1娘さんがひとりいます。お店の経営がうまくいかない時は必ず冷たくあしらわれて初めの頃は別れも考えました。苦しい状態なのにお付き合いで女の人のお店に行ってたり、今はもうあまり詮索せずに状況が良くなれば連絡をくれるだろうとのんびり待ってます。人生はいろんな事が起こるのだろうと思い私も信じて待ってます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

S子さんの投稿と、先生のコメントを見て朝から泣いてしまいました。わたしも似たようなことで悩んでおり、少しばかりではありますが、お気持ちお察しします。
苦しんだ方には幸せになってもらいたい。S子さんにも心安らぐ日が訪れますように。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する