ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 彼女がいる元カレに振り回されてしまいます(はる)
新しい彼女と付き合ってまだ1ヶ月ほどの元彼と、物を返して貰うためにファミレスで会いました。その後は車でアパートまで送ってもらい家にもあげてしまいました。ファミレスでも家に上がってからも、もちろん変なムードとかもなく、ただただ他愛のない話をしていました。でも、ずっとずっと、私の話をするんです。別れてからいい子になった。○○(私)と一緒にいるのが1番落ち着く。楽しい。なんだかんだ○○と結婚してる気がする。などなど、それからもたくさん言ってきて、自分をここまで受け入れてくれるのは○○だけだ、だの、涙しながら、挙句の果てには私のことが好きだと言い始めたんです。彼は浮気なんてとてもじゃないけどできないような男でした。なので、同時に2人を好きなのが自分でもわからなくて、俺って酷いやつなのかなと、嘆いていました。付き合った期間が1年半、別れてから曖昧な期間が1年、突然ある女の子に告白されたから○○とはもうそういうことはできないと振られてまだ1ヶ月と少し。振られてから久々に会ったって言うには少し大げさな期間です。なのに、まるで1年ぶりにあったような盛り上がりでした。その後、別の日に彼に電話したときに、わたしはこう言ったんです。あなたが好きって言ってくれたのは嬉しい、わたしもあなたのことが好き。だけど、あなたとのことを考えるのは、新しい彼女と別れたら。それまでは、友達として連絡してきてもいいし、ご飯食べに行くのもいいから。と。そうすると彼は「やっぱり会わない方がいいかな。会いたいと思うけど我慢しないとダメだよね。いつまでも○○に頼ってられないよね。」と、この前と言っていることが変わったのです。その言葉は、友達としても会わないというように聞こえました。もちろん、彼が言っていることは間違ってはいないのですが、会った時と言ってることが変わっていて、それに対しわたしは振り回されてしまいます。わたしは彼のことがまだ好きです。彼が戻ってきてくれないかと思っています。この場合わたしはどう待っていればよいですか。長くなってしまったので、先生なりに短くしてもらっても構いません。どうか先生のありがたいお言葉をよろしくお願いします。川越の占い館、今度伺ってみます。

沖川の答え。
生年月日が記載されていないので、運勢は解らないのですが、別れた後の男の心理、男の未練について述べたいと思います。
1, 男は女より未練が強い。
2, 男は別れてから元カノの評価が上がることがある。
3, 男は同時に複数の女を愛することができる。
4, 男は別れた元カノに会い、未練たっぷりの言葉を述べて、あとで後悔しながら正義に戻る。
男の心理はまだまだ述べられますが、今回はこの4つに絞ります。

別れてからいい子になった。○○(私)と一緒にいるのが1番落ち着く。楽しい。なんだかんだ○○と結婚してる気がする。まさしくこれが、男の心理1,2です。この1と2は別れた女、全てにやるわけではありません。思いで深いいい女だけです。彼の中で歴代1位の女だけです。

彼は浮気をする人でないけど、同時に2人を好きなのが自分でもわからなくて、俺って酷いやつと、嘆いていました。この部分が3になります。男は同時に複数の女性を愛することができます。男の愛はパーセンテージの愛。たとえば彼女が60%なら、元カノは30%、会社の同僚の女の子が10%という具合にパーセンテージで分散した愛になります。パーセンテージを上げることに焦点を絞れば男の愛は掴めます。

「やっぱり会わない方がいいかな。会いたいと思うけど我慢しないとダメだよね。いつまでも○○に頼ってられないよね。」これが4の男は別れた元カノに会い、未練たっぷりの言葉を述べて、あとで後悔しながら正義に戻る心理です。これは人間にある迷いです。現実と非現実を行ったり来たりしている不安定な心理状態です。この状態は男性だけでなく女性にもあります。なぜ?こんなに不安定になるのか?それは別れた人が本気で好きだったからです。そして、本気で好きだと気づいたのが別れた後、だから未練が残るのです。


さて、これからどうする?
もし、はるさんが復縁を望むのなら。
掟破りの方法を教えます。
それはパーセンテージの愛を上げることです。


今回のケースでは、彼に愛の区別や枠はありません。「友達という枠」「彼女という枠」「奥さんという枠」がないのです。女性はそういう決まり切った枠を持ちたがりますが、パーセンテージの愛を求める男にはそんな枠はありません。どの枠でもパーセンテージだけ上げればいいのです。友達という枠からパーセンテージだけ上げる。決して彼女に戻ろうとしない、友達としてパーセンテージの愛を上げる。それができれば復縁は可能となります。

この記事に関するコメントは投稿者本人のみとさせていただきます。
他の人はコメントできません。ご了承ください。


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する