ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 不安(他人からの伝染)
不安は自ら沸き上がるものと他人から伝染するものがある。
他人からの伝染は、友人などの他人の言葉。
他人の意見に左右されて、自分の考えは「こうだ」というものが持てなくなる。

たとえば、友達に彼との悩みを相談する。
女性の悩みは、とてもネガティブなものが多い。
コミュニケーション能力の高い女性は彼との経緯をとても流暢に話す。細部にわたって細かいところまで丁寧に話す。まるで小説が書けるように、映画の台本が書けるように、そのシーンの場面が見えるかのように流暢に話す。だが、この物語はグチと不平のネガティブ物語。不信と裏切りの悲しい物語。最初の場面ではラブラブの心温まる物語もあるが、後半以降は悲しみと不幸と苦難の物語。彼は人としてどうなの?という物語が永遠に続く。

人としてどうなの?という物語を具体的に説明すると、
連絡が来ない。最初は毎日あった連絡が今はパッタリ来ない。こちらから連絡しても無視(スルー)される。何度も何度もスルーされて、やがて音信不通となる。音信不通は女性が一番嫌がるやり方。これ以上の悪罪はないのに、男たちは平気でそれをやっている。音信不通は恋愛にあってはならない。音信不通にする奴は人間失格だ。それを彼がやっている、彼は人としてどうなの?という疑いが常につきまとう。

続いての苦難の物語は、ルーズなオレ様。「仕事が忙しい」と仕事のせいにして女性を放置する。デートの約束もドタキャンが多い。時間は守らない約束は破るわ、常に自分勝手に振る舞っている。話を聞けば聞くほど彼の男の嫌な部分であるオレ様が見える。オレ様は女を舐める特徴がある。オレ様とは公平な恋愛ができず、いつも女性たちが下で苦しむことになる。そして緊張する、彼のご機嫌を逆なでしないように常に緊張しなければならない。この嫌われたくない恋愛には何も楽しみはない。女性が望むのは自分を大切にしてくれる人、思いやりのある人との恋愛だが、オレ様にはそれがない。でも、好きだから別れたくないという葛藤が続く。

最後に男の嘘と悪さ。男の嘘と悪さは数限りなくある。仕事と偽って浮気をしていたり、付き合いだといって朝まで飲んだり、休みの日は朝からパチンコ三昧。女・酒・ギャンブル。男の三大悪は収まることを知らない。もういい年なのに、不良少年のごとく若ぶって無茶をしている。そして体調が悪いといって彼女とのデートをすっぽかしている。悪態三昧の男との付き合い、これ以上の不平不満はない。

それを友達に話す。
友達は「こんな男と別れた方がいい」という。
確かに別れた方がいい。
頭ではわかる。
だが・・・。
頭では理解できても感情がついていかない。
友達の意見で、さらに悩みが深くなる。
A子に相談すればA子の考えがあり、B子に相談すればB子の考えがあり、C子に相談すればC子の考えがある。他人と相談すればするほど、自分の考えはどこにいってしまったの・・・とさらに悩む。他人と相談すれば相談するほど他人の意見に振回されてさらに自分がネガティブになる。これが他人からの不安の伝染。悩みはさらに深くなる。

これの対抗策は次回に書く。



関連記事

コメント

No title

女性の恋愛での苦しみの主だった物が要約されていますね。
どんなに苦しくても彼が好き。止められない。離れられない。
しかし、苦しみと絶望のどん底までいって、あきらめがつき、
そこで初めて頭や目が覚めると、なんであんな男が好きだったのだろう。
あの男と付き合ったこと、振り回されたことは私の人生の汚点だと思ったりします。
時が過ぎれば、懐かしい思い出になりますが。彼が懐かしいのではなく、
恋に夢中だった自分を懐かしく思うだけですが。

不安な心を人に相談するときは、その不安が自分の中で、必ず解決させてみせると強く思っているときは良いのですが、そうでないときは、不安の種を人の言葉で花開かせるというか、やっぱりダメなんだ、と悪い方に確定させてしまうものだと思います。
私はダメなんだ、彼はダメなんだ、この恋愛はダメなんだ、幸せになれないんだ、という結論を出してしまって、それを覆す材料が見つからないとき、本当に苦しいです。
本当はダメなんて思いたくないし諦めたくないから。
でも口を開けばダメな話しか出てこない…それは心の中で、傷つかないように初めから諦める気持ちがあるからのような気がします。
彼のことは好きだけど、ダメなら、好きでいても無駄。
ダメじゃないなら、好きでいよう。そんな風に思っている自分に気づいたとき、自分を打算的に感じました。
目標があるなら、その目標を達成するための通過点が彼との恋愛なら、打算も良いと思います。
でも純粋に好きという気持ちだけを優先するなら、彼がどうあろうと好きでいれば良いだけのはずで、彼が自分の思い通りにならないからといって不安や不満を感じるのは、エゴなのか…??

考え過ぎですかね。自由人に恋してすったもんだあって、麻痺してきたのかもしれません。もうよくわかりません。
でも、彼が私を不安にさせてると彼のせいにしてきたけど、それは違うと思うんです。
自分でネガティブなビジョンを作って、その通りに進んで行っていたんだと思うんです。
無意識にある劣等感とか、現状に満足できない気持ちを引きずったまま彼といると、自然と彼に求めてしまい、彼になんとかしてもらおうとしてしまいます。
私はそうだったんだと思います。

次の記事楽しみにしています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

キシさんへ。キャンセル料は口座へ振り込みよろしくお願いします。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

やっぱり私は先生のこういう内容のブログが好きです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する