ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 喧嘩を修復させるアドバイス
関係を良好に保つには、苦情をうまく伝え合う技術が大切。

男性へのアドバイス。
男性は逃げないこと。逃げて殻に閉じこもって押し黙らないこと。衝突を避けて嵐が過ぎ去るのを待つのでなく、彼女が苦情や意見の相違を口に出したら、それは二人の関係を健全で望ましい方向に持っていきたい愛情から来ていると受け止めること。

そして、解決策を先に出さないこと。男性は女性と口論になったら、実務的で理論的な解決策を提示して議論を省略させようとするが、その態度はとらないこと。女性は彼が自分の不平不満をきちんと聞いてくれること、自分の気持ちに共感してくれることが何より重要なのです。彼女の苦情をつまらないざわめき言と切捨てたりせず、最後まで話を聞いてあげることです。


女性へのアドバイス。
男性にとって最大の苦痛は彼女の激しすぎる糾弾にあります。女性が感情的になって怒りが頂点に達すると、後先考えず、我を忘れて、ヒステリックに彼を激しくののしります。そうなると男性は間違いなく防戦態勢を固めるか、殻に閉じこもるか、その場から逃げようとします。そうなれば喧嘩はさらに悪化し、二人の関係は冷え切ってしまいます。

女性が彼に苦情を述べるときは人格攻撃するのでなく、彼のある特定の行いが自分に苦痛を与えているとはっきり伝えることです。彼のある特定の行いとは、それは付き合っている当事者にしか解らない具体的な何か?のストレスです。具体的な何かは?付き合っている当事者にしかわかりません。彼の口癖だったり、彼の態度だったり、彼の行動だったり、彼の行為だったり、彼の精神的な欠点だったり、男女が付き合えば苦痛を与える不都合が生じるものです。もし私でよろしければ、人格攻撃でなく、彼に悟らすような言い方を伝授することができます。

彼のある特定の行為が私に苦痛を与えている、これを人格攻撃でなく上手に伝えて彼に理解してもらう。この技術をどうマスターするかです。喧嘩はカップルの最大の別れの要因です。喧嘩が修復できず別れたカップルは無数にいます。「関係を良好に保つには、苦情をうまく伝え合う技術が大切」それをいかにマスターするかです。

関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

苦情をいかに伝達すべきか。ですね。
感情的にならずに伝えられるよう心掛けます!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する