ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 「過去のあの人は素晴らしかった、だが今のあの人は冷たい」この題名をシリーズ化したいと思います。
昨今の恋愛において世界中で起きているこのパターン。パターンに巻き込まれた人は不幸ですが、私自身は毎日こういった相談を受けているので、変な意味ですが、免疫ができています。私の免疫は思考となり、問題解決に向けてあらゆる方法を手続きしていきます。ところが免疫のない相談者は、ただパニクって焦るだけです。その状態では何も問題は解決しません。問題を解決するには高い次元から物事を見て、客観的な判断に基づいて行動しなければならないからです。「過去のあの人は素晴らしかった、だが今のあの人は冷たい」という非常識なネガティブ被爆に巻き込まれた相談者は物事を高い次元から見て、客観的な判断ができていないのです。それは仕方ないですね、相談者は1回だけの被爆で、私は2万回以上被爆を受けているのですから、免疫力が違うのは当然です。

被爆とは「過去のあの人は素晴らしかった、だが今のあの人は冷たい」という非常識なネガティブ被爆です。世の中は不条理だ。なぜ愛する人を悲しめる。なぜ愛する人を粗末にする。なぜ愛する人を裏切る。ホント世の中不条理だ。この仕打ちを自由というのか。「オレは自由だ、彼女のことを愛しようが冷たくしようが、オレの勝手だ。」だったらこの世から自由をなくしてしまえ。自由の代わりに責任を植え付けよう。愛が発生したらその時点で責任を取るルールを作るべし。私は興奮しているのかな・・・(笑)でも正直、世の中がそうなることを願っています。

とはいっても民主主義の世の中。
恋愛は自由です。
愛しようが冷たくしようが、自由です。
それに対して、なんの法的罰則もありません。
あとはモラルの問題です。

モラル違反に悩んでいるあなた。
安心してください。私はあなたの味方です。
このブログを通して、生の鑑定を通して、あなたを幸せに導く努力を惜しみません。
そこはお約束します。

「過去のあの人は素晴らしかった、だが今のあの人は冷たい」これをシリーズ化するのに、私自身がワクワクしています。「過去のあの人は素晴らしかった、だが今のあの人は冷たい」というネガティブ被爆を2万回以上受けた私は想像も出来ないくらいの免疫細胞が出来上がっています。この経験を駆使してシリーズ化する。ワクワクするのも当然でしょう。情熱が出てくるのも当然でしょう。面白くなってきました。

「過去のあの人は素晴らしかった、だが今のあの人は冷たい」のシリーズ化。さて、何から手がけるか?この類いの2万人以上の相談(鑑定)は、何から手がけるかを悩ましてくれます。あまりにも膨大で、交通整理が大変だからです。

こういうときは、私の得意とする九星気学から始めるべきですね。
「過去のあの人は素晴らしかった、だが今のあの人は冷たい」
一白水星・二黒土星・三壁木星・四綠木星・五黄土星・六白金星・七赤金星・八白土星・九紫火星。彼らはどんな性格でなぜこんなことをするのか。その後の対応はどうするべきか。ここでは簡単なシナリオを述べていますが、私の100兆億個の脳細胞は文章では追いつけないくらい、いろいろなイメージが先行しています。だからワクワクするのです。

では、ウキウキしながら文章を進めていきましょう。
まずは一白水星から。
一白水星。
(1999年、1990年、1981年、1972年、1963年、1954年)九星気学の運勢は節分を境いとします。例えば、1990年の一白水星は、1990年2月4日~1991年2月3日生まれとなります。

さて、次回から一白水星に対する原因と対策をゆるりと解説していきます。

彼氏が一白水星の方はコメントください。
今、どんな状況か?なぜこうなったのか?今後どうしたいのか?まとめることで不安は多少軽減されると思います。
時間があれば、私もコメントにお答えしたいと思います。


関連記事

コメント

No title

おはようございます。
シリーズ化されるのですね…。被爆に巻き込まれた1人の私にとっては、ワクワク、ウキウキとはなれませんが(笑)
彼の九星の記事を読みたくとても楽しみにしています(彼は六白金星です)
辛い日々ですが、今は、先生の言葉と彼と自分を信じて過ごす毎日です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

沖川先生へ

男性へは別れの挨拶は不要なのですかね?
自分のけじめというか、ちゃんと別れてから次に行こうと思って、最後に会おうと思っていたのですが…
相手も私が距離を置いたと察知したとたん、
相手からも連絡なくなりまして。

それで自然消滅で終われば良かったのでしょうけど、
8カ月も付き合ってきたので、別れをちゃんと言ってからにしようと思って連絡したら、
趣味の大会で会えなかったのですけど。

じゃあもういいやと思って、新たな婚活サイトに登録したら、
彼がいたんです。
ニックネーム変えてないし、文面も同じなので間違いない!
お互い自然消滅だなあと感じたら、
そう言う別れの方が男性は良いのでしょうか?
婚活の出会いだから別れもドライで良いのでしょうかね。

…次の婚活サイトも同じ所選ぶとはって感じです。。

No title

恋は魔法。思い込み。錯覚。
豪華絢爛の馬車も冷めてみればただのカボチャ。
男も女も飽きるもの。冷めるもの。
冷めて音信不通にしたり冷たくするのは実際には、
男性よりも女性の方が多いのではないでしょうか。
九星気学別分析。わたしもワクワク楽しみです。


No title

男性へは別れの挨拶は不要なのですかね?
人にもよりますが、概ね男性は女性のような白黒決着型ではありません。
ほとんどが別れに関してはグレー。自然消滅派も多い。
別れの決着は女性からする、それを待っている男性も多いですね。
女性から別れを告げたら「わかった」という男性がいかに多いことか。
このグレーの男性の気持ちを逆に利用する。この方法もありだと思います。

よそよそしいままグレーのまま

付き合って一年半です。私は四緑木星です。彼とは一度別れましたが、三か月冷却期間を置いて連絡をしたら、会ってくれるようになりました。以前よりこのブログを拝見していた為、別れ際も、私の中でもやり直すには良い機会と思い自爆せずに受け入れました。
とはいえ、冷却期間中は不安になり、自分磨きは中途半端でした。

会ってくれてからは、かなりよそよそしく知り合いだからと言うことを強調していますが、私の料理を食べています。いつも、〇〇さんは幸せになって下さい。が、決まり文句になり、また、ラインの返信はありますが、最近また、忙しくで会えないです。しかし、本当に仕事が今は大変そうなので、そこは信じて待っています。
知り合い?なので本当の復縁はこれからです。、、、((^_^*)


今は、彼が忙しい間、チャンスと思い自分磨きを頑張ってます。不思議と以前のように不安は少ないです。自分磨きをすることで、少しずつ体調が良くなったりと、漠然とですが、良い方向に行くかなと思っています。

私は恋愛経験が浅く、彼は多く交際期間も
三か月で終わるなど短いです。

私は浅い上に一人好きな為、表現する力が欠けています。当然一人が好きだからずっと一人は望んでいません。本当は誰かと喜びを分かち合いたいです。逆にたまには一人になりたい男性心理はよくわかります。(^^)


文章になってないかもしれませんがお許しください


沖川先生、返信ありがとうございます。

別れの挨拶、待っていたのですかね。

LINEで言ったとしても、分かった。
と言いそうです。

お互い気持ちがなくなったなと感じとれたら
それも良いのかもしれないですね。
やっぱり私も湿っぽいのは嫌いなので。
本当は男性の気持ちも分かるのです。

そんな私は一白でして、その彼は八白でした。
八白は、彼女、身内じゃないと割り切った途端、
冷たいですね。毎日来ていたLINEもその日からなくなり
ましたからね。ある意味冷たさで分かりやすいのかなと
思いました。
ありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

一白水星

去年一度だけ、先生に電話させていただきました。私も彼も一白水星同士です。
彼と付き合って別れたりを繰り返して別れても連絡とって友達以上恋人未満☆付き合えるかなって思うと、仕事が忙しくて会えないから他を探してほしいと言われてから連絡途絶えてます!原因は素直ぢゃなかった事や仕事の忙しさが原因かなと思います。私と彼は似た者同士です。これからは成長した二人で再会して将来をともにしたいと決めています。
対策記事楽しみにしていますね。

No title

対策記事楽しみにしてください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

早生まれの九星について

先生こんにちは。
九星で質問です。
早生まれで節分までに誕生日の場合、次の九星は多少は関係しますか?。
干支で、とある方に、早生まれの場合、母親のお腹の中の時の干支が性格で、産まれてきてからの干支が姿だと言われました。
確かに、その方がしっくりくるという感じがします。
九星でもそのように感じます。
なので、両方見るようにしてます。
教えていただけたら嬉しいです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

早生まれの場合、前年の九星に左右されます。この場合は両方の性質を持っていると解釈した方がいいでしょう。例えば、1991年1月30日生まれの場合、節分を境にした気学上の運勢では一白水星ですが、1991年2月4日以降の九紫火星も少し混じっていることになります。節分前後の生まれの人は、両方の性質を持っている特徴があるので、判定には慎重を要します。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

先日先生のところへ相談に行った者です。元彼も私も一白水星。まさしくこの被爆に遭いました。。昔の彼を追い求めて何年も待ち続け、音信不通に耐え、たまに与えられる気まぐれの愛に踊らされ、きっといつかまたあの時の2人に戻れる。今は環境が悪いだけ。彼の根本はきっと変わっていない。そう信じ続けてきました。やっと別れる決心がついてお別れし、まだ、思い出すことばかりですがゆっくりと、幸せをつかめるように生きていきたいです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

この年で騙されたのか…

バツ一の彼。1981/10/8生まれ。やたらと、女性って怖いという彼。
一昨年の年末に寿司屋で見かけた。そしたら、去年の年末も同じ店でバッタリ遭遇し、そこから意気投合して、今年の4月から付き合うことになりました。
彼の家へは2回行きました。4月の私の誕生日には、徹夜仕事の合間を縫って家までお花やプレゼントを持ってきてくれました。
GW過ぎのお泊りデートを最後に、今に至るまで会っていません。元々電話もしておらず、8月くらいまではメル友か?というような関係性が続きました。
6.7月は忙しいとは言ってはいたものの、8月もどうせ忙しいとか言うんだろうなと思っていたら、案の定予感的中です。男ばかりの職場で、夜勤のカバーや人の足りなさで、どんどん勤怠が辛くなるせいで退職者が多くなり彼への負担は増えていたせいもあり、返信も2.3日に1回へ減っていきました。
返信が減って不満だったし、会社の飲み会帰りの8月のお盆を過ぎたくらいに、私から電話し、その時は出ませんでしたが、10分後に折り返しがきたのですが、今度は私が気づかず、30分後に折り返しましたが、彼は出ませんでした。続けてラインで、『返信は?』と送ってから今も未読です。それ以来、私からも連絡はしていません。
励ましのラインをするのも、もうこちらも飽きてきたんです。だけど、彼を嫌いになったわけではない。辛抱を続けました。
付き合う前後には、『これから手繋いでいっぱいデートしたい。もう誰にも渡さない。』と言っていたあの彼はなんだったんだろう。なぜか騙された気分になっています。
こんなブラック企業のせいで、元嫁には男をつくって出て行かれてしまった。学ばない男だな。まあ、仕事優先人間だから、学ばないというより学ばないというほうが正解かもしれません。
このまま放っておいたら、もし彼の仕事が落ち着いた時、私に連絡しようとしても、私が怒ってるかもしれないからラインや電話しづらないなー怖いなーと思い、このまま自然消滅になってしまうのではないかと、少々不安に駆られています。
来月は彼の誕生日なので、お祝いのメッセージでも送ろうと思いますが、そのメッセージも無視されたら自然消滅してたんだとショックを受けるのも怖くて勇気が持てません。
彼の性格を踏まえるとどう動けばいいのかわかりません。助けて下さい。

No title

一白水星の対策は次回の記事を参考にしてください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

毎日楽しみに拝見してます!

私、一白 彼、八白です。

他の方も書いていらっしゃいますが、
八白の男性は、付き合い中は
愛情をいっぱいそそいでくれますが
別れて他人になると、冷たい冷たい(笑)
その落差にすごくショックを受けました。
それ以来、八白の男性の愛情表現が、なんだか信用出来なくなってしまいました。
愛情表現は、元々嘘なのか?
別れた途端、バッサリ嫌いになるのか?

八白の見解、楽しみにしてます!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する