ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 三碧木星の対策。
男性なら少年のように扱うこと。
女性なら少女のように扱うこと。

まず始めに女性から、
相手が三壁木星の女性なら、少女(乙女)のように扱い、褒めてチヤホヤすること。三壁木星の女性に対して、大人の対応はダメ。大人の対応は重くて強いプレッシャーになるから。やる気が無くなって傷ついている彼女には、明るく元気の出る言葉やチヤホヤがいい。褒めてチヤホヤするのが一番効果的。君は可愛いよ、素敵だよ、きれい・きれい・綺麗だよ、僕は君のことが大好きだよ、ずっと君の味方だよ、僕を信じて、というようなバカバカしいほどのチヤホヤが有効である。彼女を乙女、お姫様のように扱うこと。これを1回だけでなく、100回続ければ、やる気が無くなった彼女もやる気が出てくる。重い雰囲気になったら、人間は大人の対応で勝負に出るが、そのやり方では三壁木星には通じない。なぜなら相手は大人ではないからだ。もし、あなたが三壁木星の女性ならこのチヤホヤが有効だということがよくわかっているはずだ。疲れて落ち込んでいるあなたは異性のチヤホヤで救われる。これはどの三壁木星の女性でも認めている。ところが三壁木星の女性は相手から大人の対応で責められる。君はワガママだ、無責任だ、そんな小さなことでいつまでもクヨクヨ悩むな、もっと強くなりなさい、もっと大人になりなさいと責められる。不思議と人はそのように三壁木星を大人の厳しさで扱う。このやり方はまったく逆なのに。人々はそれに気づいていない。早く相手を成長させたいという大人の流儀かもしれないが、やりかたは逆であり、逆効果となる。

さて、あなたは気づいたでしょうか。
三壁木星男性の「過去のあの人は素晴らしかった、だが今のあの人は冷たい」の対応策が。
そう、女性版の反対の男性版をやること。つまり、彼を少年のように扱うこと。将来に期待が持てる王子様のように扱い、チヤホヤしよう。あなたは素敵だ。あなたはかっこいい。あなたは頭がいい。あなたは能力が高い。あなたなら何でもできる。だってあなたは選ばれた人間だから。周りはあなたの才能を認めていないのが私も悔しい。私はあなたの才能を認めているから安心して。さらに正直な気持ちを伝えよう。私はあなたといるときが一番幸せだと心から伝えよう。(ちなみにこの言葉はどの男性にも有効)重いと考えずに、しつこいと考えずに、前向きな気持ちで、素直に彼をチヤホヤすればいい。

このやり方でいいの?
とあなたは疑問に思うかもしれない。
やりかたは正しいのです。
なぜなら、このやり方は三碧木星の特徴に即しているからです。
このやり方を信じれば、きっとうまくいきます。
何を信じるか、それはあなた次第です。

信じたら、これを演出することです。
あなたが彼と仲良くなりたいのなら、演出家になること。
ドローンを上げて、高い位置からあなたのマイカメラで二人の様子を見てください。
上から見て、どんな演出がいいか、あなたがリーダーになって監督になることです。



関連記事

コメント

No title

九紫火星ですが、お世辞だとわかっていても、褒められておだてられれば、
図に乗ってやる気が勢いづきます。もちろん褒めてくれた人の事は、
男性でも女性でも好きになります。

三碧の男性の特徴を見て

別れた八白彼と似てる…!と吃驚していました。

そうか、彼は八白でも傾斜が三碧だったのです。
傾斜はその人の性格を表す…
そうか、八白だけど性格は三碧そのものだったんだ。

40半ばでも未だ少年、青年であるスポーツに頑張っている彼。結婚なんてまだまだ考えていない。
そして、能力はあるとは思うのだけど、
私は年齢的にもう待てない。
というか、よいしょ出来ない。

そう彼には、よいしょすれば
気分良くして私と付き合っていてくれたとは
思う。
でも無理。
あんなに自分の趣味のスポーツ漬けの人とは。。

No title

褒めれば人はやる気になる。
その通りです。
その反対に、褒めたら図に乗って彼女に対して手を抜くのではという心配もありますが、その心配より、今は冷めた彼をどう立ち直らせるかです。褒めることを遠慮しない。なかなか難しいですが、それも生き方だと思います。


彼は八白でも傾斜が三碧だったのです。
おそらく、月命星が三碧を持っているのかもしれませんね。
そうなら、三碧に近い動きをします。
八白土星はハマるタイプが多く、自分の趣味のスポーツ漬けになることが多い。自分の好きなことは他人の意見を聞かないという頑固なところがあります。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

三碧の彼を褒めてたら、調子に乗ったのか
数日ですが放置されたことがあります。
冷たくされてない時に褒めると調子に乗るのかな。

連絡きた場合、三碧への対応として
少し冷たくした方が良いのでしょうか?
または、いつもと変わらず受け入れてあげるべきですか?


こちらとしては、少し冷たく当たりたいです。笑

三碧木星女です!めちゃくちゃ当たってます(笑)

今日からさっそく実践します

沖川先生

対策、ありがとうございました。
今日からさっそくチヤホヤしようと思います。
社会的地位が高く、年上の彼なので主導権を持ってもらうほうが得意なのかと思っていました。
男性は仕事が第1ということや、シングルタスクな行動を理解して、自分磨きをしていたのですが、待つだけでなく、私からもリーダーシップを取るほうがいいんですね。
大人の対応から子どもへの対応にシフトして、関係性がどう変わるか楽しみながら試してみたいと思います。

また先生のところへも機会を作りご相談にうかがいたいと思います。
季節の変わり目、お身体ご自愛ください。

沖川先生コメントありがとうございます。
八白彼ですが、月命は一白でした。
私の九星気学を学んだ流派?の方は、同会と傾斜も重要という方でして。流派によっては、同会と傾斜はないのかな?詳しくないので分かりませんが。
少し前のコメントで、たった九通りと言われていた方が
いましたが、同会、傾斜を加えると九星でもさらに分類されますし、月命星も見ればさらにですよね。
奥が深いのです。

そして確かに、自分の好きなことに対しては
とても頑固一徹ですね。
三碧の性格、そして本命八白の頑固、
合わさっているのかなと思いました。

私は彼とは別れ次に進みますが、今回の九星の記事は
興味深く拝見したいと思います。

これは子育てにも通用しますね。
娘は2006年の三碧木星、息子は2008年の一白水星です。

たしかに娘はいつもキャピキャピ明るく、弾けるような笑顔が世界一可愛いです!(親バカ♪)
息子は外ではクールを装い、家では甘えん坊さん。のんびりと自分のペースを崩さず、自分のやり方にこだわる一面もあります。
娘はチヤホヤお姫様のように扱い、息子は彼のペースを見守りながら何かをやり遂げたら褒める。
ちなみに私は五黄土星で支配したがるので、子供たちの個性を潰さないように気をつけないといけませんね。

当たり!

私が三碧木星で…当たり過ぎで笑いました笑
保護本能の強い旦那さんに、日々、ちやほやして守ってもらい、笑顔爆発。旦那さんは、その子供のような笑顔が大好きらしいです。

結婚までは、父母、姉に守ってもらっていました。自分は独立心が強く、ほっといて欲しく、我が道を行きましたが、やたら周囲は絡んくる。
正直心配だったのでしょう…
そこは悲しいですが、所詮、子供、私は女でおばちゃんですが、30代までは、仕事絡みではよく君は男の子だねと言われていました。
強くたくましい有能な男性になりたい、泣き虫のただの男の子。それもドンピシャ笑
三碧木星は、自然と世話を焼く人が、心配をしてくれる人が居てくれるのかも。ありがたいことです。

二黒土星の私は、三碧木星の友人が多いです。
物事ハッキリ言ってくれるから付き合うのが楽。

だけど、男性よりも、三碧木星の女性の方が、あからさまのヨイショに良い気分を感じてるのをとても不思議に見ていたのでかなり納得です。

個人的には、1つだけど、自分より年上なので、仲が良いとは言え、立てるから、そうすると相手はご機嫌です。

本当に、笑

三碧木星女性ですが本当に当たっています。笑

そしてなぜか大人の対応をされおこられ


そしてら怒られるとなぜ…!?
と、まるで先生が書いていらっしゃるような事が心の中で起こっています。

大人の対応を取られ続けると疲れる、そして怒られるとさらに疲れる

私、、音信不通、飽きやすい男性の気持ちがとてもわかるので


少し男性が離れ気味になっても
ああ放っておいてほしい時もあるよね

となります。

チヤホヤは本当に大好き。笑

放置は効果があるタイプだと思います。

しこりがなくなりやすいといいますか
友達としても楽しいタイプだと
また再び連絡が来るとああ会おうかー!と気軽に向かいます。笑

子供相手だと思って是非可愛がってほしいです。

No title

連絡きた場合、三碧への対応として
少し冷たくした方が良いのでしょうか?
または、いつもと変わらず受け入れてあげるべきですか?
両方ありですね。状況によってですが。どちらを選択するかは、自分の思いと直観で選択してください。

三碧木星女です!めちゃくちゃ当たってます(笑)
ありがとうございます。めちゃくちゃ当たっているのは女性の方ですね。とくに三壁の若い女性はチヤホヤされるのが何よりの好物のようです。

傾斜を加えると九星でもさらに分類されますし、月命星も見ればさらにですよね。奥が深いのです。深いアドバイスありがとうございます。傾斜を加える。傾斜について、私自身勉強不足で知りませんでした。奥の深い九星の分類は進んでいるのですね。私の方は一白水星~九紫火星までの九星を各6000人×9、つまり5万5千人ほど鑑定してきたのですが、傾斜については知りませんでした。まだまだ勉強ですね。

娘はチヤホヤお姫様のように扱い、息子は彼のペースを見守りながら何かをやり遂げたら褒める。ちなみに私は五黄土星で支配したがるので、子供たちの個性を潰さないように気をつけないといけませんね。 良いお母さんですね。五黄土星らしい母の愛情で子育て頑張ってください。

三碧男はもういいや

10/5 18:00から鑑定していただきました。(一白と三碧)頭ではわかっていたことを、中々自分の心に落とし込めず、苦しかった数ヶ月でしたが、厳しくしっかり指摘していただき、自分の中にストンと落ちるものがあり、妙に納得してしまいました。。。先生のお話を聞いている内に、なんて酷い男なんだろう、なんでそんな男を思い続けてるのだろう?とふと思いました。また、先生に「あなたが苦しむ必要はない。あなたは何も悪くない。」と言われ、とても有り難かったです。私に何か足りないのか原因があるのかばかりを考えてしまっていたので。

一つ勘違いしてましたが、以前婚約まで行ってたのは、39歳ではなく、34歳の時でした。これにより、また婚期が変わったりしますか?(笑)

どちらにしろ、過去はどうしようもないので、「好き」の感情をコントロールし、また頑張って婚活しようと思います!次は、しっかりと人間性を見極めて、諦めずに前向きに行こうと思います。二度と失敗しません!!

本日は、鑑定していただき、ありがとうございました!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する