ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 6,男性が結婚を決める時は何らかの前兆がありますか?(さあさん)
男性が結婚を決める時は何らかの前兆がありますか?

さあさんの問いに答えると。
男性が結婚を決めるときは、1,その女性を愛していること。2,結婚する意志があること。3,経済的自立があること。4,結婚する時期とタイミングがあること。この4つが揃ったとき、男性は結婚すると思われます。

時期とタイミング。
男性にも結婚する時期があります。そして結婚するタイミングがあります。時期とタイミングを逃せば一生結婚できないでしょう。それは女性にも同じことが言えます。

時期とタイミングが今でなくても結婚することはあるか?
あります。
その女性を心から愛していれば、時期やタイミングは関係なく、結婚することはあります。昔はそういう男性が多かったと思います。男として成長できなくても、お金(経済力)がなくても、準備ができていなくても、愛さえあれば結婚したものです。

ところが今の若い人は、そんな無謀なことはしない傾向にあります。男としての成長、お金(経済力)、結婚する準備が整って結婚するものと思われます。ある機関の調査によりますと、男性が結婚できない理由は「経済力のなさです。」つまり、自分の収入では家族を養えないから結婚しない。これがNO1の理由となっています。結婚とはお金がかかるものです。今の若い人は結婚にお金を使うより自分にお金を使いたいのでしょう。また結婚できるだけの収入を得るには、相当苦労しなくてはいけません。それはもう死ぬほどしんどい思いをしながら働かないといけないからです。自分だけ生きる収入と家族を養う収入では精神的にも体力的にも天と地ほどの差があるからです。それを現代の若い男性はよく理解できています。昔のお父さんみたいにあくせく働いて家族のために自分を犠牲にして苦労をしたくない。理屈でいったらそうなります。頭がいいですね。高等教育のせいでしょうか。みなさん大学を出ていますから。頭が良い分、ずるい計算式が得意となった。文明が進んだ先進国ほど、どうやらその傾向が強いようです。発展途上国の方がはるかに結婚率は高いのは誰もが認める事実です。発展途上国の人々は高等教育がない分、人間が持っている大事な本能で生きていますから。本能の欲求に従って結婚するのは当たり前のことだと彼らは信じているのでしょう。文明が進んだ先進国は、高等教育によって男たちに変な知恵を与えました。それは本能に逆らう知恵です。結婚とは愛という本能。子孫繁栄と家族がいる幸せを本能的な欲求で掴むのが結婚です。文明が進んだ国ほど、それに異論を唱えて、それに逆らうようになりました。つまり本能に逆らうようになったのです。結婚は自由を奪う不条理な制度だ。自分はその犠牲になりたくない。だから僕は一生結婚しないで自由に生きていきたい。

さて、ここまでは減らず口です。
結婚できない理由をたくさん聞いた私からすれば、みんな減らず口に聞こえます。私は古い人間なので、あなた方のお父さんと同じ年齢なので、最近の若者の結婚できない理由はみんな減らず口に聞こえます。古いオヤジでごめんなさい。


さて、ここから古いオヤジが語ります。古いオヤジの減らず口だと思って聞いてください。
ここら先は古い考えなので、気にくわないのなら読まなくても結構です。

結婚とは利益です。若い人は結婚することで利益を損失する(お金を損する)と考えがちですが、逆です。結婚することで金持ちになれるのです。金持ちになれる理由は実力がつくからです。人間の能力はそれに見合った収入しか手にすることができません。独身の実力は一人で生きていく分のだけの収入しか手に入りません。たとえ起業して成功しても、やがて倒産し、自己破産し、一人分のまかない収入となる。起業、商売、自営の独身経営者をたくさん観てきましたが、多くが失敗し、一人分のアップアップの生活に逆戻りしています。そこから私は「独身は成功しない」という沖川独自の哲学を作りました。古いオヤジの考えですが、男は愛なしでは成功できないのです。世界の偉人たち、世界の大富豪を見てください。ノーベル賞を取った人たちを見てください。大半が結婚しています。そこに「独身は成功しない」という事実があります。

結婚できない理由が経済力のなさなら。僕の収入では家族を養えないのなら。結婚することです。結婚すれば、経済力がつき家族を養える力がつきます。昔のお父さんみたいにあくせく苦労したくない?そんなことを言っているのは一部の人間です。昔のお父さんはあくせく働いて苦労などしていません。家族がいる喜びと社会に貢献する使命感とで、苦労を楽しんで仕事をしていたのです。あくせくではありません。

というわけで、古いオヤジの答弁は終りです。
男性が結婚を決める時は何らかの前兆がありますか?
答えは、時期とタイミングです。
関連記事

コメント

私ももうすぐ50歳のおばちゃんなんで先生のおっしゃる事がその通りだと思います。だから職場の彼女持ちの若い男の子には早く結婚したらってすぐ言っちゃいます。するといやまだまだ金がないからと返事が。稼いで余裕が出来たら結婚と考えてますね今の若い男性は。私がバツイチ子持ちなんでお前にいわれたくないよと思ってるかも笑。
今の時代は昔と違い結婚以外にも色々楽しみがあり結婚して子供育てて親になる喜びなんて重要視してない人が多いんでしょうね。悲しい現実ですが仕方ない時代なんでしょう。器の大きい男性が増えてバツイチ子持ちでも幸せにしてあげると言われたいおばちゃんでした。朝晩かなり寒くなりました。先生風邪引かないようにして下さい。毎日ブログ更新楽しみにしてます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

経済力と結婚

切っても切り離せない問題ですね…
今の年齢には特に…

弟もいい年齢ですが独身、彼女なし、
車と二次元にハマり中です。
会社では真面目なのでそれなりに出世してますが、
家庭を持つ同じ年の人の方がお給料が上みたいです。
よく家族に愚痴を漏らしてますが(笑)
それでも結婚してる人はお小遣いが一万五千円らしく、
結婚なんて自分には無理だ…と言ってます。

お金を稼ぐってほんとに大変ですもんね。
それでも、好きな人と一緒にいるためには、節約したりやりくり出来るんだろうな、とも思うんですが…
独身が長い私には想像しか出来ません。(笑)

家に毎月決まったお金を入れて、貯金して、
趣味に使う、、

片思いの彼は一人暮らしで、夢にお金がかかるのですごく節約してます。
だからお金ない時はデートしたりはしてくれません。。

なかなか結婚しない男性が増えるということは、それだけ結婚出来ない、待たされている女性もいるということですよね。
昔の女性なら、生活のために、それほど好きではない男性とでも結婚せざるを得なかったのでしょうけど。
現代の女性は、経済力があるので、好きな男性を待てるんですよね。
男性は自由でいたい、女性はそんな男性を待ち続ける。
これが現代社会ということでしょうか。

nekoさんへ

片思いの男性…でも友達関係なのでしょうか?
デートは出来る関係なのかしら?

夢のために節約しているから
デートが出来ないときもあるのですね。

たとえ、お金がかけられない貧乏デートでも
会えるだけで幸せなんでしょうか?

私は会えるけれども貧乏デート、
みみっちすぎて嫌になってしまったのですが
…本当に好きならそれでも良いのだろうか?
考えてしまいました。


それに独身男はみんな、結婚したら
成功しないとでも思っている風ですね。

逆なのにな、とこれを見せて言ってやりたい。
特に元彼に。

現実、男性からプロポーズを待ち続けるのは違うような気がします。
男性だけの給与で死ぬまで生活、子育てでかかる金額は莫大ですので大手企業や確実安定な仕事じゃない限り
女性の稼ぎも必要です。
金銭面も愛も男性に求めては今の男性は結婚したくないはずです。だから今は女性にもある程度の経済力を求める男性が多いんですよね。
最悪、離婚したりシングルマザーになったとき自分は大丈夫かと思うと、
今彼と順調でも私は仕事がまず第一になりました。

No title

私の親世代はある程度の年齢になれば、結婚して家庭を築くものと、
何の疑いもなく、まるで本能のように結婚していたようです。
「4畳半一間からのスタートだった」なんて話も巷でたくさん聞きました。
電話はまだなく、近所のタバコ屋の公衆電話。
子供は空き地や公園、田んぼ、畑、川、山林で遊ばせておけば、
よかったし、男の子はメンコかコマ回し。女の子はおはじき、ままごと
人形遊び程度なので、お金がなくても育てられた。大学進学させなくても、男女とも都市銀行や、自動車会社などにちゃんと就職できた。今ではスマホにゲーム。子供の頃からお金のかかるし、パソコンは当たり前なので、通信機器だけでもすごくお金がかかる。
経済力がなくて結婚できないと言う言い分もわかります。
文明の発達が人類を滅ぼすって言い過ぎではない気がします。
それでも結婚すると金持ちになれるは本当かも知れませんね。
それから男女とも健康でいられます。一人暮らしだと、
どうしても食生活に手を抜いてしまうのではないでしょうか。



私の友人にバツ2、子供4人、彼氏ありの40代の女性がいます。今の彼氏からも結婚をしたいと迫られているようです。
もとろん、彼氏以外からの男性にも多数言い寄られています。(羨ましい!笑)
彼女は天性の男性を惹き付ける魅力が備わっていますが、それ以上にとしての女性としての魅力も磨き続けています。
本人は結婚願望は薄いですが、男たちの方が彼女から離れられなくなるのです。
料理の腕もプロ並みで、付き合った男性の胃袋を虜にします。
また床上手で男性を悦ばせる技も磨いていると聞きます。
恐らく彼女は生涯何度離婚しても、結婚相手に困ることはなさそうです。
彼女から学ぶことは、男性を知りつくし巧みにツボを押さえて、自分をうまくコントロールして相手に合わせる技術を自然にできるということ。
私のように我が強いだけでは男性とはうまくいかない。
逆に依存心が強いだけでもダメ。
男性が結婚を決めるのは経済力もタイミングも確かにありますが、この女と生涯離したくない!と思う女性と巡りあったら即決するのだと思います。

No title

よしみんさんへ。
結婚に関しては厳しい時代ですね。
でも、私は厳しいけどなんとかなると思っていますよ。
厳しい時代を深くネガティブに考えるより。仕方がない、しょうがない、厳しいから何とかしようというというエネルギーさえ沸いてくれば、何とかなるものです。何とかなるは根拠のない自信でいいのです。根拠のない自信が奇跡を生みますから。それをお客さんに伝えたいと思っています。人生はいつ何時でもやり直せますから。




管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

neko さんへ。
節約の時代ですかね。
私も結婚当初は月1万円の小遣いでした。そのとき貰っていた給料は10万円くらいなので、だいたい1割。独身のときの方がお小遣いはいっぱいありましたが、でも虚しかった。人は虚しいから寂しいから結婚するのでしょう。当時は虚しい歌謡曲も多く、男と女が愛し合う、結婚することによって寂しさが消えるような歌が多かったと思います(笑)私も「神田川」のメロディーに乗って同棲して結婚しましたから。

No title

さやさんへ。
そう、今の女性は経済力があるので好きな人と結婚するべきです。
好きな人と結婚する?それがまた難しい。
好きな人は振り向いてくれないから。
だから、いろいろな能力を身につけなければなりません。
経済力の次は色気と精神力ですかね。色気で男を惑わし、精神力でゲットする。
まるでミステリーハンターです(笑)

No title

名無しさんへ。
独身男はみんな、結婚したら成功しないとでも思っている風ですね。逆なのにな、とこれを見せて言ってやりたい。特に元彼に。 独身男の考えはまったく逆です。それに気づかないと損ですね。自ら損する人生を歩んでいるのでしょう。「力とはそれに見合った分量しか発揮できないそれにいつ気づくかですね。もし元彼に気づかせたいのなら、友達から入るべきです。男性という生き物は、友達・彼女・妻に境目はありません。みんな同じ女性です。その境目のない中で、自分にぴったり合った女性を探します。独身男はとくにそうです。彼女という枠に拘らなければ、男という生き物はいつでも友達を大歓迎します。まずは友達の枠に収まり、それから作戦を決行することです。友達という余裕のある人間関係によって、彼の意識を変えることができるでしょう。

No title

Sさんへ。
そうですね。
今の時代は共稼ぎは仕方ないと思います。
恋愛パートナーというより、ビジネスパートーなのかもしれません。
結婚はビジネスと考えた方がうまくいくのでしょう。
事実結婚は仕事みたいなものですから。

No title

名無しさんへ。
古き良き時代の投稿ありがとうございました。
私も当時を思い出して、うんうんとうなずいていました。

幸せの原則とは、
1,パートナー(家族)がいること。
2,健康であること。
3,お金(安心できる経済力)があること。
ですかね。

No title

あやこ☆ さんへ。
あやこ☆ さんの友人に凄い人がいますね。
この技術を盗んで真似てもいいと思います。
自分がそうなりたかったら真似て勉強する。そうすればそれに近づくことができます。
反対に真似たくないとなれば、あやこ☆ さんはそのままでいいと思います。

No title

いや~今日はお休みでしたので、朝からコメント返しをしていました。
いつもより、時間をかけて丁寧に。
今日は特別です。

タイミング

結婚はタイミングとご縁ですかね。
あまり自分の力で何とか画策とかしないで、流れに任せ、また相手に任せてマイペースで居たら良いかもしれませんね。
結婚した旦那さんは、最初に会った時に結婚するかも、と話してたと後で聞きました。
だから、早かったです。

先生の言われる、経済的なものや心構えは最重要です。女性にも、同じことが言えます。
結婚はもう一つ仕事が増えるようなものです。だから本当に忙しくなりますし、大変です。
ですが、旦那さんが居てくれること、奥さんが居てくれること。そのありがたさを毎日感じることが出来ます。かけがえのないことです。
どれほどありがたく、どれほど毎日が楽しいか。
もう、幸せ掴みましょうよ❣️

貧乏デートのこと。

コメントくださった方、ありがとうございます。

そうですね、
片思いの人は夢のためにお金も時間も費やしているのでなかなか会えない上に会えてもファミレスでご飯食べて、
ふたりともお酒も飲まないのでそのあとまだ一緒にいれるなら公園でおしゃべりする、、

みたいな、、オトナなのにそんなデートですね。

私の片思いなので私からしたら会えるだけでどこもいかなくても公園でいいと思ってるんです。
お金がないからデート出来ないのも、
もしお弁当作って行って会ってくれるならそれくらいやっちゃいそうな勢いなんですよ。

まだお弁当デートはないですが、
美味しいものは差し入れしたりしています。

付き合えたら欲が出て恋人らしいとこに行きたいとか思ったりするのかなぁ、とも思うんですが、、
今は彼のペースで進んで行けたら嬉しいんです。

前兆

すみません、テーマに沿った経験です。
当然ながら、男性側に結婚に意欲があるのが前提として、
親や親しい友人に会わせる
女性側からの未来を意識、結婚を意識した質問に対して、ちゃんと対応し不安にさせない
女性側の親にきちんと挨拶なりに来たいと言い出す

ですかね…
おそらく、普通ここまでをやれる男性なら安心して良いかと思いますが、女性側の友人知人、兄弟姉妹にも会おうとしないなら、結婚はないと思います。
女性側も、大切な友人や家族に会いたがらないような男性で本当に良いか、じっくり考えてみることをおすすめします。

No title

momo torakoさんの幸せになる法則。ありがとうございました。皆さんのためになったと思います。

nekoさんへ。
私もお金のかからない公園デート大好きです。いいですね、貧乏デート。金が無かった学生の頃を思い出します。1円も使わないデート。二人だけのぬくもりのある時間。温かみがあっていいですね。今の人はお金を使い過ぎますから、お金を使わないデートもいいと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する