それはとても難しいと思います。
こうすれば、相手が100%プロポーズしてくれるという保証は私にもありません。100%の答えはありませんが。プロポーズをしてもらう作戦は作ることができると思います。

作戦は?私の長年の経験から生まれたものです。長年この世界に携わり、誰よりも男性心理を知り尽くしている私ならプロポーズへもっていける作戦が作れる、ということです。

人の心理は個人個人違います。それは私自身100も承知しています。この世界で15年、5万人以上の鑑定をこなせば、個人の違いは否応なしでも分かるようになります。ブログでは全体を通して後さわりのない記事を書くことに専念していますが、個人の鑑定はその人にあった方法を見つけることに専念しています。ブログは全体的に、個人は個人にあった方法で鑑定を行っています。個人の鑑定ではブログに書いてあることと正反対の方法を取ることもあります。その人にあった方法ならブログの内容と違ってもそれが正解だからです。

プロポーズへもっていく作戦は、個人個人違います。方法は千差万別、あなたにあった方法を見つけたいのなら私の個人鑑定を受けてください。

さて、このブログでは全体を通した考えを述べていきたいと思います。
相手からプロポーズを引き出す方法。どうすれば相手からプロポーズを引き出せるのか?
まずは焦らないことです。
結婚を焦ってはいけません。
女性が結婚に焦っていると、男性に見透かされてしまいます。見透かされると結婚に焦っている価値の低い女だと思われます。そのために結婚に焦っている態度を男性の前では見せないことです。

続いて、グレーにすること。男性は結婚に対してグレーです。言葉では口説くために「結婚しよう、結婚しよう」と知り合った直後(恋愛の初期)に発しますが、あれは嘘です。好きな女を口説くためなら何でもあり、これが男の心理だからです。熱いときは何でも甘い言葉を言う、この男性の言葉に惑わされないことです。とくに女性は言葉に弱く、言葉を信じるクセがあるので、恋愛初期の男の甘い言葉は信じないことです。落とすためなら女性が喜びそうな言葉を嘘八百並べる、これが頭に血が上った男の心理状態です。嘘八百とはまったくでたらめな言葉を並べ立てることを意味します。この言葉に引っかからないようにしましょう。それに引っかかってすぐに付き合い、半年後には消えてしまった男がどれだけ多いか、私のところでもごまんといます。ですから、知り合った直後はすぐに付き合わないことです。1ヶ月以内で付き合うのは愚かな結果を生むだけです。知り合って一ヶ月で付き合い、3ヶ月後には音信不通となり、半年後には女性が自爆して終わる。この最悪なパターンがいかに多いことか、そろそろこの悪いパターンを修正しましょう。そのために、知り合って1ヶ月以内で付き合わないことです。男性を本気にさせるには、知り合って数ヶ月置くことです。4ヶ月~5ヶ月女性の返事を据え置けば男性は本気になると言われています。その本気は女を一生守る本気です。この心理状態に追い込んでこそ、プロポーズを引き出すことができるのです。男の本心は知り合った直後には表れません。知り合って3ヶ月以上経過して表れるものです。そのために女性は3ヶ月グレーにすることです。その間いかに男を引き寄せるか、それがあなたのテクニックとなります。3ヶ月持たないで相手がいなくなったら、それは偽物の男か、あなたのテクニックが下手だっただけです。

3ヶ月グレーにする意味は、
偽物の男は3ヶ月以内にいなくなります。
いなくなったら、去る者は追わないことです。
男の最初の甘い言葉は全部嘘。あなたはスイッチが入っていないはずです。だから、偽物には心を動かされていないはずです。

あなたに魅力がなければ3ヶ月以内に男は去って行きます。それも相手の好みの問題、あなたのせいではありません。好みは千差万別、自分を好きになってくれる男はこの世にごまんといる、そう考えることです。

これからあなたが本気で結婚を考えるのなら、精神的に心を強くすることです。そのために「心を積極的に」することです。心が積極的であれば、あなたのテクニックはますます磨かれていきます。心が消極的だから、男が魅力を感じなくなり去って行くのです。常に心を積極的に、そうすればいつまでも魅力的なあなたでいられます。




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
付き合うのは「プロポーズ」されてからという意味は、相手を見極めなさいということです。

世の中には中途半端な男性がごまんといます。
私の経験でもそれは立証済みです。
私は、中途半端な男性に振り回されて人生を無駄にしている女性たちをたくさん観てきました。うまくいっていない恋愛に携わるたびに、愛することより見極めことがいかに大切か、そのことが誰よりもよくわかるようになりました。これだけの経験を積めば誰もがその考えに至るのではないかと思います。

人との付き合いは、最初は気持ち(愛)が先行し、後から条件がついてくる。
条件は後から必ずついてくるものだから、最初の段階で条件にかなっているかどうか見るべきです。「最初に相手を見極める」、「瞬時に見極める」、これが現代女性に与えられた課題だと思います。好きになることより、相手を瞬時に見極める。見極めた後に相手を好きになる。自分の見極めが正しければ幸せになり、見極めが間違っていれば不幸になる。あなたの人を見る目が、これからは判断されます。

条件は後から必ずついてくる。
その条件とは前回のブログで上げた条件です。
もう一度確認しましょう。
1,相手が今すぐに(半年以内に)結婚する意志があること。
2,仕事が安定していること。
3,健康であること(心身共に)
4,人格(性格)が良いこと。
5,あなたが好きになれること。
この5つの条件です。
この条件は、賛否両論あると思いますが、私の15年の集大成といってもいいです。この条件をクリアすれば幸せになれる、と私は確信しています。

今日の課題は、好きになることは最後でいいという条件です。
好きになることを最初に待っていってはいけません。好きは最後でいいのです。
好きを最初に持っていくと、中途半端な男を好きになるからいけません。中途半端な男に惚れて告白を急ぎ、中途半端に終わる。こういった類いの恋愛を繰り返すのをもう止めにしませんか?「もう中途半端な恋愛はしない」これがあなたの課題となります。今までのあなたの過去を思い出してください。中途半端に終わった恋愛が多くありませんでしたか?今までの経験を踏まえ、もう中途半端な恋愛はしないことです。「次の恋愛は成就」これを目標にしましょう。そのために次の恋愛はプロポーズをもらってから、付き合うことです。




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
もちろん本物もある、このままスムーズにいく恋愛も世の中にはたくさん存在する。だが、私のところに相談を持ちかけられる恋愛はそのほとんどが偽物。最初は良かったけど、途中から様子が変になり、最後は逃げられて終わってしまう恋愛ばかり。偽物をつかまされる理由は、その多くが焦りすぎ。早く告白されたいと女性の気持ちが高ぶりすぎ。もっと冷静に、もっと客観的に相手の男性を見るべきである。

女性は好きになると、早く告白されたいと願う。
また、最近は女性の方からの告白も多くなった。
それは決して悪いことではないと思う。
欲しいものは早く手入れたいのが人の心理だからだ。
早く手に入れたいという決断を否定しているわけではない。
逆にこの決断は良いとも思っている。
白黒はっきりさせることは何事においても良いことだ。
好きなものは素早く決断して手入れる。それはとても素晴らしいことだと思う。
白黒はっきりさせて決断する。まさに「男の中の男」とても勇気のある行動だ。
男らしい勇気のある「白黒はっきりさせて決断する」行動は、今は男性でなく女性たちの専売特許となりつつある。女性は進化しているが男性は退化していると言っていいだろう。勇気ある行動は男性より女性の方が今は多いからだ。

精神面では女性は進化し、男性は退化している。
女性が大人で男性が子供。男性が依存し女性が面倒を見る、カップルも最近多くなった。男女が180度逆転するのならまだいいと思う。女房が尻に敷く家庭は平和で安泰、それが日本社会の構図ともなっている。

だが、中途半端な人がいる。
精神面では退化しているが、プライドが高く、男の気質や本能を捨てきれない人。つまり責任とる能力がないくせに、オレは男だと威張っている人。見た目は男らしいが中身は反抗期のような子供。180度退化した人はまだ扱いやすいが、中途半端に退化した人は扱いにくい、女性を悩ませ苦しめるだけだ。精神面が中途半端に退化した人は、半分は男の気質をもって、半分は女の気質を持っている。気質はそれぞれの良い部分ではなく悪い部分だけを持っている。パワハラ・モラハラ的な男の悪い気質と、ネガティブ・ヒステリックな女の悪い気質、その両方を兼ね備えている。退化が中途半端、進化が中途半端、おそらく私の鑑定を受ける女性たちはそういった男性たちと付き合っているのではないだろうか?だから、いつもうまくいかない。幸せとはほど遠い恋愛が続く。せっかく告白されて付き合ったが、この恋は本物でない物語。中途半端な人と付き合うと、いつもそうなる。

中途半端な男性が世の中にごまんといる。
告白を急ぐあまり、中途半端な魔の手にひっかからないようにしてください。
そのために、私はこうして記事を書いているのです。

さて、次回は。
「告白はNO、プロポーズはYES作戦」。もっと具体的に掘り下げていきたいと思います。中途半端な男性にひっかからないようにするためには、この作戦が一番いいと思います。

次回、
題して、気をつけなさいよ!中途半端な男に惚れて告白を急ぐのは。





ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
ずっと見ていると、女性とは告白を急ぐ生き物だ。
それに対して男性は、告白を曖昧にする生き物だ。
女性の白黒に対して男性のグレー。
男女の心理は、深掘りすればするほど面白い、男と女の人生の構図が見えてくる。

恋愛を先行したい女性は、好きになったら、早く告白されたいと願う。
優柔不断ではっきりしない男性の告白待ちが続く。
告白はまだなの?まだなの?…と、いてもたってもいられない。
なかなか告白しない彼に苛立ちを覚えながらも、その日が来るのをずっと心待ちにしている。

それに対して男性は、
告白したら(やばい)と感じている。
告白したら責任とらなくてはならない。
それは非常にやばい、人生終りだ。
告白したら自由がなくなる。
自分のペースが守れなくなる。
付き合うべきか?自由をとるべきか?と悩む。
悩んだ結果、やはり自由が大切となる。
自由に勝るものはない。
だが、彼女の女性らしい魅力も捨てがたい。
責任をとる付き合いでなく、なんとか友達以上恋人未満の関係になりたいと考える。

そんな考えの二人がデートする。
告白されてちゃんと付き合いたい女性と、なんとか曖昧にしたい男性。
付き合う前の二人はとても仲がいい。
話は弾み、雰囲気もいい。
端から見ると付き合っている仲のいいカップルに見える。
だが、まだ付き合っていない。
付き合う前のカップルは、爽やかで、上品で、気配りよく、とてもロマンチックだ。
女性は綺麗に見え、男性はかっこよく見える。

会話の弾む楽しいごはん。いつのまにかそこで2時間を過ごし、次の店へと移動する。次の店はおしゃれなバー。バーでお酒を飲み、ほろ酔い気分になったところで終電を逃す。
さあ…終電を逃した。
これから…どうする?
ゴクン…。

付き合う前からお互い好意があった。
男性は本能の欲望に従い、彼女をホテルへ誘う。
そして、彼女は?
日本中の女性たちがこの場面でいう言葉を発する。
「付き合っていない人とはそういうところへ行きません。」
あるいは、「付き合っていない人とホテルに行くことはできません。」
この場面ではほとんどの女性が断る。
付き合っていない人とは、そういうこと(▲S●E★X)はできませんと。

本能の抑えが効かなくなり、(▲S●E★X)したい男性は、「じゃ、付き合おう」と思ってもいない言葉を言ってしまう。

終電を逃し、なんとなくそういう雰囲気になった男女は、ここでクロージングとなる。
やりたい男性と正式に付き合いたい女性。どちらの要求が通るのか、クロージング。

やりたい男性は「じゃ、付き合おう」と言う。
女性からすれば、念願だった言葉を言ってくれた。
やっと「付き合おう」と言ってくれた。
長い間、心待ちにしていた言葉をもらった女性は、その言葉を信じて一夜を共にする。

こうやって、
男女は付き合うケースが多い。

だが、
そのあとトラブルが発生する。
トラブルの原因は、相手をよく見ないで告白を急いだからだ。
話はまだ続く。




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
目から鱗のテーマ。
「プロポーズされてから付き合う」今までになかった発想、でも、なんとかく理解できます。私にも「ピン」と来るものがあります。次回からそうしょうと決めました。あなたがそのように考えるのなら、あなたは間違いなく結婚できます。目標の達成は意志をはっきりさせることです。特に恋愛は、相手がいることなので自分だけの意志ではどうすることもできません。だから、最初に相手の意志を確認することです。最初は相手のことが好きではなく、はっきりいってどうでもいい相手のはずです。だから、遠慮はいりません、堂々と相手の意志(あ・な・た・は・わ・た・し・と・け・っ・こ・ん・す・す・き・あ・り・ま・す・か・?)と確認することです。それがダメならそれまでの男、今後のあなたの人生になんの影響ありません。これからは結婚する気のない男性と付き合わないと決めることです。

この流れを、いつかブログに書きます。
どんな流れがいいのか?皆さんで考えてください。

思い起こせば、みんな失敗してきました。高校生のときのあの淡い恋愛、大学の時のサークルの仲間や先輩と付き合い、社会人になって同期や上司と付き合ったが、みんな失敗(失恋)した。過去に5人の男性と付き合ってきましたが、みんな見事に失敗した。全部私が振られました。私の恋愛歴は今のところ100%失敗です、1つも成功していません。こんな状態で私は30歳になりました。このままではいけない。なんとかしなければ・・・。という思いは、日本中の多くの女性たちが抱えている問題です。これは今の時代(愛の氷河期時代)の産物かもしれません。

だからこそ、このテーマを持ってきました。
次に付き合う人とは、
「プロポーズされてから付き合うこと。」

恋愛と結婚の順番を逆転させる。
出会う→告白され付き合う→2ヶ月の甘い恋愛→4ヶ月の苦しい恋愛→振られる。
この流れを、
出会う→早い段階の告白は断り3ヶ月様子を見る→プロポーズされてから付き合う。
恋愛が先で結婚が後からでなく、結婚が先で恋愛を後に持って行く。
今までと違う逆転の発想。
あなたがその技術をどう学び、どう自分のものにするかです。



ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
現在フリーで独身のあなたが、次は恋愛でなく結婚相手を選びたいと思うのなら、次の5つ条件を満たした男性を選ぶことです。

1,相手が今すぐに(半年以内に)結婚する意志があること。
2,仕事が安定していること。
3,健康であること(心身共に)
4,人格(性格)が良いこと。
5,あなたが好きになれること。

この5つの条件です。
さあ、あなたが付き合っている男性はこの5つの条件にぴったり納まっているでしょうか?条件に納まっていなければ再度考え直してみることが必要です。また、現在だけでなく過去の恋愛、過去の男性もこの条件に当てはめてみてください。当てはめてみるとこの条件の大切さがさらに分かってくると思います。

現代の恋愛を、この条件に納まっているかどうかみてみる。
過去の恋愛を、この条件に納まっていたかどうかみてみる。
そうすることで、あなたの男性の見極め方はもの凄い早さで能力が高まります。

結婚相手を選ぶ場合、特に大事なのは条件の1番です。
条件の1番が、5つの条件の重要な部分の8割を占めています。
1番は絶対に外せない条件となります。
次に付き合う人とは結婚したいと考えるのなら、1番の条件は絶対に外せないと決めることです。

条件を意識するようになれば、次に付き合う人とはこのように考えるはずです。次に付き合う人とは、「プロポーズ」されてから付き合うと。「告白はNO、プロポーズはYES」という作戦です。恋愛と結婚は違う、恋愛は結婚した後でいい、「結婚が先で恋愛は後」順番をひっくり返す逆転の発想を持つことです。50年も結婚生活があればその中で恋愛は十分にできます。「恋愛とは別れるもの」恋愛の9割は実際に別れています、あなたにも経験あると思います。今度こそは別れない恋愛をしたい。そのために次はプロポーズされてから付き合うことです。

「プロポーズされてから付き合う」5つの条件をクリアするためには、あなた自身が男性の見極め方を学習することです。見極め方はそんなに難しいものではありません。あなたは女性としての優れた女の勘を持っています。女の直感に従えば、男性の見極め方はそんなに難しいものではありません。女の勘は危険を察知する能力です。女の勘に従えば間違いは犯さないはずです。女の勘をいつでも見極めモードにするためには、すぐに好きにならない、すぐに付き合わないことです。付き合えば相手のことを好きになります。相手のことが好きになれば女の勘は鈍ります。勘が鈍れば、条件がクリアしていない男性を好きになり、また結婚が遠のくだけです。結婚できない不幸の連鎖反応をこれ以上続けてもしかたがありません。これからは不幸の連鎖反応を断ち切ることです。そのために、すぐに好きにならない、すぐに付き合わないと決めることです。「付き合うのならプロポーズされてから」これを肝に銘じてください。




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
せっかちと根気、根気とスピード、両方の性格を取り入れる

「今日やるべきことを明日に回さない」というのを心がけているが、なかなかそうはいかない日もある。自分に時間がないときもあれば、相手とタイミングが合わないときもある。そのときは今日やろうと思ったことができない。今日できなければ明日、明日に回せる気持ちの切り替えも必要。明日に回せる考えと勇気、目的を達成するためには、根気よく続けることが必要となる。

せっかちな人は明日に回せない。今、答えが欲しいとなる。私もそう、問題が発生したらせっかちに今日中に答えが欲しいとなる。明日に答えはいらない、今日、たった今、答えが欲しい。それで失敗することもあるが、私の経験では、概ねそれでうまくいっている。問題が発生したら今日中に解決する。なるべく短期間で解決する、長く問題を引きずらない。そのやり方の方が私に合っている。せっかちというよりスピードのある解決策、人間にはそれも必要である。だって次から次へと未来の計画、やるべきことがたくさあるのに、ひとつの問題で長くそこに停滞するわけにはいかない。


いろんなことに根気よく長くやってきたが、日常は今答えが欲しいというせっかちで動いていることが多い。根気とせっかちは相反するが、私は両方取り入れている。今日はせっかちの日もあれば、明日はノンビリする日もある。せっかちとノンビリ、どちらで過ごしても対局はぶれない。対局は「我が人生、まあまあだった」とするのが人生の目標だから。




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
人々が求めるのは安定した平和な暮らし。
平和の中に少しの刺激とトキメキがあればいい。
ときどきロマンもあれば最高だろう。

安定した平和な暮らし。だが、生きている間はその平和な暮らしはままならない。常に不安と心配事の種がつきまとう。安定した仕事が永遠にあるわけではない。安定した人間関係が永遠にあるわけではない。安定した男女の付き合いが永遠にあるわけではない。ちょっとしたミスで、ちょっとした失敗で、ちょっとした気の緩みで、ちょっとしたワガママで、失う恐怖は常につきまとう。

不安なとき人は必死に働く、安定を求めて。
不安なとき人は必死に恋する、幸せを求めて。

だが、手に入ると油断する。

まあまあ食べていけるようになったから、これからはノンビリ生きよう。仕事の手を抜いて、これからは無理せず働こう。1年くらい仕事を辞めて海外旅行でも行こうかな。頑張った自分にご褒美だ。

恋人との恋愛は順調。彼は私のことが大好きで一生私の元を離れない。彼とは将来結婚するつもり。恋愛は十分に安定している。だが、ここへきて彼の欠点がたくさん見えてきた。私は彼の欠点を責める、悪いところを直したいから。(こんなに責め立てて大丈夫なの?)大丈夫、彼は私のことを愛しているから。


こういった油断が、やがて失う恐怖へと変貌する。
安定は日々の努力の積み重ねで得るもの。気を緩めたり、怠けたり、ワガママになったり、楽をしようと思ったりすると、すぐに不安のスポットに入り込んでしまう。小さな不安なら初心に戻って頑張ればすぐに立ち直れるが、長い間油断したり怠けたりすると、通常の努力では報われず手遅れとなる。手遅れになったら今の仕事を辞めて、また1から新しい仕事で必死に働かなければならない。手遅れになったら今の恋人とは別れて、また1から新しい恋人を必死に探さなければならない。失いたくないと必死に頑張ったところで、手遅れは手遅れ、あなたの頑張りは報われることはない。油断と失う恐怖はいつも連動している。

仕事の不安と恐怖。
愛の不安と恐怖。
生きている間、それらは常につきまとう。

だから、不安になりたくないから、恐怖になりたくないから、人は常に努力するようにできている。怠けたツケが後から廻って来るように人の心はできている。これも因果。

不安だから恐怖だから人は努力するようにできている。
楽になるのは死んだ後。
生きている間は、常に不安と恐怖の戦い。
だから、油断は禁物。


「生きている間は、常に不安と恐怖の戦い。」
楽をしたい私は、常にその言葉を自分に言い聞かせている。
そうでないと、怠け者になってしまうからだ。
「生きている間は、常に不安と恐怖の戦い。」なるほど…面白いね。言われてみると確かにそうだ。自分の経験でも、サボっていたら不安になった。楽して生きて行こうと思ったら不安になった。なんでオレばかりこんなに苦労しなくちゃいけないんだと文句やワガママを言ったら不安になった。世の中を否定して愚痴ったら不安になった。つまり自分の頑張りを正当化して楽をしたいと思った途端に不安になる。楽に生きて行こうと思ったら不安になる。生きている間は手を抜けない。どんな職種でも、どんな人間関係でも、楽をしようと油断すると不安になる。しょうがないか、生きている間は常に不安と恐怖はつきまとうものだ。また、これこそ生きている証。生きている間は目いっぱい不安と恐怖と戦おう。そして、不安と恐怖を楽しもう。不安と恐怖はとても生甲斐のある教材だ。乗り越えれば幸せになる教材。生きていて良かったと喜びを与えてくれる教材。そうだ、これ以上の教材はない。だから戦おう、不安と恐怖と。




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
私は理性を失った恋愛をたくさん知っている。
「人を好きになることは怖いことだ。」
たとえば、不倫の恋。
当事者はいけないことをしていると頭ではわかっている。だが、やめられない。恋愛とは不思議な力を持つものだ。学校教育、親の躾、社会の秩序、理性で成り立っているルールを乱すのは犯罪以外では恋愛しかない。犯罪は法で罰せられるが、人を好きになることは法では罰せない。不倫の場合、奥さんから妻の権利、婦権侵害で相手の女性を訴えることができるが、金額としてはわずかなものである。多くて300万円、最終的には50万円から100万円くらいで決着している。その大半が浮気をした夫が支払っている。(金額はあくまで私の鑑定による平均値)人生を狂わす大騒動にしては、金額は低い。夫が不倫さえしなければ、我が家は安泰だった。たった100万円の慰謝料ではこのさき生きていけない。人の人生を根底から狂わす不倫の恋。いけない恋である不倫は年々増加している。毎年、毎年、増えている。芸能人も一般人も。

人の欲望は果てしない。
とくに人を好きになる感情は底なし沼のように果てしない。
だが、その欲望は自分さえ良ければいいという自分中心のもの。
自分さえ幸せになれればいい。
自分さえ豊かになれればいい。
相手が不幸になればなるほど自分が幸せになれる。
そんな自分勝手な欲望からきている。

私は思う。
「愛は与えるもので奪うものではない」と。
人を好きなるのはいい。
それは自由だ。
だが、欲望で奪ってはダメ。
欲望で奪うより祝福してあげること。
好きな相手の幸福を願う。
健康で豊かな人生を歩むようにと祝福してあげること。

この恋は他人のもの、あなたのものではない。
恋のいけないところは自分のものにしようとするところ。
恋とはつまり支配。
支配の恋はいつの時代も苦しみの連続。
支配の恋は怖さが残る。
怖い恋は成就しない。

男たちもいけない。
家庭を持ちながら、独身の女性を口説く。
テンション高く熱っぽく口説く、バカなくらい欲望の固まりで口説く。
最初は抵抗を示した女性も、言い寄られて落ちる。
女は落ちたらお終い、理性がなくなる。
それからだ、想像を絶する苦しみが続くのは。

私は思う。
いけない恋は、どんなに言い寄られても一生断り続けること。
一生断り続けること、そこには一切の妥協はない。
それが不幸にならないルールだと。

ルールを破ったあなた。
今からでも遅くはない。
この恋を自分のものにしないこと。
相手を自分のものにしないこと。
そして、潔く別れる準備をすること。
別れることが、好きなった人への最高の餞別。
そこに本物の愛がある。


私は思う。
叶わない愛こそが最高の愛だと。
相手を支配しない、相手を自分のものにしない愛こそが最高の愛だと思う。




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
今の私にはそれほどの困難はない。
しかし、若い頃は困難だらけだった。
今の若い人が困難にあえいでいるように、私も同じ立場にいた。

困難とは何か?
一言で言うと、考え過ぎによる精神的破壊状態。
若いときは、自分の考えと違う不愉快なことが起きるものだ。恋愛にしろ、仕事にしろ、家庭生活にしろ、人間関係にしろ、不愉快なことばかりが起きるものだ。このブログで話題の彼氏との確執。やれ音信不通になった。やれ彼の気持ちがわからなくなった。やれ彼の愛情が薄くなったと、疑心暗鬼が集うストレスのオンパレード。年齢を重ねれば、そんなのどうってことないのに、若いときはこのどうでもいい小さなことばかりが気になって夜も眠れない。考え過ぎだ。それで精神が崩壊する。これが困難の始まり。困難は勝手に自分で作ったものである。

考え過ぎはいけないの?
考えることは良いことだとだ。だから考えて考えてたっぷり苦しまなさい。人は苦難を乗り越えて成長するものだから、考えることはとても良いことだ。だが、考え過ぎて心が折れないようにしよう。精神を破壊するまで考えてはいけない。精神が崩壊する寸前でその考えをやめること。開き直ることも大切だ。考えて考えて結論が出ない場合は開き直ること。どんなに大切なものでも開き直って諦めること。諦めることは決して悪いことではない。今は実力がなくて手に入らなかっただけ。いずれ実力がつけば手に入るようになる。今は分不相応、実力がつけば分相応になる。考えて悩んでいる最中は脳を鍛えていると思えばいい。君は今考えて考えて苦しみながら成長している。

困難の克服は、そんな生易しいものではない。
つまり、そう簡単に克服できない。
苦しんで苦しんで、自分なりの解決策に辿り着く哲学がないと困難は克服できない。苦しんで苦しんで解決策を見つけた人が困難を克服できている。私もそうだったし、あなたもきっとそうだ。困難の克服方法は人それぞれ。一概にこの方法がいいよ、とはいえない。だが、誰にも通じる有効な方法がある。それは困難を楽しむことだ。困難を愉快だと思うことだ。たっぷり苦しんだあとは笑っちゃえ。よくもまあ次から次へと困難が襲いかかって来るものだと笑っちゃえ。ネガティブなマイナス思考で困難を受け止めるより、笑いながら受け止めたほうがまだまし。その方が解決策は見えてくる。なぜ見えてくるか、余計なマイナス思考がないからだ。マイナス思考は困難の克服を邪魔する。マイナスな思考が、一日の考えの大半を占め、いったい?いつになったら解決思考に転換できるの?解決思考に転換できないまま一日が過ぎてしまう。マイナス思考の堂々巡り、これをやっていたらいつまで経っても解決はできないよ。





ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。