最新の予約の空き状況
下記の時間に空きがあります。

4/8(水)16時30分~17時30分、18時~19時30分

4/10(金)11時~20時

4/11(土)12時~20時

4/12(日)11時~17時

4/14(火)11時~20時

4/15(水)11時~20時

4/17(金)11時~20時

4/18(土)11時~20時

4/19(日)11時~17時

あとは4/21以降に空きがあります。

予約は、営業時間内で受付けます。
【沖川の営業時間】
火・水・金・土(10時45分~20時)
日曜日 (10時45分~17時)
(月・木) 定休日
予約受付電話番号 090-4023-5430 (携帯なら1クリックで電話がかけられます)

ただし、電話鑑定中は予約の電話に出れないことがあります。その場合は電話鑑定が終り次第こちらから折り返しお電話させて頂きます。

川越占い館の道案内はこちら

電話鑑定のお支払いはこちら

電話鑑定用の手相の写真のメールの送り先。
メールアドレスはこちら okikawa0501@yahoo.co.jp


このページが常にトップになるよう2029年の日付にしています。ご了承ください。


川越占い館のコロナウイルス対策として。

スタンド付 飛沫感染対策アクリル(透明)窓あきパーテーションを用意します。
img00012.jpg

対面鑑定において 飛沫感染を防ぐためにご用意します。本日ネットで注文しましたので、届くのに4~5日かかると思います。穴あきなので、ここから手相を見て鑑定することができます。ネットで 飛沫防止用の透明な衝立がないかどうかいろいろ検索したところ、丁度いいのがありました。

イメージとしては銀行の透明ガラスの窓口業務と思って頂ければ想像がつくと思います。

img52.jpg
写真はイメージです。


お客様に少しでも安心して対面鑑定を受けていただくよう川越占い館は万全を期して参ります。







昔から男性は女性を放置していた。
「放置」という言葉に語弊があれば、「構ってあげることができない」という言葉に変更してもいいです。なぜ構ってあげることができないか?それは仕事が忙しくなると男性は仕事のみに追われてしまうからです。

仕事に追われる男性を仕事人間、ワークホリック、仕事中毒、仕事中心、男は仕事が命などという言葉に形容詞される。私のブログでは「男は仕事が命」という形容詞を数多く使っている。命という言葉を使った方がより男性の心理を説明できるからです。

仕事が忙しくなると女性を構って上がられない男性。これはある意味仕方ないと思います。男性の脳は、ひとつのことしかできません。ひとつの仕事で一杯一杯になるからです。頭が仕事で埋まってしまうと、もう他のことはできません。これが男脳の創りだからです。

男脳は女脳ほど創りがよくありません。
女脳はマルチ(多目的、多用途、多機能)ですが、男脳はマルチでなく、どっちかというスペシャル(専門的)な部分が多く、仕事をして恋をして家事をして子育てをする女性のような多機能な能力がないのです。脳力では女性の方が繊細で上だと思います。

ただ、女性も恋をするとひとつに凝り固まってしまいます。男性の仕事が命なら、女性は恋愛が命となる。つまり女性は恋をすると恋愛中心になってしまうのです。恋愛中心になると、女性が本来持っているマルチの才能が発揮されず、苦しむことになります。

男性は仕事に凝り固まり、女性は恋愛に凝り固まり、よくないですよね。もっと視野を広げて、器を大きくするよう心がけたいものです。

さて、なぜ男性は大切な彼女を放置するのか?に戻りましょう。

昔の男性は、
放置は昔からあった。だが、昔はこれほど情報量がなかった。またこれほど便利な世の中でもなかった。今のような情報量もなく便利さもなければ、仕事が落ち着けば男性は彼女のもとへ戻ります。当時は恋愛ほど楽しい時間がなかったからです。甘いロマンスに酔いしれる胸キュンのひとときが、明日への活力を与えた、これが昔の男性ではないでしょうか。

現代の男性は、
情報量が増え便利な世の中になり。多用途・多趣味・多機能な時間が増えた。現代の男性はマルチ的な生活を好むようになった。マルチな生活にどっぷりつかれば、仕事が落ち着いても彼女のもとへ戻らない。情報量の多さからいろいろな誘惑が増え、恋愛よりそっちの方が楽しくなった。現代男性の放置は、先が読めない放置。趣味が増え、遊びが増え、ゲームが増え、SNSが増え、深夜の飲み会が増え、深夜のネットの繋がりが増え、スマホばかり見ている時間が増え、1日の24時間が、便利さと情報量の多さで、時間が足りないくらいになってしまった。これが現代の男性ではないでしょうか。

忙しさは、昔と現代では違ってきています。
昔の男性は放置の先が読めたが、現代の男性は放置の先が読めない。恋する女性にとっては、大変な時代かもしれない。

恋愛に手を抜いているのは、現代の男性の方が多い。
なぜ手を抜くのか?それはやることが多くなってきたからです。便利さとは仕事を増やすものなり。便利になれば、仕事量は減ると思うのは錯覚。便利になればなるほど、人間には進化向上する欲があり、さらに忙しくなるのです。

そう考えれば、発展途上国の農耕民族の方が恋愛においては幸せかもしれない。先進国の男性は忙し過ぎて彼女を放置するばかりです。

今の時代の女性たちは大変だと思います。先の読まない放置が多くなった現代社会。どんな対処法がいいのか?これからいろいろ考えていきたいと思います。



誰しもそう思ったことがあると思います。
皆さんもそう思ったことがあるのではないでしょうか。現在身につけている経験、知識、能力をもとに過去に戻って人生をやり直したいと。思ったことがあるのではないでしょうか。

私自身の人生を振り返ってみても、ある時は道を間違え、ある時はチャンスを逃し、ある時は悪い習慣に染まり、ある時は失敗し、ある時は人に言えない恥ずかしいことをし、ある時は人に迷惑をかけた。穴があったら入りたいと思うことが過去にはたくさんあります。

もう一度あの過去に戻って、今身につけている経験をもとに人生をやり直したい。
それが可能であれば、私の人生は変わっただろう。今よりはるかに豊かになって、すべての成功を手中に収めているはずだ。なんて…夢見ることは誰にでもあると思います。

だが、過去には戻れない。現実の中で「は~っ」とため息をつくしかない。現実は厳しいので、ため息をつきながらでも過去に戻って過去を想像するしかない。

あの頃は良かったという過去もあれば、あの忌々しい過去さえなければ自分はもっと幸せになれたという過去もある。良かった過去、悪かった過去を交互に思いだし、は~っとため息をつきながら、日がな一日を暮らしている人は意外と多い。

そしてこう思う。
これまでなんと多くの時間を無駄にしてきたことか。二度と再びめぐってこないチャンスをなんと多くむざむざ潰してしまったか。多くの時間と多くのチャンスを逃したことに後悔しながらも、人は自己憐憫の世界に居座っている。そして、ここから出ていこうとしない。

なぜ出ていかないか、居心地がいいから出ていかないのか?いや居心地が悪いから出ていかないのである。人は居心地のいいところに長く居座ると思うかもしれないが、意外と居心地の悪いとこに長く居座る習性がある。


なぜか?居心地の悪いところは最初に居心地が良かったからだ。
ふと過去を思い出すとき、人は最初から悪い過去を思い出さない。過去を思い出すときは、疲れた心の逃避行で、甘酸っぱい過去から思い出す。疲れた体や心を癒すように過去の楽しい思い出を思いだそうとする。

しばらくはリラックスでき、甘いロマンに酔いしれて楽しい気分になるが、過去に酔いしれて深入りしているうちに、辛かった過去、悔しかった過去、恨みがつらなった過去が鮮明に出てくる。なぜあのときわたしはあの行動をしたのだろう。なぜあのときわたしはあの発言をしたのだろう、なぜあのときわたしはあの選択をしたのだろう。反省と後悔と非感に明け暮れる辛い時間ばかりが過ぎていく。この時間は居心地の悪い時間だが、人はそれに気づかず、長くこの時間にいる。


そして、翌日後悔する。なんで自分はあの無駄な時間に長くいたのだろう。そして精神が病んでくる。過去のネガティブな思い出に長く浸たっているうちに人は心が病む。

そして、軌道修正する。心の軌道修正で誰かの助けを求める。ここで指名されるのが私(沖川)である。

私のところは過去の失敗で病んだ人たちが鑑定に訪れる。1か月前に彼と別れました。昨日まで仲が良かったのに、喧嘩によって急に彼から連絡が来なくなりました。天職だと思った仕事を突然解雇されました。友達に裏切られ親にも裏切られ、挙句の果てに彼にも浮気で裏切られました。

ご自身の失敗だけでなく、相手の裏切りや相手の非道な行動で心を病む人たち。これが私の仕事の日常である。私の仕事は悩める過去をいかに修正するか、過去にとどまらず、いかに前に進めるかである。

現在身につけている経験をもとにもう一度人生をやり直すことはできない。現在身につけている経験は未来に生かすためにある。過去に戻るより未来に進むことである。昨日より明日のために生きよう。そのために今日がある。今日という日を過去のために生きるのではなく、明日のために生きよう。



「ぶれてはだめ」とよく言われるが、でもそれは無理なこと。私も含め、多くの人はぶれながら生活している。確固たる信念で目標に向かっているのはわずかな人間にしか過ぎない。

1%の人間に「ぶれてはだめ」と言われても、99%の人はそれに従えないし、その意味さえ解らない。何をするべきか?解っている人でも、ぶれずに目標にまっしぐらの人はそうそういないだろう。


だから、ぶれても大丈夫。
多くの人間がぶれているから心強い。
私もそうだし、皆もそうだ。

このままぶれていても大丈夫?
大丈夫、人間はぶれていても軌道修正できる。

どんな軌道修正?
それは生きるという軌道修正。
ぶれていても生きているじゃないか。
人間は本来強い。
ぶれてへこたれて、また軌道修正する。
何度も何度もこれを繰り返す。
繰り返すうちに、ぶれもおさまる。
繰り返すうちに強くなる。

あなたは天才でもない。
私も天才ではない。

ぶれずに目標にまっしぐらに進むことはできない。ぶれながらも軌道修正をして、やっとほんの少し目標に進むことができる。いいのよ、ぶれても。ぶれがあるから形のあるものが見えてくる。何が見えるか?それは一途の希望の光だ。

希望の光が何なのか?それは人によって違う。私には私の光があり、あなたにはあなたの光がある。この光が、ぶれまくった人がたどり着く道だ。道が見えればそれでいいのだよ。


人生は選択によって決まる。
日常、人は選択によって生きている。朝起きてからの10分間は、トイレが先か、歯を磨いて洗面するのが先か、スマホのLINEチェックが先か、シャワーを浴びるのが先か、選択は起きたばかりの朝の初動から始まる。このいように人は一日何をやるか?常に人は選択の中で生きている。


精神的な行動。
選択には、今日は何をするかの活動する選択があれば、今日は何を考えるかの精神的な選択がある。朝から晩までどんな選択で活動するか、朝から晩までどんな考えで過ごすか、活動と精神が一体となって、精神的な行動の中で人は生きている。人が何を思って行動するか?精神的な行動は誰にも解らない。世界中のコンピューターを集めても解らない、科学者、医者、心理カウンセラー、占い師にも解らない、誰にも解らないのが人の精神的な行動である。解るのは本人だけである。


人生は選択である。
この言葉の意味は壮大な目標とかではなく、日頃の小さなことの連続である。24時間どのように過ごすか?朝昼晩の時間をどのように過ごすか、何を選択するか、それによってあなたの人生が決まるという戒めである。


選択には正しい選択と悪い選択がある。
何が正しい選択か?何が悪い選択か?それは本人だけが分かっている。改めてここで申し上げることもないが、正しい選択は、本人の自覚と自制心によって決まる。

正しい選択は本人の自覚と自制心で決まる。だが、自制心を持っていない人が多すぎる。ほとんどの人が自制心を欠如しているといっていいだろう。なぜ自制心が欠如するのか?人間には人間の大敵である欲求不満があるからである。

子供から大人まである欲求不満。これをどうコントロールして自制心を保つか、これができるか!できないか!によってその人の人生の明暗が分かれる。


自制心が欠如した恋愛はたくさんある。
彼のことを信じようと今日決めたのに、明日になれば疑っているというような恋愛。散々思考をこらして信じると決めた。沖川の鑑定を受け、あらゆる方向から検証して彼を信じようと決めた。彼との問題は山ほどあるが、わたしが彼を信じないと問題解決には至らないと決めた。彼との将来をよくするために何週間もかかってやっと彼を信じようと決めた。なのに・・・明日になれば心変わりがして彼を疑っている。


なぜ疑うことになったのか?それは友達と相談して、友達の影響を受けて疑うことになった。あるいはある知人に相談して疑うことになった。ネガティブな人はネガティブな人の影響を受けやすい。ここまでくれば、何を信じるかではなく何を選択するかである。


正しい人の意見を聞くのは正しい選択。間違った人の意見を聞くのは悪い選択。信じるときは何を選択するか?これが重要である。

彼を信じると決めた。これは正しい選択である。正しい選択をしたのなら、精神的な行動は正しくなるばかりである。

彼を疑うと決めた。これは悪い選択である。悪い選択をしたのなら、精神的な行動は悪くなるばかりである。

正しい選択なら彼と続けなさい。
悪い選択なら彼と別れなさい。
どちらも選択である。

人生は何を信じるかではなく、何を選択するかである。



川越占い館の事務所は川越駅前にある。
駅から徒歩Ⅰ分。3階の窓から駅に向かう人や駅から出てくる人の流れがよく見える。コロナウイルスによる緊急事態宣言の直前か、人通りはいつもよりうんと少ない。皆さん緊急事態宣言に向けて自粛しているのだろう。

今日は1名様の対面鑑定があったので出勤している。マスクをして手洗いをして鑑定は終わった。あとは、のんびりと待機している。待機の間は本を読んだり、ブログを書いたり、次の構想を練ったりしながら待機している。

待ち方を覚える。
どんな待ち方がいいか?いま自分自身で実践をしているところである。次の構想に向けて今は勉強するのがいいだろうと思って、構想を練る時間を多くしている。不安のことを考えるより、未来の構想を練る方が断然楽しいからだ。

では、構想に向けた計画は、準備などしているの?まだこれだという構想は決まっていない。目標も計画もない。ただ自粛ムードでネガティブになるより、未来の希望に向けた準備などで時間を有効に使いたいだけ。

顰蹙を買うかも知れないが、コロナの影響で時間が出来た。この時間は自分が望んで作ったものではない。コロナの悪影響によって強制的に作りだされたもの。せっかく時間が出来たのだから、どうやって有効に使おうか、それを思案している。

お陰さまで、構想に向けて考える時間が増えた。本を読む時間も増えたし、体を鍛える時間も増えた。精神面を鍛える時間も増えたし、休養をとって体を休める時間も増えた。有効な時間が増えたと、今はそのように考えている。

忙し過ぎると心も体も頭も錆びる。今までそうだった、だからリフレッシュさせる。
錆びた心と錆びた体と錆びた頭に休養を与えてリフレッシュさせるのは良いことだ。今日は2時間ばかり本を読んだ。この感触は久しぶりだ。錆びた頭から錆が取れ、なんか頭が新鮮になった気がする。怠けてバカになっていた頭が本を読んだことで、利口になった気がする。いくつになっても頭を訓練することは良いことだ。年老いて頑固者になるより、柔軟で視野が広がっていい。

いや~久しぶりだな・・・この感触。
さらにさらに勉強しよう。
そう思うと、なんだか楽しくなってきた。
空いている時間を有効に使うことが面白くなってきた。

久しぶりの感触?
思えば、いつもこの感触は危機のときに訪れている。

18年前にリストラされ、人生の危機に直面したとき。あの頃の最悪な状況と一緒だ。
あのとき必死に勉強したんんだよな…自分の人生を変えたくて。それと同じだ。同じだと分かれば、やり方は分かっている。やり方は起きていることをネガティブに考えるのではなく、将来はよくなると考えて必死に勉強することだ。耐えて勉強すること、そうすれば危機はチャンスに変わる。

私は自らの経験でこの危機の乗り越え方を知っている。
経験はこういうときに役に立つ。
危機を恐れることはない。

これを皆さんに伝えよう。
明るい希望の光は必ず来る。
だから危機を乗り越えよう。




いままで恋愛日記では男性の悪いところばかりを書いてきました。
悪いところを書いてきた?うむ・・・それは誤解です。悪いところを書いたのではありません。女性が男性と付き合う場合の注意点を書いてきたのです。また女性には理解しがたい男脳を分かりやすく翻訳してきたのです。

私の男脳の翻訳を、疑いや警戒心の材料にしないでください。
また、男脳を知ってがっかりしないでください。下手な警戒心やがっかり感はいりません。また変に疑う必要もありません。男って意外と人がいいのです。だから、男を信用しましょう。

男って人がいい。
はっきりいって、女性より男性の方が人はいい。平均点で割り出すとそうなります。女性の皆さんはこの答えに激怒するかもしれませんが、これは私個人の意見であることをお許しください。あくまでも沖川個人の感想です。

皆さんは付き合っている彼氏(男性)に散々振り回されて辛い思いをしていると思いますが、考え方を変えれば、辛い思いとはさようなら出来ます。

男は人がいいので信用できる、という考え方に変えることです。
考え方を変えれば、あなたの男性に対する誤解が取れます。誤解が取れれば、辛い思いもなくなり、辛い思いとは卒業できます。
たぶんこれが出来ている女性は少ないと思います。

付き合い当初は出来ていたが、2ヶ月後には出来なくなった。これが現状ではないでしょうか。川越占い館の統計では、8割の恋愛が半年以内で終っている。なぜこんなに高い確率で終るのか?それは女性が男性を信用できなくなったからです。

信用できないとなれば、警官心が強くなる。そうなると三日連絡がないだけで、彼は悪い人として扱われます。私に対する思いやりがない、私に対する気持ちがない、と決めつけて終り支度をする女性が多いからです。

ほとんどの女性が自爆行為をしています。
小爆発から大爆発の自爆。それによって多くの男女が別れてきました。なんでそんなことで?とても勿体ない。考え方を変えれば、自爆しないで済んだのに・・・そう思われても仕方ありません。

私は思うのです。女性の自爆はワガママです。
もうちょっと我慢しようか。感情的にならないで我慢しようか。自爆まで追い込んだ男性が悪いということもあるかもしれませんが、もうちょっと我慢しようか。自爆は女性のワガママです。もうちょっと我慢することを覚えましょう。

我慢する代わりに考え方を変えてください。
この男は人がいい、信用できると。
そっちの方に気持ちを変えてください。

あなたと付き合った彼は本当に人がいいのですから。
疑う必要はありません。人がいいからあなたは彼と付き合ったのです。

「はっきりいって、女性より男性の方が人はいい」と私が言ったのは、男女の喧々囂々とした葛藤をたくさん見た私だからこそ言える言葉です。この言葉に嘘はありません。人の良さは、女性よりも男性の方が多いのです。

さて、この人のいい男性に対して。
あなたはどう接しますか?

信じてあげることです。
疑いなく信じましょう。
抵抗なく信じましょう。

100%信じれば、人のいい男はあなたを裏切ることがありません。




緊急事態宣言。
コロナウイルスの感染爆発の危機的状況において、人々は忍耐を強いられる状況となってしまいました。見えない敵ほど恐ろしいものはありません。

緊急事態宣言における川越占い館の対策は、
今週は、対面鑑定の予約が数名入っているので沖川は事務所に出勤します。
窓を開け換気を良くし、空気清浄機を動かし、対面鑑定においてはマスクをして、手相を見る前に手洗いを行う。5人対面鑑定をすると5回手洗いを行う、私だけではなくお客さんにも手洗いをしてもらいます。対策としてはこのくらいのことしかできません。鑑定にお越し頂ける際はマスク着用の上お越しください。

運良く私のところには電話鑑定があるので、わざわざ外出しなくても電話にて私の鑑定を受けることができます。電話鑑定の方が安心できます。コロナの影響が治まるまでは電話鑑定を推奨致します。

私のところは電話鑑定はあるからまだいい方だと思います。大変なのは人が集まることを商売にしている方々。飲食店、旅館・ホテル業、旅行業、ライブやコンサートのイベント業、航空、船舶、鉄道、スポーツ、学校関係、お祭り、その他、人が集まることを商売にしている企業や個人事業主は大変だと思います。

皆様がこの危機を乗り越えることを切に願っています。



努力の味付けは素晴らしい。
努力を忌み嫌う人もいれば、努力をバカにして軽蔑する人もいる。面倒くせーな、かったるくてそんなものやってられないよ!という人に限って誰ひとり成功した人はいない。

「努力をバカにする人は貧困になる」という慣用句を付け加えよう。慣用句とは習慣として長い間広く使われてきた、ひとまとまりの言葉。つまり努力をバカにする悪い習慣が、自身を奈落の底に陥れているのである。

あなたが努力しないから貧困の危機に瀕している、といっていいだろう。

だが、案ずることはない。世の中で成功した人は、貧困からのスタートした人たちが大半だ。恵まれた人が成功した人はわずかしかいない。みな貧困から立ち上がって成功した。そう考えれば貧困は天からの恵みだ。

貧困こそチャンス。
チャンスに変えるには努力がセットとなる。だから、これからは努力をバカにしたり軽蔑したりしてはいけない。努力は日常生活における宝物。下品な堕落の世界にいて、努力をバカにしてヤジを飛ばすより、真摯に努力と向き合うべきである。

成功とは小さな努力の積み重ねである。
努力はひとりひとり違う。
堕落もひとりひとり違う。

あなたが、愚痴や不満、恐怖や不安の世界にいるのなら、これは間違いなく貧困の世界にいる。この世界で聞こえて来る言葉は、今日の不満と明日への恐怖ばかりである。

あなたが不平不満を乗り越えて、不安や恐怖と闘いながら、考えすぎる思考の世界から抜け出して、着実に一歩を踏み出して行動をしているのなら、これは間違いなく努力の世界にいる。あとは努力を継続していけば成功へと向かう。

多くの人が努力の重要性を認識している。だが、長く続かない。またあの堕落するヤジ将軍が努力の足を引っぱる。

こんなことやったって意味がない。自分には無理だ。自分には才能がない。もう疲れた、アホらしいこんな苦痛が伴う努力を続けるなんて、こんなことをするくらいなら、寝ている方が楽だ。テレビを見て、スマホでSNSをやってゲームをしている方が楽だ。楽しみを放棄してまで努力する必要はない。

人は努力することに抵抗を示す天才だ。いいわけもたくさん作る。努力しないことが、サボることが人間らしくていいと思っている。

努力を否定するいいわけはたくさん聞いた。将来に対して不安や恐怖しかないという言葉もたくさん聞いた。そういう人に限って、自分を卑下しながらも助けを求めている。優しい言葉をかけて欲しい、自分を鼓舞する言葉をかけて欲しいと求めている。

私は「これは自己責任だ!」というつもりはない。私も若い頃は皆さんと同じ境遇にいたから気持ちはよく分かる。気持ちが分かるから、堕落している人間をバカにするつもりはない。ただ、いつまでその世界にいる。この世界に長くいないよう、あっち側の世界(努力をする世界)へ導くだけである。

導くために、努力の重要性をどう解くか?どうやって説明するか?常にその思案の真っ只中にいる。少なくとも一般の人より経験が私にはある。この経験を生かして、皆さんのやる気を促す努力を惜しまないことにしている。

「努力とは継続することに意義がある。この意義は忍耐でもたらされる」という言葉を添えて皆さんのやる気を促す。これが私の仕事だと思って。

私は努力をペーソスだと思っている。
ペーソスとは、外界を受容して内面に生まれる心的状態。感情・感動・情熱など。ひらたくいえば、人間性の味である。人間味あふれる情が努力である。

誰にも情がある。
努力を情ととらえれば、努力することを苦痛だと思わなくなる。
努力を情だと思えば、努力そのものが愛おしく思える。
愛おしく思えば、努力そのものが好きなる。
好きになれば、楽しく継続できる。
継続できれば、習慣となる。
習慣となれば、成功する。

貧困から身を起こして成功した人は、努力を好きな習慣にした人たち。
そう考えれば、日常の努力がいつか日の目を見ることになる。きっと。