1月は下記に空きがあります。
1/25(金)16時30分~17時30分、18時~18時30分
1/26(土)12時30分~13時30分、15時~16時
1/27(日)11時~12時、15時~16時
1/29(火)11時~19時
1/30(水)11時~20時

予約は、営業時間内で受付けます。
【沖川の営業時間】
火・水・金・土(10時45分~20時)
日曜日 (10時45分~17時)

予約受付電話番号 090-4023-5430 (携帯なら1クリックで電話がかけられます)

ただし、電話鑑定中は予約の電話に出れないことがあります。その場合は電話鑑定が終り次第こちらから折り返しお電話させて頂きます。

川越占い館の道案内はこちら

電話鑑定のお支払いはこちら


彼からの快い返事は、友達になることはOKだった。
つまり友達になることを了承してくれた。
男の返事は「いいよ」という短絡的な返事が多い。
短文で「いいよ」「わかった」「じゃ友達として」という短いもの。
こういうケースの場合、男の返事は感動的ではない。
返事があまりにも短いので、(ホントにいいの?)と疑ってしまうほど。
もっと長文で、感動的なメッセージを期待したしていたのに期待外れ、これが男の返事である。男は大事な用件ほど口数が少ない。中には黙って沈黙してしまう人もいる。それでも、とにかく友達にはなれた。分割した目標の第一段階はクリアしたことになる。

第二段階の目標は、「付き合っていた頃より仲のいい友達になること」これを目標とする。
だが、そうは簡単にいかない。
それから先がさらに難しくなる。
男と女はいつも佳境の真っ只中にいる。
よほどの信念がないと試練は乗り越えられない。
どんな試練が持っているか?というと、
やる気のない男を相手にする試練が待っている。

彼は友達になることは了承してくれた。
だが、彼の動きは彼女が思うほどの行動はとってくれない。
女性の望みは、友達になったのだから気軽に連絡して、いつでも逢えると考えがち。だが、それは錯覚である。気軽に連絡できない、なかなか逢えないという現状が待っている。男のやる気のない試練があなたの気持ちを阻止するかのように立ちふさがる。

せっかく友達になれたのに、
そこから音信不通。

連絡だけは取れるようになった。
でも、なかなか逢ってくれない。
逢う約束をするとスルーされる。
どうでもいい軽い話は応じてくれるが、こちらが逢いたいと誘うと、急に連絡が途絶えてしまう。
などなどの試練が待っている。

男と女は常に佳境にいる。
なかなか、
思うようにはいかない。

こういったやる気のない態度を示すのは男性だけに限ったことでない。
女性も別れた元彼に対してそういう態度を示すことはある。
どうやら異性とは、別れた相手に対して冷たいものだ。
第二段階の試練は、せっかく友達になれたのに冷たい。
この試練にどう立ち向かうかだ。

試練に立ち向かって乗り越える。
乗り越えるのは信念しかない。
信念がないと、そこから先は進まない。
進まなければ、今あきらめなければならない。
人間とは弱い生き物。
最初の相手のやる気のなさで、すぐにあきらめてしまう。
あきらめれば復縁はできない。
あなたの復縁の目標は、
分割した第二段階の最初であきらめることになる。
それでいいの?

それではダメ。
私は最後まであきらめない。
というのなら、
最初の彼の冷たい仕打ち(試練)を乗り越えなさい。
あなたの信念で。

次回の記事は、試練に立ち向かって乗り越える。

続く。



もし迷惑でなければ、私はあなたと友達になりたいです。
なぜ友達になりたいかというと、それはあなたのことを尊敬しているからです。
私は尊敬している人を失いたくありません。

付き合っていた頃の私はわがままでダメな子でした。
今はそのことをすごく反省しています。
もっとリラックスして付き合えば良かったと今は後悔しています。

後悔と反省を経て、今私が思うことは、恋愛でなく尊敬できる友人としてあなたと付き合いたいということです。学び多き友人として、経験豊富で学識豊かでお互いが成長できる友人として、また楽しみを共有できる素敵な友達として、一度しかない人生を有意義に過ごす友人としてあなたと付き合いたいのです。

ねえ覚えている。
あなたといったあの場所。
江の島の水族館。
鎌倉の八幡宮。
国立競技場で見た日本代表のサッカーの試合。
お台場の海浜公園で見た夜景。
銀座で買い物と築地のお寿司。
二人でいった思い出の場所はたくさんありますね。
どれも私の大切な思い出です。
あのとき私は幸せでした。

この場面の最後、「あのときの私は幸せでした」という結びが、男性の心を動かし感動することになる。宣言文は友達になる理由をまとめて最後に感動する文でまとめること。これが復縁を目指した宣言文である。友人となってしばらく付き合っても、その言葉「あのときの私は幸せでした」が復縁の起爆剤となる可能性は十分にある。

最後に、恋愛のときもたくさんの思い出がありました。
友人になっても、きっと楽しい思い出がたくさん作れるでしょう。
私とあなたは、きっといい友人になれます。それには自信があります。
ですから、迷惑でなければ私と友達になってください。
尊敬できる人を失わせさせないでください。
あなたの快いお返事をお待ちしています。

このやり方がすべてに対してうまくいくという保証はありません。
うまくいくという保証はありませんが、誠心誠意を持って伝えることは大切です。
この例題だけでなく、あなたなりの誠心誠意を考えてください。
そして、それを伝えるのです。
最終的に人は誠意を持って動かす。
これに尽きると思います。



男性という生き物は、論理的で理屈っぽい生き物です。
この理屈っぽい生き物に対しては、最初は理屈から入って後から感動させるやり方が一番いいのです。
女性は感情を中心に感情を先に出す生き物ですが、感情は後でいいのです。
感情とは愛すること、感動させることですから、一番最後に持っていきましょう。

復縁するための分割した目標の第一弾は、彼と友達になることです。
友達になることを宣言するには、彼が納得する理由を考えなければなりません。
どんな理由がいいか?何日もかけて考えることです。
女性は話を得意とする生き物です。じっくり考えれば、彼が納得する理由を見つけることができるでしょう。

それではわからない?
もっと具体的な方法はないの?
そうやって人ばかりに頼っていると自分というものを見失いますよ。
自分が復縁したい彼氏だ。
人生を左右する国家試験だと思って、自分自身で真剣に考えることです。

それでも、なにがしらのヒントはないの?かと言われると、いくら私でも、このブログで5万人分の流れを作ることはできません。鑑定に来ていただければ、彼の性格にあった流れを作れますが、このブログを読んでいる全員の流れは作ることはできません。

どうしてもいうのなら、
一人を抽出して流れを作りましょう。
これは実際の鑑定で役立った流れです。
これを参考に友達になることを再現したいと思います。
この流れと宣言文のお陰で彼女は見事に友達になり復縁できました。
そして最終的に結婚できました。

流れはこんな感じです。

別れた彼に久しぶりに連絡する。

最初は挨拶から入る。
「お久しぶりです、お元気でしたか?」
という簡単な挨拶から入る。

彼から返事が来たら、世間話をする。
近況報告。仕事の話。身近であったこと。
などなど多岐に渡る世間話をする。

少し落ち着いて慣れたところで、自分の意思を伝える。
「あなたと友達になりたい」と伝える。

そのときの彼の反応は???
困惑して…躊躇している……。

躊躇する男の心理は、

友達になれない心理。
別れたのだから別々の道を行くべきだ。
今さら友達になってもしょうがない。
友達になるのは、今は無理かなという重い心理。

友達になってもいいという心理。
まだ彼女のことが好きである。
彼女に未練がある。
恋人に戻るのはNOだけど友達ならいいかなという軽い心理。

重い心理と軽い心理、男性には二つの心理が錯綜する。
彼女に未練があるが、また嫌な感情のトラブルに巻き込まれたくない。
友達になってもいいが、それから先に進むことはない。
許せない過去があったり、楽しかった過去があったり、とにかく男の頭の中は複雑な心境となる。複雑な心境になれば男は黙って???となる。

彼女はもう一度気持ちを伝える。
「私と友達になるのは嫌ですか?」

「いや、そうではないけど」
「なんで今頃、友達になりたいというの?」
「君が僕と寄りを戻したいというのなら僕はNOだけど、それでもいいのなら」
などなどと、男は複雑な気持ちで、応戦する。

ここで宣言文をいう。
最初は理屈から入り後から感動させる言葉をここで述べる。

宣言文は次回へ続く。



友達になることを明言するにはどんな方法がいいか?
方法論を紹介します。

男性によって(男性が持つ性格によって)やり方は違いますが、男性全員に通じるやり方は、最初に結論を出すやりかたです。女性に対しては、最初に結論を出すやり方はあまりお勧めできませんが、「男性の場合は最初に答えを出す」それが一番いい方法なのです。

もちろん、最初からいきなり「友達になって」と強引で節操のないやり方はダメです。久しぶりに連絡が取れた彼との最初の会話は世間話から入ることです。世間話は女性が得意とする会話です。話し好きの女性の能力をフルに活用してください。緊張さえしなければ、徐々に打ち解けた会話が女性にはできるようになります。私は何万人という女性の話を聞いていますが、彼女らは話のプロです。リアルにこと細かく状況を説明することができます。このリアルなこと細い説明は男性には真似ができません。さすが女性、話の天才、話のプロです。

だが、説明が長すぎてうんざりすることがあります。カウンセラーの私なら根気よく話を聞くことができますが、一般の男性には無理だと思います、女性の話は話が長すぎてうんざりするからです。男性と交渉する場合、あまり回りくどい長話はダメです。回りくどい長話は要点が見えず、イライラするからです。女性は話しを聞いて欲しい生き物、これを交渉の場に出してはいけません。

ポイント。
電話なら最初に世間話から入り、10分以内に結論を出すことです。
30分以上長話をしてはいけません。
10分以内にあなたが望んでいることを伝えることです。
「私はあなたと友達になりたい」とズバリ伝えることです。
10分以内に結論を出す。
この10分以内の結論が男性の脳を刺激し、脳が佳境に入るのです。
男性は結論が先で、結論に沿った話し合いを得意とします。
女性は事細かい話し合いを得意としますが、欠点は何をどうしたいのか?結論が見えないところです。最終結論がいつもぶれる。結論が優柔不断となる。それでは男性と交渉することができません。

男性と交渉するには結論が先。
何をどうしたいのか結論を先に言う。
回りくどい話し合いはしない。
結論が先と、覚えてください。

メールやラインなら、3回から5回世間話から入り、7回目以内に結論を出すことです。
「私はあなたと友達になりたい」とズバリ伝えることです。
10回、20回と長話をしてはいけません。
7回目以内にあなたが望んでいることを伝えることです。
あとは電話の流れと一緒です。男性と交渉するには結論が先と覚えてください。

結論、「私はあなたと友達になりたい」
それに沿った話し合いを素早くする。
分割した目標の最初の目的はこれです。
なんとしても、彼と友達になる。
意志があれば、それは可能です。


では、1の試練からみていきましょう。
復縁するための分割した計画。
まずは友達から。
目標は「付き合っていた頃より仲のいい友達を目指す。」
目標はいいが、
これがなかなか難しい。
愛が破局した後に友達になる。
これがとても難しいからです。
よほどの信念がないと友達まで登りつめることはできないでしょう。
でも深く考える必要はありません。
これは計画ですから。
分割した計画ですから。
分割した計画は深く考えることをしてはいけません。
分割した計画の意味は、計画そのものを省略化して、一個一個丁寧に仕上げることをいいます。だから深く考えるより、いま出来ることを最大限努力することです。

友達になるためには、
まず別れた彼に連絡を取ることです。
これがなかなか難しい。
とても勇気のいる作業だからです。
もし連絡が来なかったらどうしょう?
無視されたら、私はショックで立ち直れないわ・・・。
などなど、いろいろな不安がつきまとうものです。
不安になるのは、目標を分割していないからです。
復縁という最終目標だけを捉えて行動するから不安になるのです。
最終目標だけ捉えて行動すると、ネガティブスパイラルによって潰されます。
なぜ潰されるのか?あなたの考えが、あなたの気持ちが、あなたの心が面倒臭くなるからです。復縁するためには分割化した計画が正しい。なのに、あなたは一気に復縁を達成しようとしている。一気に達成しようとしたら相手の抵抗にあってうまくいかない。そして悩む、挫折する、悲しみの病気となる、とてつもない切ない状態が面倒な女心とからみ面倒臭くなる。復縁するのは面倒臭いものです。それを一気にやろうとすると、さらに面倒臭くなるものです。面倒臭くしないためには分割化して1個1個丁寧に仕上げることです。


友達になるためには、
まず別れた彼に連絡をすることです。
あなたは分割化した計画で、勇気を振り絞って別れた彼に連絡をしました。
だが、相手から返信がない。
無視された。
これが最初の試練です。
女性が別れた彼に連絡して無視される。
こんなことは私の鑑定ではしょっちゅう起きています。
何万人と起きています。
あなたの分割した計画に私が参加するとなると、
こんなの、気にしなければいいのです。
ショックを受けることも、落胆することも、悲劇の主人公になることもありません。
無視されたらこう考えればいいのです。
これは想定内だと。
そう、これは想定内なのです。
1回目は無視された、ただそれだけです。
そこで立ち止まってはいけません。
2回目の連絡を次ぎの日に送ってください。
2回目も無視された。
それも想定内です。
3回目の連絡を次の日に送ってください。
そうすると8割の確率で相手から返事が返ってきます。
それも想定内です。私の経験は嘘を言いません。
3回連絡すれば高い確率で返事がある。これが人間の心理なのです。
天才は3回までチャレンジする。
天才の考えに従った分割作戦をやっただけです。
では、残り2割の3回送っても返事の来ない男性に対しては?
今月はこれで辞めにして、来月また同じことをすればいいのです。
天才はあきらめない。

そういった努力の積み重ねをあきらめないで行いえば、別れた彼と連絡はつきます。
だが、それだけではまだ目的は達成されません。
別れた彼女から連絡が来たときの男性の心理は?
どうしたの?
今さら何?
何かあったの?
僕に何の用事?
どういった用件ですか?
未練なら迷惑です。
もう放っといてくれ。
などの不信な気持ちから入り。
彼女の連絡に複雑な気持ちを抱くものです。
もし彼がそういう心境なら、あなたはやる気をなくすでしょう。
そのあとやる気がなくなって、普通は自信を落とすものです。
でも、復縁を目指すあなたはそれにめげてはいけません。
復縁を目指すには、目標を分割して、1個1個の目標を達成することにあります。
その行いは信念を持って行わなければなりません。

別れた彼に久しぶりに連絡を取るということは、彼の不信を打破することにあります。
彼の不信を打破する、それが最初の目標となります。

不信を打破するには、
彼と連絡を取って、友達になることを明言することです。

友達になることを明言するにはどんな方法がいいか?
次回の記事で説明します。
続く。



なぜ試練が続くのか?
それは友達だからです。
友達は彼女ではありません。
いくら男性にくくりがないといっても、現実は彼女でなく友達のままです。

友達のままだと、どんな試練が起きるのか?
1、大切にされない試練。
2、彼がよそ見をする試練。
が起きます。

1も2も女性たちにとっては辛いものです。
辛いですが、この試練を乗り越えてこそ将来の復縁が見えてくるのです。

1と2は女性たちにとって大変な試練。
これが嫌だから(友達になりたくない)と考えるのでしょう。
そう思うのも無理もありません。
1と2の試練はきついですから。
できれば、友達という面倒なことはせず、すぐに復縁したいと思うのが女性の気持ちだと思います。

だが、男性は別れた彼女とすぐに戻る気は起きません。
別れたという男のプライドが、すぐに戻ることを阻止するのです。
別れた彼女とすぐに戻ったらみっともない。
男の沽券に関わる。そんなかっこ悪いことはできない。
となります。

彼と復縁するためには、どうしてもその試練を乗り越えなくてはなりません。
では1の大切にされない試練から見ていきましょう。
1の試練に対する心構えと対処の仕方を順を追って説明したいと思います。

1、大切にされない試練。
一番多いのは適当に扱われることです。
連絡がついたり、つかなかったり。
音信不通にされることもあります。
会いたがらない。約束は守らないこともあります。
次回から1の試練について述べていきます。


復縁という壮大なプロジェクトは長期戦です。
長い間、あなたの心がどう持つかです。

そのために決断力と忍耐力を毎日行使しなくてはいけません。
決断力と忍耐力を毎日行使するためには、常に正しい選択をすることです。
正しい選択は正しい習慣によってできます。だから正しい習慣を身につけましょう。
正しい習慣とは何?それは仲のいい友達のことをいいます。
正しい習慣で1年仲のいい友達を目指しましょう。
これが復縁するための細分化した最初の目標です。
復縁へのシナリオは急いではいけません。
じっくり構えて1個1個目標を達成することです。

女性は恋愛において境界線があります。
つまり、友達と彼女は違うという境界線です。
男性にはあまりその境界線がないのですが、女性にはあります。
ならば、友達と彼女は違うという境界線を持ったまま、仲のいい友達を演じることです。
友達と彼女は違うという境界線を持ったまま彼に接触する。
これが正しい習慣を作るコツとなります。
元カノが友達という境界線を作って自分に接触するわけですから彼もまんざらではありません。なぜまんざらでもないか?彼にプレッシャーがかからないからです。

一度友達になると決めたら、完璧な女友達を目指すことです。
完璧な女友達とは、友達期間中に復縁を迫らないことをいいます。
また完璧な女友達とは、恋愛感情を伝えてプレッシャーを与えない友達のことをいいます。
友達として仲良くなった。女性は仲良くなればすぐに苦しくなって気持ちを伝えるクセがあります。付き合っていた当時のことを思い出し、今は別れて現状が苦しい、苦しいから早く気持ちを伝えて楽になりたいという気持ちは分りますが、その気持ちをそのまま伝えると今までの努力が水の泡となります。復縁するための目標が最初の段階で失敗することになるのです。この場面でも決断力と忍耐力が必要になるのです。そして正しい選択も。決断力と忍耐力を行使しながら常に正しい選択をする。これを習慣とするべきです。まだ作戦の第一段階に入ったに過ぎません。慌てないことです。慌てないで1年間完璧な友達を目指す、これを目標にしてください。

さて、せっかく友達になっても、女性たちの試練は続きます。
次の試練は何か?ますます佳境に入ります。
続く。



復縁の目標は細分化して作戦を立てること。
細分化の作戦としての第一弾。
復縁するためには、まずは友達になること。

友達?
このキーワードに多くの女性が???となるのは仕方ありません。
友達というキーワードも男と女では解釈が違うからです。

では、男と女の解釈の違いをみていきましょう。
別れた相手と友達になる。
女性はどんな気持ちになるのか?
男性はどんな気持ちになるのか?
みていきましょう。

まずは女性に質問します。
友達と彼女は違いますか?
これを女性に質問すると、
多くの女性が「違います」と答えます。

反対に同じ質問を男性にすると、
「同じだ」と答えます。
一部の男性は違うと答えるかもしれませんが、大概の男性は友達も彼女も答えは同じなのです。つまり昔付き合っていた彼女、元カノ、同じ女性なのです。男性は友達だ、彼女だとくくりません。友達も彼女も関係なくあなたはあなたなのです。

女性は男女の関係を枠にはめたがりますが、男性は枠にはめたがりません。
女性は友達→彼女→奥さんと出世したがりますが、男性は愛の出世は望んでいません。出世を望んでいるのは仕事のみです。
女性は友達なんか嫌だ、だったら他人になるといいますが、男性は他人になるのは嫌だ、だったら友達になってといいます。
どういうことかというと、
男性には恋愛に関して枠がないのです。
枠を決めたがるのは女性のみです。


男性には恋愛に枠がない。
それを有効に使うことです。
恋愛に枠を持たない男性心理を有効活用する、これが復縁するための作戦の第一弾です。
つまり友達になることです。

友達なんか嫌だと抵抗を示すより、
OK友達。
友達でいいよ。
と肯定することです。

どうせ男なんか枠はないのだから。
友達でも彼女でも奥さんでも、みんな同じだと解釈すればいいのです。

作戦の第一弾の目標は、
彼と友達になること。

そして、
付き合いっていた頃より仲のいい女友達になることです。
これが第一弾の目標です。



復縁するか前に進むか?
あなたは彼と復縁すると決めました。
優柔不断は人類共通の敵。
だから優柔不断で失敗したくないので迷うことなく決めました。
彼と復縁することを。

決めたのはいいけど、どやって復縁するの?
どうやって復縁するもなにも、あなたは決めたのですから。波瀾万丈の世界へ飛び込むと自ら決めたのですから。ここから先は忍耐しかありません。忍耐強く復縁のシナリオを自分で実行するしかありません。

ようこそ波瀾万丈の世界へ。
長い戦いだ。
大変だと思いますが、忍耐強く頑張ることです。
そして作戦を立てることです。

復縁する作戦は、復縁するための目標です。
目標は細分化して分割しなくてはいけません。
一気にやろうとするから失敗するのです。
多くの女性たちが一気にやろうとして失敗しました。
相手は男性という生き物です。
男性には、女性の感情や、女性の気持ちや、女性の思いは通じません。
男と女では価値観が違うのです。
つまり何を望んでいるのか、何を思っているのか、何を求めているのか、男と女ではものの解釈が違うのです。
解釈違いの行動では復縁ではなく自爆して終わるだけです。
多くの女性たちが自爆して終わったのを私はたくさん観てきました。
なぜ、自ら自滅して終わってしまうのか?
それは白黒と焦るからです。
白黒と焦って多くの女性たちが失敗しました。
復縁に関しては白黒と焦らないことです。
白黒決着つけるならば、復縁でなく新しい人を探すことです。
復縁を諦め前に進む、これが白黒決着です。
復縁とは忍耐力の勝負、急ぐものではありません。
お急ぎなら、復縁を諦め前に進むことです。

あなたは頑固だ。
それでも復縁すると決めました。
よろしい。
そのくらい頑固にならないと復縁はできません。
復縁は根性のいる物語なので、相当頑固ものでないと達成はできないのです。


では、冒頭に戻って。
復縁するために細分化した作戦とは何か?
細分化した作戦は個人個人違います。
もし私が作戦を立てるのならば、個人の聞き取り調査をやって、その人にあった作戦を立てます。復縁するための目標をいくつかに分け、作戦を立てます。

例えばこんな感じです。
1, 仲のいい女友達になる。
2, 自分磨き。
3, 尊敬できる会話と価値のある二人の時間を作る。
4, 復縁するためのクロージング。
となります。

続きは明日。