最新の予約の空き状況
下記の時間に空きがあります。

8/20(火)11時~12時、13時~14時、16時~17時、18時~18時30分

8/21(水)11時~12時、13時~14時、15時~17時30分、19時~19時30分

8/23(金)16時30分~17時30分、18時~20時

8/24(土)12時~20時

8/25(日)16時~16時30分

8/27(火)11時~17時30分

8/28(水)11時~19時30分

8/30(金)11時~20時

8/31(土)11時~20時

後は9月に空きがあります。

予約は、営業時間内で受付けます。
【沖川の営業時間】
火・水・金・土(10時45分~20時)
日曜日 (10時45分~17時)

予約受付電話番号 090-4023-5430 (携帯なら1クリックで電話がかけられます)

ただし、電話鑑定中は予約の電話に出れないことがあります。その場合は電話鑑定が終り次第こちらから折り返しお電話させて頂きます。

川越占い館の道案内はこちら

電話鑑定のお支払いはこちら

電話鑑定用の手相の写真のメールの送り先。
メールアドレスはこちら okikawa0501@yahoo.co.jp


このページが常にトップになるよう2029年の日付にしています。ご了承ください。


タイミングって大事ですよね。
幸も不幸も、すべてタイミングで決まる。
タイミングを味方につけた人が成功して幸せになり、タイミングを味方につけなかつた人が失敗して不幸になっている。

タイミングを味方につけるってどういうこと?
それは、
タイミングの重要性を知っている人がタイミングを味方につけ、知らない人はタイミングを味方につけられないということです。つまり、知らないと損をする。タイミングが人生でいかに重要か、知らない人は損をすることになるということです。タイミングの重要性を知っている人だけが得をして、知らない人が損をしている。これが世の常識です。

タイミングを知らない人は自爆ばかりを繰り返します。
このタイミングで勝負してはいけないのに、無理に白黒勝負に出て自爆となった。
ドカ~ンと自爆・・・ああ~やっちゃった・・・タイミング悪い。
あなたも彼にイライラして怒りを持って自爆したことがあるでしょう。
感情的になって、言ってはいけないことを言ったことがあるでしょう。
それで何人の男性たちと別れましたか?
このタイミングの悪さがあなたを不幸におとしめいているのです。
タイミングの重要性を知らなかったのですね。
こういった不幸を繰り返さないためにも、「タイミングとはいかに重要か、再認識することです」
そのために、タイミングの重要性をしっかり学ぶことです。
人生はタイミングで決まるのですから。


人生のすべてはタイミングで決まる。
本当にそうだと思います。世の中にはトントン拍子に上手くいく人がいれば、何をやっても上手くいかない人がいます。前者は運の良い人、後者は運の悪い人になります。では、なぜ運の良い人と悪い人がいるのでしょうか?この道17年、6万人以上の鑑定をこなしてきた私の経験から言わせていただきますと、運の悪い人は「タイミングが悪い」という結論になります。

タイミングの悪い人は、何をやっても良い結果になりません。
本人は一生懸命努力をしているのですが、努力の割に報われることがありません。なぜ報われないか?それはタイミングが悪いからです。タイミングが悪くて運が悪くなる。この問題は、本人がタイミングの悪さを改めて認識し、生きていくためにはタイミングがとても大切だということを強く認識しない限り改善できないと思います。

運の良い人はタイミングの良い習慣を持っています。
あなたもタイミングの良い習慣を身につけて運の良い人になってください。そのために、今日から認識することです。「人生のすべてはタイミングで決まる」と強く認識することです。日常生活のことあるごとに、「タイミング、タイミング、タイミングがとても大切、何をさておいてもタイミンを一番の優先事項にする」という考えを持つことです。そうすれば、タイミングを優先させる前向きな生活習慣が身につきます。タイミングは考え方ひとつで身につくものです。私には無理、私にはできない、と弱気にならないで、今日からタイミングを一番の優先事項にする人間に生まれ変わってください。そのためには認識することです。心深く、常にこの言葉を唱えて下さい、「人生のすべてはタイミングで決まる」と。

反対に運の悪い人はタイミングの悪い習慣を持っています。
タイミングが悪い最大の原因は考え過ぎによるものです。人は考える生き物ですが、考え過ぎはいけません。過ぎたる考えは身を滅ぼすだけです。多くの人が考え過ぎによってタイミングを悪くしています。なぜ考え過ぎるとタイミングが悪くなるのでしょうか?それはなにも決められないからです。考えるだけ考えてなにも決断しない、これがタイミングを悪くする人の最大の特徴です。なにも決められないタイミングの悪い習慣を持っている人は運が悪くなるのはしごく当然のことなのです。決められない私、あなたに身に覚えありませんか?

タイミングの良い人は決められる人です。

人間だから深く考えることはありますが、考えを放置することなく最後には結論を出します。たとえその結論が間違っていたとしても、出した結論に後悔などしません。後悔しないから躊躇もしないのです。「失敗は成功の母」「失敗を恐れるより、なにも決められない自分を恥じる」これがタイミングの良い人のモットーだからです。

タイミングの良い人は、決めたことを最後までやり抜く覚悟を持っています。
決めたことは相手の考えと合わないこともあります。批判され、反対されることもあるでしょう。でも自分が決めたのです。自分が決めたことは誰に反対されても最後までやり抜く覚悟が必要なのです。その覚悟が目的を達成させ、運とタイミングを引き寄せる力となります。どんな小さなことでも構いません。一度立てた目標を最後までやり遂げることをしてください。最後までやり遂げる過程を覚えることで、タイミングの良い人間になれます。


あなたが洋服を選ぶとき、1件の店で選びますか?
選ばないですよね。
もしあなたが運命の洋服を選ぶとしたら、何十件、何百件と見て回るはずです。
なのに、男性だけは1件の店。目の前にいるこの人だけを選んでいます。
なぜ洋服を選ぶように、いろいろな人を見て回らないのですか?
そんなことはないわ。
この人を選ぶときも、何年もかかってたくさんの人を見た。
わたしはなかなか人を好きになれず、やっと・・・久しぶりに・・・何年かぶりに・・・胸ときめくこの人に出会い好きになった。
だから、この人が運命の人よ。
なるほどね、それは運命の人だ。
では、なぜ悩む。
運命の人なら悩まないはず。
悩むこと自体が運命の人に失礼ではないか。
運命の人ならどんな苦労も乗り越えられるはず、これが運命の人ではないか?
女って悩むものよ。
あとから悩むものよ。
あとから悩むのは条件が悪くなったからではないですか?
トキメキやロマンが終わって条件が悪くなった。
彼の優しさと親切心がなくなって条件が悪くなった。
最初はラブロマン、あとから条件。条件が悪くなれば女は悩むものです。彼の人間性を疑い悩むものです。
なぜなら、最初の彼と今の彼では人間性が180度違うからです。
男には有言実行タイプと有言不実行タイプがいます。
後から悩むのは有言不実行タイプです。有言不実行は嘘つきだからです。
嘘つきに騙されたから悩むのです。
最初は「君のことが好きだ僕と結婚しよう」・・・そのあとに逃げている。ほらほら嘘つきでしょ。
女は言葉で生きているので、言葉に騙されやすい。
そこを気をつけなければいけないのに、未だに彼が過去に発したラブロマンスの言葉を信じている。
実態は逃げているのに。
男とは言葉ではなく行動を見るべきなのに、まだあのときの言葉を信じている。
だから、悩みの種が尽きないのです。
男選びは有言実行タイプを選ぶべきです。有言不実行タイプを選んではいけません。


時間と数字は嘘をつかない
多くの女性たちへ。今まで恋愛中心で生きてきたあなた、これからは時間と数字で生きていきましょう。「愛は嘘をつきますが、時間と数字は嘘をつきません。」そろそろこういう考えを持つことが、あなたに必要なのではないでしょうか。時間とはタイムリミット、数字とは条件です。時間と数字は嘘をつきません。

もし私が女性なら。男性の選び方は電卓を持って選びます。
パチパチとそろばんを弾くように電卓をたたきながら相手の条件を審査します。この人の生涯年収はいくらか?体力・健康面の数値は?気力・忍耐・根性の数値は?人格や性格の数値は?家庭環境や親子関係の数値は?人間関係と社会面の常識の数値は?身長は?体重は?私なりの条件表に従ってパチパチと弾きます。数字とは面白いもので、まさにマジックです。その数字の組み合わせで達成可能な夢がどんどん膨らんでくるからです。数字による計算は、とても細かいけど、とても大切な人生のシナリオです。数字にパーフエクトはありえないので、後は妥協しながら、限られた時間内で、自分にふさわしい数字に落としこむだけです。

自分にあった条件で選ぶ。
これは誰でもやっていることです。就職活動での会社選び、家を買うとき、車を買うとき、電化製品を買うとき、洋服を買うとき、その他、手に入れたいものは、自分にあった条件で選んでいるはずです。

なのに…恋愛パートナーは条件の悪い人を選んでいる。
一生を左右するかもしれない愛のパートナーを安易に選び、ふたを開けたら最悪の条件だったという人を選んでいる。「悲しい恋の物語の多くは条件の悪い人を選んでいる」といっても過言ではありません。なぜ人は、恋愛関係において条件の悪い人を選ぶのでしょう?

それは「愛」だからです。愛には無限の可能性があると信じているからです。
だから、条件が悪くても愛を選んでしまうのでしょう。私はよく、「洋服を買うような条件で男性を選びなさい」と言っています。だが、皆さんは私の忠告は聞かず、条件が悪く結婚する気もない男性を選びタイムリミットが過ぎてしまっている。愛は無限ですが時間と数字は有限なのです。そして、愛は嘘をつきますが時間と数字は嘘をつきません。そのことに気づかなかった人が人生を回り道させ、損をしているのです。

私は、数字は愛より深いと思っています。
世の中は数字でできているからです。この地球上も、そして広大な宇宙も、数字でできているのです。数字に比べると人間が作りだした愛などちっぽけなものだと思っています。愛は無限ですが、時間と数字は有限なのです。人間の一生も限られた時間しかありません。この時間内に無限の愛を有限にすることが人間の力となります。そのためには時間と数字を味方にしなければなりません。時間を大切にコントロールして、数字のシナリオを自分のものにする、それであなたの幸せの価値が決まります。やり方は、あなたが洋服を買うのと同じです。


私が、彼をいつでも手放してもいいというスタンスを貫いているので、彼に対して塩対応(笑)
私は彼を追いかけませんが、彼は私のもとに来てくれます。
「あきらめよう・・・そうすればうまくいく」
相手と自身の幸せのためにも、精神安定的にも「あきらめる」ことはいいこと。
女性が男性を追いかけることをあきらめる。そうすると男性が追いかけてくる。
男性の愛の本能は、逃げる女性を追いかけ、女性が追いかければ逃げる。
本当に好きなら逃げる女性を追いかける。さらに追いかけてきた男性に塩対応すれば、もっと本気になる。

追いかけて来ないということは相手があなたのことを本気で好きではない。
自分のことを本気で愛していない相手にいつまでも悩んで引きずってはならない。
それこそ時間の無駄だ。時間は愛やお金より大切だ。失った愛とお金は戻ってくるが、失った時間は戻って来ない。人生で一番大事な時間を無駄にしてはならない。そういうときこそ、「あきらめよう・・・そうすればうまくいく」

相手が本気で好きでないなら「あきらめよう・・・そうすればうまくいく」。
あきらめることで、人生があなたが思うようになる。思うようにならないのはあきらめていないからだ。未練と執着で引きずっているから思うようにならない。「あきらめよう・・・そうすればうまくいく」は高い代償を払うこと。高い代償とはあなたが好きな彼のことをいう。人生で一番高い心の買い物である好きな彼のことをあきらめる。これが高い代償を払うことを意味する。涙をのんで彼を手放そう。終わりにしないから、いつまで経っても後悔が残り、今後の人生が思い通りにいかないのである。自分のことを本気で好きでない相手にいつまでも執着したら、あなたは人生で一番大切な時間を失う。時間は二度と戻って来ない。時間をもっと大切にしよう。そのためにタイムリミットがある。

あきらめてもトラウマにはならないこと。
あきらめることが悪いと思うからトラウマになる。わたしはあのときあきらめた・・・。なんて自分はダメな人間だ。この意気地なし、根性なしと自己憐憫に陥ってはならない。人生はあきらめることの連続だ。さようならだけが人生だ。あきらめてさようならする。それが100人であろうとも、トラウマになってはならない。それはトラウマではなく経験だ。あなたは経験を積んでいる。より豊かな人生を送るために。


恋は報われなくてもいい。一人の女、一人の男を一途に一生思い続けるのも素敵な事だと思います。
私もそう思います。
恋は生き甲斐。
結ばれたら生き甲斐がなくなる。
結ばれないから生き甲斐となる。
一生結ばれなければ、一生生き甲斐が保てる。
だから恋は報われるのでなく、報われることを望むのではなく、そっと大事に遠くから見守ること。

恋は生き甲斐だ。下手な欲望で汚してはならない。
いつか・・・という淡い期待は寄せてもいい。いつかという淡い期待が生き甲斐になるから。
だが、それ以上のことを望んではいけない。それ以上のことを望むと生き甲斐でなくなる。
恋は淡い期待のままの生き甲斐でいい。
人間が持っている欲望を出せば、それは生き甲斐でなくなる。
恋を汚れのない神聖な神に祀ること。
そうすると恋は生き甲斐となる。

報われることを望まない。結ばれることを望まない。
こんな恋ってあるか!
若い人にはなかなか理解できないかもしれません。
でも、ある年齢に達すると、こういう恋も素敵だと思うようになります。
一途な恋を一生貫くのは生き甲斐ですから。


先生の記事は、やはり若い子に向けての記事であり、年齢を重ねた女性に対しては「彼にしがみついて困ったものだ、自分で答えを見つけなさい」と思っているのでしょうか…年齢を重ねた女性ほど相談場所も無くなり若い子より悩んでしまいます。

まず私の記事は若い子向けだけではありません。全年齢に適用した記事を書いているつもりです。鑑定に訪れる人も若い子というより年齢を重ねた人たちです。10代が1%、20代が20%、30代が25%、40代が30%、50代が20%、60代以上が4%ってとこです。こちらに鑑定に訪れる平均年齢は40歳を超えています。

私の記事は造詣が深く哲学的なので、若い人にはなかなか理解できないかもしれません。ある程度の人生経験がないと理解できないと思います。ですから若い人向けというより、年齢を重ねた人向けといった方が正しいのです。

もちろん若い人も見ています。「若いときから私のブログを読んで勉強すれば人生は失敗しない」これが私のブログだからです。「準備が万全なら、後悔のない人生が送れる」「若い内から私のブログを読めば幸せな人生が送れるのは間違いない」それをモットーに、それを目指して私は毎日記事を配信しているのです。実際私のブログを何年も読んで成功している人たちはたくさんいます。多くの人が理想とする結婚ができて幸せになっています。また、結婚後もこのブログは有効。不幸な結婚生活を送らないための知識も豊富に織り込まれているからです。

年齢を重ねた女性が「彼にしがみついて困ったものだ、自分で答えを見つけなさい」と思っているのでしょうか…
一般の人ならそう思うでしょう。
下手な占い師もそう感じているでしょう。
あなたの友人もきっとそう感じていると思います。
「いい歳こいて、なにやっているの?」と。

でも、私は違います。
いい歳だからそうなることを私は誰よりも知っています。
女はいつまで経っても乙女だから。
歳は関係ない。それを、日本で一番理解しているのが私だ。
沖川だ!と自負しているからです。

だから私の相談は40歳の乙女、50歳の乙女、60歳の乙女、70歳の乙女。相手は思春期の18歳の乙女だと思って話を聞くようにします。18歳の少女でも50歳のおばさんでも、女は恋をすれば乙女。これを100も承知で鑑定を行っているのです。ですから私のファンは年々おばさんばかりが増えています(笑)。おばさん大歓迎です。私もシニアですから、ぜんぜんOKです。お互いが乙女や少年になり、この恋煩いという厄介な敵を退治しましょう。

でも、さすがにいい歳こいて、いつまでも悩んでいるわけにはいきません。
歳を取ると情が深くなります。
若い子より情が深くなるのは仕方がありません。
「若い子はエネルギーが豊富で、元気で体力があってチャレンジ精神が豊富ですぐに次へいけるが、歳を取るとなかなか若い子のようにはいかない」とあなたが思っているのなら、それはとんだお門違いです。また「若い子はたくさん相談するところがあって悩が解消されやすい」と思ったらとんだ勘違いです。若い子ほど次に行けず、悩みも解消されていません。経験浅い同年代の子に相談して傷き、次に行くこともできず悩んでいるのが現状なのです。その点ある程度の年齢を重ねた女性は違います。経験が物を言う。歳を取ると情が深くなりますが、経験が物を言う。情の深さと経験の深さをミックスすれば問題は解決します。私もそれで問題が解決しています。あなたにもそれができるでしょう。そのために歳を重ねてきたのですから。歳を取るということは解決能力が高まってくるということです。この豊かな経験を大事にして活用してください。


意外と男性は素直。
女性とはトラブルがなく、優しく穏やかに付き合っていきたいと思っている。

男は黙って寡黙を楽しむ。

女性がお喋りに対して男性は寡黙。何を考えているか分からないではなく、彼女といる時間を静かに楽しみたいだけ。

どの男性も男なら仕事が命。
仕事が忙しくなれば自然と女性を放置する。悪気があって放置しているのではなく宿命で放置している。男性は放置中でも彼女のことを愛している。だから心配しなくていい、逆に安心しなさい。「放置=信頼関係」である。

男性はボーッと生きている。
恋愛に関してはこの先の予定はない。ただ彼女とまんべんなく楽しく過ごせればいいと思っている。女性が得意とするイベントにはあまり興味がない。彼女の誕生日を忘れるのは普通にあること。悪気があって忘れるのではなくボーッと生きているから忘れている。仕事には真剣、恋愛にはボケ~~~。これが男性である。彼女は人生の癒やしであり、手抜き場所であるので、緊張しないでリラックスして付き合いたい。


男性の言葉の受け止め方。
男性が言った言葉はそのまま受け止めること。裏を読んではいけない。
また男性の言葉をそのまま信じないこと。有言実行の男性はほとんどいない。
言葉はそのまま受け止め、言葉をそのまま信じない?これって矛盾していない?
そう矛盾でいいのです。男性と付き合えば矛盾だらけ。矛盾の中で、ポイントをどう抑えるかです。

ポイントは甘い言葉は信じないこと。
男性の甘い言葉は女性を喜ばすためのもので、有言実行性がない。男性が本当に実行するときは、言葉に真剣みがある。そのときの男の顔はアヘアヘとしたあ~とした笑顔ではなく、眉間にしわを寄せるくらいの真剣みの真顔(どちらかというと暗い)真面目顔で深く物事を考えている顔をする。この人は本気だという顔と、この人は女を口説いている顔とは違う。目がキラキラでトキメキ顔のアヘアヘとしたあ~んとした顔の男の言葉は信じないこと。ロマンにうつつを抜かしている女性は、あ~としたアヘアヘ愛の言葉を待っている。1ミリも聞き逃すことなく待っている。その状態の女性は、尚更男性の言葉は信じないこと。昔から言われているでしょ、甘い言葉には気をつけなさいと。とくに男の甘い言葉には要注意。

仕事の報告は信じていい。
今日は朝から直行でA社と打ち合わせをする(7時~10時)車で移動するのでモーニングメールができない。それからB社に移動して11時~13時までB社担当の◯◯さんとランチをしながら仕事の話をする。(お昼のメールができない)15時から営業会議があるので、13時45分には社に戻り会議用の資料を作らなければならない。17時に会議が終わった後、見積書や提案書を作らなければならない。おそらくその作業は20時に終わるだろう。20時40分から接待でお客さんを招待しなければならない。帰宅は深夜になる、だからおやすみメールができない。自分がどれだけ忙しいか、仕事の報告をする男性は結構いる。女性は仕事の報告は興味ないかもしれないが、男性はそれしか興味がない。そして、彼女に仕事の報告をするということはそれだけ彼女のことを愛していることになる。だから仕事の報告は興味ないと聞き流すのではなく、真剣に応援してあげればいい。そうすると彼はますます調子に乗って細かく仕事の報告をしてくれるだろう。男は彼女に自分がいかに仕事で頑張っているのか、いかに能力が高く優秀か、自慢したいのである。彼女が自分の仕事を理解し尊敬することで、男の自己欲求が満たされ、彼女と結婚したい気分になる。男にはスーパーマン願望があって、仕事のヒーローで仕事の良き理解者のヒロインと結ばれたいのである。

男性の言葉の使い分けは、
甘い言葉で囁いているときは偽物なので信じなくていい。リアルな仕事の報告をしているときは本物なので信じよう。


男性の甘い言葉がなくなって女性がごちゃごちゃ文句を言う。
それはNG。
女脳は好きを確かめる脳。
彼がいかに自分のことが好きか。
どれだけ真剣に自分のことを愛しているのか。
自分を大切に、自分のことを思ってくれるのか。
それを確かめるのが女脳。
最初の頃はそれが確認できたが、半年経った今は確認ができていない。
彼は何も言わない。
彼は何を考えているの?
わたしと会っても以前のように喋らない。
寡黙だ・・・。沈黙だ・・・。
わたしといてもつまらないのかな。
・・・。
女性はどんどんとふさぎ込んでしまう。
そして、
男性の甘い言葉がなくなった女性はごちゃごちゃ文句を言い出す。
言っている間に、
感情的になって、
ヒステリックになって、
これで終わりたいと自爆してしまう。

ヒステリックに責められた男性は、
黙る。
何も言わない。

または戦う。
切れてヒステリックな女を侮辱してやっつける。

そして、二人の関係は終わる。

終わった後の男は、
ああー癒やしがなくなった。
女はこれだからしょうがない。
また一人か。
まあ、自由でいいか。
と開き直ってせいせいする。

終わったあとの女は、
開き直ってせいせいできない。
そこから後悔と反省の世界に陥る。

そうならないために。

意外と男性は素直。ごちゃごちゃ文句を言わなければ、「あ~うん」と言いながら彼女と付き合っていける。
男が寡黙のときは安心している証拠。信頼関係ができた証拠。
男は、「あ~うん」と言いながら「へ~そんなんだ」と言葉少なめに、リラックスして彼女と付き合っていきたい。
意外と男は素直なのである。
事を荒立てなければ、すんなりと付き合っていける。


愛に関して、
粘りっこく諦めの悪い女性。
飽きっぽく諦めの早い男性。
女性は早く諦めることを覚え、男性は粘ることを覚えた方がいい。
そうすれば男女のバランスが取れる。

愛においては、男性はいつでもやめるつもりで恋愛をし、女性は永遠に一緒になるつもりで恋愛をする。
男性はいつでもやめるつもりで恋をしている。
男性は仕事が忙しくなれば彼女を放置し、放置された女性は男性からの愛され感が無く苦しむことになる。苦しんだ末の白黒勝負では、「君の気持ちに答えられない」と言われ愛が崩壊する。男性はプレッシャーがかかれば恋愛を放棄するクセがある。恋愛の初期はロマンだったが、半年も経過すると責任に変わる。ロマンであるサービス期間の癒やしが終わると、男性は妙に責任を感じてプレッシャーを感じる。結婚するつもりで付き合ったのだが、男の悪い癖で、ここに来て自由を求める。自由と恋愛どちらが大事か?となると男性の本脳は自由を選ぶ。自由を選んだ男は女の愛に興味がなくなる。好きだけど以前より関心がない。好きだけど以前より熱が入らない。恋の情熱の炎が消えた男性は、くすぶりながら好きだといって手を抜く。恋愛においては男性はいつでもやめるつもりで恋をしている。

女性は永遠に一緒になるつもりで恋愛をする。
愛は女性の聖地。愛は命がけであり生き甲斐でもある。愛が豊かであれば、仕事にも張りが出て人生が充実する。愛が不足すれば、仕事はやり甲斐を失い人生そのものが破綻へと向かう。女性の生きる力は愛によって左右される。女性はなかなか異性を好きにならない。でも、ひとたび好きになれば、この人と一生共に暮らしたいと願う。女性の愛の周期は平均して4年に1度。オリンピックに1回好きな人ができる。だが、毎回金メダルが取れるわけがない。大概はいつも予選落ち。今度こそ金メダルを取るぞと毎回頑張る。女性の望みは愛の金メダルを取ること、だから数年ぶりに好きになった相手とは永遠に一緒になるつもりで恋をする。男性はサービス期間が終了すれば恋愛に陰りが見え始めるが、女性はサービス期間が終了してから本気になる。男性は飽きっぽいが、女性は諦めずに粘る。男性と女性では諦めると諦めないの差が大きい。

女性は早くあきらめることを覚え、男性はもう少し粘ることを覚えた方がいい。
男性は諦めが早いので、諦めないでもう少し頑張った方がいい。
女性は諦めが悪いので、諦めて早く相手と自分を解放した方がいい。
西洋哲学では「最後まで諦めるな」
東洋哲学では「あきらめよう・・・そうすればうまくいく」
東西の哲学を、臨機応変に使い分けた方がいい。

男性は知っている、女性とはしつこくからむ生き物だということを。
そこに諦めのいい女性が現われたら男性はどうなるか?
それは興味を持つ。
しつこい女は嫌いだが、諦めのいい女は好きなので、間違いなく興味を持つ。
それが男性かもしれない。

そんな女性はいるの?
いる、あなただ。
スイッチが入っていないあなただ。
もし、あなたのスイッチがうんと後から入れば、男性は永遠にあなたに興味を持つ。
スイッチが早く入りすぎるから早く飽きられるのだよ。
うんと遅くすれば飽きられることはない。

女性はスイッチが入れば追いかけるようになる。
しつこく追いかけるようになる。
自分から連絡して、自分から誘う女になれば、男はその女を後回しにする。
追いかけている女はいつも損な役回りを演じている。
男に追いかけさすようにどう冷たくするのか、ここがポイントなのに、スイッチが入った女は冷たく出来ない。
愛しているから気持ちが入り熱くなる。
熱くなった女に男が言う言葉は世界共通で「重い」である。
早くスイッチを入れるということは女の価値を下げることである。

男に追いかけさせよう。
最初、あなたはやっていたはずだ。
男が追いかけていることを。
その期間が短くあなたのスイッチが入ってしまった。
それが失敗の元だ。
スイッチを早く入れすぎた。
男の努力を見ないまま早く入れすぎた。
そこは反省である。
では、これからどうすれば男は追いかえるようになるの?
スイッチをOFFにすることだ。
彼のことを諦めてスイッチをOFFにする、そうすれば男は追いかけてくる。
追いかけて来なければどうするの?
それまでの男よ。
愛のない男に、いつまでもあなたは放浪されてはいけない。
男は追いかけてきて本物。
偽物を相手にする必要はないということ。
本物を見極めてこそ、あなたは幸せになれる。

男は諦めが早い。
女は諦めが遅い。


本物の愛に育てるためには勝負だ。
女が早く諦めて、男が諦めないようにすれば勝負に勝てる。
思い切って諦めてしまえ。
本気で諦めてしまえ。
そすれば男は動く。
あなたを愛する男が本物なら。



女性を放置する男性には手痛い罰が下される。
大切な彼女に裏切られるという罰だ。
今までの女性たちは放置男に対して苦しみながら耐えてきた。
でも、今の子は違う。
今の子はいつまでも待たず次に行く。
放置は3ヶ月と決めて次に行く。
相手の愛情が感じられなくなったら次に行く。
洋服を変えるように男を変える。
これが最先端の女子の姿。
彼女を長い間、放ったらかしにした男は手痛い罰が下される。
大切な彼女を失うという罰だ。

これは裏切りか?
裏切りではない。
女を待たせた男が悪いのだ。
放置は最大の犯罪。
それを男たちが知らないだけだ。
放置は最大の犯罪、それを男たちが身を持って自覚するべきである。
女を待たすものではないと、真に自覚すれべきである。

うむ、いい流れになってきた。
今まで放置に悩む女性たちがたくさんいたが、時代が物事を解決する動きになってきた。
散々苦しんだ末の結論、放置男は裏切れと。
時代の先方はいつも良い答えを導き出す。

時代を先取りしている子たちはまだいい。
問題は時代を先取りしていない旧態依然の子たち。
今でも放置で苦しんでいる。
音信不通が呆れるほど長い。
3ヶ月、半年、1年、何年も音信不通。
男はとっくにその女のことを忘れているのに、いつまで経っても忘れられない女。
これが愛だ、これが好きだと言わんばかりに、この男を待っている。
待てど暮らせど返事がない相手に女の人生を犠牲にしている。

待たされた女もバカではない。
いつまでも待つわけにはいかず、次へ進む。
合コンに出かけ、婚活パーティに出かける。
何人かの男性に言い寄られ、ご飯も行く。でも、それからが暗い。
いい男がいない、ろくな男がいない、気持ち悪い変な男しかいないと彼と比較し始める。
次へ進むことでかえって苦しくなる。それを比較鬱という。
比較鬱になり、やはり彼がいいとなって、また音信不通の世界で苦しむことになる。
私って何をやってもダメと自暴自棄に陥り、不安の解決方法が見つからないまま、悶々とこの状態を苦しむことになる。
またされた女もバカではないが、比較鬱で悩むのはどうかな・・・と思う。
次へ行くのなら、彼と新しい人を比較しないこと、これが鉄則である。

時代を先取りしている子たちは、この鉄則を守っている。
次に進む場合、放置している彼と比較しないこと。
徹底的に比較しないと心に決めている。
それよか、新しい出会いにワクワクと期待を寄せている。
新しい出会いにワクワク感が出るから、彼よりもいい男を見つけることができるのである。
いくら好きでも、放置男には価値がない。
女を待たせるなんて極悪人だ。
私は極悪人の片を持つわけにはいかない。
極悪人は切捨て前へ進む。

彼と新しい人を比較しない。
女だから情はある。だが人生は情だけでは幸せになれない。
女だから彼が好きだというプライドがある。だが人生はプライドだけでは幸せになれない。
情とプライドを捨て、新規開拓するから幸せになれるのである。
女だから貞操観念がある。この貞操観念は子供を産むという女である宿命から出来たもの。
好きな人の子供を産みたいという宿命。でも、好きな人がわたしを放置している。
お門違いだ。好きな人がわたしを放置している、もってのほかだ。
勘違いにもほどがある。好きな人がわたしを放置するわけない。
わたしは勘違いでもって、放置している男を好きになっただけ。
今日からそれを改める。
わたしの好きな人は未来にいる。新規改革の中に。
だから、比較しない。
彼と新しい人を比較しない。

女性を放置した男性が悪い。
放置された女性はいろいろ考える。
男性が知らない間にいろいろ考える。
そして時代の先端を行っている子は、放置する男性を裏切る行動に出るようになった。
男性から見ればこれは裏切りだが、
女性から見ればこれは裏切りではない。
そして神から見てもこれは裏切りではない。
悪いのは女性を放置した男性が悪いのである。



グレーな男性はたくさんいます。
ほとんどの男性がグレーではないでしょうか。
なぜグレーか?
男性の90%は恋愛に対してグレーだからです。

恋愛において、男性の90%がグレー?ってどういうこと。
90%グレーとは時期のことです。
責任を取る時期といっていいのではないでしょうか。
つまり、男性が女性に対して責任を取るようになるには、人生のわずかな時期にかかっているということです。
この時期が男性の全人生において、わずか10%しかないということです。

時期は大切です。
人生は、幼少期、青年期、成人期、中年期、老年期という時期を皆さんは歩んできます。幼稚園に入る時期、小学校に入る時期、中学校に入る時期、高校に入る時期、大学に入る時期、学校を卒業して社会人になる時期、皆さんはほぼ同時期にその時期を歩んできました。30歳で中学生?という人はいないでしょう。30歳で中学生では、時期が大きく違ったものになります。ところが結婚においては、30歳で中学生みたいな時期外れの人がウロウロいます。学校の勉強や社会での就職は横一線で横並びだが、結婚する時期だけが、他の時期と比べて大きく異なっている。もはやこれは病気です。時期外れの人生を歩んでいると病気になりますよ。いくら自由がいいとはいっても、時期外れの人は何かを成し遂げた実感がないまま人生を過ごすことになります。その状態ではどこかに心の病を抱えることになります。時期はとても大切だと自覚することです。

すんなりと時期通りにいかなくなった男性が増えた。
つまり結婚する時期が見えないまま、あるいは起きないまま、人生を過ごしている男性が多い。まるで30歳で中学生みたいな時期外れの男性が。そういった男性が女を求める。結婚する時期を持たない男性が女性と恋をする。そしてトラブルが起きる。成人女性の多くは時期を持ったままだが、成人男性は時期を持たないまま恋をしていることが多い。時期を持たない結末は、いつもグレーで曖昧。はっきりしない、フラストレーションのイライラ恋愛が続くだけである。なぜそういうことが起きるのか?そえは女性たちが勘違いしているからだ。恋に落ちれば結婚する時期が来ると多くの女性は信じているが、男性は信じていない。女の考えと男の考えは違うと自覚し、女性が考えたとおりにいかないのが男性だと認識することである。今の時代は、30歳で中学生みたいな時期外れの男性が大勢いる。時期を持っている男性をどう見極めるのか、それが今後のあなたの課題である。

なぜ男は結婚の時期を持たないまま女を求めるのか?
これに対する答えは簡単。
性欲である。
性欲が女を求める。
男の性衝動は一番強いエネルギー。
このエネルギーは果てしなく強く、女女女と求める。
結婚する時期を持たないまま、結婚する意志を持たないまま、責任を持たないままに、性衝動で突っ走るのが男の性欲。
そして性衝動は満足したら飽きる。
お腹いっぱいになれば、もう興味がなくなる。
そこから愛に発展することもあるが、時期を持たない男性はグレーと決め込む。
あとは女の精神的な苦しみが続くだけである。

どの男性にも時期が来るときがある。
どの男性にも?は語弊があるので、8割の男性と言っておこう。
8割の男性は結婚する時期が必ず来る。
それが今なのか?1年後なのか?10年後?なのか、それが分からない。
男性の時期は全人生の1割しかない。このたった1割の時期を女性がどう読み取るかである。
彼はいつか結婚するけど、今ではないと判断したとき。
あなたはどうるか?
待つか、切るか、あなた自信で自分の時期に合わせて判断するしかないだろう。

私の考えでは、男性の時期に女性たちが合わす必要はないと思う。
はっきりしない男は切る。
曖昧な男は切る。
グレーな男は切る。
どんなに好きでも。

これが自分の人生に責任を持つやり方である。
自身の人生は自分で責任を取るもので、男の犠牲になるものではない。
だから自分で責任を取る。
グレーで曖昧な男とは縁を切ることで人生の活路を見出す。
男性のいつか結婚する時期など待ってられない。
私は今したいのだ。
だから、今できる男を捜す。


うまくいかない恋愛の多くは、
男が女を放置し、女が男の仕事の邪魔をすることが原因となっている。
男がダメ男で女がさげまん。
それぞれが身勝手な主張ばかりを繰り返し、相手を重んじていない。
放置が男の犯罪なら、仕事の邪魔が女の犯罪。
男と女は法で裁けない犯罪ばかりを繰り返している。

仕事を邪魔する女が男を支えるというのもあるんですか?という質問には、若い人には「ない」と答える。
「ある」と答えられるのはあなた方のお父さんくらいの年齢の人。
この年齢の男性は「男は一度は結婚するものだ」とい社会の掟に従って結婚した。そして多くのお父さんがたくさんのお母さんたちに仕事の邪魔をされた(笑)その邪魔が刺激となって奮闘努力もした。それが今日の日本の礎ともなっている。世の中にあげまんはほとんどいない、99%がさげまんである。女は男の仕事を邪魔するようにできている。愛を放置したらそれこそ邪魔をされる。男が一番忙しいときに邪魔をする。これが女だ。それでも別れることなく男と女は共に頑張った。なぜ別れることなく共に頑張ることができたのか?これが支えだったからだ。人の成功は安楽な生活からは生まれない。厳しい環境から生まれる。このことを昔の人は知っていた。だから価値観の違う男女が共に支え合ったのである。

女は男の仕事の邪魔をするようにできている。
優先順位と価値観が男と女ではまったく違う。
大筋では似ているところもあるが、繊細な部分ではまったく違う。
男と女は細かい部分では全く違うのだ。
繊細な部分でまったく違うのは脳から来ている部分。男脳と女脳はまったく違う、それは本能だから仕方がない。例えば、男が明日100億円の仕事の成立を目指して不眠不休で仕事をしているとする。男は仕事が忙しく彼女のことを放置している。女は連絡1本寄こさない男に腹を立てる。彼女の怒りに、男は明日の仕事の成立で1000人の人が幸せになれると説明しても、1000人を幸せにして私一人を不幸にするのは許せないと文句をいう。男脳は世の中の理論である実利で見るが、女脳は個人的な感情で見る。男は一人の幸福より1000人の幸福を願い、女は1000人の幸福より自分一人の幸福を願う。1000人を犠牲にしても、私だけを幸せにしてと願う。極端な話だが、冷静に考えればバカバカしい話だが、それだけ男と女は違う。女も彼の仕事で1000人の人が幸せになれることは喜んでいるし、彼の仕事ぶりに尊敬もしている。だが私を粗末にする態度が許せない。私を冷たくして仕事に夢中になっている彼が許せない。彼の仕事で1000人の人が幸せになれる、大筋では一致するが、わたしをないがしろにする彼の態度が許せないのである。

男脳は大きなことにしか関心がない。
だから、細かいことを見逃す。

女脳は細かいことにしか関心がない。
だから、大きなことを見逃す。

これも極端な話だが、これがずばり男と女の差だといっていいだろう。

どちらが大事か?
どちらも大事にする人が、男女関係はうまくいくようにできている。


さて、99%のさげまんさん。
あげまんを目指そうか。


あげまんの定理を私なりに解釈すると。
無能な男を自分が尊敬する男に仕上げることです。
99%の男は無能です。(私もその中に含まれます)
99%のさげまんの女子、頑張ってください。

具体的にどうすればいいか?というと。
男に刺激を与え、やる気を出せることです。
男は女の色香でもって刺激とやる気を与えられたいと望んでいる。
感情的に噛みついてはダメ。それはさげまんのもっての他の悪女である重い女です。
それより女の色香で、可愛く男にやる気を出させることです。
おだてて豚が木に登るように仕向ける。
これがあげまんの定理です。
豚が木に登るようにおだてる。
これが具体的な方法です。