ホーム > カテゴリ: 川越占い館
長かったようでとても短かった正月休みが終り、いよいよ今日から2021年の仕事が始まります。新年を新たな気分でお客様をお迎えできることを大変喜びに感じています。本年もよろしくお願い申し上げます。

皆様は良いお正月をお迎えになられたでしょうか。
皆様が、健康でたくさんの幸せを掴む年になることを心から願っています。

私のお正月は、よくいう寝正月でした。
コロナ禍で、どこへもいかないお正月。
家でテレビを見て、インターネットを見て、本を見て、ときどき近所を散歩する、一般的にいう寝正月です。寝正月というより読書正月だったのかもしれません。とにかく本はたくさん読みました。読み過ぎて目と肩がこったくらいです。

どんな本かというと、主に小説です。
普段は自己啓発系の本を読むのですが、お正月は小説を読みました。村上春樹の「騎士団長殺し」とても分厚い本で、ページ数は500ページ以上。それを1部と2部読む。この1部と2部で三日ほどかかりました。それから五木寛之の親鸞を読みました。親鸞もまた厚い本で、上下を読み終わるまで三日かかりました。私の正月休みは、読書三昧でした。

感想として、村上春樹も五木寛之もネガティブですね。私くらいの年齢にはスーッと入ってくるのですが、若い人にはどうかな?と思いました。二人とも文脈の天才で、1ページ毎にドラマがある。次から次へと人間が考えていることを妄想化してドラマにしていく、よくこれだけの文章が思いつくなと半ば感心してしまいました。

でも、なにか凄いネガティブを感じる。暗いな・・・この二人の本はというのが私の第一印象です。でも、暗いけど何か得るものはないかと読み続けていく。最後まで読み続けて何か得たかというと?最後まで読んだという少しばかりの感動と、疲れだけが残ってしまいました。得たものは、これから少し時間が経ってからだと思います。二人の文脈がいつか生かされるかもしれないというわずかな期待があるからです。おそらくこの文脈の記憶の99%は消え去り。1%だけ、重厚な本を読んだという印象が残るでしょう。

二人の本は実用性には向かない気がする。人生を明瞭活発に生きる本でもない。前向きに積極的に明るくポジティブになる本でもない。どちらかというと、大人のわびさびだ。わびさびとは、貧粗・不足のなかに心の充足をみいだそうとする意識。 閑寂ななかに、奥深いものや豊かなものがおのずと感じられる美しさ。大人のしぶさといっていいかもしれない。

村上春樹や五木寛之は私の1世代か2世代上の人。つまり先輩だ。先輩のわびさびを味わう、それもときとしていいものだ。とても勉強になる。

私が相手するのは、さらに私より1世代2世代下の人たちばかり。ひよっとして3世代下かもしれない。彼女、彼らには大人のわびさびは通用しないかもしれないが、その点は大丈夫。私は4世代下まで若返ることができる(笑)

赤ちゃん言葉は無理でも、少年少女の言葉は理解できる。また発することもできる。それに大人のわびさびをつける。そうすることで、言葉の大家族が生まれる。知識を持つ、10代から80代の大家族が生まれ、いろいろな知恵を出し合う。これを2021年の沖川のモットーとしていきたい。

そんなわけで、沖川の2021年が始まります。
皆様、どうぞよろしくお願い申し上げます。



謹賀新年。

新年明けましておめでとうございます。

2021年がいよいよスタートしました。
皆様は良いお正月を迎えられたでしょうか。
私の方は、お正月をノンビリと過ごさせて頂いています。

今年は例年になく静かなお正月でした。
毎日書いていたブログもお休みを頂き、ブログを書かない日がこんなに楽だとは、無邪気な少年のように自由を楽しんでいます。あてのない自由を楽しんでいるこの三日間、命の洗濯としてとてもいいですね。もう少しノンビリしたら、新年の準備に取りかかります。これっといった準備はとくにないのですが、健康だけには注意して仕事始めを迎えたいと思います。

今年の豊富ですが。
とくに抱負はありません。そういえば、ここ数年これっといった抱負がないな。昔はいろいろな抱負があったが、ここ数年は得になし、また抱負を持たないことにしています。1年の計は元旦ではなく、始動してから計画を見つけることにしているからです。正月くらいゆっくり休もうか、これが今の私のお正月の過ごし方です。

正月に計画を作っても、どうせ実行できない。
これが解って来たからです。
昔は元旦に計画を立てたこともありましたが、なにひとつ実行できませんでした。
だから辞めたのです。お正月に計画を立てることを。

また、そこまで追い込まれていません。追い込まれいたら新年早々から計画を立てていたかもしれませんが、ずっと頑張ってきたので、今は計画を立てなくても済むようになりました。人生に余裕ができたのでしょうね。

計画はエンジンがかかってから決めるもので、エンスト中に決めるものではありません。正月はエンジンをかけず、家でノンビリするものです。

ここ最近は、お正月は去年の疲れを取ることにしています。
溜まった去年の疲れを取る、これが正月休みです。
お正月にノンビリ休んだら、少しずつ始動していく。
これが私の1年の始まりです。

今年はどんな1年になるか?
まだ、私にも分かりません。
始動して、少しずつ分かるものです。
どこで頑張るか、どこで努力するか、何を目的とするか、それは始動してからです。
エンジンが始動するまで、もう少し休む。
これが私の正月休みです。

今年の仕事始めは5日からです。
もう少し休んでから皆様をお迎えしたいと思います。



川越占い館は、本日で仕事納めとなります。

こうやって師走を迎え、本年もたくさんの感謝や反省をして振り返る時期となりました。この一年を思い返しますと、コロナ禍での対面鑑定や電話鑑定のご依頼を全国から頂き、皆様と楽しく濃密で素敵な時間を過ごさせていただきました。いろいろな意味で皆様に助けていただきました。心からお礼申し上げます。

今年はコロナで始まりコロナで終わった年でした。
こんな厳しい状況の中、皆様に支えられたことを感謝申し上げます。

来年は皆様によって良い年でありますように。

一年間の感謝の気持ちを込めて、歳末のごあいさつとさせていただきます。

1年間誠にありがとうございました。

川越占い館 沖川 東横



今年はコロナに始まりコロナで終わった年でした。

コロナ禍一色の2020年だった。始まりはクルーズ船。遠く中国国内の出来事と思われていた新型コロナウイルス感染症が、日本にも脅威をもたらしていることが発覚したのは2月。横浜港に停泊中のダイヤモンド・プリンセス号の船内でクラスターが発生したことからだった。

3月、4月緊急事態宣言が発令され、自宅待機が余儀なくされ、街中から人が消えた。テレワーク化が進み、出勤しなくても自宅で仕事ができるようになり、新しい仕事の体制も導入された。だが、テレワークが可能な企業は良いが、テレワークができないサービス業、飲食、旅行、旅館・ホテル、百貨店、アパレル、お客様が来てくれないと商売が成り立たない職業は軒並み大打撃を受けた。また、医療従事者も大変な打撃を受けた。

今年早々に始まった新型コロナウイルスの脅威は年末になっても衰えず、過去最高を更新続けている。この危機は世界規模の危機で、様々な悪い影響を国内・海外問わずに与えている。今年は、コロナで始まりコロナで終わった1年となった。

川越占い館の今年の総括。
川越占い館も、コロナで始まりコロナで終わった1年となった。閉店も一時期は考えたが、今はなんとか持ち直している。日本中が大変な状況だ。こんな私でも、少しはお役に立てるのではないかという思いで何とかやっている。まさしく、ぼちぼちとやっている。これが川越占い館の今の現状です。

恋愛の流れも変わってきた。
コロナで愛が深まった例もあるが、コロナで愛が冷めた例もある。私の担当は後者の方で、コロナ禍の(会えない、連絡が来ない、放置、無視、グレー、曖昧、優柔不断、自信欠如)冷えた恋愛事情に終始対応する1年であった。この状況下で、どうやって希望を与えることができるか?それに頭を悩ませる1年でもあった。

今年1年を振り返ってみて。
自分で言うのもなんだが、皆さんの悩みを聞いているうちに、まだ私の出番がある(まだ沖川は必要かな)と思うようになった。

世界が危機に瀕している今。
人々の心が健康でない今。
ここでのんびりするよりも、もう少し役に立ちたいと思うようになった。

経済的危機と冷めた恋愛感情の中で、今までの健康的な言葉は通用しないかもしれない。
明るく前向きにいきなさい。
ポジティブにプラス思考でいきなさい。
どんな苦しい状況でも希望を持ちなさい。
先の見えないこういった状況では、前向きな言葉はあまり意味がないかもしれない。もちろん基本としては大切だが、それよりも寄り添うことが大切なのではないだろうか。共感して同情して、そこから希望のある言葉を添える。もっと深みのある対応が必要なのではないだろうか。

深みのある対応。
来年はさらに勉強しないいけない。
自分なりに、そんな目標ができた気がする。
よし、もっと勉強しよう。
深みのある鑑定ができるように。

以上、今年1年の総括でした。


今年はコロナの影響で大変な1年でした。
オリンピックは延期され、医療崩壊、経済は大打撃、皆さんはどんな1年を過ごしたでしょうか。4月、5月に緊急事態宣言が発令され、濃厚接触は禁止となり、恋人に会えない辛い時期を過ごした人も多いと思います。「コロナ別れ」が多発した1年でもありました。コロナが終息し、皆様が早く元の生活に戻れることを切に願っております。

川越占い館の影響は?
私のところも打撃を被りました。売上は、例年の3割ダウンです。一時期は、もう辞めようかなとも思いました。そろそろ引退、「引退」の二文字が頭の中をよぎりました。自営業、とくにお客様に来てもらえる商売をやっている方は、私と同じような心境になったと思います。私の場合は電話鑑定というテレワークがあったのでまだ救われたのですが、テレワークのない自営業者は軒並み被害が大きかったと思います。電話鑑定があって良かった、これが正直な感想です。電話鑑定に救われました。皆様のお陰です。


将来的には「、自宅で電話鑑定」という構想は昔からありました。
電話鑑定なら、わざわざ通勤する必要もない。駅前の高い家賃も払う必要もない。日本全国、どこでも仕事ができる。それらの構想は昔からありました。

でもなあ・・・。
なんか・・・味気ない。

対面鑑定がなくなると寂しい。
私は、直接お客さんの手相を観て、顔色を見て、声を聞いて、動作を見て、生の鑑定から感じるリアルティーが好きです。電話越しの声も素敵で鑑定には問題がないですが、対面鑑定と比べると、やはり実体感が薄い。お客様も実体感を味わいたくてわざわざ遠くから鑑定に訪れている。ずっと対面鑑定をやってきたので、それがなくなるとなんだか寂しくなる。やはり私は人と接触することが好きだ。そこに生き甲斐とやり甲斐を感じている自分がいる。

「もう、いいよこのおっさん」と言われるまで、体力の限界が来るまで、もう少しやろうかな、と思っています。これが今現在の私の心境です。

売上が落ちた影響は?
問題がないといえば嘘になりますが、なんとか大丈夫でしょう。
もともとそんな贅沢な暮らしはしていませんから。

体力も落ちてきたところだし、売上が減って丁度いいのではないでしょうか。
私は、淡々と今の仕事をやるだけです。他の自営業者の皆さんには申し訳ありませんが、この流れで丁度いいのかなと思っています。

常日頃、「栄枯盛衰」をイメージしながらこの仕事をやっていました。
栄枯盛衰、栄えたものはいつかて衰える。形あるものはいつか消え、人気も低迷する。人との心は移りやすくあらゆるものが変化する。変化に対応しながらこの仕事をしてきたので、とくに問題ありません。私は過去の栄光にすがることはしません。過去には実体がないからです。あるのは思い出と、よく頑張ったという記憶だけです。だから、実体のない過去に拘ることはありません。過去は過去という時代が過ぎていっただけですから。楽しかった過去よさようなら。あとは今を生きて明日に生きるだけです。

今年もあと2週間ですが、残り一生懸命勤めさせて頂きます。

来年?
来年の構想はまだありません。
あるとすれば希望だけですね。
来年、良いことがありますように。
皆様にも良いことがありますように。
それだけを願っています。




川越占い館、コロナウイルス対策。
コロナウイルスが猛威を振るっています。
感染者が過去最高を記録し続けています。
川越占い館では、できる限りの対策を行なっています。



1,手洗い
手相を観る前にお客様に手洗いをお願いしています。
私も手洗いをし、アルコール手指消毒してから手相鑑定を行ないます。

手洗い


2,飛沫感染対策用パーテーション。
鑑定室には飛沫感染対策用パーテーションを設置しております。
img00012.jpg

3,サキュレータで空気中の飛沫を吹き飛ばす。
ウイルスが滞留しないように、鑑定中は常にサキュレータを動かし空気の循環を行なっています。

SK.jpeg

4,マスク
鑑定中は、私もお客様もマスク着用の上で鑑定を行なっています。

5,窓を開け、換気をよくする。
冬なので寒いかもしれませんが、窓は少し開けています。

以上が川越占い館のコロナ対策です。



最近私のブログの投稿数が増えている。

理由は簡単。
コロナによって売上が落ちたからです。

売上が落ちれば、暇な時間ができます。
この暇な時間にブログを書いているので、投稿数が増えたのです。

コロナの影響で世界経済が深刻なダメージを受けています。
私のところも同様にダメージを受けました。

売上はガクンと落ち、さてこれからどうしょうかな・・・と考えたこともあります。

まあ、いいか。
売上が落ちるということは、暇な時間ができること。
この時間を有効利用してブログを書けばいい。
それで1日2本の投稿ができている、ということです。

お客さんが来ない・・・暇だと嘆くより、この暇な時間を有効利用する。
これってすごくいい時間の使い方だと思います。

今まで忙し過ぎたので、暇があっていい、暇は命の洗濯だ。
ブログを書いたり、休息を取ったり、本を読んだり、暇な時間をそれなりに楽しく充実させてもらっています。今こそ休め。これを天から与えらた気分です。今のうちに暇を楽しもうと思っています。

このまま暇が続いたら?
その時は仕方がない、閉店して引退するだけです。
最後に「さようなら、川越占い館」のブログ記事を書いて、幕を閉じることになります。
心のどこかで、その日が来るのを心待ちにしている自分がいます。

店は閉店しても、自宅で電話鑑定はできる。また本を書いてもいい。
引退後も目標は、その気になればいくらでもあります。
だから、何も心配はしていません。

それよか、今の時間をどうするかですね。
今を生きる。今やるべき事はやる。ただそれだけです。
だから、暇な時間に嘆いている暇はないのです。
楽しくブログを書く。一日を充実させるために、ただそれだけです。


人生長く生きていると、停滞することがある。

AME19612011_202007230719318c3.jpg

仕事を長くやっていると、停滞することがある。
停滞したとき、どうするか?
新しい流れを導き、満たしてやらなければいけない。

恋愛も長く付き合っていると停滞する。
停滞したとき、どうするか?
新しい流れを導き、満たしてやらなければいけない。

停滞とは、マンネリ化である。
仕事のマンネリ化。恋愛のマンネリ化。人生のマンネリ化。マンネリ化はどこにでもある。

このままマンネリ化の世界にいるか、いないかは、その人が今後どう考えるかである。マンネリ化のままで何もしない人もいれば、マンネリ化は嫌だからそこから脱出したい人もいる。

皆さんはどうだろうか?

私はどうだろうか?

私も皆さんと同じようにマンネリ化になることがある。また皆さんと同じようにマンネリ化が嫌いである。停滞は嫌だから、何かをしようと企てる。この企ては、仕事をしながら新しい知識を取り入れること。書物から人生の知恵をくみ続けること。これが私の企て。

皆さんも私の企てに乗っかっている。
このブログを読み続けることが、私の企てに乗っかっていることになる。人生の同じレールに乗っかっているのだ。私は乗客を満足し続けなければいけない。常に新しい知識の流れを導き、満たし続けなければいけない。

乗客はワガママでネガティブ(笑)。
とても聞きわけが悪い(笑)。
面倒で困った乗客だが、それでも心を満たし続けなければならない(笑)。

そのために、常に新しい知識の流れを導き、満たし続けなければいけない。
これが私のブログである。

皆さんは書物から知識を得なくとも、このブログを読めば大丈夫。
そのつもりで私はこのブログを投稿している。




川越占い館の感染防止対策

新型コロナウイルスの第二波ともいえる状況下において、川越占い館は次の対策を行なっています。

鑑定室の感染防止対策。

1,アクリルのパーテーションを設置して飛沫対策を行なっています。
img00012.jpg

2、サキュレータ(扇風機)を作動させ、常に空気を循環させています。

SK.jpeg


3,空気清浄機を作動させ、常に室内を綺麗な空気にしています。

DSC_0594 (640x427)

4,手相を観る前に手洗いを行なっています。

手洗い

5,窓を開け、室内の空気を循環しています。
6,玄関のドアノブ、トイレのドアノブは、定期的にアルコール消毒を行なっています。

7,鑑定中はマスクを着用しています。
以上7つの感染対策を行なっています。

新型コロナウイルスの国内感染者は、東京を中心に埼玉、神奈川、千葉と 首都圏の1都3県はいずれも解除後最多となっています。川越占い館では、考えられる対策をすべて行なっています。「お客さんを感染させない、自分も感染しない」をスローガンに対策を行なっています。

もちろん100%完璧とは言えません。
コロナウイルスの感染対策は、どの施設も完璧とはいえないでしょう。

私の仕事は、接客の対面鑑定。
飛沫感染、空気感染、手相を観るので手から手への感染、これを未然に防ぐ感染防止はできていても、100%完璧とはいえませんが、お客様を安心させる範囲の感染対策は行なっています。

対面鑑定が恐い場合は、電話鑑定もあります。
電話鑑定なら、100%感染しません。

対面鑑定と電話鑑定の違い。
対面鑑定の良さは手相をじっくり観れることです。薄くて細かい部分は手のマッサージを施し、より細部まで観ることができますが、手相の写真鑑定では、細部が見えないこともあります。また対面鑑定では、お顔が見えるので、よりクリアに手応えのある鑑定ができます。では、電話鑑定が劣るかというと、そうでもありません。写真鑑定では細部が見えない部分がありますが、私の長年の経験からくる直観で、細部が見えなくとも判断することができます。また、私の声は親しみやすい「いい声」だと言われています(お客さんの評判ですが)。私は語るのを専門としている占い師で、「言葉を大切にしています」ですから、電話鑑定が劣ることはありません。

いずれにしても、コロナウイルスが全世界で猛威を振るっています。
川越占い館は万全の対策を練りながら、皆様のご来店による対面鑑定、ご来店が不可の方の電話鑑定の予約をお待ちしています。未曾有の危機を乗り越え、みんなで幸せを掴みましょう。




川越占い館の近くに新しい複合施設が出来ました。

P3101375.jpg

川越駅西口・複合施設U_PLACE(ユープレイス)
今まで川越駅付近人はちゃんとした大きなホテルがありませんでした。本川越駅前にはプリンスホテルがありますが、川越駅前には代表するような大きなホテルはありませんでした。駅から7分くらいのところに東武ホテルがありますが、古くて中規模のホテル。やっと都会的で斬新な大きなホテルが川越駅前に誕生しました。東京オリンピックに合わせたのかもしれませんが、これで観光客も増えると思います。

この複合施設は川越占い館のすぐ近くにあります。
20年6月8日にがオープンしました。
複合施設は駅と連絡通路で繋がっているので、川越駅西口の連絡通路も延長しました。

それによって、川越占い館の道案内が少し変わります。
詳しくはここを見てください。

変わったところは連絡通路が延長されましたので、突き当たりまで行かず、連絡通路の真ん中にあるオブジェを左に曲がってください。連絡通路を歩いていると、真ん中付近にオブジェがあります。オブジェの左を見れば、川越占い館が見えます。川越占い館は連絡通路と同じ目線の高さにあるので、すぐに分かると思います。(看板が目立ちますから)

8ded5e7e86546c36bb46b1838186e6cc.jpg

ますます都会的に発展していく川越。
皆様のお越しをお待ちしています。