ホーム > カテゴリ: 人生哲学
便利な世の中になったが、便利な世の中には弊害もある。便利になればなるほど、多種多様の病的刺激が増殖して、日常生活に弊害をもたらす。文明が発達すればするほど、人々の心は病む。そんな危険性を現代社会は持っている。

この社会で、ただ漠然と気の向くままに生活していれば刺激や障害に抵抗できず、メンタルがやられて病気となります。文明の発達は、人間を無能にして漠然と生きていけるように仕向けているのかもしれませんね。

でも、その生活は手放せない。今更スマホのない時代に戻りたくない。電気もガスもない田舎はまっぴらごめんだ。「おら東京さ出るだ、東京にいって銀座でベコ買うだ!」と言って、皆さんは東京に出て来る。

20230429_115010.jpg

都会は憧れだ。田舎はストレスのたまり場だ。便利な都会の生活の方がいい。情報過多で様々な弊害があるが、この弊害さえも考え方を変えれば生き甲斐となる。そして、都会は多くの刺激を与えてくれる。この刺激は田舎になかった刺激。そこに夢もあればロマンもある。

もちろんロマンの裏には悪行もある。嘘をつかれて騙されて泣きを見ることもある。それによって心を痛めることもあるが、今更なにもない田舎に帰りたいとは思わない。自分はこの世界で生きていく。刺激にもまれながら、弊害にもまれながら、たくましく生きていく。

タイトルの「複雑な情報社会において、多種多様な病的刺激によって人々の心は病んでいる」どこかの学者の論文だと思うが、もちろんこの意見は正しいと思う。だが、それだけがすべてではない。

都会の生活で、心を病む人もいれば、心が強くたくましくなる人もいる。これが都会の刺激だ。多種多様な刺激をどう選別して、どうコントロールするか、そこから先は個人個人の生き方に委ねるしかない。

この世界でたくましく生きるには、
やはり、楽しい♪と思うこと。
楽しければ、悪いものは寄せ付けす、いいものだけを引き寄せることができる。

明瞭活発に生きていれば、悪魔も寄りつかない。

ホント運がいいね、あなたは。

そういう人間になろう。


ユーチューブ(沖川の恋愛日記)はこちらをクリック
チャンネル登録・高評価よろしくお願いします。


沖川の電子書籍はこちらをクリック


この世は本質的に楽しい。

調和した美しい世界である。


この素晴らしい地球は、宇宙のどこを探しても見当たらない。天文学的なことは私にはよく分からないが、「銀河一美しい星がこの地球だ!」と確信している。美しい地球に生命を受けて、悶々と悩み苦しでいたのでは勿体ないではないか。

さあ、楽しもう。もっと笑おう。心が小躍りする人生を歩もう。

人生は一度しかないよ、悩んでいたら勿体ないではないか。

そこのあなた!
なぜ、恋愛で悩んでいるの?なぜ、人間関係で悩んでいるの?

人間って奴は、関係ができると相手に悩みを与える。愛情や友情も芽生えるが、敵対心も芽生える。嬉しいときもあれば、悶々とする嫌な目に合うこともある。味方になったり敵になったりと、人間という奴は厄介な生き物だ。それでも付き合っていかなければいけない。地球上にいる人間はみんな自分と同じ悩める生命体だから、少し面倒をみてあげようか。


悩める生命体にいても、この世は美しい。そして楽しくて面白い。嫌なことを吹き飛ばしてしまうワクワク感もいっぱいある。嫌なことがあったら、この世界は素晴らしいと再認識することだね。人間関係のいざこざなど地球規模で見れば一粒の砂にしか過ぎない。こんな小さな砂に埋もれてはいけないよ。

この世は本質的に楽しい。
調和した美しい世界である。

せっかくこの世界にいるのだから、もっと楽しもうよ。

design-3142269_1920.jpg



ユーチューブ(沖川の恋愛日記)はこちらをクリック
チャンネル登録・高評価よろしくお願いします。


沖川の電子書籍はこちらをクリック


やらなければだめだよ。
なんだってやればできるのだから。

20230530_170533.jpg

自分は不器用だから、自分は物覚えが悪いから、なにやっても長く続かない。その考えがいけないのだよ。たとえ不器用だろうともの覚えが悪かろうと10回やってだめなら100回やってごらん、100回やってだめなら1000回やってみなはれ、そうすればできるから。

どんなことでも諦めてはいけない。
やればできるのだから。

一度できるところまでいくと、できるということが尊く感じるようになります。そうなると自分の生活自体が、自分の理想や希望に近い状態になってきます。なにか一つ成し遂げた人間は、また次の何かを成し遂げようと一生懸命努力します。それを繰り返すことによって理想の人生を手に入れることができるのです。

不器用でも構いません。物覚えが悪くても構いません。ウサギとカメなら自分はカメになればいい。カメのように一歩一歩前進していけばいい。ゴールに早くたどり着いたウサギはその間によそ見して崩落な人生を歩むから、カメであるあなたはよそ見せず一歩ずつ確実に前に進めばいい。

大切なのは、やること。
できると信じてやること。

やらなければだめだよ。
なんだってやればできるのだから。


ユーチューブ(沖川の恋愛日記)はこちらをクリック
チャンネル登録・高評価よろしくお願いします。


沖川の電子書籍はこちらをクリック


誰だって苦悩は嫌ですよね。

だが、本当の幸福はこの苦悩の中にある。


aurora-1197753_1920.jpg

つまり、幸福はこの苦悩を楽しみに振り返ることにある。苦悩は平穏な暮らしにあるのではない。平和で安定した生活は、ある意味幸せかもしれないが、だが、そこで成長が止まってしまう恐れがある。

今、苦悩の中にいる人の方が、この状態をなんとかしようと必死に戦っているので、苦悩の中でも成長しようとする働きがある。
苦悩を楽しみに振り返ること。どうすれば楽しみに替えられるか?それは今までの平穏な考え方を捨てることだね。そして、今までの常識も捨てること。

苦悩を辞書で引くと「物事がうまくいかず、どうしてよいか迷い、あれこれ苦しむこと」をいう。苦悩の中で成長しようとしている人は、この辞書を正反対の意味に変換する。

苦悩は、物事がうまくいかなくて当たり前、そこに学びがある。どうしていいか迷っているときは、どうすればうまくいくか真剣に考えること。あれこれ苦しんでも道は拓けないので、苦悩を乗り越えて突き抜ける心の強さを持つこと。

苦悩の中で成長しようとしている人は、心を鍛える方法は苦悩の中にあると考えている。そして、苦悩と戦っている間に喜びが生れ、苦悩そのものを楽しんでいる。苦悩が面白いと楽しむことができれば、そこに幸な感情が芽生える。

苦悩という辞書には幸福というものはない。だから、常識を打ち破ること。苦悩という辞書は、幸福を意味すると変換すればいい。

そうすれば苦悩の中から幸福を感じられるようになる。苦悩中から幸福を感じられるようになるには、突破しなければいけない。健康や運命の中に存在する苦悩を乗り越えて突き抜ける強さを心にもたせることである。

苦悩と戦いなさい、成長する君の人生のために。


ユーチューブ(沖川の恋愛日記)はこちらをクリック
チャンネル登録・高評価よろしくお願いします。


沖川の電子書籍はこちらをクリック


girl-1822702_1920.jpg

自分は運が悪いなと感じたら、不運から心を切り離すこと。

うまくいっていない仕事から心が離れたときは、仕事がうまくいっていなくても、その人に仕事の悩みはない。うまくいっていない恋愛から心が離れたときは、恋愛がうまくいってなくても、その人に恋愛の悩みはない。病気で辛いときも、病気から心が離れたときは、その人は病人ではない。


私の好きな言葉、「病は忘れることで治る」

いつまでも「自分は病気だ、病気だ」と思っているから病気は治らないのであって、忘れてしまえば治る。それと同じようにうまくいっていない仕事もうまくいっていない恋愛も、忘れてしまえば治る。早く忘れることだね。

寝ている人間は何も知らない。目が覚めて(「ああ、仕事がうまくいっていない、恋愛がうまくいっていない、自分には病がある」と思うんじゃないか、寝ている時は忘れているのに、目が覚めたら運の悪さを思い出している。

目が覚めて運の悪いことばかりを考えていたら、それは運が悪くなるよ。だから、不運から心を切り離すことだね。

心を切り離すことは難しいです。簡単にはできません。

それはそうだろうね。

悟りを得た達人ではないから、一般の人には難しいかもしれませんね。

でもね、こういった勉強を少しずつ積んでいけば心が切り離せるようになるよ。

「病は忘れることで治る」今日はこの言葉を勉強しましょう。

病気のときのあなたは病気のことだけを考えて、健康なときのあなたは病気のことを忘れているではないですか。自分は病気だ病気だと思っているときは病気は治らず、薬を飲むことをやめて、病気のことをわすれたとき、病気が治っているではないですか。それと同じように、病に対しては心を切り離すことができれば、どんな不運でも好転するよ。うまくいっていないことは心の病だからね、だから心を切り離すことだよ。


ユーチューブ(沖川の恋愛日記)はこちらをクリック
チャンネル登録・高評価よろしくお願いします。


沖川の電子書籍はこちらをクリック


自分が主人公になって生きる

hand-g5d55a377d_1920.jpg


「いま」「ここにある」ことに一生懸命生きれば、自分が主人公になれます。人生の主人公は誰だ?それは、あなたです。人生の主人公はあなたであって、他の誰でもありません。主人公はあなた自身なのです。

自分の人生は、自分が主人公になるべきです。自分がプロデュースして、自分が出演して、自分が演技しないと、つまらないではありませんか。

他人に主人公の座を渡すものではありません。他人に主人公の座を譲る人は、依存心の強い人と相場が決まっています。依存心の強い人は、いつまで経っても自分が主人公になれません。そうなれば、人生はつまらなくなり、心も疲弊してしまうでしょう。

他人に依存する人は「いま」を一生懸命に生きていません。いつか他人が助けてくれるだろうと人の助けを心待ちにしているのです。他人が助けてくれなければ、神が助けてくれる、あるいは運が良くなって運命が自分を助けてくれると思っています。

だが、その助け来ません。
いつまで経っても来ません。

誰も助けてくれなければ、自分で自分を助けるしかないのです。これを自助努力といいます。

自分の人生は自分で努力して自分を助けるべきです。だから、自分が主人公になるしかないのです。

自分が主人公になるためには、「いま」を一生懸命生きることです。「いま、ここにやることがあれば」それを一生懸命やることです。

いまここにやるべき仕事があります。それをあなたは悩みで放置しているとなれば大問題です。仕事をすることよりも、頭の中は考えることでいっぱい、仕事をすることよりも頭の中は将来の不安でいっぱいだとすると、あなたは主人公になれません。これはあとから重大な問題となって、あなたの人生を狂わせることになるでしょう。

人生を狂わせたくなかったら、いまやるべきことに一生懸命取り込むことです。仕事が大嫌い!かったるくてやる気が起きない!なんていっていないで、強引に強制的でもいいから仕事に取り込むことです。この仕事をやっても意味がないとか、やっても無駄だとか、誰も認めてくれないなんていっていないで、一生懸命取り込むことです。

人生の主人公とは孤独かもしれません。みんなが嫌がる仕事を人知れず淡々とこなしているからです。常に怠けようとする自分の心と戦いながら、怠ける心を強引に制して、仕事に取り組むからです。自分が主人公になるためには忍耐力が必要です。いまは成果がなくとも根気よく続けていくしかないという忍耐力。つらいけど、しんどいけどこれしかないのです。

だから、主人公になるのは大変なのです。全責任が自分に舞い込んでくるから。

でもね、責任は重いけど、捨てたものではありません。主人公は大変だけど、やりがいもあります。このやりがいが、生き甲斐となり、運命を好転させます。この味を覚えたら、間違いなくやみつきになります。そうなればしめたもの、あなたは主人公となって、自分の人生の晴れ舞台のセンターが務められます。

「いま」を一生懸命生きれば、自分が主人公になって生きられる。この言葉を忘れないようにしてください。

ユーチューブ(沖川の恋愛日記)はこちらをクリック
チャンネル登録・高評価よろしくお願いします。


沖川の電子書籍はこちらをクリック


悲しいときや辛いときがあったとき、すぐに悲しんで泣いてはいけないよ。

そういうことがあった日は、すぐに心を入れ替えることだね。


消極的な出来事のあとに自分の心が積極的になれば、人間に対する敵対心がなくなる。

そうなれば、自分にひどい仕打ちをした相手も許せるようになる。相手を恨めば自分が損するだけ。微笑み返しでぎゃふんといわせればいい。


どんな場合でも心を積極的に、明朗活発に生きよう。

一切の悲しみを微笑みにかえてごらん。そうすると、悲しみや苦しみなどの不幸は向こうから去っていく。辛い出来事だっていつか喜びに変わる。

悲しみを微笑みに変える人は心に余裕のある人。人間心に余裕を持たないとね。心に余裕があれば、世知辛い世の中でも、たくましく生きていけるよ。



20230509_135253.jpg

本日15時に配信。
「結婚するための5つの条件パート3」よろしければご視聴ください。



沖川の電子書籍はこちらをクリック


自分の不安をぶつけようにも誰も聞いてくれない。

友人に話しても、家族に話しても、誰も理解してくれない。

勇気を振り絞って話したとしても、バッシングを受けるだけ。「あなたの話は非常識で異常よ!」と相手にしてくれない。
私の話は誰も理解してくれない・・・。

誰も理解できなければ、誰とも話す気になれない。そのまま私は貝に籠るしかない。誰にも話せない非常識で異常な問題を抱えたまま、私は殻に閉じこもる。

しかし、その状態が長く続けばメンタルがやられてしまう。人間はいつまでもストレスを溜め込んでおくことはできない。

そして、沖川の鑑定を受ける。

沖川の基本方針は、否定や断定をしないで、まず私自身が理解してあげること。どんな問題でも、どんな非常識で異常な問題でも、その人の心情に合わせて理解することから始めています。相談者が抱いている感情について話し相手になり、理解を促し、理解を助けることにあります。批判や断定をしないで感情の問題解決に手を貸すことにあります。

ですから、人に言えないどんな悩みでも私は引き受けています。

今まで何万という複雑な相談をしてきました。人に話せない相談もたくさん請け負ってきました。これを20年繰り返していると、それに対応できる心体ができます。そして、どんな相談にも動じないメンタルもできます。

動じないメンタルができると、どんな悩みにも動じないようになります。他では聞きたくない相談でも、私には心地よい相談に聞こえます。ああ、この人の悩みは、この人の歴史なんだねと感慨深く聞くことができます。

理解を促したあと、適切なアドバイスをする。冷静な判断で、心温まるアドバイスをする。これが私のやり方となります。これからも、緩やかに優しく心温まるアドバイスをしていきたいと思います。甘いかもしれませんが、これが私のやり方となります。



ユーチューブ(沖川の恋愛日記)はこちらをクリック
チャンネル登録・高評価よろしくお願いします。


沖川の電子書籍はこちらをクリック


人間関係がうまくいかないと仕事ができません。
毎日憂鬱で、仕事に行くのも嫌になる。それで、いたたまらなくなって辞めることにした。そんな経験、誰にでもあるのではないでしょうか。

入社した当時の人間関係は良かった。5年、10年経つうちに人間関係が悪化してきた。あるいは入社してすぐに嫌な上司に目をつけられて人間関係が悪くなった。人間関係の悪化は人それぞれですが、いずれにしても、人間が絡む仕事はいつか人間関係が悪化するものです。

それで鬱になって、会社を辞めることにした。本人はすぐに辞めたいのだけど、会社の規則上、辞めるのは1ヵ月先となっている。この1ヵ月耐えられないという不安で鑑定に来られた方がいる。

そこで私は、第一声を述べる。

「会社は人間関係をするために行っているのではない、仕事をするために行っているのだ」。

この言葉が効いたらしい。

相談者は「はっ」と我に返った。

「そうですね、会社は仕事をしに行っているのですね。その基本を忘れてわたしは人間関係で悩んでいました。残り1ヵ月間、わたしは最後の仕事を真面目に努めます」

それでいい。

会社は仕事をするところ。働いて給料をもらうところ。人間関係で悩むところではない。残り1ヵ月、もう人間関係で悩むことなく基本に立ち返って仕事をすれば、次の転職もうまくいく。いいじゃないですか、辞めるときに基本を取り戻したのですから、次はうまくいきますよ。

会社は働くためにある。働いて自分の能力と実力を高めるためにある。人間関係も仕事のうち。それも給料のうち。上司や先輩や同僚を敵に回すのも仕事のうち。

嫌な奴は顧客だと思ってワガママに応じるのも基本給の中に入っている。嫌な上司との付き合いは残業だと思えばいい。みんな仕事だと思えば、明日からいつものように出勤ができる。

会社は仕事をするところで、人間関係をするところではない。私は18歳の時、高校を卒業して社会人となったときからその方針を貫いた。だから人間関係でこじれることなく仕事を続けることができた。

朝起きて会社に出勤してタイムカードを押す。そして1日働いて帰りにタイムカードを押して帰宅する。それを繰り返しただけ。人間関係?「そんなの、くそくらえ」私は明日も会社に行って仕事をするだけ。仕事が務めで人間関係が務めではない。

では、職場の人とはうまくいったの?「ああ、うまくいった」やるべきことをやって務めを果たせば、人間関係はうまくいく。敵もいたけど味方もいた。それが社会だ、みんなと仲良くすることはない。

嫌な上司や先輩や同僚はいなかったの?「いたさ、でも全員いなくなった」嫌な奴はおそらくサラリーマン生活で100人くらいただろう。全員いなくなって、最後に自分だけ残った。なぜ、自分だけ残ったか?自分は人間関係より仕事をしたから。人間関係に絡んだ人はみんな辞めていった。

そして最後に残った自分もこの会社を追われて辞めることになった。

それがまたチャンスとなった。次の新しい仕事が待っていた。人間関係で悩まなければ、仕事は次から次へと出来るようになる。人間関係で悩んでいる時間は勿体ない。朝起きたら、悩んでないで今日の務めを果たせばいい。



川越占い館は4月23日で閉店します。

あなたに希望を与える沖川の電子書籍。

31-uSOiHOPL.jpg

新作はこちらをクリックしてください。

まずは、試し読みから。

自分の人生だ、どう生きようが自分の勝手だ。

もちろん、自由に好きに生きていいが、他人に迷惑をかけないこと。他人にさえ迷惑をかけなければ、どうぞ好きに生きてください。人生はあなたの自由ですから。

果たして他人に迷惑をかけないで生きていくことができるか?多くの人は他人にお世話になっている。生まれてから親のお世話になり、学校に行けば教師のお世話になる。

社会人になれば先輩や上司のお世話になる。電気・ガス・水道・交通機関・ネット・スマホ・スーパー・レストランなど、人間が文明的に生きていくためには、そこで働いている人々のお世話になっている。

お世話になるということは、それなりに迷惑をかけていることにもなる。人間は一人では生きていけないから、誰かのお世話になり、誰かに迷惑をかけていることになる。

そこで、自由に生きていくのは感謝が必要となる。着れる洋服があってありがとう。住む場所があってあいがとう。ご飯が食べれてありがとう。まず、衣食住に感謝しよう。自分がそれを手にするために、たくさんの人のお世話になっているからだ。

そして贅沢品にも感謝しよう。ネット・スマホなどの様々な電子機器、テレビ・ラジオ・洗濯機・冷蔵庫などの家電製品、車やバイクや自転車などの移動手段、電車やバスやタクシーなどの交通手段や交通機関、江戸時代はそんなものなかった。今は何でも揃っているこの時代に感謝しよう。

私たちは人類が誕生して以来、最もたくさんの恩恵を受けている。この時代に生まれたことを感謝しよう。「本当にいい時代に生まれた」という気持ちで生きていけば、感謝の気持ちも高まります。

感謝を忘れた人間は「人・金・モノ」を粗末にする。

恋愛が長く続かず、金が手に入れば浪費に走り、買った商品もすぐに飽きてしまう。「人・金・モノ」を大事にしない人たちが増えている気がする。なぜ大事にできないか?それは感謝の気持ちが足りないからです。

自分は結婚せず自由に生きたいというのなら、恋人を作らず自由に生きてください。それでは寂しくて生きていけないというのなら感謝の気持ちを持って恋人を大事にしてください。

お金がなくても生きていけるというのなら、貧乏生活に耐えてください。貧困が不幸だと思うのなら、一生懸命働いてお金に感謝して貯金することです。

買った商品は粗末にせず、大事に使ってください。今の時代は便利な世の中です。身の丈に応じたモノで十分に楽しい生活が送れます。この商品を作った人々の苦労に感謝できれば、飽きることもなく大事に使うことができます。

感謝さえ忘れなければ、今の時代は、誰でも自由が手に入ります。そして感謝さえ忘れなければ他人に迷惑をかけることもありません。

他人に迷惑をかけているのは、感謝を忘れて自分勝手に行動しているからです。自分さえ良ければいいという考え方が、他人に迷惑をかける行動です。ですから、自分勝手を慎み感謝を忘れないことです。

本当の自由とは、自分より他人を優先することです。そこには人を大事にしている感謝の気持ちがあるので、器の大きな自由が手に入ります。自分をより他人を優先することで、大きな自由を手にすることができます。



川越占い館は4月23日で閉店します。

あなたに希望を与える沖川の電子書籍。

31-uSOiHOPL.jpg

新作はこちらをクリックしてください。

まずは、試し読みから。