ホーム > カテゴリ: 恋愛・結婚・復縁 
付き合って2年の彼がいますが、半年間音信不通になっていまして10月中旬頃やっと第三者の協力によって連絡が来ました。「携帯を落として間が長くあいてしまい連絡しづらかった」というのが理由らしいのですが、男性心理はどんな気持ちなのでしょうか…その後、どれだけ辛いのかを話しましたら徐々に連絡は来るようになりましたが、まだ不安です。普段から愛情表現を口に出さず、気持ちを聞いても答えてくれず寡黙で無口で、質問に答えてと言われると嫌がり…言葉でなく行動を見ていると急に音信不通になる事もあります。そういう男性の場合の彼女に対する愛は、何を見たら分かるのでしょうか?

寡黙で無口、普段から愛情表現をしない男性の特徴は?
おそらく気が弱いのでしょう。気が弱く自信がない。そういうタイプの男性は、優しさもありますが優柔不断のところもあります。こういったはっきりしない男性と付き合えば、女性は常に不安とイライラと心配がつきものです。彼が何を考えているか解らないからです。

彼は何を考えているか解りますか?「さあ、解りません」これが私の答えとなります。そういう男性の愛は何を見たら解りますか?ありのままの事実を見ればいいのです。

ありのままの事実を見れば、彼に期待と依存はできない。女性が苦しむのは期待できない男性に期待するからです。期待を外せば、ありのままの事実を見ることができます。ありのままの事実を見れば、「これは自分でコントロールするしかない」ことが解ると思います。

彼は気が弱く面倒くさがり屋で優柔不断。ちょっと気分が塞がるとすぐに逃げる。圧力とプレッシャーに弱いので、ちょっとしたことで音信不通になる。でも、気が弱く、ずっと音信不通にはできない。第三者が口を聞けば、人に嫌われるのを恐れる性格で、人に迷惑をかけているのを恐れる性格で、自分が悪いことをやっていることに常に罪悪感を持っている性格で、罪の意識で音信不通にした彼女に連絡を取ってくる。携帯を落としたという下手な嘘で・・・。彼が何を考えているか解りませんが、心理を推察するとこういう流れになると思います。

さて、こういう男性とどう付き合うか?
まあ、そんな彼を愛したのも自分の責任です。
自分の責任だと、腹をくくりましょう。
そして、もう二度と依存と期待はしないと腹をくくりましょう。
こういうタイプの男性との付き合い方は、
「癒やしより管理です」
愛は癒やしではありません、愛は管理です。
あなたが自身が自分と彼をどう管理するかです。

最後に管理方法を教えます。
1、依存と期待をしないこと。
2,優しく丁寧に根気よく接して彼を教育すること。
これが管理の方法です。

1は上記で説明したので省きます。
2から説明します。
2の優しく丁寧に根気よく接して彼を教育することですが、彼は寡黙で無口で気の弱いタイプですが、プライドがめちゃ高いタイプです。自分を守るプライドが人一倍高い。こういう相手に責めてはダメです。こういうタイプを相手にすると、女性は感情的になってヒステリックになって責めるクセがありますが、このやり方は間違っています。管理とは、まずは自分の感情を管理することです。あなた自身の感情を自分で管理してコントロールしないと、優しく丁寧に根気よく接して彼を教育することができないからです。

なぜ優しく?なぜ丁寧に?こういうタイプだからこそ、優しく丁寧に接しなければなりません。責めたら逆の効果になります。根気よく優しく丁寧に接することで良い効果になってくるのです。これが管理です。続けることです。優しく丁寧に接することで最初は舐められるかもしれません。でも、根気よく続けることで徐々に効果が出てきます。やがて、彼の心の扉が開くでしょう。そうなれば、彼を教育することができます。彼をどう教育するか?あなたがティーチャーになって自分と彼を管理しながら教育していくことです。自分が願っている方向に、どう教育するかは?この男性を愛したあなたの責任です。



焦っている人をときどき見かける。
せっかちな人もときどき見かける。
せっかちで焦っている人が大成したことはない。

現代人はスピードが命。
それも解る、もたもたしているとチャンスを逃すからだ。
ただせっかちはスピードではない。ただ焦っているだけだ。
スピードは明瞭活発な動き。焦りはパニクった動き。
どちらに軍配が上がるか、それは説明しなくても誰にでも解るでしょう。

今やっているこれは、焦りなのか?スピードなのか?よく考えてみること。
よく考えれば、スピードには余裕があり、焦りには余裕がない。
スピードは明瞭活発な動き。焦りはパニクった動き。
明瞭活発な動きには余裕があり、パニクった動きには余裕がない。

さてここで、待つことの大切さを学ぼう。
「人間の進歩の速度は実にゆっくりしている」
偉大な成果は、決して一瞬のうちに得られないものではない。そのため、一歩ずつでも着実に人生を歩んでいくことができれば、それを本望と思わなければならない。

この下りは「自助論」 S・スマイル著から引用した。

人間の進歩の速度は実にゆっくりしている。この文章を読んだとき、一気に待つことの大切さを覚えた。今まで待つことの大切さを知らなかったが、この文章を深く読めば読むほど、待つことの意味や大切さを深く知るようになった。「いかにして待つかを知ること、これこそ成功の要諦(ようてい)である。」フランスの哲学者メストルも語っている。

仕事でも恋愛でも、成就するためには、ほとんど報われないような辛い努力を何年も続けなくてはいけない。報われない努力を何年も辛抱強く続けることがあなたにできるだろうか?わたしは・・・できない。それが大方の意見だと思う。20年前までは私もそういう人間だった。報われない努力を放棄した人間の一人だった。それがどういうわけか、今日ブログを書いている。しかも15年、毎日。いつの間にか、報われない努力を何年も続けている自分がいる。成就するためには、こういった努力が欠かせないことを身にしみて覚えた自分がいる。どんな仕事でも、それを好きになるよう自分自身を慣らしていく。たとえ報われなくても、この仕事が好きになるのが一番。恋愛でも仕事でも好きになるのが一番。好きならば、報われなくても続けることができる。続ければ、いつか成就することができるからだ。


まとめ
正しい待ち方とは、必要なことを真剣にやることだ。
一刻も早く成果を得ようなどと思ってはダメ。焦った人は成功しない。
たとえ今は報われなくとも、必要なことをコツコツと続けることである。
あなたにも、やらなければならない必要なことがあるはずだ。
仕事であったり、家事であったり、子育てであったり、資格の勉強であったり、運動であったり、あなたにとって必要なことは生活の中にたくさんあるはずだ。待っている間は、必要なことを真剣にやることだ。そうすれば必要なことに力がつき、あなたは何でも叶えられる力がつく。あなたが必要とするものは何でも手に入るだろう。



DSC_1460.png



順調かと思った恋愛がうまくいかなくなり、仕事も失敗の連続なこの半年。妄想と現実を比べては妥協へ逃げて、自己肯定出来ず、劣等感に苛まされる日々。夏からこちらのブログを読み始め、思い当たる事ばかりが書かれていました。自分磨きとは何か?から始まり、自分を見つめ直し、とにかく片っ端から色々やってみました。それでも、悶々とした日々は続き、思うように事が運ばず、とても辛かったです。今、ようやく少しモーターが回転してきたような感覚があります。まず、恋愛脳から脱却すると、視界がクリアになりました。職場でも恋愛でも、相手の意図が読み取りやすくなりました。過度に期待に応えようと思わなくなり、相手の態度に合わせる事ができます。こちらも相手に期待しなくなると、気が楽になりました。

自分を大事にしてくれる友達や家族と向き合い、自分に必要かなと思う挑戦をしてみたり、僅かでも自分の長所を見つけるようになりました。依存してるつもりはなかったのに、案外仕事や恋愛している自分に酔ってたなと思います。なので、それを失うと自分でなくなってしまいそうでとても怖かったです。今は、人のイメージにあわせない、私らしさと言うものを追っていこうと思っています。孤独と自立は違うのですね。

恋愛脳から解放されましたが、それでも彼のことは好きです。私に出来る程度で、寄り添ってあげられたらな…と、思っています。それに、私の中でのハイスペック男性の条件を羅列してみたら、まるで彼は逆タイプ。そう言うのが、面白いんだろうなぁ。


私の好きな言葉は「必要なことをすれば、それ以上のことを得る」という言葉です。
とにかく片っ端から色々やってみました。それでも、悶々とした日々が続き、思うように事が運ばず、とても辛かったです。今、ようやく少しモーターが回転してきたような感覚があります。必要なことを見つけるのに、とにかく片っ端から色々やってみる、それが一番良い方法だと思います。ちゃんとした目標がある人はいいですが、ほとんどの人はちゃんとした目標など持っていません。あるのは妄想と妥協の世界。ただその日を何となくボーッと生きている、それが大半です。自分は何をやりたいのか?どこに向かっているのか?目標などなく、ただただ今の生活に依存して甘えているのが現状です。妄想と妥協の世界が満足なら、それでいいでしょう。それはそれで幸せだからです。でも、それでは満足できない、それでは幸せではない。幸せでない、満足できない事例が発生するように出来ているのが人の人生なのです。

満足できない事例が発生するとは?
それは自立に向かった行動の中にあります。就職や恋愛は自立に向けた行動。仕事がダメになり恋愛がダメになる。自立に向けた行動は満足できない事例が発生するようにできています。仕事がダメになり、恋愛がダメになる。こういった苦しみは誰にも経験があると思います。人間は生きている間、艱難辛苦と闘わなければならないからです。

妥協と妄想とは、闘いから逃げた人たち、あるいは逃げようとする人たちのことをいいます。
逃げようとする人たちは、このまま放っておけばしばらく経って良くなる、その間妄想にふけっていようという人たちです。もう十分に闘った。いろいろ試してみたが、みんなうまくいかない。転職もうまくいかない。婚活もうまくいかない。もう疲れた・・・こんなしんどいのはもうたくさんだ。それから、「もういいや」と妥協に入り、あとは妥協の中で妄想にふける。これが妥協と妄想です。

心の痛みの中にこそ、妥協と妄想を打破する目標が見つかる。
いつまでも妥協と妄想にいたのでは心が腐ってしまいます。人間はこの世界では満足できないようにできているのです。妥協と妄想が心地よいわけありません、絶対に、ないのです。ここにあるのは心の痛みだけです。自分が何もしないことの痛み。何かをやっても、どうせうまくいかないという失敗の痛み。失敗の連続によって、やる気が起きないという痛み。それで妥協と妄想の世界に入るが、その世界にもこれでいいのか?という痛みが発生します。

この・・・心の痛みの中にこそ、あなたの目標があるのです。
この目標が今は何なのか解りません。解らないけど、何かをやらなければいけません。何かをやる・・・何を?それは必要なことをすればいいのです。「必要なことをすれば、それ以上のことを得る」あなたにも、今やらなければならない必要なことがあるはずです。必要なことをやってください。必要なことを諦めずに続けてください。そうすればそれ以上のことを得る目標ができます。心の痛みの中に目標がある。自分磨きは必要なことを妥協せず続けることで変化が起ります。



彼を選んだのは自分の責任。今の仕事を選んだのも自分の責任。
結局は自分が選んだことが未来に繋がるのですよね。彼とお別れして、もう1年半以上たつというのに、私は未だに彼に依存しています。過去の幸せだった思い出にひたり、あんな人もう出会えないと思ったり、snsを見るのをやめられず。彼はとっくに前に進み新しい幸せを掴んでいるのに。私はいつまでも執着、依存してしまっています。仕事も環境もかえたほうがいいとどこかでおもっていても、なかなか勇気がでない。結局どちらも自分で苦しいほうを選んでしまっている。自覚はあるのにやめられない。30過ぎ、結婚もしたい。子供もほしい。でもなかなか婚活してもうまくいかない。好きな人すらできません。でもそれは自分のせい。ほんとに毎日毎日苦しいです。こんなに辛くても無理して諦めず頑張ってれいば明るい未来はくるのでしょうか。


人生は全部が自分の責任。
彼を選んだのは自分の責任。今の仕事を選んだのも自分の責任。「何を選んで何を選択するのか、全部が自分責任」こう明記すると厳しいですよね。でも、それが人生。厳しいのが人生。そこに甘えも依存も許されない。さらに事実の上書きをすると厳しいですね。まあ、これが人生だから仕方がない。

こういうときは、誰かに優しい言葉をかけてほしいですね、「大丈夫だよ。諦めずに頑張れば明るい未来が来るよ」と。どうなのでしょう?明るい未来は来るのでしょうか?さあ・・・わかりません?

ひとつ言えるのは、来ないということです。
理由は嘆いているからです。苦しんでいるときは明るい未来は来ません。明るい未来は明るくならないと来ないのです。苦しんで嘆いて誰かに助けを求めて依存しているうちは来ないのです。またまた厳しいことを言いましたね。お許しください。

未来を変えるために現状があるのです。
今の嘆き苦しみ、心の痛みは未来を変えるためにあるのです。今のままでは不安で悲しい未来しかありません。心配ばかりが募る恐怖の未来しかありません。これを変えるために、今の心の痛みがあるのです。心の痛みは、最初は嘆きばかりです。言葉に発すること、心に思うことは、今後の不安しかありません。自分は30歳を過ぎている、結婚もしたい、子供も欲しい・・・けど、それが達成できていない。厳しい現状にさらされている将来の不安による嘆きしか最初は発生しません。これが心の痛みの最初の動きです。その嘆きの世界にずっといてください。きっと頭がおかしくなりますから。誰しもその世界に長くいたくない。だから現状を変える努力をするのです。現状を変える努力は心の痛みの中にあります。心の痛みは個人個人違います。各個人が現状の心の痛みを分析して、努力する方向性を見つけるしかありません。

方向性を選択するときは、高いリスクを払う必要があります。
方向性を見つけることも選択です。何を選んで何を選択するか、それも各人「自分の責任でやるしかありません。」どんな方向性がいいのか?それは個人個人違います。人によって何が大切なのか、何が重要なのか、何が問題なのか、何が優先なのか違うからです。一番いい方向性の見つけ方は、一番辛い選択です。あなたにとって一番辛い選択は「彼を諦めること。」これが一番辛い選択かもしれません。でも、これが今の嘆きの現状を打破するという分析結果になったのなら、心を鬼にして、この選択をしなくてはいけません。好きな人を完全に諦める。好きな人に二度と執着しない。SNSも見ない、完全に消去する。好きな人を諦めるという高いリスクを払ってこそ、今の嘆きの現状を打破し、自分の人生に責任を取れるようになるのです。

厳しいことを書きましたが、嘆き苦しみの世界にいるより、厳しい現実に立ち向かうことがいかに重要か、それを解って欲しくて記事にしました。



彼を選んだのはあなたの責任だ。
こう書くと、皆さんは凄いプレッシャーに苛まされると思う。


責任・・・そんなの嫌だ。
責任・・・そんなの取りたくない。
わたしは自己責任という言葉が・・・嫌いだ。
ただでさえ弱っているのに・・・「自分で責任を取れ」なんてひどい仕打ちだわ。

自分ではどうすることもできないから誰かに助けを求めているのに、「誰も助けてくれないよ、人生は自分の責任だから」と言われたら、どこに助けを求めればいいの。

自分で責任を取れる強い人間ならいいけど、わたしみたいに責任を取れない弱い人間はどうやって生きていけばいいの?

世の中は強い人間ばかりではないのよ。わたしたちみたいな弱い人間だってたくさんいるのよ。恋に悩む女性は大勢いるわ。彼氏のことで、夫のことで、どうすることもできなくて悩んでいる女性は大勢いるのよ。それを「選んだのはあなただ、責任を取りなさい」と一言で片付けないでほしい。

責任について、そこまで嫌がらなくても毛嫌いする要もない。
また、自分は責任が取れない人間だと落胆する必要もない。
そして、「彼を選んだのはあなたの責任だ」これも大袈裟に考える必要はない。
これらはすべて事実だからだ。責任とは事実を受け止めることにある。
事実を受け止める、これがまず責任の第一歩。
事実を湾曲したり妥協しなくてもいいように事実として認めること。
事実に嘘をついてもダメ、事実は事実だ。
事実を妄想でごまかしてもダメ、事実は事実だ。
今の状況が嫌なら、嫌なものは嫌と認めて、初めて責任のなんたるかが見えるようになる。

責任を大袈裟に考えなくていい、責任は単なる基本だ。生きていくための基本だ。
私は「選んだのはあなたの責任だ!」といってあなたをいじめているわけではない。
私はなにも弱い者いじめをしているわけではない。私はどちらかというと弱い者の味方だ。
それは私自身が弱いから、弱い者の味方に私自身がなるようにできているといっていいだろう。

責任を強いプレッシャーだと考えなくてもいい。ただ事実だと考えることにしよう。
事実だと考えることで、責任を果たす心構えができる。その心構えはやがて使命を果たす努力となり、今の悪い状況を好転させる人生の目標となるはずだ。

そう考えると、責任はプレッシャーより、リラックスした考え方となる。
悩みやプレッシャーは、決められない優柔不断からきていることが多い。
決められないから妄想に走り、またネガティブの世界で右往左往することになる。
事実を認めない人は、いつまで経っても妄想と悩みの世界にいる。

責任は事実を認めること。「彼を選んだのはわたしの責任だ」と事実を認めること。
こうなったのも、全部わたしのせい、わたしの責任だと事実を認めること。
事実を認めれば、今後わたしが何をやるべきか見えてくる。
努力の方向性もしっかり認識される。
ある意味開き直った考えももてるようになる。
しかたがない、しょうがない、こうなったらやるしかないという開き直った考えだ。
悩みやプレッシャーは決められない優柔不断から来ている方が多い。
決められないからきているのだ。
責任を取ると決めれば、もう悩むことはなくなる。そして優柔不断もなくなる。
責任を果たす努力にまっすぐ向かうことができるからだ。



本日は時間がありますので、コメント返しを致します。
29歳婚活中。婚活パーティーに通っていますが、
中々良い出会いに恵まれず、悪あがきで始めたアプリ。
私は関東在住なのですが、
男性たちのドライさに驚きます。
何百人とアプローチがきたりしても、
心が暖かそうな人、今のところゼロです。笑
人間ってこんな冷たい生き物だったっけと。
エリートな男性ほど、平気で人の心を踏みにじる、
人の気持ちがわからない、思いやりのかけらもない、
自分さえ良ければ平気で嘘をつく、という印象。
私が見つけていないだけで、
中身が素晴らしい方も沢山いるんだろうけど。
婚活に疲れて病んで苦しい。でも頑張らないと出会いが作れない。
結婚相手に出会えばそこで終わる。それまでの試練。
不眠が続くほどメンタルにきてて、毎晩泣けてきます。
大切に育ててくれた家族、
私を何よりも大事にしてくれた元彼、
その人たちのことを思い出して踏ん張ってるけど、
自分を見失いそうになってしまいます。
先生に、この苦しい先に、
明るい未来が必ずあると言ってほしい。
あー辛いです。笑 lavender  


エリートな男性ほど、平気で人の心を踏みにじる。
そうかもしれません。私はそのことを日頃の鑑定で如実に感じています。エリートな男性ほど、平気で人の心を踏みにじる。その話を目の当たりにして日本は大丈夫かなと心配したりします。でも、それは本物のエリートではありません。本物のエリートは平気で人の心を踏みにじることはしません。人の心を豊かにする、これが本物のエリートだからです。きれい事を言っているわけではありません。本物は確かにいるのです。ただ今はその人に出会っていないだけ、そう思えばいいのです。

苦痛の中に答えがある。
中身が素晴らしい方も沢山いるんだろうけど。婚活に疲れて病んで苦しい。でも頑張らないと出会いが作れない。結婚相手に出会えばそこで終わる。それまでの試練。不眠が続くほどメンタルにきてて、毎晩泣けてきます。今は悲惨で泣けても目的が達成できれば、その涙は喜びに変わります。苦痛なときに答えがある、そのまま頑張り続けることを期待しています。

さて、その頑張りだが。
結果をどう生むかです。頑張りの先には結果が待っています。良い結果か悪い結果か、それはその人の頑張り次第です。lavenderさんは、とても前向きに行動しているみたいなので、きっと良い結果になるでしょう。試練と戦いながら負けないでいい結果を残してください。明るい未来が必ずあると言ってほしい。それは私が言うのではなく、lavenderさんご自身が自分に言う言葉です。あなたなら良い結果を生むことができます。これは褒め言葉でも妥協でもありません。実際に頑張って努力して行動しているからです。結果は努力によって生まれます。結果は行動によって生まれます。家の中の妄想では生まれません。どんなに素晴らしい本を読んでも生まれません。試練と向き合いながら真摯に行動して生まれるものです。頑張るとはそういうことです。




多くの女性が考えすぎです。
でもまあ、これが女性なのかもしれません。
女性は考えるためにこの世に生まれてきたのかもしれません。
(信じるより疑う)女性の頭の中は疑惑の宝庫です。
なぜ宝庫としたか?心の痛みは宝だからです。
この宝を苦しみの材料とするか、成長する材料とするか、それはその人次第です。
心の痛みを宝に変える。これが私の鑑定の基本となります。

様々な悩みを抱えた人々がここを訪れます。
先週彼と別れました。別れの理由は彼の都合で、とても納得できません。
彼との連絡が取れません。なぜ彼はそんなことをするのか?意味が分かりません。
彼に浮気疑の惑があります。追求しても彼はごまかすだけです。
彼は私と会っているときもスマホばかりいじっています。そして、ときどきトイレに行って席を外します。
彼はオレ様で自分勝手です。付き合っていて疲れます。
彼には常識がありません、彼の不誠実さにほとほと嫌気がさしています。
彼に思いやりを感じません。わたしのことが好きなのか分からなくなりました。
彼は嘘つきです。仕事も恋愛も嘘でごまかしています。
彼は外面はいいのですが、わたしに対しては卑劣な男です。
彼はわたしを舐めているのでしょうか?わたしのことを見下しているばかりです。
彼と10年も付き合っても結婚が見えてきません。そしてとうとう別れを切り出されました。人生最大の裏切りです。
思いつくままに記述しましたが、ここに列挙したのはごく一部です。心の痛みの材料はこれの数万倍あるでしょう。
いすれにしても、その彼を選んだのはあなたの責任です。

心の痛みは責任を取ることで宝に変えることができます。
人のせいにしてはいけません。すべてが自分のせい、自分の責任です。
傷ついた心を人のせいにすることで、一時期は癒やしになるかもしれません。でも、根本的には何も変わらないのです。心の病気を持っている人が精神安定剤を飲んで病の症状を一時期は抑えることができたとしても根本的は何も変わらないのと一緒です。苦しみを一時期中和させて軽減する、それはそれでいいのですが、根本は何も変わらないのです。変えるには、痛みを伴うことです。とてもきつい言い方ですが、すべての責任は自分にありと思うことです。悪いことをしているのは相手かもしれません。でもその相手を選んだのは自分です。自分で選んだ以上、自分で責任を取るしかありません。なぜそんなきついことを言うかというと、心の痛みの中に、自分を成長させる宝があるからです。この宝は成長する宝。強く逞しく生きる希望を持った宝。あなたの人生を劇的に変える宝なのです。心の痛みだけに終わらせてはいけません。痛みに苦しみ嘆いて妥協してはいけません。妥協すれば、あきらめれば、あなたは痛みによって人生を破滅させます。ここから始るのですよ、あなたの心の痛みとの戦いが。この心の痛みを宝に変えてください。

私の鑑定方針は心の痛みを宝に変えることです。
正直言ってあなたの性格やあなたが愛している彼の性格は、私にとっては難しいことではありません、いとも簡単に見抜くこともできます。あなたがどれだけ心を痛めているか、誰よりも理解しています。そしてさらに私はあなたの真髄を見抜いています。あなたの潜在意識が何を望んでいるか当てることができます。手相を観ればすべて解るからです。でも、当てたからっと言って根本は何も変わりません。そこからあなたの訓練である治療が始らないと何も変わらないのです。私は医者ではないので治療と言う言葉を使いましたが、訂正します。ここからあなたの努力が始らないと何も変わらないのです。努力の方向付けはあなたの潜在意識にあります。ここにあるのです、あなたの方向性が。これを読み取り、あなたと深い話をするのが私の仕事です。あなたの潜在意識は自分が何をするべきか解っています。そのために心を痛めることも解っています。でも、心を痛めることから逃げたり、努力をすることから逃げたりすると、何も改善されません。心の痛みを努力もって宝に変えないと、何も変わらないのです。心の痛みを宝に変える。それを今、あなたは私とやるべきです。心の痛みを宝に変える方法を。

不誠実な男性はあなたに生きる努力を与えるために存在しているのです。
心の痛みを宝に変えてください。





25歳の女性。私も違う人とたまには遊んでみたい、と心が揺れています。しかし、誠実に付き合っていく以上、罪悪感に呑まれるかと思うと行動に移せず葛藤の日々です。やはり、これは理性を保って彼だけを見続けた方がいいのでしょうか。

世の中には、一人だけを愛する一途な人と複数を愛する多感な人がいます。
男性は多感な人が多く、女性は一途な人が多い。子を産む女性は本能的に一人の男性のみを愛するのが常識となっています。そうでないと生まれている子の父親が誰だか解らなくなってしまうからです。でもそれは昔の話。今は違います。今は女性も多感な人が増えてきました。基本的には一途ですが、一途に愛する男性が少なくなったと、女性たちが感じているからです。

つまり合格する男性が少なくなった。
世の男性たちは不合格者が多い。この裏付けとなるのが、女性たちの不倫です。今の時代は男性の不倫より女性の不倫の方が多い。そして、昔なら絶対に不倫をしない真面目な奥さんが不倫をしています。なぜ真面目な奥さんが不倫をするのか?それは夫が不合格者となったからです。何年にも及ぶ期待の裏切り、家庭を顧みない冷たさ、自分勝手なワガママ、仕事人間で家族に対する思いやりのなさ、気持ち悪く下品になった夫。夫の下着は洗いたくない。生活費を稼ぐ男の役割は果たしているが、もはやロマンのかけらもない。そして最悪なことに私を女として見てくれなくなった。このまま女としての人生を終わるのは嫌だ。女を取り戻すために、不倫に走る。

多感な女性の年齢ごとの愛の略図。
30代、40代は不倫が多く、20代はマルチ(複数の男性と付き合うこと)が多い。昔は男性たちがやってきたことを今は女性たちがやっている。しかも秘密裏にしたたかに。男性の浮気はすぐにバレるが、女性の浮気はなかなかバレない。もっとも愛情に関しては女性の方が演技も愛し方も上。女性が本気になれば、不倫も浮気も男性より多くなる、そしてうまくやる。なぜなら男性より女性の方がモテるからだ。

女性は男性よりモテるが、誠実さは女性の方が上。
それで悩む。20代の女性の話に戻そう。私も違う人とたまには遊んでみたい、と心が揺れています。誠実に付き合っていく以上、罪悪感に呑まれるかと思うと行動に移せず葛藤の日々です。結婚するまで遊んでもバレなければいい、という考え方も確かにあります。「バレなければいい」周りの友達もきっとそうしていると思います。彼氏にバレなければ複数の男性と遊んでもいいと。実際にそれをやっている友達もいると思います。ネットの情報を見れば、さらにたくさんいます。刺激的で乱れた世界がこんなにあるのかと目を疑うほどあります。そこから刺激されて世の中が乱れているのは事実です。経験を積みたいという気持ちも解らなくはありません。でも、女性という生き物は誠実です。真心が第一です。私の考えは、誠実に努力して生きることを推奨しているので、不誠実な遊びはお勧めすることはできません。バレなければいい・・・他人にはバレないかもしれませんが、目撃者がいます。その目撃者はあなた自身です。あなたという目撃者はずっとそのことを見続け、ずっとそのことで悩み続けます。葛藤とは、常にあなたが目撃者だからです。誠実な心を持った目撃者がバレなければ違う人と遊んでもいいという不誠実なことはできません。これが出来る人は不誠実な心を持った人間のみです。見たところ、あなたは誠実な心を持った女性です。不誠実な目撃者にはなれないでしょう。


私がマルチを勧めるのは、不誠実な男性のみです。
誠実な女性に対して不誠実な男性がいます。
女性に対して冷たく思いやりのない男性。
自分勝手で、すぐに音信不通にする男性。
約束を守らない。誕生日は忘れる男性。
仕事人間で時間を作ってくれない、放置が当たり前の男性。
結婚する気がない。将来の期待が持てない男性。
そういう不誠実な男性に対して、マルチをやりなさいということです。
私がマルチを勧めるのは、この男性は不誠実と認めたときです。




不安とは厄介なものだ。
不安は、放っておくととんでもないことになる。
不安の積み重ねが大きなストレスを生み、やがて大爆発して取り返しのつかないことになる。本来自爆とはそういうものだ。女性たちがやる自爆だ。好きな人と決定的に別れることになる大惨事の自爆だ。なんであのとき自爆したか?それは日常の小さな不安の積み重ねが、やがて大きなストレスになったからだ。女性が男性と付き合えば、小さな不安はつきもの。それは避けられない。女性と男性では脳の作りが違う。ものの考え方や価値観も違う。何を大切にしているか、優先順位も違う。女性のストレスは、男性に大切にされない優先順位の低さから起きることが多い。男と女は何を大切にするか、何を優先するかでものの考え方や価値観が変わってくる。恋愛を優先にする女性と仕事を優先にする男性が付き合えば、恋愛を命とする女性の方が不安は多くなる。不安が多くなれば耐えきれなくなって、やがてマグマが地表に出て噴火する火山のように大爆発を起こす。もう心の底で止めておくことはできないからだ。

女性の得意分野は何だと思う?
それは不安をそのまま放って置かないで、消去することだ。そのために女性は友人に話して、知人に話して、親に話して、先輩に話して、彼氏に話をして不安を消去しようとしている。人に話を聞いてもらって不安を消去する、これが女性の得意分野だ。

だが、ボンクラもいる。
かえって不安を増やすボンクラだ。これが彼氏の場合が多い。最初は親身になって相談に乗ってくれた彼氏でも、時間が経つにつれて面倒くさくなり、彼女を厄介ものの扱いをするようになる。不安をかえって増幅させる彼氏の言葉に、どれだけの女性たちが傷ついたか数知れない。さらに最初は応援していた友人も、「こんな男はやめとけ」と望んでもないことを口走るようになる。世の中は、人を不幸にするボンクラが多い。味方が敵になることも多い。

でも、中には救いがある。
信頼できる友人だったり、信頼できる親や兄弟・姉妹だったり、信頼できる上司や先輩だったり、信頼できるその辺のおっさんだったり・・・といる。私は信頼できるその辺のおっさんの部類に入る(アハハハ)。。。救いはある、小数だけどいる。その小数の救いに出会えば、あなたの運は良くなる。この人たちがあなたを幸せに導くことができるからだ。この人たちに話を聞いてもらえば、女性の得意分野はさらに発揮され、運が好転して自信が回復する。運を良くするには、小さな不安を除去することだ。そして、小さな不安を完全に消去することだ。小さな不安を完全に消し去るすることで将来の希望が見てくる。これが女性の得意分野であり、能力だ。

男性の不安の消去方法は女性と違う。
男性は自分の悩みを人に話したりしない。話しをしたら男として終わる。男として終わるのが嫌なので人に悩みを打ち明けたりしない。打ち明けたら最後、しばらく立ち直れないからだ。人に悩みを打ち明けて立ち直れない男性は結構多い。それによって立ち直るのに時間がかかるからだ。女子化した草食系男子は、なんんでもかんでも悩みの愚痴をこぼすが、愚痴をこぼして、その後立ち直って出世したという話はあまり聞いたことがない。一時期は悩みから解放されるだろうが、また愚痴をこぼすことになる。なぜまた愚痴をこぼすことになるか?それは基本が出来ていないからだ。やはり男の悩みの解決方法は愚痴ではない。目の前の仕事に立ち向かって、それを制御してコントロールして勝ち抜いた先に悩み解決の突破口がある。悩みの解決は一生懸命仕事をして、これは制覇するしかない。

こんな男性と付き合うのだ。
そうなると女性は悩みをいいだせなくなる。愚痴もこぼしてはいけない。最初は親身になってなんでも話を聞いてくれたのに、どんなネガティブな愚痴でも快く受け入れてくれたのに、今となっては私のネガティブな悩みはすべて拒絶するようになった。そして解決策ばかり述べる。わたしは解決策は求めていない、ただ話を聞いてほしいだけなのに、彼氏は解決策だけ述べて彼女を厄介者のように扱う。快かった関係が不快な関係になった。なぜそうなったか?それはお互いが相手の性質を知らないからだ。男女の性質や、ものの考え、価値観、何が優先で、何が重要か、知らないからだ。知れば、この問題は解決するようになる。あなたはこんな男性と付き合うのだ。これを知ることで、あなたの悩みは軽減する。そして、こんなことに不安を持ってはいけないことに気づくだろう。

そうはいっても女性は小さな不安の塊だ。
だから不安は取り除こう。
不安はちいさなうちに取り除くべきだ。
彼氏が役に立たないのなら、救ってくれる人に相談を持ちかけよう。
そうすれば、勇気と希望が見えてくるはずだ。
女性の将来の夢と希望は、この小さな不安を取り除くことから始まる。


過去の悲しい出来事。
過去の楽しい出来事。
小さな思い出はたくさんある。
初めて恋をした・・・甘くて切ない恋。
手探りの恋・・・楽しいのになぜか胸が苦しみ、うまくいかなくなってさらに胸が苦しむ。
自分のやることなすことが、全部相手に嫌われるのではないかという不安で苦しむ。
良かれと思ったことが、相手にとっては迷惑だったのではないかと思うとさらに苦しむ。

どうしていいか?分からない。分からないのが初恋かもしれない。そして初恋は分からないままに終わった。別れた理由は解明できない。あの頃は若かった、若気の至りで終わったとしかいえない。今は小さな思い出になった、滅多に思い出せない記憶の断片の中にある。どの人にも、滅多に思い出さない記憶の断片みたいな思い出があるだろう。昔を惜しんで昔を懐かしむ、甘くて切ない思い出があるだろう。私はそれを宝物と呼んでいる。切なかった思い出は宝物だ。苦しんだあの時期も宝物だ。甘美に喜んだあの瞬間も宝物だ。宝物である思い出。どうすることもできない過去の思い出。その思い出が出てきたとき、わたしは「ありがとう・・・ごめんね・・・許してください・・・そして愛しているよ」という(ホ・オポノポノの教えである)祈りに似た呪文を唱える。ありがとう・・・ごめんね・・・許してください・・・そして愛しているよという呪文を唱えれば、過去の思い出は全部宝物となる。

過去の思い出は大切にすることだ。
どんな過去でも大切にすること。
過去を否定したり愚弄してはいけない。過去は思い出したくないといってもそれは無理なことだ。普段は思い出さなくても、人は何かのきっかけで過去を思い出すことがある。思い出した過去は良いことばかりではなく悪いことの方が多いだろう。とくに悲しかった思い出や辛かった思い出は、痛烈に脳裏に焼き付かれているので、どうしても嫌な思い出が先頭に立って蘇る。この記憶が蘇ったとき、また自分は同じ失敗をするのではないか、また不幸になるのではないか、また不安のネガティブの世界に入るのではないかと心配する。でも、そういった心配は無用だ。過去の思い出を大切にすれば心配は無用となる。過去の思い出は大切にすることと心がければ、過去の思い出はあなたの支えとなる。

過去の思い出が蘇る。「なぜそんなことが起きるの?」
「それは、潜在意識が警戒しているからだよ」これが私の持論である。
潜在意識が警戒しているから過去の思い出を蘇らせる。順調な人は、過去の思い出など蘇らない。何かの不安や心配事があるから、過去の思い出が蘇ると私は考えている。潜在意識が警戒しているから過去の思い出を蘇らせるのだ。つまり反省しなさい。ごめんね許してくださいといいなさい。ありがとうといいなさい。愛しているよといいなさい。もう二度とあんな失敗をしてはいけないよ。欲望を出してはいけないよ。不安に苛まれたらいけないよ。怠けてはいけないよ。努力を放棄してはいけないよ。忍耐強く待ちなさいと潜在意識は言っているのである。

何かの不安があるとき過去の思い出が蘇る、それが潜在意識の警戒だとすれば。
過去の思い出を大切にすることだ。
あの一瞬一瞬を大切にすることだ。
悲しい思い出よりも、楽しかった思い出を大切にすることだ。
一瞬一瞬の楽しかった思い出を大切にすることだ。
そして悲しい部分は、切なく心の中にしまい込むことだ。
もう二度とあんな失敗はしないと。
切なく心の中にしまい込むことで明日を生きていける。
私は切なさを大切にしている。そこに愛があるからだ。
たくさんの失敗はあるが、失敗は全部切ない思い出に変えた。
あの失敗があるから今日の自分がいるという教訓に変えた。
私が切なく思うのは、たくさんの人に迷惑をかけたからだ。
だから私は、切ない思い出が蘇ったとき、「ありがとう・・・ごめんね・・・許してください・・・そして愛しているよ」と唱えている。