ホーム > カテゴリ: グレー男 曖昧な男 中途半端な男
相手が何を考えているか?理解に苦しむ。

グレー。音信不通。曖昧。優柔不断。中途半端。

はっきりしない相手に苦しんでいる人は多い。

なぜ苦しむか?

それは相手が何を考えているかわからないから苦しむのです。

逆に言えば、わかろうとするから苦しむのです。

そして、正しくあろうとするから苦しむのです。

苦しみを無くす方法を私なりに考えると、

理解できないことは尊び、正しくあろうとするよりは、やさしくあろうとすること。

それでいいのではないかと思う。

恋愛とは神秘的なもの。お互いが素晴らしい神秘的な異性と付き合っている。

異性を尊び、優しくすれば、それ以上相手を知らなければならないと感じなくなる。

正しくあろうとするよりは、やさしくあろうとしよう。

相手を所有物として扱うのではなく贈り物として扱いましょう。

相手は自分が欲しがっていた天からの贈り物です。

とても神秘的な贈り物なので、大切に扱いましょう。

異性のことを面倒臭いという人がいる。

オトコは面倒臭い。

オンナは面倒臭い。

という。

笑ってしまえば、そうかもしれないが。

面倒臭がっている本人が疲れているだけ。

人生に疲れている。

つまり、パワー不足である。

異性と付き合うにはパワーが必要。

そのパワーとは?

信じる力だ。

わけの分からないことをされても信じる力だ。

どんな酷いことをされても信じる力だ。

信じる力を得るには。

タフでないといけない。

そして優しくないといけない。

タフと優しさがあるから、強靱な精神が宿るのである。

そのパワーがないと、人を信じることができない。

だから、パワーがない人は人を信じることができない。

ああ~メンドクサイといってお終い。

信じよう、面倒臭いけど。

相手は天からの贈りものだ。

さみしがり屋のあなたに、天がプレゼントしてくれた。

神秘的な異性を。

あなたへのクリスマスプレゼントとして。



グレーで曖昧ではっきりしない男性にいつまで翻弄されるか?

その男性をいつまで愛し続けるか?
いつまで待てるか?
いつまで苦しみに耐えられるか?となると、あなたは随分無駄なことをしているとなる。

わたしは待てない。

わたしには時間がない。

となれば・・・。

思い切って、この無駄なこと(この恋愛)をやめればいいだろう。

今の子は忍耐が足りないという。
せっかちで、焦ってばかりだ。
なんでこんなワガママに育った。
昔の女性はもっと耐えたと。

うむ・・・。
昔の女性はもっと耐えた?それはちょっと違う。それは待つだけの価値が昔の男性にあったからだ。昔の男性は待てば責任を果たした。今の男性は待っても責任を果たしてくれない。この違いがある。今の男性は待っても先が見えない。だから、考え方を変えなければいけない。

確かに今の子は忍耐が足りないと思う。
待ちきれなくて、よく自爆しているからだ。
三日連絡が取れないだけで、「わたしのことが嫌いになったのね、さようなら」と自爆している。極端な言い方で申し訳ないが、実際にせっかちで待てない子が多くなったのは事実である。

今の子はワガママか?
それもあるが、時代が変化してきた。昔なら待てたことが今は待てない。なぜ待てないか?それは男性のことが信用できないからだ。これだけ情報量が多く、アプリで気軽に異性との出会えるこの時代は、男性を信用できない。女性たちは男性の性格を知っているので信用できない。ちょっと油断するとすぐによそ見をするからだ。だから、三日連絡がないと、この三日間で他の女性を物色しているのではないかと疑ってしまう。

情報が多いのはチャンスには広がるが信用には広がらない。選択肢が多すぎてどれを信用していいか分からなくなるからだ。今の時代は信頼関係が薄くなった時代なのかもしれない。

信頼関係の薄くなった時代にどう生き残るのか?

信頼関係の薄くなった時代にどう自分の夢を果たすのか?

信頼関係の薄くなった時代にどう自分の目的を達成するのか?

目的が、恋愛なら、結婚なら、穏やかな家族を作ることなら、どうやって目的を達成すればいいか?この信頼関係が薄くなった時代にどうやって目的を達成するか?果たしてその方法があるのか?


その方法はある。
それは、選択とタイミング。
それが一番いい方法である。

今の時代はスピードだ。
このスピードに乗っかればいい。

1,今の時代はスピードのある選択とタイミングが必要である。
だから、グレーで曖昧ではっきりしない男性は必要ない。それこそ付き合うだけ無駄。三日も連絡もなければ「さようなら」と切ればいいのである。自爆になるのは、そのあと「ごめんなさい」と謝るからだ。謝るから自爆になるのである。

2,今の時代はスピードのある選択とタイミングが必要である。
三日も連絡が来ない。ここで苦しむより、苦しむことをやめた。だから、さようならと切った。自分が下した英断を信じよう。あなたは自分の直観を信じて「さようなら」といったのだ。今の時代はスピードのある選択が大切だ。自分の直観を信じて、あとから後悔しないことだね。武士に二言はない。その言葉を女性が使うべきである。


3,今の時代はスピードのある選択とタイミングが必要である。
直観に従おう、あなたの直観に。
これが答えだ。
女性は白黒だ。
中途半端な白黒ではなく。
はっきりとケジメをつけた白黒。
相手がグレーで曖昧ではっきりしないのなら、女性がスパッと切ればいい。
直観に従って切ればいい。
今の時代はスピードのある選択とタイミングだ。
勇気を持って、スパッと切ればいい。
そして、切ったあとは後悔しないことだ。
今の時代はスピードのある選択とタイミングだ。
切ったら、どんどん前へ進めばいい。
また、グレーで曖昧ではっきりしない男性に出会ったら。
スパッスパッと切っていけばいい。
理想な人に出会えるまで前進することだ。
今の時代はスピードのある選択とタイミングだ。
これが目的を達成する方法である。




一言でいうと、「男らしい男が少なくなった」。
女性と接してもはっきりしない男性が増えた。
付き合うのか?付き合わないのか?はっきりしない。
付き合っても、結婚するのか?結婚しないのか?はっきりしない。
はっきりと白黒望む女性からすれば「貴様、それでも男か!」といいたくいなる。
(これはあくまでも川越占い館の感想です。)

はっきりしない男性は二つのタイプに分れる。
1, 自信がなくはっきりしない。
2, 自分の都合ではっきりしない。
または、1と2を合わせ持っている。

今の男性はそれでいいと思っている。
不安定な世の中だ。この先どうなるか?誰も予想がつかない。下手に責任を取って、後から後悔したくない。将来、苦労して惨めで嫌な思いをしているしんどい自分になりたくない。今ははっきりしない方がいい。「あのとき責任取らないで良かった」という日が必ず来るから。転ばぬ先の杖を用意して、最悪のことを考えて、女性と付き合えばいい。はっきりしないのは自分の身を守るための安全策だ。

保守的で守りに入っている男性。
この世はお先真っ黒で、世の中混沌としている。だから、男性たちは責任を取ろうとしない。責任取ろうにも自分に自信がなく、政治や社会の保証もないからだ。

1, 自信がなくはっきりしない男性。
2, 自分の都合ではっきりしない男性。
2は、仕事が不安定、収入が不安定、まだ自由でいたい、まだ遊びたい、なになにの資格をとりたい、勉強したい、起業したい、結婚よりも自分にはまだやることがいっぱいあるという男性のことを、自分の都合ではっきりしない男性という。

では、1と2の男性諸君よ、女性と付き合うのを辞めたら。
そうはいっても、彼らが辞めるわけない。
はっきりしない男性ほど、女好きである。
とても失礼な言い方だが。
男性は、自分の位置が中途半端なときほどオンナを求める。
なぜそうなるのか?
私は、そのことをよく知っているので説明しましょう。

その前に、安定している男性は逆にオンナを求めない。
男性がオンナを求めるときは、精神が不安定だからである。
こう書けば、理解ができると思う。

オトコがオンナを求めるときは精神が不安定なとき。
なぜ精神が不安定なときオンナを求めるのか?

それは彼らが欲求不満の塊で自信がないからだ。
孤独で寂しくて、心がわびしくて切ないからだ。
仕事は不安定、収入も不安定。
夢や目標に到達していない。

たとえ、事業が成功して金回りが良くなっても汚れた金で遊んでいるだけ。汚れた金の遊びは心を腐らせ、悪臭をばらまき、周りに気持ちの悪い空気を与えている。

将来のために資格の勉強をしているが、頭の中は欲求不満だらけ。欲求不満で勉強が手につかない。

趣味や遊びに夢中でも、基本のない自分に嫌気がさし、いつまで自分はこの不埒な生活を続けるのだという後悔がある。いつかこの遊びの生活をやめたいが、辞めるにもインパクトのあるきっかけがない。

ひとつの仕事では精彩が上がらず、いくつも仕事を持っているが、みんな中途半端で忙しく時間的余裕がない。人間余裕がなくなれば、非常識な行動に出る。

書くことは、まだまだいっぱいあるが。
私が言いたいのは、不安定なオトコほどオンナを求めるということだ。
なぜオンナを求めるのか?
それは安定を取り戻したいからだ。
オトコの不安定はオンナを愛することで安定する。
これが生きるための基本として、オトコの頭の片隅にある。
この基本は、どのオトコにもある。

不安定なとき安定を求める。
そのためにはオンナを純粋に愛することだ。
生の基本を取り戻せば、自分は安定するだろうと思っている。
つまり、不安定で悲しんでいる子供が母親の愛情を求めるようにオンナを求めるのである。

だが、彼らの愛情はオンナを利用するためにある。
だから、ほんのちょっと満足すれば離れていく。
責任を取ろうとしない。彼らは中途半端なのである。

安定している男性は、そんな中途半端なことはしない。
分別をわきまえて、いつだって責任が取れる。
そして成功するルールを知っている。
世界で成功している人の大半は既婚者であることを知っている。
心が不安定な彼らとは違うのである。

今の時代は、はっきりしない中途半端な男性が増えた。
増えたといっても、その数は大したことない。

世界で最も優秀な国である日本男子は、まだまだ捨てたものではない。
ちゃんと見極めれば、男らしく責任を取ってくれる男性の方が多い。
大切なのは、見極めることである。


まるで男だね。
これが彼女の印象である。

夫婦で共働きをしているが、稼ぎは彼女の方が多い。夫は仕事が長続きせず、転職を繰り返している。人間関係がうまくいかず、しまいには転職先の上司のパワハラにあって鬱になってしまった。それ以来、働かずに家の中で閉じこもっている。生活費を入れない夫、家事をしない夫、役にたたない夫、ダメ男となった夫との結婚生活は、もうウンザリで、離婚も考えている。

人生には失敗はつきもの。仕事が長続きしない夫の人生は失敗の連続だ。そこから自分と向き合って立ち直ればいいものを、逆に自分と向き合わず、社会や人のせいばかりにしている。自分がこうなったのもあの上司のせいだ、あの会社のせいだ。自分は何も悪くないのに、なぜ自分だけこんな目に合う。もう嫌だ!辛いよ、といって部屋に閉じこもっている。

彼の育った環境は親が甘かった。子供を厳しい社会で生きていく教育をして来なかった。「なんかあったら無理しなくていいよ、僕ちゃん」みたいに育てられた。そんな子が社会に出れば、厳しい現実が待っている。子供時代は親の過保護で守られたが、社会人になれば親は守ってくれない。ワガママに育った夫は、社会に適合しないまま結婚して、家庭の中の引きこもり夫になってしまった。

だが、彼女は母親ではない。
彼女は自分と向き合いながら社会に適合して貢献している。ダメになった夫を過保護に守る気はしない。冷たいが、夫とは別居することにした。彼女は転勤願いを出して、地方へ転勤してしまった。夫婦二人で住んでいた住処はなくなり、しかたなく夫は実家に戻ることにした。

彼女は転勤先でバリバリ働き、夫は実家で引きこもっている。
この構図を皆さんがどうみるか分からないが。
私は、男女が逆転しつつあると見ている。
力のついた女性と力が弱くなった男性として見ている。

それから先のお話だが。
夫は借金をして浮気をしていることが分かった。
寂しくて、女と酒に溺れ、ますます人生を破滅するダメ男に向かっている。親は可哀想だといって借金の肩代わりをしたが、さらに隠れて借金をしていることも判明。もう親の力では借金は返せなくなっている。失敗が失敗を生み、不幸が不幸を呼ぶように、夫は奈落の底へ落ちていっている。

それに比べて彼女はどんどん出世して偉くなっている。この夫婦は天と地の差がついてしまった。

彼女はこれからどうするつもりか。
もちろん離婚するつもり。
今は、その準備を進めている。

夫への愛情はないのか?
昔はあった。
だが、今はない。

彼女には女性の特徴である母性愛がない。
とてもクールだ。
冷静に客観的に物事を見ている。

この夫婦の流れをみて、何を感じるか。
時代が変化しつつあると私は感じている。
男女逆転現象が起きていると見ている。
まだ数は少ないが、これからはさらに増えてくるだろうと予想している。

今まで男性に下に見られていた女性が、今度は女性が男性を下に見る。そんな時代が来るかもしれない。


男性は女性をグレーにする生き物なり。放置に対しては放置。

振られたわけでもなく、わたしから連絡すれば返事は返って来る。もう3年近く会っていない彼を忘れられずにいます。

何が理由かわからないまま距離を置かれて、こちらからの連絡には応じたり応じなかったり…会う約束をしても、具体的に決めてもらえず流れてばかりで全く会えません。

五年も付き合ってきてなぜそんなことをされるのか、自分も相手もわからなくなりました…。グレーの日常を過ごすことの辛さ…味わった人にしかわからないと思います。


男性とは女性を放置する生き物なり。
白黒決着つけないで、グレーにして、曖昧にして放置するのが男性。
なぜそんなことをするの?
すべての男性がそんなことをするのですか?
「はい、すべての男性がそんなことをします」。
すべては言い過ぎではないですか?
もちろんすべては言い過ぎです。
では、すべてってどういう意味ですか?
全世界の男性に、そういうことをする要素があるということです。
全世界のすべての男性に、女性を放置する要素がある。そういうことですか?
はい、そういうことです。
真面目な人でも不真面目な人でも、善人でも悪人でも、男性とは女性をグレーにする生き物です。なぜ、そんなことをするのか?と考えるのでなく、そういうことをする生き物だと考えればいいのです。これを改善しようと思わないことです。男性がこの世に生まれて何百万年も培われた本能ですから、変えるのは不可能です。女性の多くはこの本能を変えようと努力しますが、何百年も培われた本能を変えることはできません。一匹のアリが像と戦って勝つようなものです。不可能でしょ。

では、私たち女性はどうすればいいのですか?
男性の放置を認めればいいのです。
男性は女性をグレーにする生き物なりと認めて深く理解すること。
本能には逆らえないと理解すること。
理解が浅いから苦しむのです。
放置する生き物だと認めないから苦しむのです。
放置にもがいて苦しんでも何も解決しません。
ただ彼が好きだといって、忘れずに何年も待っていても意味がありません。
貴重な時間だけがどんどん過ぎていくだけです。
ここでいいたいのは、男性の放置は女性の力では変えることができない。放置を完全に認めて理解することです。

女性の性質からして、それを認めることはできません。認めるということは彼を諦めるということですよね。こんな辛いことはできません。わたしは彼が好きなの、認めるということは彼を失うことですよね、愛を失うことはどんな理由があってもわたしにはできません。

なるほど。これも女性の本能ですね。
私は女性の本能を認めます。

男性は放置をするのが本能。
女性は愛を失いたくないのが本能。
この二つの本能は相容れない。


相容れない本能をどうやって一致させるか?
ここが思案のしどころです。

さて、この問題をどう捉えるか?
そこにあなたの考え、あなたの思考があるのです。
あなたはこの問題をどう捉えますか?
相容れない二つの本能を一致させるには、どうすればいいのですか?
よく考えてみてください。


参考までに私の考えを述べます。
私は放置に対しては放置。
彼を忘れて待つこと、これが私の考えです。
そうすることで、相容れない二つの本能が一致するからです。
男性は放置をするのが本能。
女性は愛を失いたくないのが本能。
この本能を一致させるには、放置に対しては放置でいくことです。
上手な放置ができれば、本能は間違いなく一致します。

悩み苦しんでいる下手な放置は一致しません。
彼を忘れる上手な放置は一致します。


なぜ一致するか、彼のことを忘れているから悩むことがないからです。
悩みの種子は二人を結びつけません。
悪い波動が出ているからです。
だから、放置に対しては放置。
彼を忘れて待つことです。
男は忘れた頃、帰ってきますから。



更新日2019年3月14日 (沖川東横)

グレー男、曖昧な男、中途半端な男のカテゴリを作りました。
詳しくは恋愛日記のカテゴリをクリックしてください。
または下の欄の関連記事をクリックしてください。

男性は女性と違って白黒決着型ではありません。
男性はグレーです。曖昧ではっきりしなくて中途半端です。
どうしてそういう男性が増えたのか?私にもよくわかりません。
ただ言えるのは、最近そういう男性が多くなったのは確かです。
6万人以上の鑑定がそれを証明しています。

女性は上書き保存、男性はホルダー保存と言われていますが、まさしく女性は好きな人を上書き保存して、男性はグレーにしてキープしていきます。一人の女性に絞れない男性。複数をキープする男性。責任を取ろうとしない男性。結婚をしたがらない男性。グレー、曖昧、中途半端のオンパレードが日常の私の鑑定現場で起きているからです。


これから日本はどうなるのでしょう。
日本の行く末が心配です。
最近の男性は、男らしくない男性が多い。
責任を取らないで、みんなグレーにして曖昧にして中途半端にしている。
これで日本は大丈夫でしょうか?
とても、心配になります。

でも、まあ、大丈夫でしょう。
今後を期待しましょう。
男のグレーの時期は一時的なものですから。
成長すれば、責任が取れる男性になるでしょう。
女子供を背負い、強くてたくましいかっこいい男性に成長するでしょう。
日本を世界一にするパワフルな男性が増えることを期待したいと思います。

このカテゴリは、男性のグレーの実態を知るには丁度いいカテゴリだと思います。
実態を知れば、慌てることも騒ぐこともなくなるからです。
私だけでなく、みんなそうなんだ、みんな同じ目に合っているんだと気づけば、少しは心が軽くなります。
そしてさらに、相手を知れば怖くない。己と相手を知れば戦いは百戦錬磨となる。まあ、そこまでいかなくても、今後の恋愛の何かの役に立てるはずです。

それでは、グレー男、曖昧な男、中途半端な男のカテゴリをお楽しみください。



最近の恋愛傾向として、グレーな男性に悩む女性が多い。
グレー、曖昧、中途半端、はっきりしない。
付き合うのも、グレー、曖昧、中途半端、はっきりしない。
別れるのも、グレー、曖昧、中途半端、はっきりしない。
男性のグレーに悩まされている女性は日に日に増加しているのではないかと思う。

あれ?おかしいな。
男というものは、はっきりするものではないかな。
なぜグレーにする?
これは男ではない。
男らしくない。
こんなの男と呼ばないでほしい。男の沽券にかかわる。

男というものは、はっきりとした態度で責任を取るものではないか。
告白も男、プロポーズも男、愛する女の幸せの全責任を取る、これが男ではないか。
もう・・・先生の考えは古いよ。
そうか・・・私の考えは古いのか。
私の考えは古いのかもしれない。
なぜ古くなったのか、それは全世界がウイルスに感染しているからだ。

今の時代では、古くて使えなくなったかもしれないが、私は今でも基本を大切にしている。また、この世界で何十年とこの仕事に携われば誰でも基本に戻る。悩みの解決の全ての答えが基本にあるからだ。皆さんは基本がないから悩むといってもいいだろう。基本さえ取り戻せば悩まないで済む。古き考えかもしれないが、もっと基本を大切に。

さて、基本を忘れた男たち。
グレー、曖昧、中途半端、はっきりしない男。
男らしくない男。
10年前の私なら、「こんな男らしくない男はさっさと切り捨てて次に行った方がいい」と言っていたが、今の時代は、次に行っても同じような男しかいない。グレー、曖昧、中途半端、はっきりしない男しかいない。まるでバイオハザードの映画のように、地球はグレー、曖昧、中途半端、はっきりしないゾンビに汚染された。人類はグレー、曖昧、中途半端、はっきりしないウイルスに感染した。人類の生き残る道は、グレー、曖昧、中途半端、はっきりしないウイルスに感染していない人を探すしかない。グレー、曖昧、中途半端、はっきりしないウイルスに感染していない男を探す、人類の基本を持っている男を捜す、これがあなたの使命となった。さあ!ウイルスに感染していない仲間を探そう。そして集めよう。

ある女性の物語。
私はアリスになって仲間を探した。
グレー、曖昧、中途半端、はっきりしないウイルスに感染していない仲間を探した。だが、地球上の90%はウイルスに感染している。仲間を探すのは容易ではない。ならば、私が免疫を作ろう。ウイルスに感染しない免疫を。そこからその女性の物語が始まる。

ウイルスに感染しない免疫を作るためには、グレー、曖昧、中途半端、はっきりしないウイルスの正体を知ること。正体を知れば悩まないで済む。じたばた焦ることもなくなり、モヤモヤの後、怒りを爆発させて自爆しないで済む。さあ、私の特効薬を作ろう。

というわけで、
次回からグレー、曖昧、中途半端、はっきりしないウイルスに感染している男たちの正体を暴いていきます。




時間を守らない人は切る。遅い奴は切る。
それが時期を守り、時間を有効に使うベストな方法です。

時間を守らない人は切る。遅い奴は切る。
冷たいかもしれませんが。
それが自然界に君臨するメスの役目。女王の役目(笑)だと思ってください。
遅い人の犠牲になってはいけません。
人生は一瞬なのですから。

仕事が忙しいといって女を放置する男は切ってください。
付き合っているのか付き合っていないのかわからないグレー男は切ってください。
これに構っていたらあなた方は時期を逸してしまいます。

時期を守るには厳しくても冷酷な判断が必要です。自然界のメスたちはいとも簡単にその判断を下しています。役に立たないオスは切る、何も罪悪感を持たず自然に切っています。時期を守るオス・メスの営みは人間より動物に軍配が上がっているようです。役に立たないオスは切る。あなた方もやってみませんか?

仕事が忙しいといって女を放置する男。
付き合っているのか付き合っていないのかわからないグレー男。
どちらも曖昧で女をキープしている。
はっきりすることなく、責任も取ることなくキープしている。
この点の恋愛に、合わすか合わさないかはあなた方の自由です。
時期を守り、限られた人生を有効に使いたいのなら、自然界のメスのように役に立たない男は切ってください。その方がすっきりします。すっきりすれば、運は向上してきます。

愛の犠牲になってはいけません。
愛とは慈しみ思いやるものです。
冷たく放置、グレーではっきりしない男の態度は、愛ではありません。
そんな仕打ちにあっても、「それでも彼が好き」という気持ちをなんとかしてください。女性特有の「それでも彼が好き」「それでも彼がいい」これが時期を遅らせている最大の元凶になっています。「それでも彼が好き」を成敗することです。


それでも・・・彼が好き?
しつこい。
女性特有の・・・何度説明しても、理解してもらえない・・・この粘り、この気持ち。
「それでも彼が好き」???
いいでしょう。
これがあなたのモチベーションなら。
これがあなたの生き甲斐なら。
それでも彼が好きを継続してください。

ただし、
その男は切ることです。

「それでも彼が好き」は、あなた方のモチベーションである生き甲斐のために取っておいてください。現実には存在しない空想の世界で。女性は恋愛がないと生き甲斐が保てないので、空想でも生き甲斐は持った方がいいでしょう。それでも彼が好きは前に進む動力源に使うことです。それは、新しい人が現れれば乗り換えるためのものです。あなた方は放置してグレーだった男たちを「それでも彼が好き」と前に進む動力源として使いました。そして、そのお陰で見事役立つ素晴らしい男性と出会いました。元彼に伝えてください。「ここまで送ってくれてありがとう」と。それで、あなたは時期通りの素晴らしい人生を歩めます。





今の男性は優しい。
優しいけど、曖昧ではっきりしない。
優しさとは、ある意味無責任。
優しい=決められない男の代名詞となった。
だから、決められないまま、女性と付き合うことになる。
はっきりしない男性が多いのはこのため、それは男たちが優しくなったからだ。

では、昔のような荒々しい無骨者の男を世の女性たちが求めているか?というと、そうでもない。今の女性は優しい男性を求める。今の女性は威張っている亭主関白より、自分が支配できそうな男性を選ぶ。何というか、しっかりして、頼りがいのある男性より、優しくて、頼りない男性を求める。プライドが高くて頭の固そうな、私がいないとダメになりそうな、面倒でちょっとワイルドな手のかかりそうなダメ男っぽい男性を求める。優しいけど頼りない男性、優しいけどはっきりしない男性を好む、これも最近の女性たちの傾向である。なぜそういう男性を好むのか?その分女性たちが強くなったという証だといえる。言い寄られるより、追いかけたい。好きな人は自ら選び、自ら追いかけたい。グレーに悩まされている女性は、自らそうなる男性を選んでいるのに気づいていない。自らそういう男性を選んでおいて、後から頼りがいを求めるからおかしなことになる。そういう男性を選んだのなら、頼ってはダメ、依存してもダメ、自らその男性をリードするくらいの自立した女性にならなければいけない。

最近の男性は、はっきりしないまま女性と付き合う。これは世界的なブームと呼んでいいだろう。日本人も外人も、日本国も外国も、そこに住んでいる男性は、みな同じことをやっている。はっきりしないまま女性と付き合っている。この流れは世界経済の流れかもしれない。経済が悪化して不安になれば、お先真っ暗な恋愛が続く。責任を取らない恋愛、グレーではっきりしない恋愛が続く。

日本経済もこの先の見通しはあまり良いとは言えない。非正規が4割にも達するこの国が良いとは言えない。男性たちも、正式な付き合いより、中途半端なグレーの付き合いの方を防衛手段として選ぶ。この方が今の男性に合っているからだ。

恋愛の初期に「僕は中途半端にはしないよ」と女性が喜びそうな言葉を言ったとしても、半年後には中途半端にしている。「僕は中途半端にはしない」と言った言葉はどこにいった?と怒りたくもなる。最初の甘い言葉の後の数ヶ月後には憤慨やるせない気持ちを女性に残す、こんな恋愛が世の中に多い。

最初にかっこつけて後からかっこ悪くなる男性。最初はマメでも4ヶ月後に音信不通にする男性。中途半端ないい加減な男性。このウイルスが世界中に蔓延している。




グレーは気にするからおかしくなる。
気にしなければ、すべてうまくいく。

気にしないというのは難しいかもしれない。
人は悩みの巣にいると、そこからなかなか抜け出せなくなる。
なぜ抜け出せないか?それは自分に暇を与えているから。
暇という考える時間を与えることによって、人はだんだんと悩んでくる。
来る日も来る日も、そのことばかりが気になって悩んでくる。

悩みを解決する方法は、自分に暇を与えないこと。
暇を与えないということは、活動的になること。
活動的になることは、「疲れる」と錯覚しがちだけど、実は逆で、活動的になればなるほど人は健康になれる。
疲れると思うのは、怠惰な気持ちが働いている証拠で、怠惰の方がかえって疲れる。

疲れたら休みなさいとよく言われるが、休むときは何も考えないで休むこと。
そうさな、黙って眠ること。
何も心配しないで眠ることに集中してぐっすりと眠ること。
そすれば疲れは取れる。
疲れるとは心配事があるから疲れるもので、活動することが疲れることではない。

悩みの克服法が分かったら、グレーは気にしなくなる。
グレーの相手に悩んでも仕方がない。

悩む暇があれば活動すること。
そうすれば、グレーは気にしなくなる。