ホーム > カテゴリ: 日記
おはようございます。
本日月曜日はお休みです。
朝早く起きたので、記事を投稿します。

ブログの続きは明日投稿しますが、休みの日の記事は少しまったりしたものになります。
題は、「愛しています」です。

照れます。
普段「愛しています」という言葉は使わないので、すごく照れます。
とくに日本の男子はその言葉は言わないでしょう。
私も日本男子なのでその言葉は滅多に言いません。
一生に一度言うかどうかです。
でも愛は基本なので、これからは堂々と使わせていただきます。
「愛しています」と使わせていただきます。
やはり照れるな~・・・。

ここでいう「愛しています」は恋人や奥さん、異性に向けたものではありません。
全てに対してです。
ブログを読んでいる皆様に。
鑑定に訪れた皆様に。
電話鑑定の皆様に。
自分自身に。
自分の仕事に。
自分の家族に。
川越占い館のスタッフに。
お客様に。
出版社や占いサイトに。
自分と関わり合いがある全ての人間関係に。
人間だけでなくすべての持ち物ににも。
自分の家に。
自分の車に。
自分のパソコンに。
自分のスマホに。
自分の時計に。
自分の洋服に。
自分の靴に。
今住んでいる家を愛し、すべての持ち物を愛する。
与えられた物を愛したら、感謝し満足する。
すべてに「愛しています」と伝えたい。
愛は基本ですから。

今まで情熱だけでブログを書いてきました。
でもいつも何か足りない気がしていました。
そう、愛が足りなかったのです。
自分の仕事を愛したつもりが愛していなかった。
それに気づいたのです。
これからは愛を込めて記事を書いていきたいと思います。

私は「愛しています」と言葉に出して言いません。
心の中で、(愛しています)と叫びます。
照れるので。

DSC_0625.png

川越駅東口付近。


新年1日目の仕事が終わりました。
正月ボケもなんのその、なんとか無事に終わりました。
無事に終わって良かったです。

いよいよ2019年がスタートしました。
今年はどんな年になるのか?
今から楽しみです。

今年の抱負は?
今年の目標は?
とくにありません。
ただ、一日一日を大切にするだけです。

どんな目標がいいかというよりどんな習慣を作るか?
それを目指して今年は頑張って行きたいと思います。
朝の習慣。
仕事の習慣。
夜寝る前の習慣。
休みの日の習慣。
趣味や娯楽や遊びの習慣。
勉強の習慣。
体力作りの習慣。
健康で豊かで幸せになる習慣をどう作るか?
何を選択するか?
これが今年の目標かな、と考えています。

単一的な壮大な目標はありません。
ただ毎日を充実させる習慣は何がいいか?
毎日を充実させるためには何を選択するのか?
それを日々時間事に考えていきたいと思います。
正しい習慣が出来れば正しい目標もできる。
正しい選択をすれば正しい目標もできる。
今年自分は何をやりたいのか?
良い習慣と良い選択が持てるようになれば、それが自然に見えてくるようになると思います。

本からヒントを得て、目標が出来るかもしれません。
仕事からヒントを得て、目標が出来るかもしれません。
体力作りからヒントを得て、目標が出来るかもしれません。
遊びからヒントを得て、目標が出来るかもしれません。
正しい習慣から充実した何かを得て、目標が出来るかもしれません。
正しい選択の連続で何かを得て、目標が出来るかもしれません。
お客様との鑑定からヒントを得て、目標が出来るかもしれません。
出版社や外部からのヒントを得て、目標が出来るかもしれません。
この1年、これをやろうという目標がなくてもいいのです。
白紙、真っ白でいいのです。
真っ白で白紙の2019年のスタート。
どんな色に染めるかはこれからです。



IMG_1946 (640x427)

今日は1月3日。
年末年始はゆっくり過ごしています。
休みもあと1日(1/4)で終わり、久しぶりにノンビリしたというのが実感です。
いつまでも休みでいたいか?
休んでいたい気持ちと休みに飽きたという気持ちが半々です。
休みも目的があれば充実するのですが、ただノンビリするだけの休みはつまらないものです。

正月休みはいつもそんなもの。
おせちを食べて、紅白を観て、初詣に行く。
2日あたりから、お正月のテレビ番組に飽きて、アマゾンのプライムビディオ(映画)に飽きる。
仕方なく車を走らせ、街中の書店へ寄って本を数冊買う。これで正月休みは少しはためになる日を過ごせる。
休みの前は早く来い正月休み(これだけ長期に休むのは滅多にないので)待ち遠しかったが、いざ休んでみると、仕事が恋しくなった。やはり自分は仕事を愛している仕事人間だと実感する。

諸外国から酷評される働き蜂の日本人。
まさしく自分がそうである。
働き蜂の日本人。
私はそれが悪いと思わない。
嫌々働いていれば、それはしんどいだろう。
だが、私は楽しく働いているからしんどくない。
時々皆さんが持ってくる複雑な問題で疲れることもあるが、しんどくはない。
複雑な問題も私にとっては生きる肥やしとなるからだ。
複雑な問題に対処しているうちに自分に生き甲斐とやりがいが生まれる。

どうやら私は遊ぶことよりも仕事の方が楽しいようだ。
私の仕事は趣味みたいなものかもしれない。
いやどんな趣味より充実しているかもしれない。
これ以上ない頭を使う趣味を究極に楽しんでいる。
私の仕事は遊びの延長かもしれない。
そう人間の真髄を深く研究する遊びの延長。
この遊びの勘を早く取り戻したい。
長期の休みでボケてしまったけど、今日から勘を取り戻す訓練をしていこう。
正月休みはいい充電ができた。
今日明日と仕事の勘を取り戻すことに備える。
もうすぐ夜明けだ。
2019年の幕が上がる。



d42bd5482a5e437a3518125d3af17553.jpg

川越喜多院。
川越大師の名で親しまれる天台宗の名刹。徳川家光が江戸城内から移築した客殿、書院、庫裏等が残り、国の重要文化財となっている。



喜多院_慈眼堂1

慈眼堂。
喜多院境内の小高い丘の上には、天海僧正をまつる慈眼堂(じげんどう)が佇んでいます。 この慈眼堂は、天海僧正が亡くなった3年後の天保2年(1645/江戸時代)に、徳川家光の命令により建てられたもの。国の重要文化財の指定をうけています。

川越大師である喜多院と、喜多院の左横の小高い丘の上にある天海僧正を祀っている慈眼堂へ初詣に行きました。

毎年そうなのですが、初詣は自分や自分の家族のことをお祈りしません。世界が平和になることだけを祈ります。世界が平和でありますように。日本が平和でありますように。お客様が平和でありますように。これが私の初詣のお祈りです。

神は個人の願い事は聞いてもくれない。
ならば世界の平和だけ祈ろう。
そう決めて10年以上になります。

神は個人の願い事は叶えてくれない。
この仕事をやって気づいたのが「それ」です。
神は個人の願い事など聞いてくれません。
個人の願い事は個人個人が努力することです。
神に頼らないことです。
神に頼って依存すれば願いと反対のことが起きます。
だから神に頼らず神に依存することなく、自身で立ち上がることです。
神は個人の願いは聞いてくれませんが、その代わり一人一人に責任を与えています。
今の現状は全てあなたの責任だということです。
幸・不幸もあなたの責任です。
苦しみ・悲しみ・心配・不安もあなたの責任です。
ネガティブも災難もあなたの責任です。
貧困も挫折もあなたの責任です。
喜びも幸せも豊かさもあなたの責任です。
ポジティブも幸運もあなたの責任です。
豊かさも未来の夢もあなたの責任です。
明るい晴れの日にいようが、暗いじめじめした雨の日にいようが、曖昧ではっきりしないグレーの日にいようが、すべてあなたの責任です。
神は全人類平等に責任を植え付けました。
すべてがあなたの責任でなせる業です。
神のせいにしたり、神に依存するものではありません。
だから、神にお祈りするのは世界平和のみでいいのです。
個人のお祈りは自分で責任を取ることです。

個人が自分で責任を取る?
大丈夫です。
あなた自身が神ですから。
あなたは個人という名の神なのです。
創造力と目的を持った神なのです。
この創造力と目的を進化されれば、今年のあなたの願いは叶います。
そう信じて、この1年を有意義に過ごしてください。


新年明けましておめでとうございます。
いよいよ新しい年がスタートしました。
皆さんはどうお過ごしですか?きっと新たな気持ちで新年を迎えていると思います。去年出来なかったことを、去年やり過ごしたことを、今年は実現する。今年こそ夢を叶える。そんな気持ちで新年を迎えているのではないでしょうか。

1年の計は元旦にあり(一年の計画は年の初めである元旦に立てるべきであり、物事を始めるにあたっては、最初にきちんとした計画を立てるのが大切)となっていますが、元旦に1年の計画を立てる人はそうそういないと思います。私もそうですが、1年の計画を元旦に立てたりしません。元旦は計画というより一つの志みたいなもので、新鮮な気持ちで新年を迎えるだけです。新年早々から面倒な計画で頭を酷使する気持ちには毛頭なれません。正月気分を満喫してノンビリするのが正直な気持ちです。どちらかというと去年の疲れを正月休みに取る、そんな感じです。計画はたっぷり休んで充電してから、それでいいと思います。1年中張り詰めていたら健康によくありません。休むときは休む、その方が心と体に良い、そう信じています。だからお正月はノンビリと過ごしています。

今年の抱負、今年の構想や計画は、正月休みが終わって仕事が始まってから。
正月は新鮮な気持ちだけ。
新しい年を迎えるという新鮮なきっかけ。
人間きっかけがないと志ができない。
新年は1からスタートするきっかけ。
1月1日は、1年365日の一日のスタートが始まっただけに過ぎない。
今年最初の日は今年も頑張るぞという志だけでいい。
計画は仕事が始まり、エンジンが暖まってから立てることにする。
どんな計画がいいか?
まだ何も思い浮かばない。
去年できなかったことを。去年やり過ごしたことを。
やるのか?
それとも新しいものにチャレンジするのか?
まだ何も構想は出来ていない。
私の場合、休みのときは何も生まれないのです。
生まれるのは起動してから。
仕事が始まってからです。

新年最初の1月1日は、初日の出を見に行きました。
場所は徒歩10分の河川敷。
気温マイナス1度。
朝6時に起きて散歩に出かける。
初日の出が眩しい。
西のかなたに富士山がくっきり見える。
空気が澄み切って新鮮だ。
寒いけど気持ちがいい。
つい走り出す。
今年最初のジョギング。西のかなたの富士山に向かって走り出す。
2K走ったら息が切れてしまった(笑)
あとはウオーキングに切り替える。
約1時間運動して400カロリー消費。
初日の出を見て、元日の富士山を見て、1年の良いスタートが切れた。
今年も頑張れそうだ。


今年ももうす終わりですね。
今年は皆さんにとってどんな1年でしたか?

恋愛に関して
好きな人と別れて辛い1年でしたか?
それとも新しい恋が始まった1年でしたか?
出会ったけど短いお付き合いで終わったチョコットラブの1年でしたか?
それとも将来に向けて発展性のある恋愛を継続できた1年でしたか?
浮気で苦しみ、嫉妬で苦しんだ1年でしたか?
それとも信頼できるパートナーに恵まれて安心でできる1年でしかたか?
婚活を頑張った1年でしたか?
それとも何もしない1年でしたか?
婚活を頑張ったけど、いい人がいない不作の1年でしたか?
それともいい人がいっぱいいた豊作の1年でしたか?
終わった恋に執着した1年でしたか?
それとも終わった恋をあきらめ、前に向かった1年でしたか?
壮絶な1年でしたか?それともいつもと変わらぬ平凡な1年でしたか?

仕事に関して
今年は転職を考えた1年でしたか?
それとも今の仕事を続ける1年でしたか?
可も不可もなくマンネリ化した1年でしたか?
何かにチャンレジした1年でしたか?
今年は仕事が忙しく恋愛をしている暇がない1年でしたか?
今年は仕事も充実していて恋愛も充実している1年でしたか?
仕事にやる気がなく、恋愛にもやる気がなく、なんとなくだらだら過ごした1年でしたか?
あるいはすべてにやる気のある1年でしたか?
何の目標もなくなんとなく過ぎた1年でしたか?
自分の夢や目標に向かった1年でしたか?
仕事に人間関係に悩んだ1年でしたか?
人間関係に恵まれた1年でしたか?
上司や同僚のいじめやセクハラやパワハラに耐えた1年でしたか?
いい環境の職場で楽しく働いた1年でしたか?
壮絶な1年でしたか?それともいつもと変わらぬ平凡な1年でしたか?

私の場合はどうかというと。
全部そろった1年でした。
目標があったり目標がなかったり。
やる気があったりやる気がなかったり。
チャンレンジしたりマンネリ化したり。
継続したり卒業したり。
不安と安心が同居したり。
将来が心配だったり、心配でなかったり。
今まであったものが無くなった1年でもありました。

何かを無くした1年。
来年は新しい目標に出会える1年にしたいと思います。
それは来年の努力次第ですけど。

来年は頑張るか?それとも普通にいくか?
答えは来年に持っていくつもりです。
以上、沖川の今年の総決算でした。
来年は皆様にとって良い年でありますように。



日曜の朝、詩を読んだ。
青春とは、人生のある期間ではなく心の持ちようである。人は年を重ねただけでは老いない。理想を失うとき初めて老いる。
サムエル・ウルマンの詩「青春」より。

なるほど。
青春とは心の持ちようか。
理想を失ったとき老ける。
いつまでも理想を持ち続けなければいけないね。

さて、自分の理想とはなんだろう?
全部やり切った感があるが・・・。
理想とは目標とはなんだろう?

今のところ、これっといった理想や目標はない。
そのうち、これっといった理想や目標がでてくるだろう。

理想や目標が見つかるまで、今はただ、目の前の仕事に頑張るのみ。
日々新たに気持ちで、向上心を持ち、希望にあふれ、楽しく活動を続けるのみ。
そうすれば、おのずと理想や目標は見つかるだろう。

男の人生に「これでいいという目標はない」
そうなっている自分が恐い(笑)
それを喜びとしている自分も恐い(笑)

ノンストップ人生。
人生とは常に危機と隣り合わせ。
気を緩めれば危機に遭遇し、自己向上の意欲を持てば危機は乗り越えられる。
自己向上の意欲の薄くなった人はどうしても老衰を早める。老衰を早めるのは進化・向上に向かう法則に反しているからだ。

青春とは年齢に関係なく戦いだ。
この言い方も、男っぽいが、自分は男と称する。
優しい男として(エへ)・・・称する。
意欲を失えば老衰。いや老害かもしれない。
だから、日に新たな活動を続けよう。



目標のない人は生き甲斐のない人のことをいう。
目標がない人は時間だけが余り、うだうだと余計なことを考えてしまう。選択肢ばかりが増えて、やがて選択そのものが苦痛となる。自分は何を選択すればいいの・・・何を決定すればいいの・・・どの方向がどの道が幸せなの・・・選択ばかりが増えて、逆に悩みが多くなる。悩みが多くなれば頭が混乱し、人間としての精神崩壊の危機を迎え、限界に達してしまう。悩み多き乙女は、いつの時代も不運を招く。悩みとは欲求不満の固まり、あまりにも多くのものを欲張って欲しがるから、かえって頭が混乱してしまっている、そこに早く気づくことだ。

あきらめよう・・・そうすればうまくいく。
その意味は、欲張って混乱を招いたたくさんの悩みを整理するために使うといい。整理の仕方は、不運を寄せ付けないという志のもとに整理するとよい。


あきらめよう・・・そうすればうまくいく。
付き合っている男性が条件の悪い男で、不運の持ち主なら、あきらめよう・・・そうすればうまくいくと念じて恋人の関係を清算して整理しよう。
親が毒親なら、あきらめよう・・・そうすればうまくいくと念じて、実家を出て自立し、毒親との関係を清算して整理しよう。
悪い友人や不幸を招く友人なら、あきらめよう・・・そうすればうまくいくと念じて自分に悪い影響を与える人間関係を清算して整理しよう。

悩みの種は整理すること。勇気を持って、あきらめよう・・・そうすればうまくいくと念じて、整理すること。これを目標にするとよい。

人間は目標を持てば悩まなくなる。
目標達成に忙しく悩んでいる暇がない。
目標に向かっている途中は苦しいが不安がなくなる。
あなたは苦しみと不安、どちらを選ぶ?
先のある苦しみと先のない不安。
あなたはどちらを選ぶ?
私は先のある苦しみを選ぶ。
そこには、夢がある。
夢に向かっている人間は悩みがない。
そんな人生を送りたいから、そちらを選ぶ。



せっかちと根気、根気とスピード、両方の性格を取り入れる

「今日やるべきことを明日に回さない」というのを心がけているが、なかなかそうはいかない日もある。自分に時間がないときもあれば、相手とタイミングが合わないときもある。そのときは今日やろうと思ったことができない。今日できなければ明日、明日に回せる気持ちの切り替えも必要。明日に回せる考えと勇気、目的を達成するためには、根気よく続けることが必要となる。

せっかちな人は明日に回せない。今、答えが欲しいとなる。私もそう、問題が発生したらせっかちに今日中に答えが欲しいとなる。明日に答えはいらない、今日、たった今、答えが欲しい。それで失敗することもあるが、私の経験では、概ねそれでうまくいっている。問題が発生したら今日中に解決する。なるべく短期間で解決する、長く問題を引きずらない。そのやり方の方が私に合っている。せっかちというよりスピードのある解決策、人間にはそれも必要である。だって次から次へと未来の計画、やるべきことがたくさあるのに、ひとつの問題で長くそこに停滞するわけにはいかない。


いろんなことに根気よく長くやってきたが、日常は今答えが欲しいというせっかちで動いていることが多い。根気とせっかちは相反するが、私は両方取り入れている。今日はせっかちの日もあれば、明日はノンビリする日もある。せっかちとノンビリ、どちらで過ごしても対局はぶれない。対局は「我が人生、まあまあだった」とするのが人生の目標だから。



ある本で、99歳のユダヤの大富豪が言った言葉「お金は興味より懸念」懸念の意味は、「気にかかって不安に思うこと」「 安全性に懸念を抱く」「先行きを懸念する」ということらしい。そして、お金は「人生の保険」とも言っている。なるほど、だからこの人は99歳になった今でも現役で働いているのか。お金を稼ぐことは保険だから、保険という安心を手に入れるために働く。たとえ、一生遊んで暮らせる貯金があっても、銀行口座が目減りするような暮らしはしたくない。

お金は興味より懸念。
そしてお金は人生の保険。
考えさせられる内容だ。

もし、一生遊んで暮らせるお金があったら、仕事はさっさと引退して遊んで暮らしたい、と思うのが一般的な人の考えだと思う。社会に出て40年以上働いて定年退職を迎えたら、「ご苦労様、仕事はもういいよ」となりたい。自分もそう思うし、ほとんどの人がそう思っているのではないだろうか。毎日が日曜日、毎日が自由で好きなことをやって暮らすことができれば、人生は最高だ。お金と健康さえあれば、後半の人生は豊かな暮らしになる。そんな暮らしをしたくて、みな一生懸命働いているのではないだろうか。

ところがその老人は言う。
この考えはとても愚かだと。
収入がなくなれば、人はお金に興味を持ちお金に支配されるようになる。お金に支配されるようになれば、毎月減る銀行口座に不安を覚え、詐欺まがいの不動産投資や株式投資にひっかかり、大損害を被るか、全財産を失う危険性がある。こうして財産を失った人は世の中にたくさんいる。お金に興味を持ってはいけない、お金は人生の保険だ。保険はいざというときに使うもので、生活のために使うものではない。日常の生活は働いて得る収入でまかなうべきだ。だから私は99歳になった今でも働いている。

お金は興味より懸念か。
そしてお金は人生の保険。
うむ…。
困ったものだ。
この本を読んで。
そろそろ引退を考えていたのに、困ったものだ。
老後はのんびり暮らそうと思っていたのに。
もっとも愚かなことは、銀行口座が目減りする暮らし。
うむ、考えさせられる。
考えさせられるが、いい本だ。
さすが、99歳の人生の大先輩だ。

この本を読んで、銀行口座が減る暮らしは避けたいと思うようになった。
そのために体が元気なうちは働こうと思う。