ホーム > カテゴリ: 男は忘れた頃戻ってくる
放っておけば男は必ず帰って来る。

女性は恋愛に夢中になると視野が狭くなります。朝から晩まで彼のことばかりを考えるため、視野が狭くなってしまいます。
恋愛は女性にとって生甲斐かもしれませんが、あまり恋愛ばかりに夢中になっていると、仕事に支障をきたし、生活が乱れてしまうこともあります。それでも、恋をしている女性は、恋愛そのものを辞めるつもりはありません。

――何事も、恋愛があるから頑張れるのであって、恋愛が無ければ頑張れない。多少の仕事や生活の乱れも、恋愛がうまくいけば全て解決する。

こう思っています。恋愛はまさしく女性にとって命です。それがあるから生甲斐を持てるのです。

それに対して男性は、恋愛ばかりに夢中になっている自分を客観的に見て、不安になります。

――彼女を愛することも大切だが、そればかりに時間を費やしていていいのか?
他にもやることがたくさんあるのに、彼女にだけ夢中になっていていいのか?

男性は、女性と付き合ってから数カ月で、そうした不安を感じ、半年後には本来あるべき自分の姿を取り戻そうとします。本来あるべき自分の姿とは「仕事と自由」です。

――仕事は男が生きるための生命線だ。恋愛はその生命線上の一部でしかない。一部が中心になってはいけない。だから恋愛は本来あるべき姿、生命線上の一部に戻していく。
自由は男にとって、何事にも変えられないものだ。自由があるからこそ、ストレスを軽減でき、生甲斐も生まれる。恋愛も、その自由の一部にすぎない。一部が中心になってはいけない。だから恋愛は本来あるべき姿、自由の一部に戻していく。

仕事と自由はまさしく男性にとって命です。それがあるから生甲斐を持てるのです。




「男は忘れた頃に帰って来る」このミラクルな法則を自分のものにしてください。
そのためには、女性がもっとも苦手とする放置の勉強をすることです。あなたはそれを苦手とせず、楽に放置できる方法をマスターすることです。


楽に放置できる方法は、あなた自身が目標を持つことです。彼と結婚する目標は、今はとりあえず横に置いといて、その前の準備段階を目標にするといいでしょう。恋愛を命とする女性に、男性のようなビジネスで成功しなさいという目標は似合いません、女性はあくまで女性らしい目標でいいのです。料理の勉強をして彼に美味しい料理を食べさせる。健康と美容を兼ねてダイエットをする。それらの女性らしい目標で十分です。「彼と将来結ばれるために努力していい女になる」その方が女性らしい目標で、またやりがいが持てると思います。


問題なのは目標を続けることです。続けないと何の意味もありません。続けるからこそ、自分の夢が叶っていくのです。目標は続けているうちに目標そのものが楽しくなります。さらに腕を上げたくて、さらに綺麗になりたくて、楽しくなります。その領域を恍惚の域、ゾーンといいます、ゾーンに達すれば、彼のことなどすっかり忘れてしまいます。忘れてしまえば男は帰って来るのです。「忘れてしまえば男は帰って来る」この楽な方法をマスターしてください。


「あきらめよう、そうすればうまくいく」

「理解しようとすることは、泥水の中で目をこするようなもの、泥が沈むのをじっと待て、ときが来るまで動かずにいよう」


目標は、答えばかりを求めると目標を見失ってしまう。事業でも人間関係でも焦って答えを求めれば必ず失敗に終わる。老子の言葉に代表されるように、目標には忍耐が必要なのである。結果だけを求めてすぐに答えを出さないこと。まずは求めることをあきらめることからスタートしよう。「あきらめよう、そうすればうまくいく」


求めることをあきらめて何をするの?淡々と静かに自分の立てた目標をコツコツやるだけでよい。何も心配せず、何も不安にならないで、何も悲しまないで。


そうすることで・・・泥水はだんだんと綺麗な水になる。


恋愛でも仕事でも、そういう精神が求められるのだよ。焦ってパニクッテも事態は良くならない、静かに時が来るまで待て。


目標は静かに淡々と。



男「付き合い始めは彼女にスイッチONだったが、今はスイッチOFFとなった」
女「男がOFFになったころ、女はONになるの、お願いあの当時にあなたに戻って」

男は減点方式で女は加点方式。
男性は、100%の愛からスタートし、月日を重ねることに減点していき、半年後には50%を切る。女性は、 10%の愛からスタートし、月日を重ねることに加点していき、半年後には50%を超える。平均して半年を境に逆転現象が起きる。最初は男性の方が好きで、後から女性の方が好きになる逆転現象。男性の愛は減点方式で減点していき、女性の愛は加点方式で加点されていく。

その頃から、彼からの連絡が減り、会う頻度が減ってくる。最初はあれだけ熱心に私にアプローチしていたのに、今は閑古鳥のように音沙汰がない。彼からの連絡が二週間ない。彼と会ったのは二カ月前という現象。つい数カ月前までは、連絡は毎日で、週に一回以上会っていたのに…どうして?あの当時の彼はどこに行ったの?

そういう現象がなぜ起きるのか?それは男性の愛が経時変化するグレーだからだ。
女性の愛は(白か黒)100%か0%。それに対して男性の愛は(グレー)100%~数%。100%のときもあれば、80%、60%、 30%、10%と下がるときもある。恋愛の初期は好きだという気持ちがすぐに100%に達するが、月日が経つごとに、80%、50%、30%、10%と下降していく。もし、この現象が女性に起きれば、女性は「もう、この人のことが好きでない」となり、徐々に遠ざけ、最後はピタリとやめるが、男性は違う。男性は徐々に遠ざけるがピタリとやめはしない。時が経てば「やあ!久しぶり。元気?」と意味不明なメールを送って来る。それも女性が忘れたころに限って。自分から遠ざけた男性に女性はこんなことはしない。気持ちがなくなった男性にこんな無神経なメールを送るわけない。こんなメールを送ったら相手に勘違いされてしまう。好きでない男性に勘違いされたら困るので、女性はこんなメールを送らない。ところが男性は送る。無神経に勘違い甚だしく「久しぶり。元気?」と送る。男の愛はわからない?なぜ今頃になって連絡して来るの?私はあなたのことをやっと忘れてきたのに…こんなメールを送られたら、勘違いしちゃうじゃない。こうして女性は振り出しに戻される。なぜ振り出しに戻るのか?それは彼との関係が曖昧だったからだ。一方的に愛を減点され、彼の気持ちにさんざん振り回され悩んで苦しんだ経過があったからこそ、振り出しに戻される。今度こそ白黒決着つけようと思って。経時変化する男性のグレーの愛に、女性たちはいつも振り回される。

減点方式の男の愛に、あなたはどういう対応するかです。



忘れて待つ。
出来ないのは当然だと思います。
忘れるということは、その人をあきらめるということです。
あきらめた人を待つ必要はありません。
物わかりのいい人はそう思うし、私もそう思います。

だが、恋愛で苦しむ女性はみんなが物わかりがいいわけではありません。
ひどい仕打ちにあっても、ひどい別れ方にあっても、彼のことが好きだという女性が大半です。

恋は女の命なので、そう簡単に諦められないのでしょう。そして、うまくいかない恋愛に苦しむ。時間を無駄にして、人生を無駄にして苦しむ。今日も明日も苦しむ。こんなことをやっていて、幸せになれるのでしょうか。彼のことが忘れられず、毎日毎日彼のことを考えてうまくいくのでしょうか?そのやり方では絶対にうまくいきません。

だから、彼のことが好きなら、忘れて待つことなんです。
彼のことを忘れて、時間が経てば、冷静になれます。
冷静になれば正しい判断ができるようになります。
正しい判断ができるようになって、今も彼のことがすきなのか、いやもう彼のことは好きでないと正しい判断が出来るのです。
人間苦しんでいるときは正しい判断は出来ませんから。

男という生き物は、女性の5~10倍の時間がかかります。タイムラグが男と女では違うのです。女性が2ヶ月しか待てないのなら、男性は平気で1年待てせます。女性が月単位なら男性は年単位で待たせるものなのです。あなたは年単位待つことはできないでしょう。それでも彼が好きなら、忘れて待つことしないと、年単位は待てないからです。

もし彼のことが本当に好きなら。
年単位で待てる女性になることです。
もちろん年単位待っても何の保証はありません。
また本気の愛に保証を求めるのもおかしいと思います。
本気の愛に保証などありません。

保証はないけど、忘れて待つ。
待つことさえ忘れている。
この待つことさえ忘れている状態が多くの奇跡を生んでいます。
人は欲望を無くしたとき、奇跡と出会うからです。


忘れて待つ。
難しいと思います。
どうでもいい人なら、忘れて待つことはできますが、大切な人、愛している人を忘れて待つことは難しいと思います。普通の人にはできないと思います。もし好きな人を忘れて待つことができたら?(もしそれが出来たらどんなに楽か・・・)そのことは誰しも考えると思います。好きな人を忘れて待つことができたら、苦しみから解放され、自由になり、新しい未来の扉が開き、この先の自分の可能性が広がり、思うとおりの人生を歩めるからです。執着は未来の扉を閉ざすものです。愛はあなたを過去に置き去りにするものです。好きな人を忘れて待つことは難しいですが、いつまであなたは過去の荷物となって置き去りにされているのですか?それで幸せですか?と自分自身に問いただしてみてください。過去か未来かで自問するのです。自問すれば過去は過去です、もう二度と過去は戻ってきません。そこにあるのは想い出だけです。そう・・・そこにあるのは想い出だけ。この想い出を大切にし、振り替えず、未来に進むことです。老子がいった「あきらめよう・・・そうすればうまくいく」はここからきていると思います。過去に執着するな、未来に進めと。

少人数ですが、世の中には待つことによって成功した人もいます。
当時はうまくいかなかった。だが、時間が経ってうまくいくようになった。この例は時間が解決してくれた例です。つまり時間を味方につけた例です。人は時間が経てば成長します。付き合っている当時は、お互い幼かった。お互い未熟だった。自分勝手な感情に走り、相手を傷つけてしまった。自分のことしか考えない身勝手な恋愛に疲れ果てて別れてしまった。あるいは距離を置いてしまった。進行が止まった恋愛は切なく苦しいものです。中途半端な恋愛も切なく苦しいものです。中途半端で進行が止まった恋愛。そこに忘れて待ちなさいと言われても難しいでしょう。そこから先は自分との戦いです。自分との戦いを制したものが、待ち方を覚え、忘れて前へ進めることができるのです。自分との戦いを制したものは、時間をも味方につけることができます。時間さえ味方にできれば、大概のことは解決します。

忘れて待つ。
この方法を徹底してやるには、目標を持つことです。
嫌なことを忘れる。目標とはそのためにあるのかもしれません。
目標が生まれるのは、安楽な生活からは生まれません。
目標が生まれるのは大きな挫折からです。
このままでは生きていけないという大きな挫折から目標が生まれます。
女性にとって失った愛は大きな挫折。恋愛が命の女性にとって、これ以上大きな挫折はないでしょう。だから目標が必要なのです。この切ない何もやる気が起きないピンチの状態で、生きるための夢のある目標があれば、忘れて待つことができます。



正しい待ち方。
正しい待ち方は簡単、
「彼を待たないこと、そして彼を忘れること」ほら、簡単でしょう。

簡単ではないです。
「彼を忘れるなんて…私にはとてもできない…」
そんなことばかり言っているから、あなたの恋愛は成就しないのです。

恋愛を成就させるのは簡単。苦しみを与える相手を相手にしてはならない。悪い流れは相手にしないで無視すること。悪は相手にしない、バカは相手にしない、ネガティブは相手にしない。相手をすれば、自分の運が悪くなる。あなたは十二分に尽くした、だからそれ以上相手にしないこと。

正しい待ち方は、「彼を待たない、彼を忘れること」そうすれば彼は戻って来る。彼を待たない、彼を忘れてこそ、明るく前向きに生きられる。あなたが明るく前向きに生きてこそ、彼はあなたの元に帰って来る。そのシナリオが完成しないのは、あなたがネガティブだからだ。そして、彼が運命の相手ではないからだ。あなたが前向きになって帰って来ない男は、それだけの男、あなたの運命の相手ではない。運命の相手でない人に、苦しみながらしこたま努力しても無駄なこと。そんな事ばかりやっていると、人生を無駄にすることになるよ。

もうこんな無駄な人生の流れは、
そろそろお終いにしよう。
たった今から、
今日という今から、「待たない、忘れる」ことを実践しよう。
別れを告げた男に対する正しい待ち方はこれしかない。
「待たない、忘れること」
それを今日から実践しよう。
自信を持って、勇気を持って、女のプライドを持って、実践しよう。
今日から彼を待たない。今日から彼を忘れる。これを今から実践しよう。

正しい待ち方を覚えたあなたは、神のルールによって運命が変わっていく。
今まで彼を待って苦しんでいたあなたが、「もう彼のことを考えない、もう彼のことを待たない」と決めたから運命が好転していくのです。

運命が好転する理由は、あなたが明るく前向きな女性になったからです。
前向きな女性になれば、視野も広がり「男なんて、この世に35億人もいる」という発想が持てます。彼はたった35億人の1、どうってことない。砂漠の1粒の砂に、狼狽して惨めな姿をさらけさせば自分が嫌になるだけ。もうやめよう、35億人の1の男のことなんか考えるのをやめよう。

さあ!今日から。
たった今から。
あなたは、明るく前向きな女性になることです。
別れを告げた相手など相手にしないで、
あなたはどんどん前に進むべきです。
前に進んでこそ、過去の男は戻って来る。
これが神のルールです。


夢中になっている何かをお休みするということは、とても至難だと思います。夢中なものを無理してまで休むことは人間の性格上とても無理だからです。恋をお休みすることは女性の性格上とても無理なのはわかっています。


でも、恋をお休みできることができれば「恋はまたさらなる発展を遂げる」、そのことが分かれば安心して恋をお休みすることができるのではないでしょうか。恋を休むことも「愛の技術」なのです。その技術が取得できれば、大抵の男性とはうまくいく、そう思えてなりません。


恋をお休みするルールを私なりに作ると、
「彼が仕事モードのときは恋を休みとする」単純にこれ一本のルールとなります。男性が仕事モードのときは「恋愛は使い物にならない」男性の頭はひとつのことしかできないからです。


恋をお休みするって?いったいいつまで待てばいいの。
個人差があり一概には言えませんが、男性にはある周期があることを、長年の研究で突き止めた私の見解をお聞きください。私はサラリーマン経験が長く、大抵の男性の仕事には精通しており理解もしています。そして何万にも及ぶ皆さんの相談から「男と仕事、男と恋愛」をいろいろな角度から学んでもいます。その経験と統計から単純に周期を割り出すと、平均して半年です。短くて三カ月、長くて一年。もちろん相手の男性の職種や個人の能力で周期は違ってきますが、平均して概ね半年です。半年間彼に仕事だけ集中させてください。決して邪魔はしないことです。彼から連絡があるまであなたは何もしなくていいのです。そのくらいの覚悟と勇気があれば、第二ステージの恋愛はさらなる発展を遂げるでしょう。


「彼が仕事モードのときは恋を休みとする。これさえできれば、失恋の半分以上は回避できる」というのが私の今までの経験からくる考えです。この見解は10年以上の経験からきています。女性の皆さんは、このルールを採用することを願っています。あなたの自分磨きでそのルールに磨きをかけてください。



いつも言いますが、「問題は待ち方なのです。」男性と付き合う以上待ち方のプロにならなければいけません。どんなに忙しくても恋愛の時間をつくれる男性、女性を安心させ満足させる男性が希有になった今、イライラしてぶち壊さない対策を女性自身が練らないと命である恋愛は崩壊します。


今から待ち方のプロになりましょう。「そのプロの心得は彼の事を忘れること」心を切り替えられる人は、どの世界でも優秀なプロとなります。人は困難に直面した時、苦しみとネガティブの世界にいたのでは困難を脱することはできません。「どうってことない!」と心を切り替えて新規の改革をしていくから今まで困難で難しかったものも簡単に手に入れることができるのです。プロは使い物にならないものをただ単に待っているわけではありません。新しいものにチャレンジしながら前向きに待っているのです。


新しいものに充実しながら、彼のことはとっくに忘れて待っている。「あっ彼がいたんだ・・・すっかり忘れていた」彼から連絡があったとき、その言葉を心で言えるようになれば、あなたは彼より上で、彼より優れた人間になれます。何故ならあなたは前へ進みながら、彼の存在を消して自然に待つことができたからです。前に進みながら自然に待っていることになり、待っていることさえ忘れている。この境地になれば、もう待つことの苦しみはなくなります。恐れることなく、平気で恋をお休みできる女性へと変貌を遂げていきましょう。彼はいつごろ役に立つかね(笑)それを楽しみながら。




忘れたころ・・・奇跡はやってくる。
苦しい時に奇跡は起きない。苦しさを忘れたときに奇跡はやってくる。不安・心配・悲しみが消えたとき奇跡はやってくる。奇跡を迎えるときの心は晴れやかで嫌なことは何もかも忘れているはずだ。だから純粋に奇跡を迎え入れることができる。



「あきらめようそうすればうまくいく」(老子の言葉)私はその言葉が好きである。ときにはあきらめることも大切である。うまくいかないことにいつまでもあきらめないと頑張っていいのか?ここであきらめたらたら私の人生は本当に終わりなのか?そんなことはない。人生は人が生きている限り何度もやり直すことができる。あきらめる勇気を持った人間は何度も人生をやり直すことができる。うまくいかないことにここであきらめたら終わりだと頑張ったところでうまくいくはずがない。それは泥水の中で目をこすっているのと同じだからだ。相手の心も泥水、自分の心も泥水、お互いが泥水では先が見えるわけない。泥水が消えるまで待て!相手に執着するのをあきらめよう・・・そうすればうまくいく。



奇跡はあきらめて忘れたころやってくる。私は何度もその体験をしている。うまくいかないことにがむしゃらに頑張ったこともある。若いころは自分の分に応じていない一つ上の理想にシャカリキに頑張ったけど何もうまくいかなかった。頑張っては挫折する、それの繰り返し。はまったものを失うのは怖かった、仕事でも恋でもスポーツでも趣味でも自分の生甲斐となったものを失うのは怖いものである。これが無くなったら生きていけないという強い喪失感に苛まされる。でも人はいつか卒業をむかえる。私もいくつもいくつも卒業してきた。恋でも仕事でも・・・たくさん卒業してきた。そしてたくさんの想い出がある。想い出は苦しんで頑張ったあの時代が特に懐かしい。トコトン頑張ったあの時代、青臭くて何も分からなくてただがむしゃらに頑張ったあの時代があるから今の自分がいる。トコトン頑張ってあきらめる。トコトン頑張って・・・最後にあきらめる。百万時間頑張ってもあきらめる時は一瞬である。それでいいのではないかな。トコトン頑張ったのだから後悔はない!あきらめることに後悔もない!トコトン頑張ったのだから。


トコトン頑張ってあきらめる。それを何度も何度も繰り返しているうちに。自分という集合体ができる。その集合体はいろいろな経験の集合体である。「トコトン頑張ってあきらめる」それ自体がこやしとなって潜在意識に強い力を与えてくれる。人間が生きていく上で最高の喜びである成功は、「トコトン頑張ってあきらめる」それをいくつこなしたかである。


トコトン頑張ったらあきらめる。そして頑張ったことを忘れて前へ進む。それの繰り返しが奇跡を生む原動力となる。


みなさんもいい想い出をたくさんつくろう。
「苦しくても頑張る」どうせ頑張るのならいい想い出になるくらい頑張ってください。苦しくても悲しくても辛くてもいいじゃないか!頑張るものがあるから人間は生きているのだ。ジタバタ焦ってもがきながら頑張ってください。どうせ頑張るのならトコトン頑張りましょう。恥かいても、バカにされても、人からどう思われようと自分の歴史であり自分の人生なのです。どうせなら自分にとっていい想い出になるくらいに頑張りましょう。そこまで頑張ればあきらめるときは一瞬です。下手に中途半端にやるからあきらめきれないのです。潔くあきらめるためにも、やるときはトコトンやりましょう。トコトン頑張ってあきらめる時は一瞬。その一瞬には何の後悔もない。


トコトンやった人はあきらめた瞬間に未来の道が開かれる。輝かしい未来の扉を開けられる人はトコトン頑張ったもののみがその扉を開けることができる。その未来の扉の鍵はたくさん頑張り、苦しみをいい想い出に変えた人だけがその鍵を授与することができる。その鍵こそが奇跡の扉なのです。


そしていい想い出に変わるのは泥水が消えた数年後です。そのたくさんの想い出をあなたの生きた証として大切にしまってください。その想い出は奇跡より大切となります。あなたの生きた証ですから。



男性という生き物は愛よりタイミングで生きています。
だから、常にタイミング・タイミング。タイミング大事だと言い聞かせなければなりません。タイミングこそ、この世の全て。このくらいの感覚でタイミングを重要視すれば男性とうまくいきます。逆に言えば、タイミングの合わない男性とは付き合わないことです。約束してもドタキャン。音信不通?既読無視?既読スルー?連絡が取れない?・・・なにそれ!タイミングがぜんぜん合ってないじゃない。こんな男性とは付き合わないことです。たとえ、どんなに愛していても・・・です。「タイミングの合わない男性とは付き合わない」これをルール化することです。それでも彼のことが好きなの。彼のことを愛しているの。彼のことが好きになりすぎて割り切れないの。え~いしゃらくせぇ。もうそんなごちゃごちゃ言うのは辞めましょう。そんな風に思い続けているからあなたはいつまで経っても不幸なのです。いつまで経っても悩み続けるのです。この性格を何とかしなさい。悩みを無くし幸せになりたかったら、ルールを強引に行うことです。愛とか、恋とか、好きとか、体調が悪いとか、気分がすぐれないとか、そんなことはどうでもいいのです。そんな言い訳やそんなワガママはこのルールには通用しません。ルールは鉄壁のルール。四の五の言わず、強引にやることです。このルールは不変ですから。一番正しい方法ですから、これ以外の考えは持たないことです。そうすれば、あなたはタイミングが合わない相手とのスランプから脱出できます。

恋愛の初期はタイミングが合っていた。
でも、3ヶ月後に彼の仕事が忙しくなってタイミングが合わなくなった。
前記の記事のように「男は暇な時に恋をし、忙しくなれば恋をしなくなる」このパターンに引っかかったあなた。今こそ、タイミングの重要性を認識してください。タイミングのルールに従えば、「タイミングの合わない男性とは付き合わないことです」。これを強引に行ってください。情など必要ありません。あなたが変な情を出すから、彼がスランプから脱出出来ないのです。下手な愛情より、放置する愛情の方が勝っている場合だってあるのです。あなたが彼を信じて放置する。これが最高の男の愛し方です。

彼女が何もしないで放置すれば、男性はどうなるか。
こういうときの男性は個人の生き物で、仕事と戦っています。スランプの脱出は彼自身が乗り越えなくてはなりません。彼女が放置すれば仕事に集中でき、彼女が邪魔すれば仕事に集中できません。男は前者の女性を愛するようになります。これが男脳の造りです。あなたはこのブログで男脳の造りをマスターしました。であれば、彼とタイミングが一致する彼女になってください。放置が最高の愛し方。これをいつあなたがマスターするかです。

さて、それから本格的にスランプの脱出法を述べていきます。
この脱出劇には男も女も関係ありません。みな一緒です。

タイミングが合わない=スランプ。
スランプから脱出する方法は積極的になることです。
腐らないで、明るく前向きに行動する。
悩まないで、自分のやり方を信じて努力する。
不安にならず、このやり方でいいと信じて頑張る。
心配しない、未来のことだけを考える。
暗いことばかり考えない、過去を封印し、明るい未来のことばかりを考える。
自信がない、自信などなくてもいい、自信は根拠のない自信でいい。
逆境に潰されない、逆境の中にはそれ以上の成功の種が含まれている。
ピンチは、チャンス。
スランプの脱出法はそういった心の訓練をたくさんたくさんやることです。心の訓練を積んでいけば、心も体もスランプから脱出できます。そうなればタイミングは合ってきます。タイミングが合うようになれば、ヒットを打て、幸せになれます。

この場合のヒットとは、
男性は仕事で成功。
女性は自分磨きで成功。
男性の仕事の成功と女性の自分磨きの成功が重なれば、間違いなく二人のタイミングは合ってきます。